Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

生命情報向けの機械学習入門、現場で使える!PyTorch開発入門、PyTorchで始める深層学習、つくりながら学ぶ! 深層強化学習 PyTorchによる実践プログラミング2018年12月11日 08時22分18秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 1ヵ月半ほど前に
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/26/8983981
最近出ているPtyhon, TensorFlow, Keras, scikit-learn, PyTorch、Chainer本
を書いたけど、PyTorch本で漏れがあった。
 機械学習、深層学習、ディープラーニングのフレームワーク、ライブラリは、TensorFlowとPyTorchで決まりになってきたみたいね。日本は、日本製のChainerの人気も高いけど。
 最近、人気上昇中のPyTorch関連本。
 その前に、これが面白いので、ご紹介。これもPyTorchを使っています。
https://github.com/HumanomeLab/mlcourse
生命情報向けの機械学習入門
文責:瀬々 潤(ヒューマノーム研究所 & 産総研AIRC)
この資料は、新学術領域「先進ゲノム支援」中級講習 (2018年11月実施) のために作成しました。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479815718X/showshotcorne-22/
現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装 (AI & TECHNOLOGY) 単行本(ソフトカバー) – 2018/9/18
杜 世橋 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07FTJPL31/showshotcorne-22/
現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装 Kindle版
杜 世橋 (著)

 まだ、名前を出してなかったもの。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4865941304/showshotcorne-22/
PyTorchで始める深層学習 ――数式なしで基礎から実装まで 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/21
小泉 訓 (著)

 Kindle版は、いま、半額の1400円くらいだね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07FVJKP1L/showshotcorne-22/
PyTorchで始める深層学習 ――数式なしで基礎から実装まで Kindle版
小泉訓 (著)

 次は、以前、
第5章「深層強化学習DQNを実装しよう」
第6章「深層強化学習の発展版を実装しよう」
なんてあるので、よさげだと紹介したもの。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4839965625/showshotcorne-22/
つくりながら学ぶ! 深層強化学習 ~PyTorchによる実践プログラミング~ 単行本(ソフトカバー) – 2018/6/28
株式会社電通国際情報サービス 小川雄太郎 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07DZVRXFK/showshotcorne-22/
つくりながら学ぶ!深層強化学習 PyTorchによる実践プログラミング Kindle版
株式会社電通国際情報サービス 小川雄太郎 (著)

 機械学習やディープラーニングで使う数学のことを知っておきたい人は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/06/8743050
仕事ではじめる機械学習。やさしく学ぶ機械学習を理解するための数学のきほん、ディープラーニングがわかる数学入門、技術者のための基礎解析学など理論と数学本、TensorFlow活用ガイド、TensorFlow機械学習クックブックなどTensorFlow本あれこれ

http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/03/17/8805345
なんと、KADOKAWAも人工知能、機械学習の本を! オライリー・ジャパンは、ゼロから作るDeep Learning ❷ ―自然言語処理編、仕事ではじめる機械学習、データサイエンスのための統計学入門、Pythonではじめる機械学習、講談社は、機械学習スタートアップシリーズ
をどうぞ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/26/8983981
最近出ているPtyhon, TensorFlow, Keras, scikit-learn, PyTorch、Chainer本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/25/8983156
「機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする」、ディープラーニングの検定がある、「深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト」
 上記↑には、たくさん、関連リンクがあります。興味があれば、みてください。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/03/17/8805345
なんと、KADOKAWAも人工知能、機械学習の本を! オライリー・ジャパンは、ゼロから作るDeep Learning ❷ ―自然言語処理編、仕事ではじめる機械学習、データサイエンスのための統計学入門、Pythonではじめる機械学習、講談社は、機械学習スタートアップシリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/03/07/8799640
算数&ラズパイから始めるディープラーニング、Machine Learning: A Probabilistic Perspective, Deep Learning, 深層学習、PRML Pattern Recognition and Machine Learning
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/06/8743050
仕事ではじめる機械学習。やさしく学ぶ機械学習を理解するための数学のきほん、ディープラーニングがわかる数学入門、技術者のための基礎解析学など理論と数学本、TensorFlow活用ガイド、TensorFlow機械学習クックブックなどTensorFlow本あれこれ

http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/01/05/8303225
アルファ碁はなぜ人間に勝てたのか。人工知能は碁盤の夢を見るか? アルファ碁VS李世ドル。趙治勲九段、コンピュータに勝つ。進化計算と深層学習 創発する知能

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2019年03月30日 16時21分38秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 「Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版」のお買い上げありがとうございます。
 それに行く前に、Python 2.7は2019年末で終わ

_ ホットコーナー - 2019年04月09日 10時38分49秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 機械学習、ディープラーニングのデファクトになったTensorFlow。
 よくあるタイトルですが、TensorFlowは死にました。\(^O^)/
 なぜ
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索