Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする」、ディープラーニングの検定がある、「深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト」2018年10月25日 08時23分33秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 いやあ、こんな本が出る世の中になってしまいました。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479815671X/showshotcorne-22/
機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする (AI&TECHNOLOGY) 単行本 – 2018/10/17
石井 大輔 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07GWM4J7H/showshotcorne-22/
機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする Kindle版
石井 大輔 (著)

 翔泳社にある紹介。
https://www.seshop.com/product/detail/22072
機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする

 そして、なんと、一般社団法人日本ディープラーニング協会なるものがあって、ディープラーニング検定をやっている。
 こういう協会は、大体、役人の天下り先になってることが多いのよ。管轄から考えると、経産省の天下り先かな。
 今から、約40年前。マイコンやパソコンがやっと出始めた頃、その方面の協会を設立という手紙が、私の恩師である、九大(九州大学)の牛島和夫先生のところに来た。
 中身をみると、牛島先生の承諾もないのに、勝手に理事かなんかに名前を使われているの。
 まだ20歳だったぼくは、世の中の仕組みは、すごいのぉと思った。

https://www.jdla.org
一般社団法人日本ディープラーニング協会

https://www.jdla.org/business/certificate/#education
検定・資格概要
をみると、G検定とE検定がある。
 G検定は、ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)育成。E検定は、ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)育成。
 ちなみに、情報省のG検定は、ゴルゴ13に関する知識と実技です。\(^O^)/

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798157554/showshotcorne-22/
深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト 単行本(ソフトカバー) – 2018/10/22
浅川 伸一 (著), 江間 有沙 (著), 工藤 郁子 (著), 巣籠 悠輔 (著), 瀬谷 啓介 (著), 松井 孝之 (著), 松尾 豊 (著), 一般社団法人日本ディープラーニング協会 (監修)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07H2ZR6M2/showshotcorne-22/
深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト Kindle版
浅川 伸一 (著), 江間 有沙 (著), 工藤 郁子 (著), 巣籠 悠輔 (著), 瀬谷 啓介 (著), 松井 孝之 (著), 松尾 豊 (著), 一般社団法人日本ディープラーニング協会 (監修)

 そうそう、以前紹介したThink Bayes, Think Stats, ゼロから作るDeep Learningシリーズのお買い上げありがとうございます。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116945/showshotcorne-22/
Think Bayes ―プログラマのためのベイズ統計入門 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/6
Allen B. Downey (著), 黒川 利明 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873117356/showshotcorne-22/
Think Stats 第2版 ―プログラマのための統計入門 単行本(ソフトカバー) – 2015/8/19
Allen B. Downey (著), 黒川 利明 (翻訳), 黒川 洋 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873117585/showshotcorne-22/
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 単行本(ソフトカバー) – 2016/9/24
斎藤 康毅 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873118360/showshotcorne-22/
ゼロから作るDeep Learning ❷ ―自然言語処理編 単行本(ソフトカバー) – 2018/7/21
斎藤 康毅 (著)

ディープラーニング関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/06/10/8891720
scikit-learnとTensorFlowによる実践機械学習、ゼロから作るDeep Learning, ゼロから作るDeep Learning ❷ ―自然言語処理編, PythonとKerasによるディープラーニング, Deep Learning with Python, 現場で使える! TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法, Deep Learning Javaプログラミング 深層学習の理論と実装
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/18/8564076
続:日本AIベンチャーの雄、Preferred Networks(PFN)が、総務省の開発指針に反対する理由でわかる官僚お得意のガイドライン行政の罠。電子書籍の出来は?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/12/8555381
日本AIベンチャーの雄、Preferred Networks(PFN)が、総務省の開発指針に反対する理由でわかる官僚お得意のガイドライン行政の罠
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/04/28/8503277
AI(人工知能)、機械学習、深層学習、ディープラーニングの本が百花繚乱
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/18/8231611
Deep Learning Javaプログラミング 深層学習の理論と実装。これからの強化学習、TensorFlowで学ぶディープラーニング入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/04/8210532
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装、TensorFlowで学ぶディープラーニング入門 ~畳み込みニューラルネットワーク徹底解説~、機械学習と深層学習―C言語によるシミュレーション、強化学習、ロボットインテリジェンス―進化計算と強化学習、進化計算と深層学習 -創発する知能

AI(人工知能)関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/09/17/8961672
西垣 通(編集)「基礎情報学のフロンティア: 人工知能は自分の世界を生きられるか?」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/17/8852867
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」、週刊東洋経済 AI時代に勝つ子・負ける子、週刊ダイヤモンド AI時代を生き抜く プログラミング&リベラルアーツ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/05/8844368
週刊東洋経済「ビジネスのための使えるAI」「ビジネスに効く! 教養としてのテクノロジー」などが99円。週刊ダイヤモンド「企業も個人も生死を分ける AI格差」、AI化する銀行、FinTechの法律改訂版、AI(人工知能)まるわかり (日経文庫)などビジネスパーソン向けAI本。野口悠紀雄たちにカモにされないで
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/24/8754229
ニュートン2018年1月号は、AI(人工知能)大特集。日本列島 創成史、惑星系形成理論、スーパー望遠鏡「アルマ」、輝く星の一生、そして、情報省の恐るべき生物兵器も出ていた。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/06/14/8595649
別冊日経サイエンス:別冊216 AI 人工知能の軌跡と未来 竹内郁雄 編
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/06/01/8581808
AIが作詞、人工知能がほぼほぼわかる本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/31/8060818
Lispハッカー和田英一先生の至言、金言。はしれ!コード学園,新キャラ投票1位はLisp\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/22/7997853
東芝が独自のニューラルネット。Google発の深層学習フレームワーク「TensorFlow」。現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティのことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/22/7957248
進化計算と深層学習 -創発する知能、現代思想 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/06/17/7670672
AERA(アエラ)で、人工知能(AI)特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/04/02/7602461
TED, アンドリュー・マカフィー。ロボット、AI(人工知能)が仕事を奪う?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/06/17/7346467
週刊ダイヤモンド「ロボット・AI(人工知能)革命」特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/22/7136906
NIIの人工頭脳(AI)、東大模試に挑戦。おれより頭ええわ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/22/6786543
機械との競争、AI搭載ロボットが東大入試を突破するプロジェクト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/20/6783650
NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/11/5676579
コンピュータが仕事を奪う、Wordのイライラ根こそぎ解消術

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/25/8983156/tb

_ ホットコーナー - 2018年10月26日 09時57分29秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 この半年ほどで、日本語版が出た、Ptyhon, TensorFlow, Keras, scikit-learn, PyTorch, Chainer本をリスト。
 洋書ではTensorFlow本、PyTorch, Keras, scikit-le

_ ホットコーナー - 2018年11月18日 23時29分44秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 これ、めちゃくちゃ、面白かった。
 AI、すごいわ。というか、もう、怖いわ。
 ベタな笑い、下ネタから、すごいシュールな笑い

_ ホットコーナー - 2018年12月11日 10時24分45秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 1ヵ月半ほど前に
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/26/8983981
最近出ているPtyhon, TensorFlow, Keras, scikit-learn, PyTorch、Chainer本
を書いたけど、PyTorc
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索