Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Scala 3対応の全面改訂版「Programming in Scala, Fifth Edition」。日本は、Scala 3対応ではない第4版の翻訳[「Scalaスケーラブルプログラミング 第4版」が出たばかり(>_<)。ドワンゴが無料公開してくれているScalaTextに感謝、感謝。2021年06月27日 18時45分22秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 Artimaという出版社から、お前、これ、買えや。以前、Scala本を買ってくれたから、20%引きにしてやるけん、というメールが来た。即、買った。
 $28.95が、20%引きで、$23.16。

https://www.artima.com/shop/programming_in_scala_5ed
Programming in Scala, Fifth Edition
A comprehensive step-by-step guide
Updated for Scala 3!
by Martin Odersky, Lex Spoon, Bill Venners, and Frank Sommers
--- ここから ---
This book is the authoritative tutorial on the Scala programming language, co-written by the language's designer, Martin Odersky. This fifth edition is a major rewrite of the entire book, adding new material to cover the many changes in Scala 3.0. In fact we have added so much new material that we split the book into two volumes. This volume, Programming in Scala, is a tutorial of Scala and functional programming. The second volume, Advanced Programming in Scala, which will be released as a PrePrint soon, is a deep dive into advanced aspects of Scala 3. The changes and new features covered in this book include:
--- ここまで ---

 上記にあるように、本書の次には、高度な話題を暑かった「Advanced Programming in Scala」が出るとのこと。 当然、買うわ。

 「Programming in Scala」はScalaの設計・実装者であるMartin Odersky自身が初版を書いた、いわゆるバイブル本。改訂が続いたが、この本は、Scala 3対応で、全面改訂。
 Scala 3は、Scala 2から大改造。
 コンパイラはゼロから書き直し。
 言語仕様も、秘伝の技、黒魔術的になっていたimplicit関係をちゃんとするようになったとか、Pythonみたいにインデントでブロック構造を表現できるようになったとか、かなり変わっている。
 ただし、Python 2からPython 3への移行で、Python 2がいいかPython 3がいいかといった揉めた状態を作らないように、移行に時間がかからないように、コンパイラは、オプションで、Scala 2でもScala 3でもコンパイルできるし、ソースコードの変換もやるそうな。

https://www.infoq.com/jp/news/2021/05/scala3/
Scala 3への道

https://docs.scala-lang.org/ja/scala3/new-in-scala3.html
NEW IN SCALA 3
--- ここから ---
Scala 3 は Scala 2 から大幅な改善が行われ、さまざまな新機能が追加されている。 ここでは Scala 3 の特に重要な変更点を概観する。
--- ここまで ---

 アマゾンではペーパーバックのみ。まだKidle版は出てないみたいだが、電子書籍は、上記、Arimaのサイトで買った方が、PDF, EPUB, Mobi(Kindle)が買えるので、お得。ぼくの場合は、前述のように $23.16で、PDF, EPUB, Mobi(Kindle)を入手。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0997148004/showshotcorne-22/
Programming in Scala Fifth Edition ペーパーバック – 2021/6/1
英語版 Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著), Frank Sommers (著)
ペーパーバック
¥8,140

 でね、やっぱり、情報省に監視されているなと思ったのが、おれが、原書第5版を買った途端、アマゾンから原書第4版の日本語版のメールが来たこと。
 お前が、日本語版はどうなってるかアマゾンで検索したからだろう。
 いいや、情報省の監視\(^O^)/

 日本では、Scala 3対応ではない原著第4版の日本語版が出たばかりなのに、原著は第5版。日本語版の悲哀を感じるね。(>_<)
 そもそも、インプレスが出してくれるかな。
 とにかく、我々の業界、このタイムラグ。場合によっては致命的なので、英語で読む、少なくとも機械翻訳にかけてでも読むほうが、スキルアップには有利。

 とはいえ、前述のように、Scala 2で学んだことが無駄になるわけではないので、第5版の日本語版が出るまで、第4版の翻訳で勉強するのは、大いに有意義。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/429501155X/showshotcorne-22/
Scalaスケーラブルプログラミング 第4版 (impress top gear) 単行本(ソフトカバー) – 2021/6/16
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著), 麻植 泰輔 (監修), 立野 靖博 (監修), 田所 駿佑 (監修), 水島 宏太 (監修), 長尾 高弘 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0976LN6QJ/showshotcorne-22/
Scalaスケーラブルプログラミング 第4版 impress top gearシリーズ Kindle版
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著), 長尾 高弘 (著), 麻植 泰輔 (著), 立野 靖博 (著), 田所 駿佑 (著), 水島 宏太 (著) 形式: Kindle版

 お金がない人は、無料で読めるテキストを、ドランゴが公開してくれています。ありがたいことです。
https://github.com/scala-text/scala_text
ScalaText
このテキストは、Scala初学者がScalaを学ぶためのテキストである。ドワンゴの新入社員Scala研修のために作成されたものが、日本のScalaコミュニティに寄贈されたものとなる。

https://scala-text.github.io/scala_text/
ScalaText

 Scalaは日本ではあまり人気がないみたいだけど、海外ではけっこう人気もあるし、多くの開発現場で使われている。
https://www.fullstackacademy.com/blog/nine-best-programming-languages-to-learn
The 9 Best Programming Languages to Learn in 2021
では、2021年に学ぶべき言語に入っている。

 その他、プログラミン言語の人気?サーベイ。
https://www.tiobe.com/tiobe-index/
TIOBE Index for June 2021

https://statisticstimes.com/tech/top-computer-languages.php
Top Computer Languages

https://redmonk.com/sogrady/2021/03/01/language-rankings-1-21/
The RedMonk Programming Language Rankings: January 2021
By Stephen O'Grady | @sogrady | March 1, 2021

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/08/28/9146433
Functional Programming in Kotlin, Functional Programming in Scala, Scala関数型デザイン&プログラミング
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298382
JavaScriptで、「関数型プログラミングの基礎」、Java, Scala, Python, Swiftなども。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/05/14/7633622
Scala関数型デザイン&プログラミング、Scalaファンクショナルデザイン、その数式、プログラムできますか?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/03/29/7600131
Scala関数型デザイン&プログラミング、Effective Perl 第2版

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2021年07月08日 01時38分33秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 今日、あと30時間くらいだけ半額で、Tweetしたものを、まとめた。
 もうあと20時

_ ホットコーナー - 2021年07月21日 11時48分05秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 府中の京王線府中駅の1階にある啓文堂書店は、コンピュータ、ICT、ソフトウェア