Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

別冊日経サイエンス:別冊216 AI 人工知能の軌跡と未来 竹内郁雄 編2017年06月14日 08時42分43秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 これ、買う買う犬。
 何、それ?
 チャウチャウ犬のダジャレ。\(^O^)/
 知らんわ。

 日経サイエンスに出たAI(人工知能)関連の記事を、Lispの神様の一人、竹内郁雄さんがまとめたもの。
 巻頭言は、竹内さん。
 情報理論のシャノンの初翻訳の記事、「チェスを指す機械」もある。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532512166/showshotcorne-22/
AI 人工知能の軌跡と未来 (別冊日経サイエンス) 大型本 – 2016/11/14
竹内 郁雄 (編集)

 日経サイエンスにある紹介。
http://www.nikkei-science.com/page/sci_book/bessatu/51216.html
別冊日経サイエンス:別冊216 AI 人工知能の軌跡と未来 竹内郁雄 編

 シャノンといえば、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/04/06/8446553
甘利俊一「脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす」、機械学習、ディープラーニング、ニューラルネットのバックプロパゲーション(誤差逆伝搬法)でわかる情報省支配。無視される日本人の先行事例
で書いたように、中嶋章(あるいは中島章)さんのほうが先なのに、世界的にはシャノンがスイッチで論理演算ができることを最初に発見したことになってる話があるね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/04/06/8446553
甘利俊一「脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす」、機械学習、ディープラーニング、ニューラルネットのバックプロパゲーション(誤差逆伝搬法)でわかる情報省支配。無視される日本人の先行事例
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/19/4890951
Lispの神様 竹内郁雄教授の最終講義。「初めての人のためのLISP 増補改訂版」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/22/4712709
Lispセミナー、甘利俊一先生の数理脳科学、情報幾何学

 AI(人工知能)、機械学習、ディープラーニング(深層学習)の記事はいっぱい書いているので、上の検索窓に、「人工知能」「機械学習」「ディープラーニング」などを入れて検索してください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック