Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

作家、筒井康隆さんのご長男、画家、筒井伸輔さんがお亡くなりになりました。ただただショックで呆然。2020年02月29日 23時13分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 昨夜の深夜というか、今朝というか、Twitterで知ってびっくり。
https://twitter.com/shownakamura/status/1233450226389671936
--- ここから ---
ええっ、筒井伸輔さんが亡くなった。嘘だろう。大変だ。ショックでお悔やみの言葉も出ない。

https://twitter.com/TsutsuiYasutaka/status/1233276827407224833
筒井康隆
@TsutsuiYasutaka
--- ここから ---
現在、喪の作業の第二段階にいる。
息子の筒井伸輔が死んだ。享年五十三歳、満年齢だと誕生日が来て五十二歳になる。死因は食道癌。

http://shokenro.jp/00001669
#偽文士日碌
--- ここまで ---
--- ここまで ---

 なんというか、ショックというか、嘘だろうとしか、思えず、お悔やみの言葉も出てきませんでした。
 新型コロナウイルスで外出控えろ、なんもかんも自粛自粛ムードだし、伸輔さんショックで、何もする気も起きず、今日はもう家でぼーっとしてました。

 世田谷文学館の筒井康隆展で、ちょっとお話しさせてもらったのが、最後です。
 いまから、30年くらい前かな。初めて伸輔さんにお会いし、家に帰ったとき、妻が、
「伸輔さんは芸能人でいえば、誰に似てる?」
と訊ねてきたので、ほとんど芸能人を知らないながら、
「少年隊の東山君かな」
というと、
「やっぱり、想像通りだ」
と、とてもうれしそうにしていたのを思い出しました。

 筒井さんが、朝日新聞に連載した「聖痕」は、2012年から2013年にかけての連載。
 筒井さんが文章、伸輔さんが挿絵。芸術家親子の共同作品。
 いま改めて伸輔さんの絵を観て、思わず涙が出てきます。

 筒井様、光子様、智子様、ご親族のみなさま、心よりお悔やみ申し上げます。

http://shokenro.jp/00001669
偽文士日碌 2020/02/28(金)

https://twitter.com/mizumaart/status/1232698704890490882?s=20
--- ここから ---
三潴末雄
@mizumaart
ミヅマギャラリーの初期からのメンバーアーティストの筒井伸輔さんが一昨日に逝去。享年51歳。4月には個展を計画しており、初画集を求龍堂より出版予定でした。余りにも若い逝去に切なさと悲しみで一杯です。もっともっと蜜蝋の作品を制作して極めて欲しかった。本当に残念でした。合掌!!マーク
--- ここまで ---

 筒井さんは、享年51歳と書いています。
 ミズマギャラリーのツイートは51歳。たぶん、53歳が正解でしょう。
 あれ? 筒井さんは、数え年で53歳、満年齢だと誕生日が来て52歳ということは、お亡くなりになったときは、51歳。
 どっちも正解なのか。頭が悪いけ、難しいわ。(>_<)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103145307/showshotcorne-22/
聖痕 (日本語) 単行本 – 2013/5/31
筒井 康隆 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410117153X/showshotcorne-22/
聖痕 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2015/11/28
筒井 康隆 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01F1Q1O5C/showshotcorne-22/
聖痕(新潮文庫) Kindle版
筒井 康隆 (著)

http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061884
筒井康隆、平成最後の大傑作、新潮2019年5月号、筒井康隆「ニューシネマ「バブルの塔」」、フリースタイル42 筒井康隆インタビュー by 矢作俊彦
で、
--- ここから ---
 数年前から、筒井康隆がなぜ短編を量産するようになったのか、その謎を解きたいと思っていて、筒井さんに質問したこともあった。
 それが去年、もう解けたのよ。早く書こうと思っていて、すでに1年以上。すみません。
 筒井康隆の変化、というより進化の背景には、実は、
「筒井康隆はXX・XXXだった」
という大発見があり、これは、昨年、世田谷文学館で開催された筒井康隆展の帰り、ASAHIネット(http://asahi-net.jp )の仲間たちと飲んだ時に、少し話して、みんなあきれていたから、絶対間違いないとますます確信しているが、その
「筒井康隆はXX・XXXだった」
がベースにあって、筒井康隆は、さらに「XX」に進化したんです。
 そして、短編を量産しているのは、「XX」になった筒井康隆です。
--- ここまで ---

 それから、またしてももう1年。ほんと、早く書こう。あれこれ片付けないといけない雑事が増えて、なかなかまとまった時間が取れないから。なんとかせねば。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/12/13/9188742
筒井康隆「老人の美学」「筒井漫画瀆本 壱」「筒井漫画瀆本ふたたび」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061884
筒井康隆、平成最後の大傑作、新潮2019年5月号、筒井康隆「ニューシネマ「バブルの塔」」、フリースタイル42 筒井康隆インタビュー by 矢作俊彦
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/03/31/9054032
「『噂の眞相』岡留安則を賑やかに送る会」に行って来た。高校の同級生、小森君から知った驚愕の事実。いろんな奇遇のきっかけは、やっぱり、筒井康隆\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/03/11/9045829
世田谷文学館 筒井康隆展記念対談 筒井康隆×松浦寿輝「筒井康隆を語る」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/07/8969659
祝! 世田谷文学館、筒井康隆展、ついに開幕\(^O^)/ 個人的には光子様のコーナーがうれしい\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/30/8758271
「筒井康隆自作を語る#4」、読者を大切にする筒井さんの真髄、原点をみた思いがした「パプリカ」のころ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/02/7770497
筒井康隆:最高傑作にして、おそらく最後の長編「モナドの領域」が一挙に掲載される新潮 2015年10月号の表紙画像公開!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2020年03月09日 02時32分39秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 新型コロナウイルスの感染拡大で、カミュの「ペスト」が売れてるんだって。