Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

昔からの読者、税理士の笹川さんがSchemeを作った。その名もSimple\(^O^)/2012年10月16日 03時28分19秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
--- ここから ---
件名: Scheme関連の副業を始めました。

中村正三郎様


笹川といいます。Schemeに関心があり以前、「ざべ」へ投稿したりメールを
お送りしたことがあります。Schemeとの出会いは「ざべ」連載の記事中の
「私をスキームに連れて行って」でした。


Scheme好きが高じて自分でもSchemeの処理系を作っていました。R5RS準拠のコ
アだけの小規模なものです。名前をSimpleといいます。さらに趣味が高じて
Scheme関連の副業を始めることにしました。私の本業は税理士です。

Schemeを利用して高校数学の理解を深める、そんなことを夢見ています。
事業所名は「好きい夢」といいます。
http://homepage1.nifty.com/~skz/Scheme/

Arduinoを利用したタートルロボットを無線操作したり子供たちが心から楽し
みながら学校の勉強に取り組む、そんなことの手伝いをしたい。そんな気持ち
です。

「ざべ」のあの記事を読んでから、かれこれ25年くらいになりますでしょうか。
副業開始にあたり「ざべ」の記事でSchemeに出会った頃のあの初心を大切にし
たいと思っております。

笹川
--- ここまで ---

 笹川さま。申し訳ございません。全然、覚えておりません。^^;
 ほんと、3歩歩くと忘れるんですよ。
 税理士が趣味が高じてSchemeを作って、副業を始める!
 いい時代になったなあ。
 しかし、こういう話、著者冥利に尽きます。ありがたいことです。
 こういう読者がいるから、あんな文章でも書いてよかったと、つくづく思う。

 ということで、
 よし、笹川、きさまを情報省のスパイと認定する。
 ただちに、国税庁をスパイせよ。
 これで、国税も、おれの胃のママ、腸のパパ。\(^O^)/

 さっそく、
http://homepage1.nifty.com/~skz/Scheme/
好きい夢 (Scheme)
に行ってみた。すごーい、ここ。
http://homepage1.nifty.com/~skz/Scheme/simple.html
Simple
 Arduinoのタートルロボットが動くの、かわいい。
 学習用簡易開発環境の名前のBabbageは、チャールズ・バベッジだね。
 ということは、階差機関(階差エンジン、Difference Engine)、解析機関
(analytical engine)、スチームパンクか。
 世界初のプログラム可能な機械式計算機。そして、世界初のプログラマ、そ
れも女性プログラマが、エイダ・ラブレス。プログラミング言語Adaの名前は、
彼女に敬意を表して名付けられた。
 いろいろ思い出すなあ。あのころは、ヴィクトリア女王の時代、イギリスの
絶頂期、黄金のヴィクトリア朝。わしも、ロンドンで、ぶいぶい言わせたわ。
 行っとったんか、お前は。

http://homepage1.nifty.com/~skz/Scheme/tutorial.html
チュートリアル
も楽しいですね。
 マンデルブロのグラフィックス。ほんと、いまのパソコンは速いから、昔な
ら、何時間かかったことかと思うマンデルブロ集合も、一瞬だね。
 これはすごいと思ったのが、竹内関数を音楽にして演奏する例。
 これ、バッハですね。とっても、きれいな音楽だ。

 調べたら、「私をスキームに連れてって」は、「ざべ」の前身、
「The BASIC」で、初めての商業誌への連載を開始した第4回です。
 元原稿をみると、
私をスキームに連れてって
(原題 Take me out to the Scheme world)
となっている。
 書き殴り西麻布雑記の、あ、25年経って気づいた。
 元原稿は、日記じゃなくて、雑記になってる。おれ、ずっと、書き殴り西麻
布日記だと思っていた。
 あ、第5回から、雑記から日記になって、書き殴り西麻布日記になってる。
 ひい、いろいろ発見があるなあ。\(^O^)/
 連載時は、書き殴り西麻布日記だったが、2年目に電脳騒乱節というタイト
ルで連載を始めたので、単行本は、電脳騒乱節がタイトルで、副題が、
書き殴り西麻布日記編。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874084419/showshotcorne-22/
電脳騒乱節〈VOL.1 書き殴り西麻布日記編〉 (リターンブックス) [単行本]
中村 正三郎 (著)
5つ星のうち 5.0
中古品の出品:6¥ 2,994より
だって。一番高いのが、¥3,280。とんでもない高値だ。\(^O^)/
 これは、そのうち、人類最高の知的遺産として、大英博物館に飾られるんや
ないか。エジプトのロゼッタストーンとかと一緒に。\(^O^)/

 この前も、昔、書いててよかったと思うことがあったなあと、あれこれ検索
したら、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/21/4961570
吉田武著「オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ」
で紹介した、東海大学出版会の田志口克己(たしぐち かつみ)さんからのメー
ルだった。
 この吉田さんの本も数学がらみだし、最近では、奇しくも、Schemeの入門書
としてもすごい本である「素数夜曲: 女王陛下のLISP」を出している。なんか
面白いね。
 吉田武、渾身の3部作。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448601863X/showshotcorne-22/
オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ [単行本]
吉田 武 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4486014855/showshotcorne-22/
虚数の情緒―中学生からの全方位独学法 [単行本]
吉田 武 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4486019245/showshotcorne-22/
素数夜曲: 女王陛下のLISP [単行本]
吉田 武 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/06/20/6486231
吉田武「素数夜曲: 女王陛下のLISP」は、整数論とScheme入門として最高\(^O^)/ 「虚数の情緒」の感想も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/06/21/6487216
Re: 吉田武「素数夜曲: 女王陛下のLISP」は、整数論とScheme入門として最高\(^O^)/ 「虚数の情緒」の感想も

 ついでに、Scheme関連の本も。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274068269/showshotcorne-22/
Scheme手習い [単行本(ソフトカバー)]
Daniel P. Friedman (著), Matthias Felleisen (著),
元吉 文男 (翻訳), 横山 晶一 (翻訳)
 原書は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262560992/showshotcorne-22/
The Little Schemer, 4th Edition [ペーパーバック]
Daniel P. Friedman (著), Matthias Felleisen (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274068536/showshotcorne-22/
Scheme修行 [単行本(ソフトカバー)]
Daniel P. Friedman and Matthias Felleisen (著),
元吉 文男 (翻訳), 横山 晶一 (翻訳)
 原書は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/026256100X/showshotcorne-22/
The Seasoned Schemer [ペーパーバック]
Daniel P. Friedman (著), Matthias Felleisen (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894712261/showshotcorne-22/
プログラミング言語SCHEME [単行本]
R.ケント ディヴィグ (著), R.Kent Dybvig (原著), 村上 雅章 (翻訳)
 原書は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/026251298X/showshotcorne-22/
The Scheme Programming Language, 4th Edition [ペーパーバック]
R. Kent Dybvig (著)

 MITのプログラミング入門の教科書して有名だったのは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489471163X/showshotcorne-22/
計算機プログラムの構造と解釈 [単行本]
ジェラルド・ジェイ サスマン (著), ジュリー サスマン (著),
ハロルド エイブルソン (著),
Gerald Jay Sussman (原著), Julie Sussman (原著),
Harold Abelson (原著), 和田 英一 (翻訳)
 原書は、SICPと呼ばれて定番の1つ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262510871/showshotcorne-22/
Structure and Interpretation of Computer Programs, 2nd Edition
(MIT Electrical Engineering and Computer Science) [ペーパーバック]
Harold Abelson (著), Gerald Jay Sussman (著)
 教師用のマニュアルは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262692201/showshotcorne-22/
Instructor's Manual to Accompany Structure & Interpretation of
Computer Programs [ペーパーバック]
Julie Sussman (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/06/5387189
新しくなった「Scheme手習い」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/23/5434008
「Scheme手習い」、来ました\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/06/15/5913392
Scheme修行
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/07/03/3607522
リトルウイングから新Scheme\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/31/2897410
Lisp, Scheme, Gauche, CLOS, STklos, Gaucheのオブジェクトシステム
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/06/1374459
Shiroさんが作ったScheme、Gaucheに関するお知らせ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/09/2714537
第2回gauche.nightと「プログラミングGauche」

コメント

_ (未記入) ― 2012年10月16日 16時03分48秒

「好きい夢」をご紹介いただきましてありがとうございました。びっくりしました。笹川

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2016年02月04日 09時28分57秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 著者の笹川さんから、献本していただきました。
 ありがとうございます。
 笹川さんの処女作とのことですが、なんと、Lisp処理

_ ホットコーナー - 2016年08月02日 09時56分49秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 以前、紹介したLisp処理系を趣味で作っておられる笹川賢一さんが、また、Lispの本をお出しになりました。
 しかも、2冊も。\(^O^)

_ ホットコーナー - 2016年11月08日 10時35分56秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 税理士でありながら、趣味でLisp/Scheme処理系を作ってきた笹川さんが、今度はPrologを作りました。\(^O^)/
 前回は、税理士は全員、L

_ ホットコーナー - 2017年08月29日 10時59分23秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 笹川賢一さま。もうメールと献本を頂戴してから、1ヵ月も経ってしまい、申し訳ございません。
 笹川さんは、税理士でありなが