Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

大阪市立科学館で、はやぶさのCG映画が公開\(^O^)/。プラネタリウムのことも2009年03月14日 02時30分42秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今週のはやぶさ君
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/today.shtml
の2009年3月12日をみたら、
「「はやぶさ」の全天周映像が新たに作成され、3月26日(木)にプレス内見
が、3月28日(土)に一般向け試写が行われることです。」
だそうです。
 詳しくは、
http://www.sci-museum.jp/
大阪市立科学館
http://hayabusa-movie.jp/
HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- はやぶさ・バックトゥジアース
をどうぞ。
 大阪市立科学館オリジナル作品だそうですから、きっと、大阪市立科学館の
プラネタリウムでしか公開しないんでしょうね。残念。

 大阪市立科学館のプラネタリウムは、コニカミノルタ製ですね。
http://konicaminolta.jp/planetarium/
コニカミノルタのプラネタリウム
http://www.sci-museum.jp/server_sci/promot/press_n.html
大阪市立科学館で大阪市立電気科学館開館70周年 記念事業を開催
をみると、手塚治虫さんの話とか、歴史が面白いね。コニカミノルタが事業化
するまでの話も出てますね。
 大阪市立科学館の前身である電気科学館は、日本で初めてプラネタリウムを
導入した施設だったんですね。知らなかった。なんとなく渋谷の東急のプラネ
タリウム(もうなくなったけど)かと思っていた。
http://www.shibukei.com/special/83/
2003-06-06
渋谷のシンボルが47年の歴史に幕
サヨナラ「渋谷東急文化会館」

 コニカミノルタのプラネタリウムの設置場所を
http://konicaminolta.jp/planetarium/institution/kanto.html
でみると、東京にもいくつも入ってますね。同じ機種じゃないけど。
 池袋のサンシャイン60のもそうなんだ。これだと、「はやぶさ」の映画もか
かりそうな気がするけど、やっぱ、だめか。^^;

 府中の郷土の森のプラネタリウムか、多摩センターのベネッセのビル最上階
にあるベネッセ・スター・ドームのプラネタリウムでもいいんだけど、機種が
違うから、だめなんでしょうね。残念。
 どっちも、府中に本社がある五藤光学の機種ですからね。

http://www.goto.co.jp/
五藤光学

http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/event/planet.html
府中郷土の森博物館プラネタリウム

 やっぱ、大阪まで行くか。
 って、いつ?^^;
 京都に墓参りに行ったあと、大阪に行く?
 って、そのあと、スケジュール、入ってるし。^^;

 あー、町田の東急にプラネタリウムがあって、東急デパート閉鎖でプラネタ
リウムのなくなったのね。ちょうど去年のいまごろだ。
http://www.astroarts.co.jp/news/2008/03/10tokyu_machida/index-j.shtml
東急まちだスターホール、最後の番組を投影中
【2008年3月10日 アストロアーツ】3月21日追記
 町田にプラネタリウムをという活動をやってる人たちがいるんだ。
http://machida-planeta.fixa.jp/
町田市にプラネタリウムを!

 プラネタリウムが近くにあるといいよー。
 子供の教育にもいいし、デートにもいいし。
 おれ、子供のころ、北九州市には、八幡の北九州市立科学館だっけ。そこに
しかプラネタリウムがなかったと思う。門司からだと行くのけっこう遠い。電
車とバスを乗り継ぐから。でも、何回か行った。
 府中に越してきたら、あなた。プラネタリウムがあるわ、五藤光学があるわ
で、夢の生活よ。
 子供とも、毎月のように行ってました。
 夏なんか、炎天下、水遊びで遊び疲れて、冷房ぎんぎんのプラネタリウムに
入ると、心地よくて、おれらもそうだけど、どの親子連れも、みんなぐっすり
寝ちゃう。\(^O^)/
 真夏の真昼に、冷房ひんやりの中、あんなに快適なリクライニングシートで、
星空を観ながら、昼寝しちゃう。とっても贅沢です。\(^O^)/
 町田にも、プラネタリウムができたらいいですね。

 最近、海外に行ってないけど、海外でも行った先にプラネタリウムがあると
すぐ行く。
 最近といっても、もう7,8年前かな。カナダのバンクーバーのプラネタリ
ウムはよかったよ。
 あ、嘘だ。プラネタリウムに行く時間はなかったんだ。IMAXに行ったんだ。
 IMAXシアターを観て、水族館に行ったんだ。プラネタリウムは、世界中で同
じ星が見られるだろうけど、水族館はその土地にしかいない魚がいそうで行っ
てみたんだ。

http://www.hellobc.jp/ja-jp/SearchResultsListings/ListingsDetails/BritishColumbia.htm?CATID=303&LOCID=646&KWDS=&NBY=True&FLID=646&FL1ID=6004&PN=1&PID=100005
H.R. MacMillan Space Centre
http://www.hellobc.jp/ja-jp/SearchResultsListings/ListingsDetails/BritishColumbia.htm?CATID=5010&LOCID=646&KWDS=&NBY=True&FLID=646&FL1ID=6004&PN=1&PID=100038
IMAX Theatre at Canada Place
http://www.hellobc.jp/ja-jp/SearchResultsListings/ListingsDetails/BritishColumbia.htm?CATID=130&LOCID=646&KWDS=&NBY=True&FLID=646b&FL1ID=6004&PN=1&PID=4542421
Vancouver Aquarium

 このカナダのブリティッシュ・コロンビア州観光局のサイト、いろいろがん
ばって情報提供してますね。
 バンクーバー、よかったわあ。また、行きたくなってきた。
 その前に、府中のプラネタリウム、ずっと行ってないから、行ってみよう。

Scala, Android, Hecl2009年03月14日 02時32分42秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/11/4169022
JVM上新Lisp Clojureのこと, Scalaも
の続き。

 Googleの携帯電話OS Androidのこと、何も知らないんだけど、Javaは、
Dalvik独自仮想マシンですね。クラスファイルもSunとは互換性がないんだ。
それで批判があるのね。だいぶ前のだけど。
http://www.infoq.com/jp/news/2007/11/dalvik
Dalvik、Androidのバーチャルマシーンが激しい論議を巻き起こす
 うーん、dalvikじゃなくて、ダルビッシュだったらよかったと思うぞ。:-)

 Scalaも一応動くのね。
http://www.scala-lang.org/node/160
Scala and Android in an Eclipse project
 おれ、Java開発環境はEclipseじゃなくてNetBeansにしちゃってるから、ど
うでもいいけど。

 HeclというJ2MEで動くスクリプト言語もあるのね。
http://hecl.org/
Hecl: The Mobile Scripting Language

 あと、AndroidとScalaで出てきたのが、
http://www.ibm.com/developerworks/jp/offers/cz/library/cz04/
IBM のとがった人たち ~ 「IBM Japan Geeks」: 勉強会レポート(前編):
「Scala」と「Android」

「JVM上新Lisp Clojureのこと, Scalaも」じゃ、
スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFLの訳のつもりだけど、これでいい?)
と書いたけど、ここだと、スイスのローザンヌ工科大学となってますね。

レバレッジ勉強法よりこつこつ勉強法2009年03月14日 03時36分12秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
jouwa/salonでは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/09/4164002
大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル
の流れ。

===
標題: Re: 大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル
---
雑誌つながりで。

デザインウェーブマガジンが、ディジタル・デザイン・テクノロジ
になるんだそうです。トランジスタ技術しか読んでないし、大半
理解し切れてないけど。
いやあ、でも、勉強になるね。同じ回路図でも、いい基板とダメな
基板ができるなんてね、しらなかったもの。設計そのものも、いい
設計と悪い設計があるのはよく理解できた。

レバレッジ勉強法なんかより、こつこつ勉強するのが楽しいなあ。
あ、レバレッジ勉強法のご本尊は、2ちゃんねるで批判スレが立っ
てるみたいですね。経歴から、実績まで、出てくる出てくる…
いや、俺が書いてるわけじゃないからね。うん。

--
つばめどん

===
標題: レバレッジ勉強法よりこつこつ勉強法
---
>レバレッジ勉強法なんかより、こつこつ勉強するのが楽しいなあ。

 体系化されているものは、我流のレバレッジうんぬんより、こつこつのほう
がはるかに効率的だよね。
 学問としてジャンルが確立しているものは、体系化が進んでいるし、特に自
然科学系や工学系は、かなり体系化されているからね。
 体系化されているということは、ちゃんとした教科書があるということだか
ら、それをこつこつやるほうがいい。レバレッジ勉強法なんて本を読むほうが、
よっぽど金と時間の無駄。
 そのジャンルのプロ、研究者になろうと思うなら、こつこつの先に才能も必
要だけど、アマチュア、一般人としてやるなら、いい教科書を探してきて、こ
つこつやるほうがいいよね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447979218X/showshotcorne-22/
レバレッジ勉強法 (単行本(ソフトカバー))
本田直之 (著)
の素人評で、CORさんが書いてることは、ここでさんざん「勝間和代、神田昌
典、中谷彰宏などの、マーケティングテクニックを駆使して売りまくる、中身
がない安直ビジネス本」を何冊読んでも身に付かないし、金と時間をドブに捨
ててる安直ダイエットをあれこれ試しては失敗し続けるのと同じと書いてきた
のと、同じこと書いてるね。
 そういうことに気づかない人は、意識の持ち方、スタートから間違ってるも
ん。
 「彼らをカリスマ扱いする日本の現実と、ビジネスパーソンのスカスカな頭
の中身」が変わらない限り、日本の再生も遠いでしょうね。

 こつこつ勉強法といえば、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/01/14/4056567
星崎憲夫、町田茂著、町田茂監修「基幹物理学」(てらぺいあ)
で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886990177/showshotcorne-22/
基幹物理学 こつこつと学ぶ人のためのテキスト
星崎 憲夫著 町田 茂著 町田 茂監修

 ずっとさぼってたけど、だいぶ暇ができた先週くらいから少しやって進みま
した。
 といっても、まだ、64ページまで終わっただけ。情けない。
 週2時間で2年間というのが、この本で推奨しているペースだけど、なんと
か1年で最後まで行きたいと思っている。でも、もう黄色信号か。^^;
 一応、本文の数式の展開は、目で追うだけじゃなくて、なるべく紙と鉛筆
(実際はボールペンだけど)で書いて、手も動かすようにしている。練習問題は
全部解いた。
 それでわかったけど、おれ、頭の中で数式を変形するでしょ。たとえば、移
項したり、くくったり、両辺に同じものを足したり引いたり掛けたり割ったり。
 するとね、受験生時代ならいざ知らず、頭の中の結果の式を紙に書くときに、
抜けてたり、間違ってる部分があるのね。だから、最後が正しい結果と合わな
い(爆)。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/16/3822336
祝物理本特需、趣味で物理学の本、EMANの物理学、物理のかぎしっぽなど物理
学サイト紹介
で書いた、ポール・キューちゃん状態よりはずっといいけど、詰め将棋でいえ
ば、読み抜けがあるような状態。詰め将棋は頭の中だけでやるけど、詰んでる
と思った手順は詰んでないし、詰まないからと捨てた読み筋が実は詰んでいる。
そういう感じ。
 基礎的知力が落ちて、頭の中身がついていかなくなってるのに、やり方だけ、
受験生時代のように頭の中の変形だけでやろうとしちゃうのね。
 サッカーでいえば、自分のイメージの中では、現役選手だったときはできた
華麗なバイシクル・シュートを決めるつもりで飛んでるんだけど、実際は、地
面に寝そべって足をばたばたさせただけ。そんな感じなのね。
 それに気づいてからは、頭の中でやらず、手で書いて目で確認するようにし
ています。^^;
 そうか。しばらく、詰め将棋も実際に駒を動かして考えるようにしないとだ
めなのか。いいこと、気づいちゃった。\(^O^)/

 この前、どの問題だったかな。頭の中だけでやったら、ややこしい式になっ
ちゃって、どう考えてもこりゃおかしいぞと。ちゃんと書いていったら、sin
の2乗を移項し忘れが判明。移項したら、cosの2乗+sinの2乗の形にできて、
当然、これは1なので、すっかりきれいな式になって、感動した。\(^O^)/
 三角関数の公式はもうほとんど覚えてない。余弦定理、正弦定理、2倍角の
公式など名前だけは記憶があるというぼろぼろ状態だけど、さすがにcosの2
乗+sinの2乗=1は、覚えてた。^^;
 付録に、数学の復習があるのがほんと助かってます。

 あと、ここまでやって思ったこと。
 最初のほうだから、微積分をなかなか使わずに説明してある。すでに
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/06/18/3583332
物理数学入門本の感想
で名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320016335/showshotcorne-22/
やさしく学べる微分積分 (単行本(ソフトカバー))
石村 園子 (著)
や、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/01/09/4048347
L.S. ポントリャーギン著、坂本實訳「やさしい微積分 (ちくま学芸文庫)」
で名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480091491/showshotcorne-22/
やさしい微積分 (ちくま学芸文庫) (文庫)
L.S. ポントリャーギン (著), L.S. Pontryagin (原著), 坂本 實 (翻訳)
で、ざっくり復習しているオレ様としては、まどろっこしかった(←生意気)。

 関連して。付録にある数学の復習の最後「A.18 計量」では、球の表面積、
球の体積などを求めるのに、微積分なしで、やれるところまでやってみましょ
うとやっていて、これを読むと、微積分ってなんて簡単で楽な道具なんだと思
いますね。
 東京から大阪まで、東海道を歩いて移動するのと、新幹線で移動するのを比
べたくらい、違う。
 そういうのが30年前の20歳ころにわかってればよかったのに、人生だいぶ終
わったいまごろになって、わかるようになるんだもんね。大バカですね。

 ということで、64ページまでで力学の基本のところと単振動までは終わり。
 これから、ケプラーの法則などになります。
 早く第2章の熱力学に行きたいです。

ゆるキャラまつりinもじ2009年03月14日 23時45分31秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
ウェブには、転載していたけど、ブログに転載し忘れた。今日、もう、
始まっちゃったね。すみません。
---
 うぉぉぉ。今度の週末3/14, 15に、おれの故郷、北九州市門司区の門司駅前
で「ゆるキャラまつりinもじ」というゆるキャラ大集合イベントがあります
ね。
 詳しくは、
http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=25217
をどうぞ。

http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=24724
じーものイベント企画ぷろじぇくと
をみると、参加するゆるキャラがいっぱい。こんなに来るんだ。
 ポスターをみると、門司区大里の大里高校出身の芋洗坂係長も来るんだ。
 ちょー、行きたいー。
 でも、無理ぃぃぃぃぃ。
 残念。

 大里高校は、統廃合で門司商業と一緒になって門司大翔館高等学校になって
ますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/福岡県立門司大翔館高等学校
http://moji.dhs.fku.ed.jp/
福岡県立門司大翔館高等学校公式サイト
をどうぞ。

 じーものことは、いっぱい書いてるから、上の検索窓で「じーも」で検索し
てみてね。
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索