Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

笹川賢一「まったく初めての人のためのISLisp」2017年08月29日 08時58分58秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 笹川賢一さま。もうメールと献本を頂戴してから、1ヵ月も経ってしまい、申し訳ございません。
 笹川さんは、税理士でありながら、次々とLispやPrologの処理系を作り、本を出すという荒技を繰り出してきた方。詳しくは、関連を読んでください。
 その笹川さんが、また出した。\(^O^)/

https://www.amazon.co.jp/dp/B074HWYR5N
まったく初めての人のためのISLisp Kindle版
笹川賢一 (著)

 今度は、全くの初心者向けのLisp本。
 その内容は、なんと、我が国のLispの神様である竹内郁雄先生の名著、会話体が絶妙の
「初めての人のためのLISP」
を、真似た本。
 以前も書いたが、日本のLisp本は会話調という伝統を作ったのは、Lispの神様の一人、竹内郁雄さんの本。
 なんとなんと、この本、竹内先生にお伺いを立てて、直々に許可を得ての出版だそうです。
 すごいのぉ。笹川さんの突破力。ほんと、おっとろしかこつばい、鮎原さん。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798119415/showshotcorne-22/
初めての人のためのLISP[増補改訂版] 単行本 – 2010/3/10
竹内 郁雄 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UIWBCWU/showshotcorne-22/
初めての人のためのLISP[増補改訂版] Kindle版
竹内郁雄 (著)

 竹内本は、Common Lispを想定しているが、笹川本は、ISLispというもっとシンプルなLisp。
 会話体のテンポのよさで読みやすい。
 ということで、Lispという、いまだにプログラミング言語に大きな影響を与え続けている、そして、若い頃にその世界を知ると、思考の幅、奥行きが非常に広がること間違いなしの言語の、気軽に読める入門書です。

 ぼくは、自然言語であれ、プログラミング言語であれ、「言語は思考を規定する」と思っている。
 自分の人生を振り返ると、Lispを20歳くらいに知ったことは、技術者人生のみならず、人生そのものや世界、宇宙に対する考え方やとらえ方に、非常に大きな影響があった。
 昔なら、FORTRAN, Pascal, Cといった命令型言語、手続き型言語しか知らなかった人、いまなら、Java, JavaScript, PHP, C#, Swiftといったオブジェクト指向言語(オブジェクト指向言語は、命令型言語、手続き型言語の拡張路線)しか知らない人は、一度は、LispやPrologをやったほうがいい。他の関数型言語でもいいけれど、Lispは、ある意味原始的で、好き放題やっていい言語仕様で自由度がめちゃくちゃ高いから、色々と楽しい。だから、いろんなアイデアがLispから生まれ、他の優れたアイデアもLispで実装されてきた。

 笹川さんからのメールは、2017/08/03。その後のやり取りは、2017/08/04。
--- ここから ---
中村様

お世話になります。
アマチュア計算機愛好家+税理士の笹川です。その節はありがとうございました。

また、Lispに関する本を書きました。竹内郁雄先生の「初めての人のためのLisp」
の形式で書いたLispの入門書です。二次創作につき竹内先生のご許可をいただきました。

自作のISLispを教材として利用しています。コンパイラも付加しましたので、
竹内関数 (tarai 12 6 0) を0.1秒程度で実行できるようになりました。

中学生~大学生まで多くの方々にLispのことを知ってほしいと願っております。
epub形式の書籍データを添付ファイルにてお送りいたします。
ご笑納いただければ幸いです。
最近では、ダブルクリックするとすぐに読めるようになったみたいです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B074HWYR5N

笹川 賢一
--- ここまで ---

--- ここから ---
笹川さま
 いつもいつもありがとうございます。
 今度は、竹内郁雄先生の許諾を受けて、こんな大技を繰り出すとは。
 おそろしかこつばい、鮎原さん。\(^O^)/

--- ここまで ---子

--- ここから ---
中村様

お世話になります。
早速のご返信、ありがとうございます。

あの高名な竹内先生から連絡をいただけるとは。FaceBookに
先生から連絡があった時には、心底、驚きました。
一生懸命に本を書いたのですが、もちろん竹内先生のような
文章には遠く及びません。自分流で行こう、とあれこれと試行錯誤しつつ
ようやく完成に至りました。

高校生にLispを知ってもほしい、というのは私の以前からの願いでした。
勉強にまったく興味が持てず、高校生の頃はロックミュージックに
夢中でした。あの頃、Lispに出会っていたら、人生はまったく違った
ものになったのだろうな、そんな気持ちを込めて書きました。高校生の
自分に贈るようなつもりでした。

これで、人工知能に興味をもつ学生さんが増えれば、女性型アンドロイド
が開発されるのも夢ではなくなるかもしれません。引退後の楽しみです。


ご返信、ありがとうございました。


笹川
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/11/08/8244281
笹川賢一「Prolog処理系を作ろう」。なぜか、キューティーハニー、永井豪「激マン!」のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/02/04/8008379
やさしいLispの作り方: C言語で作るミニミニLisp処理系、竹内郁雄さんのこと、GC(ガベージコレクション、ゴミ集め)本で新刊が出る!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/08/02/8144548
やさしいLispの作り方、続やさしいLispの作り方、ISLisp制作キット、M言語: Lispの源流を訪ねて
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/16/6603839
昔からの読者、税理士の笹川さんがSchemeを作った。その名もSimple\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック