Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

テレビ東京「未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」でわかる情報省支配2012年10月02日 01時06分35秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 最近、録画して観るようになった、テレビ東京の
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/
未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~

http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/06/6566150
北九州市の水道局が、カンボジアで大活躍。感謝の嵐。\(^O^)/
で書いたように、北九州市の水道局の大活躍を放送したかと思えば、この前は、
JR九州をやっていたし、今回も、沖縄の電気自動車レンタルをやっていた。

http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20120917/
鉄道が世界の街を変える!
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20121001/
世界に羽ばたく!ニッポンの技術「日米 電気自動車 戦争」

 なぜ、この番組は、九州・山口寄り、すなわち、明治維新以来の薩長支配を
感じさせる情報省寄りのネタが多いのだろうかと思って、
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/cast/
出演者紹介
をみて、びっくり。
 なんと司会の大浜平太郎は、福岡県出身。情報省のスパイだ。\(^O^)/
 そうか。ここにもスパイが潜入しておったか。情報省のトップとはいえ、お
れの知らないところに手下のスパイが潜入していることは、よくあるからな。

 おれ、司会のSHELLYちゃん、好き♪
 誰が、お前の女の好みを訊いてるんだ。
 こいつ、安めぐみちゃんが、サイエンスZEROから姿を消して、テンション下
がったもんな。
 あれ? そのあと、NHKの小野文惠アナウンサーはいいねなんて、テンショ
ン上がってたよ。小野文惠アナが出ているから、以前から録画して観ていた
「ためしてガッテン」以外に、土曜日の「週刊ニュース深読み」も録画して観
るようになってたじゃん。
 それが、小野さん、結婚したでしょ。あれで、またテンション下がったのよ。
 それで次に見つけたのが、SHELLYさんということか。
 そうよ。おれも、毎日安穏と暮らしてるようにみえて、日々、苦悩があるっ
ちゅうことよ。
 (一同)ないない。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/23/6581854
マンガでわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/23/6581850
カニカマでわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/26/6584833
自民党総裁選でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/02/6590166
テレビ東京「未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」でわかる情報省支配

「新装版 計算機屋かく戦えり」、復活\(^O^)/ 日本のコンピュータ史など2012年10月02日 07時29分52秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 アスキーの遠藤さんが、
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/109/109479/
「CPU黒歴史」と「インテルの呪縛」
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048867717/showshotcorne-22/
忘れ去られたCPU黒歴史 Intel/AMDが振り返りたくない失敗作たち
[単行本(ソフトカバー)]
大原 雄介 (著)
が、
--- ここから ---
あっという間に売れてしまったそうな。すでに稀覯本の領域、1万円くらいの
プレミアが付いて、
--- ここまで ---
などと書いていた。
 しかし、それを言うなら、遠藤さんの
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756146783/showshotcorne-22/
新装版 計算機屋かく戦えり [単行本]
遠藤 諭 (著)
も、入手困難で、稀覯本の領域だと思っていたら、最後に、この本も増刷にな
ったことがわかって、思わず、遠藤さんに祝福のツイート。

https://twitter.com/shownakamura/statuses/251339427144683520
--- ここから ---
@hortense667 「新装版 計算機屋かく戦えり」も稀覯本の領域と思っていたら、
増刷されたのね。ご同慶の至り。「CPU黒歴史」と「インテルの呪縛」
http://bit.ly/QyXHA4
--- ここまで ---
https://twitter.com/hortense667/statuses/251348328254693376
--- ここから ---
ですです! RT @shownakamura @hortense667 「新装版 計算機屋かく戦えり」
も稀覯本の領域と思っていたら、増刷されたのね。ご同慶の至り。「CPU黒歴
史」と「インテルの呪縛」
http://bit.ly/QyXHA4
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/07/13/6509549
CPUの黒歴史、芸能界の黒歴史
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/22/5524963
情報処理学会の「日本のコンピュータ史」「日本のコンピュータ発達史」

 上記で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274209334/showshotcorne-22/
日本のコンピュータ史 [単行本(ソフトカバー)]
情報処理学会歴史特別委員会 (編集)
価格:¥ 7,980
は、買ったよ。
 目次をみるとわかる通り、日本のコンピュータ・通信関連のあれやこれやが
取り上げられていて、資料としてよくまとまっています。
 買って、おお、こりゃ、大儲けと思ったのは、上記で一緒に紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274078647/showshotcorne-22/
日本のコンピュータ発達史 [ハードカバー]
情報処理学会歴史特別委員会 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274072460/showshotcorne-22/
日本のコンピュータの歴史 [単行本]
情報処理学会歴史特別委員会
が、PDFになってCD-ROMに入っていること。\(^O^)/
 これで、7980円なら、バーゲンと思ったよ。

 思い出したので、書いておこう。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/09/20/3775421
野口悠紀雄のトンデモIT論その4
--- ここから ---
 読んでないけど、最近出た
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048672401/showshotcorne-22/
ジェネラルパーパス・テクノロジー 日本の停滞を打破する究極手段
(アスキー新書 70) (アスキー新書 70) (アスキー新書 70) (新書)
野口 悠紀雄 (著), 遠藤 諭 (著)
だって、遠藤さんとの対談をどこかで読んだ限りでは、日本のITはだめという
けど、ITをわかってない野口さんにいわれたら、なんだかなあと思うよ。詳し
く書く暇はないけど、そんなことは、遠藤さんはとっくにわかってるはずなん
だけどね。
 日本がダメだとすると、野口悠紀雄クラスのレベルが低いから、日本がダメ
なんだと思うよ。超整理法なんて、ひどいなあ、厚かましいなあと思ったもん。
 これまでの繰り返しになるけど、構造改革や意識改革が必要なのは、野口悠
紀雄をはじめとして、経済論壇に登場する人物や経済論壇、ビジネスパーソン
向けの安直な本を量産している連中と出版業界でしょう。
--- ここまで ---

 遠藤さんは、アスキー創業者の西さんの参謀、右腕、懐刀、なんでもいいけ
ど、そういう形容ができる存在で、日本のパソコン黎明期から業界の裏も表も、
おれなんかよりはるかに詳しく知っていて、当然、技術知識や分析力などもお
れよりはるかに上。
 野球でいえば、シアトルマリナーズからニューヨークヤンキーズに電撃移籍
した、メジャーリーガーとしても大物の天才バッター、イチローのような存在。
 一方、経済学者の野口悠紀雄は、ITに関しては小学生レベル(本業の経済学
でも、この人、デタラメではないかと最近思っているが、それは関連を参照)。
こんなのがITの達人とビジネス誌やNHKの番組で紹介されるんだから、カモリ
ーマン(つまり、日本のビジネスパーソン、特に文系ビジネスパーソンの多く)
のITリテラシーの低さがわかろうというもの。
 つまり、この新書、イチローが小学生にバッティングの極意を教わろうとし
ているおかしさ、不自然さ、なんだかなあ感がある。
 イチロー的存在の遠藤さんとはいえ、編集者としての側面もあるので、おつ
むの弱い、肩書きに弱いカモリーマンに人気のあるライター・作家としての野
口悠紀雄と、アスキー新書を立ち上げて軌道に乗せるには、こういう対談をせ
ざるを得なかったのかと、当時、思ったね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/19/6578073
経済学者の野口悠紀雄は、本業でも支離滅裂じゃないか。

千夜一夜物語 バートン版、ボルヘス、ガルシア=マルケス2012年10月02日 07時30分33秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 だいぶ前、たぶん、半年以上前?に、メモを作り始めたが、ほったらかし。
やっと、発作的に、まとめる気になった。

 千夜一夜物語の全巻セット、お買い上げありがとうございます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448003840X/showshotcorne-22/
千夜一夜物語 バートン版 全11巻 [文庫]
 調べたら、補遺がある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042116221/showshotcorne-22/
アラビアンナイト物語 バートン版―千夜一夜物語拾遺 (角川文庫 リバイバル・
コレクション K 88) [文庫]
バートン (著), 大場 正史 (翻訳)

 全11巻にこれが含まれているかどうか。
 筑摩書房に行って、全巻のリストを見たが、補遺はない。独立した巻にはな
ってないが、内容的には全11巻のどれかに含まれている可能性はあるのかどう
か。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480038401/
バートン版 千夜一夜物語 全11巻セット
大場 正史 翻訳

http://ja.wikipedia.org/wiki/千夜一夜物語
を読んでも、事情が複雑すぎてよくわからん。
 バートン版の記述に、
--- ここから ---
バートン版は、特に性風俗に関して充実している詳細な訳注に特徴がある。ま
た、他のどの版よりも収録物語数が多く、「もっとも完備している」と言われ
る。
--- ここまで ---
とあるね。
 興味チンチン\(^O^)/

 それにしても、アラジンの話は、バートン版の正編にはなくて、補遺の第6
巻にあるそうな。ということは、前述の補遺も1巻ではなく6巻もあるの?
http://okwave.jp/qa/q6221543.html
バートン版アラビアン・ナイト(千一夜物語)のアラジンと魔法のランプについて

 筑摩の目次だと、第4巻に、
アラジン・アブ・アル・シャマトの物語
がある。これがアラジンの物語? これに魔法のランプもある?
 でも、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480038442/showshotcorne-22/
バートン版 千夜一夜物語 4 (ちくま文庫) [文庫]
古沢 岩美 (イラスト), 大場 正史 (翻訳)
だと、アリババの話になっている。
 どういうこっちゃ?
http://park8.wakwak.com/~w22/539.htm
「バートン版 千夜一夜物語」 第1巻  <筑摩書房 文庫本>
には、第1巻から第11巻まで解説があるが、アリババは出てこないし、アラジ
ンの話も、魔法のランプがあるのかどうかはわからなかった。

 あー、アリババを検索したら、補遺の第2巻が出た。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000JB0ZIM/showshotcorne-22/
千夜一夜物語拾遺〈第2〉アリ・ババと四十人の盗賊―バートン版
(1958年) (角川文庫) [古書] [文庫]
大場 正史 (翻訳)
 でも、全6巻あるという補遺の他の巻は、わからず。

 で、再び、
http://ja.wikipedia.org/wiki/千夜一夜物語
を、読むと、
 偽写本の説明に、
--- ここから ---
原典となる写本が存在しない有名な話「アラジンと魔法のランプ」「アリババ
と40人の盗賊」の写本探しも行われた。これに伴い偽写本が作られるようにな
った。
--- ここまで ---
 最後の注に、
--- ここから ---
これらには「アラジンと魔法のランプ」、「アリババと40人の盗賊」のように
本来『アラビアン・ナイト』に含まれない別系統の物語もある。
--- ここまで ---
とあるね。
 じゃ、筑摩の全11巻には、きっと、これらの話は入ってないのね。

http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/memb/hayashi/arabiannights.html
千夜一夜物語
をみると、
--- ここから ---
大場正史訳『アラビアンナイト物語 : 千夜一夜物語拾遺 : バートン版』東京
: 角川書店, 1965.12.25 (角川文庫 ; 1486)
 内容: 「アラジンと不思議なランプ」「アリ・ババと四十人の盗賊」
    「道化者アブ・アル・ハサン」「賢者と三人の息子の話」
    「強盗と女の話」「三人の男と主イサの話」
    「王座と財宝をとり返した王の話」「ふさぎ屋とぺてん師の話」
    「ふたりのいかさま師の話」「いかさま師と両替屋と驢馬の話」
大場正史訳『アリ・ババと四十人の盗賊 : 他八篇』東京 : 角川書店, 1958.1
(角川文庫 ; 1668 . 千夜一夜物語拾遺 : バートン版 ; 2)
--- ここまで ---
とあるから、前述の補遺なら、「アラジンと不思議なランプ」「アリ・ババと
四十人の盗賊」も入っているみたいね。

 ところで、翻訳をした大場正史さんは、佐賀出身。
 ということは、やっぱり情報省のスパイだな。\(^O^)/
 恐ろしいのぉ、情報省。イスラムにも根を張っているのか。
 しかも、性風俗の研究家。
 スパイにセックステクニックは必須だもんな。\(^O^)/
http://ja.wikipedia.org/wiki/大場正史
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BE%EC%C0%B5%BB%CB

 セックスのことが出てくるんじゃ、子供に読ませられないとお考えのお母様。
 アリババと40人の盗賊、アラジンと魔法のランプ、シンドバッドの冒険が入
ったものがあります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400114090X/showshotcorne-22/
アラビアン・ナイト〈上〉 (岩波少年文庫) [単行本]
ディクソン (編集), ジョン・キデルモンロー (イラスト),
E. Dixon (原著), 中野 好夫 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001140918/showshotcorne-22/
アラビアン・ナイト〈下〉 (岩波少年文庫) [単行本]
ディクソン (編集), ジョン・キデルモンロー (イラスト),
E. Dixon (原著), 中野 好夫 (翻訳)

 アラビアンナイトの世界の図説もある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309760465/showshotcorne-22/
図説 アラビアンナイト (ふくろうの本/世界の文化) [単行本]
西尾 哲夫 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/488591910X/showshotcorne-22/
アラビアンナイト博物館 [大型本]
西尾 哲夫 (編集), 国立民族学博物館 (編集)

 アリババといえば、おれが福岡県立門司高校2年3組だったとき、3年生を
送る予餞会で、「アリババと40人の盗賊」をやったのよ。
 「アリババと40人の盗賊」にしようといったのは、阿南君のアイデア。これ
なら、クラスの全員が出られるんじゃないかって。
 おれが脚本を書くことになって書いた。いま、考えても大変な傑作だったの
に、脚本は残ってないのよね。福岡県立門司高校、51回生の誰か、保存して
ないかな。

 秋山君が、美術で、見事な舞台装置をデザインして、みんなで作ってくれた。
 盗賊たちの馬は、竹で作った。竹をまたいで、馬の顔になるところに、馬の
絵を厚紙で作って貼り、竹に穴を開けてヒモを通して、首にかけるようにして、
またぐの。
 よく、箒をまたいで、馬に見立てたりして遊んだでしょ。あの発想。
 竹は、あれ、誰の家の竹林? それとも紹介してもらったのか。竹林から切
り出してきて、作った。馬の顔のデザインは、やっぱり、秋山がやったのかな。
 そういう馬を作って、女子が10人くらい盗賊役になったかな。
 普段おとなしい久野君にも何か役がないかといって、コンドルとして舞台に
作った岩の上にずっといるという役を考えたら、久野君が思いの外、乗り気に
なって演じきってくれて、非常にうれしかった。
 オープニングは、MGMのライオンのあのオープン具。あれ、誰だっけ? カ
セットテープのテープをカセットから引っ張り出してぐちゃぐちゃにしたたて
がみを自分で作ってきてライオンをやってくれた。
 広島東洋カープが古葉監督で1975年にセ・リーグ初優勝。根っからのカープ
ファンの川野君が大喜びした話は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/02/16/2631977
コンボリューション、畳み込み、ホプキンス
で書いているが、翌年1976年の正月には、古葉監督が紋付袴で、「今年もやり
ます!」と宣言するCMがあって、これも、どちらかといえばおとなしい川野君
が、「あれ、やりたい」といって、「よし、やれ!」などと焚き付けたら、紋
付き袴に赤ヘルの帽子をかぶり、なぜか、キックスクーターに乗ってやってき
て、舞台中央で、「今年もやります」などVサインまでしたので、みんな、た
まがった。
 UMAのサスカッチ(ビッグフット)を出そうということになって、出した。あ
れ? サスカッチではなく、TBSのバラエティー番組で登場したジャンボマッ
クスだったかな。とにかく、あれは、下が阿南君で、上は誰かは忘れた、すみ
ませんすみませんだが、阿南がもう一人を肩車して、そこに衣装をかぶせた巨
人を登場させた。

 予餞会の本番は、田中角栄逮捕の日。調べたら、1976年(昭和51年)の7月27
日だね。当日、急遽、脚本を書き換えた。たしか、最後のナレーションを書き
換えた記憶がある。
 この劇は、正義が巨悪に負ける劇なんです。
 敵役の大西君が、最後のシーンは、雪の中を唐獅子牡丹の高倉健になって去
っていきたいなどと言い出して、主役のアリババ役の女性、何さんだっけ、名
前が出てこない、すみません、すみませんが、悪に破れ、仲間も失い、失意の
中、ピンスポットを浴びて、砂漠を一人寂しく去っていくシーンがラストだが、
そもそも砂漠が舞台なのに雪を降らせてしまったし、敵役だった大西君が、着
流し姿に着替えて、すっとピンスポットの明かりに中に現れ、アリババをかば
うように、そっと傘を差して二人で去っていくというね、最後まで訳がわから
ん。\(^O^)/
 いま、思えば、フジテレビの黄金だった番組、ひょうきん族を先取りし、し
かも、ひょうきん族よりすごかったんじゃないか。\(^O^)/
 担任の勝田先生は、脚本を読んで、訳がわからんと批判的だったが、上演し
てみたら、ストーリーと関係のない訳のわからないものが、めまぐるしく出て
くるし、会場は、大興奮、大爆笑で大成功だった。

 美術を作っているところ、準備風景、本番などのほんの一部は、日高君が、
8ミリフィルムで撮影していて、大学生の時に、日高君の家で、一度だけ観た
ことがある。音もない動画だけなんだけど、あれ、日高のところに、まだ、あ
るのかなあ。

http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/04/27/3372032
天才ダ・ヴィンチ 伝説の巨大壁画発見!
で、この予餞会と、秋山のことをちょっと書いていて、サスカッチを出したと
書いているね。いまは、そこまで自信がない。ジャンボマックスみたいなもの
を出した気もする。

 高倉健の唐獅子牡丹は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000075AY9/showshotcorne-22/
昭和残侠伝 唐獅子牡丹 [DVD]
高倉健 (出演), 三田佳子 (出演), 佐伯清 (監督) | 形式: DVD
ですね。
 早く、高倉健の映画「あなたへ」でわかる情報省支配を書かないと。
 私、思わぬルートで高倉健と縁があることがわかって、びっくりしたんです。

 おい、この文章のタイトル、
「千夜一夜物語 バートン版、ボルヘス、ガルシア=マルケス」
になっとるぞ。ボルヘスとガルシア=マルケスで、何か書くんか。
 いやあ、このメモを作りかけたときは、何か、千夜一夜物語と関係あること
を思いついたんだろうけど、もう、3歩歩いたから忘れた。\(^O^)/ あ、
ひょっとして。
 思い出したか。
 千夜一夜物語は、砂漠の世界での物語でしょ。たぶん、砂つながりで、ボル
ヘスの「砂の本」を連想したんじゃないか。
 じゃ、マルケスは?
 たぶん、「エレンディラ」だよ。「エレンディラ」に、砂漠を船が滑るよう
に進んでいく幻想的なシーンがなかった?
 さあ、もう何十年も前に読んだきりだからなあ。「百年の孤独」にあったシ
ーンかもしれんし、別の作品かもしれん。
 じゃ、とりあえず、その辺、リストして、お茶を濁して、もう、寝よう。
 そうしよう、そうしよう。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087606244/showshotcorne-22/
砂の本 (ラテンアメリカの文学) (集英社文庫) [文庫]
ホルへ・ルイス・ボルヘス (著), 篠田 一士 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003279212/showshotcorne-22/
伝奇集 (岩波文庫) [文庫]
J.L. ボルヘス (著), 鼓 直 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003279220/showshotcorne-22/
創造者 (岩波文庫) [文庫]
J.L. ボルヘス (著), Jorge Luis Borges (原著), 鼓 直 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105090119/showshotcorne-22/
百年の孤独 (1967) [単行本]
ガブリエル ガルシア=マルケス (著), 鼓 直 (翻訳)

 表紙イメージからすると、ぼくが読んだバージョンは、これですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105090011/showshotcorne-22/
百年の孤独 (新潮・現代世界の文学) [単行本]
G.ガルシア=マルケス (著), 鼓 直 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/408760621X/showshotcorne-22/
族長の秋 ラテンアメリカの文学 (集英社文庫 カ) [文庫]
ガルシア=マルケス (著), 鼓 直 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480022775/showshotcorne-22/
エレンディラ (ちくま文庫) [文庫]
ガブリエル ガルシア・マルケス (著), 鼓 直 (翻訳), 木村 栄一 (翻訳), G.
ガルシア・マルケス (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102052119/showshotcorne-22/
予告された殺人の記録 (新潮文庫) [文庫]
G. ガルシア=マルケス (著), 野谷 文昭 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/04/63375
反小泉ブログいろいろありますね
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/16/1658941
高校生のための文章読本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/15/5414088
今年のノーベル文学賞は、マリオ・バルガス・リョサ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/11/5797636
小説 TRIPPER (トリッパー) 2011春季号 大江健三郎×筒井康隆×丸谷才一
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索