Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

田口善弘「はじめての機械学習(ブルーバックス)」、「砂時計の七不思議(中公新書)」、「生命はデジタルでできている(ブルーバックス)」、ルールを知らないのにゲームで勝ちまくる最強AI「MuZero」2021年10月11日 11時16分06秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 やっと紹介する。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065239605/showshotcorne-22/
はじめての機械学習 中学数学でわかるAIのエッセンス (ブルーバックス) 新書 – 2021/7/15
田口 善弘 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0996248CH/showshotcorne-22/
はじめての機械学習 中学数学でわかるAIのエッセンス (ブルーバックス) Kindle版
田口善弘 (著) 形式: Kindle版

 数学を使わず、算数レベルで、機械学習のツボを解説するんだから、映画や小説やいろんなたとえ話で解説しているが、こりゃ、大変だなと思った。
 量子コンピュータまで出てくるのは、ちょっとびっくり。説明を読んで、なるほどとは思ったけど。
 付録部分には、本書を読んだら、勉強してほしいことに役立つ本がたくさん紹介されている。

 電子書籍はすでに買っていたけど、ある日、府中の分倍河原にできて間もないマルジナリア書店に行ったら、なぜか、この本のサイン本があったんです。即、ゲット!
 なぜ、あったのかは知らないけど、とにかく、ラッキー\(^O^)/

マルジナリア書店
ツイッター
https://twitter.com/marginaliaBS
インスタグラム
https://www.instagram.com/marginaliabs/

https://book.asahi.com/article/14256588
マルジナリア書店(東京) 本屋の空白を10年ぶり埋めた、ドーナツと人文書大賞と

https://www.yohakushapub.com
マルジナリア書店 よはく舎

 最近、機械学習、深層学習方面でびっくりした話題は、
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/technology/00007/00032/
東大松尾ゼミの「深層学習」研究会 第24回
最強AI「MuZero」とは ルールを知らないのにゲームで勝ちまくる
2021年03月29日 読了時間: 12分
 論文、読まずに言うけど、ほんとにそんなことが可能なのかな。
 勝ち負け、引き分けのルールすら知らずに強くなれるの?
 ゲームの終了条件は与えてないと、ゲームが終わらないんじゃないの?
 将棋だって、玉を詰ますと終わりという条件を知らないと、終わらないと思うし、千日手や持将棋のルールだって知らないと、将棋は指せないと思うけど。よーわからん。

 ぼくにとっては、田口善弘は、なんといっても、「砂時計の七不思議」。これはめちゃくちゃ面白かった。ああ、1995年出版だって。時は流れるのぉ。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121012682/showshotcorne-22/
砂時計の七不思議―粉粒体の動力学 (中公新書) 新書 – 1995/10/1
田口 善弘 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B087YVD898/showshotcorne-22/
砂時計の七不思議 (中公新書) Kindle版
田口善弘 (著) 形式: Kindle版

 あ、これ、知らんわ。買おうっと。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065195977/showshotcorne-22/
生命はデジタルでできている 情報から見た新しい生命像 (ブルーバックス) 新書 – 2020/5/21
田口 善弘 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B088K5LPQM/showshotcorne-22/
生命はデジタルでできている 情報から見た新しい生命像 (ブルーバックス) Kindle版
田口善弘 (著) 形式: Kindle版

 ぼくがもう10年以上前かな、高木利久先生(当時、東大(東京大学))たちのお手伝いなどしたバイオインフォマティクスなんて、完全に情報処理だもんね。

 NBDCでは、まだセンター長紹介に出てる。
https://biosciencedbc.jp/about-us/welcome-from-director/
センター長挨拶・略歴
 高木先生は、いまは富山国際大学の学長。
https://www.tuins.ac.jp/about/philosophy/
富山国際大学 学長挨拶・理念

 高木先生とも、もう何年も会ってないし、飲んでないね。
 東大の柏キャンパスができて間もない頃は、柏駅前もあまり整備されてないし、バス便も少ないし、交通渋滞がひどくて、柏キャンパスでミーティングするのは、けっこう大変だった記憶がある。今なら、オンラインミーティングだろうけど。
 同時期かな。九大(九州大学)も伊都キャンパスに工学部などが移転して、当時九大の荒木啓二郎先生から呼ばれて講義に行くのも遠くて大変だった記憶がある。
 東大の柏キャンパスも九大の伊都キャンパスも、当時、付近にいい飲み屋がなくて、飲み屋から遠いのがいかんよね。\(^O^)/
 伊都キャンパスは、中洲から遠くなったもん。(>_<)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/06/10/9256069
ゼロから作るDeep Learning ❸、はじめてのディープラーニング2、AIエンジニアを目指す人のための機械学習入門、実践GAN(敵対的生成ネットワーク)による深層学習
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/25/8983156
「機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする」、ディープラーニングの検定がある、「深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/04/28/9240231
仕事ではじめる機械学習、Pythonデータサイエンスハンドブック、Pythonによるデータ分析入門 第2版、東京大学のデータサイエンティスト育成講座
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/09/01/9148266
未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス、Newton(ニュートン) 2019年09月号、PythonによるWebスクレイピング第2版、ゼロから作るDeep Learning
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/09/9057505
TensorFlowは死んだ\(^O^)/ AI(人工知能)、機械学習、ディープラーニングの話題
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/26/8983981
最近出ているPtyhon, TensorFlow, Keras, scikit-learn, PyTorch、Chainer本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/25/8983156
「機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする」、ディープラーニングの検定がある、「深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/09/17/8961672
西垣 通(編集)「基礎情報学のフロンティア: 人工知能は自分の世界を生きられるか?」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/06/10/8891720
scikit-learnとTensorFlowによる実践機械学習、ゼロから作るDeep Learning, ゼロから作るDeep Learning ❷ ―自然言語処理編, PythonとKerasによるディープラーニング, Deep Learning with Python, 現場で使える! TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法, Deep Learning Javaプログラミング 深層学習の理論と実装
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/17/8852867
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」、週刊東洋経済 AI時代に勝つ子・負ける子、週刊ダイヤモンド AI時代を生き抜く プログラミング&リベラルアーツ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/05/8844368
週刊東洋経済「ビジネスのための使えるAI」「ビジネスに効く! 教養としてのテクノロジー」などが99円。週刊ダイヤモンド「企業も個人も生死を分ける AI格差」、AI化する銀行、FinTechの法律改訂版、AI(人工知能)まるわかり (日経文庫)などビジネスパーソン向けAI本。野口悠紀雄たちにカモにされないで
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/24/8754229
ニュートン2018年1月号は、AI(人工知能)大特集。日本列島 創成史、惑星系形成理論、スーパー望遠鏡「アルマ」、輝く星の一生、そして、情報省の恐るべき生物兵器も出ていた。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/06/14/8595649
別冊日経サイエンス:別冊216 AI 人工知能の軌跡と未来 竹内郁雄 編
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/18/8564076
続:日本AIベンチャーの雄、Preferred Networks(PFN)が、総務省の開発指針に反対する理由でわかる官僚お得意のガイドライン行政の罠。電子書籍の出来は?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/12/8555381
日本AIベンチャーの雄、Preferred Networks(PFN)が、総務省の開発指針に反対する理由でわかる官僚お得意のガイドライン行政の罠
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/04/28/8503277
AI(人工知能)、機械学習、深層学習、ディープラーニングの本が百花繚乱
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/18/8231611
Deep Learning Javaプログラミング 深層学習の理論と実装。これからの強化学習、TensorFlowで学ぶディープラーニング入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/04/8210532
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装、TensorFlowで学ぶディープラーニング入門 ~畳み込みニューラルネットワーク徹底解説~、機械学習と深層学習―C言語によるシミュレーション、強化学習、ロボットインテリジェンス―進化計算と強化学習、進化計算と深層学習 -創発する知能
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/05/25/8095668
関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装、Scalaのバイブル、Programming in Scala 3rd Edition, Guide to Play2 Scala
AI, 機械学習関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/04/8038226
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI、ITエンジニアのための機械学習理論入門、初めてのディープラーニング、イラストで学ぶ ディープラーニング
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/29/8004524
GoogleのTensorFlowより高性能!? MicrosoftのCNTK。コンピュータ囲碁、深層学習(ディープラーニング)で、プロ棋士を撃破島倉千代子。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/22/7997853
東芝が独自のニューラルネット。Google発の深層学習フレームワーク「TensorFlow」。現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティのことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/19/7995816
KS情報科学専門書シリーズの新刊、イラストで学ぶディープラーニング。PacktはMachine Learning Week 2016なう
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/22/7957248
進化計算と深層学習 -創発する知能、現代思想 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/15/7949555
人工知能ビジネス、機械学習、深層学習、Deep Learning、ITエンジニアのための機械学習理論入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/02/7822147
岩波からデータサイエンスシリーズが全6巻で刊行開始。データサイエンティスト養成読本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/26/7750507
機械学習プロフェッショナルシリーズ第2期、異常検知と変化検知、サポートベクトルマシン、統計的学習理論、確率的最適化
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/10/7704579
クラウドではじめる機械学習、体験する機械学習、「人工知能 人類最悪にして最後の発明」、「イラストで学ぶ 人工知能概論」の感想なども
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/06/15/7669313
ディープラーニング、深層学習、人工知能(AI)、機械学習プロフェッショナルシリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/06/7484259
オライリー・ジャパンは、データサイエンス、機械学習、統計の新刊続々だった。関連書も

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック