Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

村上春樹「1Q84」文庫。筒井康隆「ヤマザキ」、「壊れかた指南」文庫。2012年04月07日 08時42分55秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 村上春樹のベストセラー「1Q84」の文庫が出始めたんですね。
 3ヵ月連続で出すそうです。第3巻は、まだアマゾンにはないです。
 そうだ、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103534281/showshotcorne-22/
小澤征爾さんと、音楽について話をする [単行本]
小澤 征爾 (著), 村上 春樹 (著)
は、まだ、積ん読だった。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/22/6165617
小澤征爾と村上春樹の対談本「小澤征爾さんと、音楽について話をする」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/25/6169718
小澤征爾と村上春樹の対談本ほか、小澤征爾の本

 小澤征爾さん、また、活動中止でしょ。心配だね。
 同級生だったピアニストの林秀光さんが亡くなってそろそろ1年。小澤征爾
さんが、弔辞を読んだんですよね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/04/6019223
今度は、バロックCD60枚組だ。\(^O^)/

 さあ、リスト。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001596/showshotcorne-22/
1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫) [文庫]
村上 春樹 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410100160X/showshotcorne-22/
1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫) [文庫]
村上 春樹 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001618/showshotcorne-22/
1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫) [文庫]
村上 春樹 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001626/showshotcorne-22/
1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫) [文庫]
村上 春樹 (著)

 解説本もいっぱい出てるのね。便乗商法、作りが杜撰などと、ぼろくそ言わ
れてるのもあるけど。
 自分で考えたあとに、知見を広めるため、他の人の読み筋を知るために解説
本を読むのは、いいとは思うけど、先に解説本を読んじゃうと、自分の文学的
想像力が育たない、萎える。
 自分で考えずに解説本に飛びつくのは、試験勉強の解答をヤフーやOKWaveで
安直に求める、ゲームの攻略法を攻略本で安直に求めるのと同じ行動。自分で
考えないカモリーマン路線まっしぐら。人間の強みを捨てる行動なので、AI
(人工知能)の餌食だね。
 おれは、テレビのアニメ「エヴァンゲリオン」の終わりがよくわからんとい
って、説明を求めた人がいっぱいいたのに、なんだかなあと思ったよ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/24/1462603
トゥモロー・ワールド
で、書いてるね。
 ああいう人は、自分で考えないし、宙ぶらりんにされるのに耐えられないん
だね。知的未熟、精神的未熟、弱さ、幼年期。
 現代文学、現代美術など、現代の芸術は、謎をそのままに、読者・鑑賞者を
放置プレイして、自分で解釈しろ、意味はお前自身の考え、人生観が決めるも
んだというのが多い。抽象画なんてもろにそうでしょ。具体的な物を描かない
ことで、物に染みついている意味を捨て去った形で提示してるからね。
 それに自分で意味づけ、肉付けしていくのが、人間の知的作業。芸術の存在
意義もそこにある。
 これ、コンピュータには、まだできないのよ。AI(人工知能)はまだそこまで
行ってない。文学的読解力がない、勝間和代的な、データ処理的な読み方は、
いまのAIはとっくにやっていて、それも人間の何百倍、何千倍、何万倍も速く
やっている。コンピュータは疲れないし、台数を増やせば並列処理できるしね。
 何度も書いたことだが、AIで処理できる読み方しかできないようじゃ、AIに
駆逐されちゃうよ。つまり、そんな仕事をしているホワイトカラーは、クビに
なるってことです。
 身体性の部分でも、まだ人間の強みが生きる部分がある。
 ロボットは、特定パターンの固い動き、単能機としての動きは、非常に速く
正確にできるけど、人間は、もっとしなやかだし、一人でいろんな動きができ
るし、しかも、どうやればいいか総合的に判断して体を動かすことができるし、
突発的なことにも対応できる。その辺に強みがある職業は、ブルーカラー、肉
体を使う職業でも、まだしばらく大丈夫でしょうね。
 この話で、面白いプロジェクトがあるんだけど、それは書くと長くなるので、
股の機械に。とりあえず、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/11/5676579
コンピュータが仕事を奪う、Wordのイライラ根こそぎ解消術
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/28/6309267
ニューヨークタイムズの記事、面白い。How the U.S. Lost Out on iPhone Work
で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532316707/showshotcorne-22/
コンピュータが仕事を奪う [単行本]
新井 紀子 (著)
で予習して。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/11/5799554
クイズ番組で人間に圧勝。IBMのAI(人工知能)「ワトソン(Watson)」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/03/6185121
クイズ番組でチャンピオンに勝ったIBMのAI、ワトソンに関する講演会\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/14/6374534
IBMのAI(人工知能)、ワトソンの新しい就職先
も読んで予習して。

 さっき久々に勝間和代と書いたが、文学的読解力がないのに、月に百冊も読
むというので勝間和代が持て囃された時代もあったね。あれ、ほんの数年前な
のに、とっても昔の話に思える。いまや、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/22/6210366
週刊 東洋経済。教養こそ力なり、さらば!スキルアップ教
なんて、掌返しだもんね。
 勝間和代。なんか、ミョーに懐かしいね。元気にしてるのかな。
 そんなに心配なら、会って、セックスしてこい!
 ちょっとちょっと。ほんとに当人から連絡があったらどうするんだよ。
 大丈夫。情報省にストックしてあるお前のクローンを送り込むから。
 ラジャ、ラジャ。\(^O^)/

 また、脱線するけど、上記の
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/24/1462603
トゥモロー・ワールド
で、
--- ここから ---
 筒井作品には、「説明を求めているのであろう。だが、説明はない」なんて、
作中人物にいわせている作品もあるしね。あれ、「ヤマザキ」だっけ? あの
ころから、受身の読者、筒井さんのいう快楽乞食に対する牽制ってやってたん
だね。
 そういうのに20歳前に出会えてよかったと思ってます。いかに自分が思い
上がったバカか、そのとき気づくことができましたから。
--- ここまで ---
とあって、調べたら、やっぱり「ヤマザキ」でした。
 で、この短編が収録されていた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101171041/showshotcorne-22/
将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4) [文庫]
筒井 康隆 (著)
は、絶版状態なんですね。もったいないなあ。ほかには、
http://www.geocities.jp/daikon99992000/newpage99.html
筒井康隆全集全24巻(新潮社刊)
によると、第13巻「おれに関する噂/デマ」に収録されています。
 これには、ほかに、「万延元年のラグビー」「空飛ぶ表具屋」も入っている
し、何より大傑作「乗越駅の刑罰」「おれに関する噂」が入っている。お得だな。
アマゾンにはかろうじてあるね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106444135/showshotcorne-22/
筒井康隆全集〈13〉おれに関する噂・デマ [単行本]
筒井 康隆 (著)
中古品の出品:17¥ 108より コレクター商品の出品:1¥ 4,800より
 コレクター商品は、著者サイン入になってる。
 おれは、筒井康隆全集は、刊行が始まったときに全巻予約して、予約特典で
サイン入りなんだけど、引退してから読むために、送られて来たダンボールの
まま、しまってある。書いたことあると思ったら、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/17/5223997
トマス・ピンチョン全小説
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/05/5722521
小森君、ありがとう。松岡和子「深読みシェイクスピア」
にあるね。
 おれが死んだら、アマゾンに1巻につき1万円で出してもらおう。葬式代の
たしにはなるだろう。\(^O^)/
 黴びてたりして。^^;
 おい、待て待て。何がアマゾンで売って葬式代にするだよ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/12/17/5586752
恐るべし、山下洋輔「ピアノ弾き即興人生」。読了。\(^O^)/
で、お前、
--- ここから ---
 平岡正明さんの項では、私の名前と文章まで出していただいて、ありがとう
ございます。
 これで、筒井康隆全集や自分の名前が出ている虚航船団などと共に、本書も
ぼくが死んだら、棺桶に入れてもらって一緒に燃やしてもらいます。そして、
一緒に天国に旅立つのだ。でも、だんだん、でかい棺桶じゃないと入らなくな
ってきたな。困った困った。
--- ここまで ---
と書いてるぞ。一緒に燃やしちゃう予定だぞ。
 1年半前か。完全に忘れとったわ。\(^O^)/
 3歩歩いたからな。

 これを書いていたら、筒井さんの「壊れかた指南」の文庫が出るというツイートが流れてきた。
--- ここから ---
筒井康隆さんの最新オリジナル短篇集『壊れかた指南』が文庫になりました。一昨年
「現代語裏辞典ライブ」で“最後の朗読”を披露した傑作「鬼仏交替」を含む全30篇の
サプライズ。4月10日発売です。
http://t.co/8XX7xLyM
--- ここまで ---

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167181169/showshotcorne-22/
壊れかた指南 (文春文庫) [文庫]
筒井 康隆 (著)
 解説は福田一也ですね。ちょっと気になるな。

 やっと、1Q84関連本のリスト。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4779116333/showshotcorne-22/
村上春樹『1Q84』の性表出─BOOK 1のパラフレーズ [単行本]
谷崎龍彦 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904271068/showshotcorne-22/
集中講義『1Q84』 (MURAKAMI Haruki STUDY BOOKS) [単行本]
風丸 良彦 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862484522/showshotcorne-22/
「1Q84」村上春樹の世界 (洋泉社MOOK) [ムック]
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309019331/showshotcorne-22/
村上春樹『1Q84』をどう読むか [単行本]
河出書房新社編集部 (編さん)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781700322/showshotcorne-22/
村上春樹の『1Q84』を読み解く [単行本(ソフトカバー)]
村上春樹研究会 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781700543/showshotcorne-22/
村上春樹の『1Q84 BOOK3』大研究 [単行本(ソフトカバー)]
村上春樹研究会 (著), 平居 謙 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791702174/showshotcorne-22/
ユリイカ2011年1月臨時増刊号
総特集=村上春樹 『1Q84』へ至るまで、そしてこれから・・・ [ムック]
村上 春樹 (著), 福田 和也 (著), 斎藤 環 (著), 市川 真人 (著),
大澤 真幸 (著), 四方田 犬彦 (著), 山崎 まどか (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4821142759/showshotcorne-22/
村上春樹「1Q84」の世界を深読みする本 [単行本]
空気さなぎ調査委員会 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4779110521/showshotcorne-22/
村上春樹・戦記/『1Q84』のジェネシス [単行本(ソフトカバー)]
鈴村 和成 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532167655/showshotcorne-22/
あなたが裁く! 「罪と罰」」から「1Q84」まで [単行本(ソフトカバー)]
森 炎 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901592610/showshotcorne-22/
『1Q84』批判と現代作家論 [単行本]
黒古 一夫 (著)
 次は、仮面ライダーの表紙だ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344020243/showshotcorne-22/
リトル・ピープルの時代 [単行本]
宇野 常寛 (著)
 そっくりな装幀のパロディ本もある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901841904/showshotcorne-22/
IQ84―桐壷、歌会やめるってよ [単行本]
文豪・瀬戸 龍哉 (著)

 英語の本もある。上記のどれかを英語化したのかと思ったら、メンバーから
すると、そうじゃないみたい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904271041/showshotcorne-22/
1Q84スタディーズBOOK〈1〉 (MURAKAMI Haruki Study Books) [単行本]
ジェイ ルービン (著), 渡部 泰明 (著), 井桁 貞義 (著), 明里 千章 (著),
藤井 省三 (著), Jay Rubin (原著)

 こんなのもあった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167753898/showshotcorne-22/
世界は村上春樹をどう読むか (文春文庫) [文庫]
柴田 元幸 (編集), 藤井 省三 (編集), 四方田 犬彦 (編集),
沼野 充義 (編集), 国際交流基金

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/22/4259002
村上春樹「1Q84」刊行決定\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/26/5043667
村上春樹「1Q84 BOOK 3」、とっくに出てるんですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年04月08日 04時13分46秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康隆会議室)からホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 「壊れかた指南」文春文庫、発売おめでとうござい

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年04月12日 09時26分24秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 村上春樹の3年ぶりか4年ぶりか知らんが、久々の新作が発売になった

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年07月03日 10時27分22秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 本が送られてきていた。
 筒井康隆「偽文士日録」だ。
 ああ、

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2015年01月27日 10時41分02秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今週の週刊ダイヤモンドの特集は、「「統計学」が会社を救う!」

_ ホットコーナー - 2016年01月28日 10時47分49秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 去年のことだけど、新世紀エヴァンゲリオンのコミック全巻大人買いがああったことが判明。