Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

祝、復刊。「Common Lisp オブジェクトシステム」\(^O^)/2010年09月21日 01時34分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 以前、bit別冊で出ていたCommon LispのオブジェクトシステムCLOS(Common
Lisp Object System)の本が、復刊しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320122542/showshotcorne-22/
Common Lisp オブジェクトシステム [単行本]
井田 昌之 (編集), 元吉 文男 (編集), 大久保 清貴 (編集)
 ソッコー、ご祝儀で注文。
 共立出版にあるページは、
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/shinkan/shin1008_09.html
Common Lisp オブジェクトシステム
(ISBN978-4-320-12254-3)
井田昌之・元吉文男・大久保清貴 編
B5,334頁,5000円

 復刊.comをみると、
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=20616
では、128票を集めていますね。詳細ページは、
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68314024

 久々に新宿ジュンク堂に行ったら、本書は、エスカレータ脇に大きく陳列さ
れていた。オビには、
プログラミング言語「Ruby」の開発者
まつもとゆきひろ氏も絶賛!
や、まつもとさんの
自分のオブジェクト指向の原点です。
などという言葉が踊っていた。

 井田昌之先生のブログがあって、そこに復刊の話がありますね。
http://www.sociono.net/session-ida/cat/教育/common-lispオブジェクトシステム復刊/
Common Lispオブジェクトシステム復刊

--- ここから ---
まず、夏前に、担当者氏が訪ねてきて、このCLOSの本を再発行したいと言って
きた。それを待っている声がネットをはじめ、いくつかのところであるという。
正直、びっくりした。
(略)
毎月会合をしながら、いろいろと議論し、楽しかった。これが1988年の思い出。
こういう気分の場所は今の東京に、日本にどこかに作れるか?というのが課題
である。さみしいことに私の近辺では難しい。同じようなきらきらとした眼は、
ベトナムの若い人たちに教えているときに感じる。なんとか東京近辺でもでき
ないかと思案中である。
--- ここまで ---

 井田先生、Shibuya.lispの活動やネット上の活動はご存じないようですね。
 若い人たちの中には、彼らなりにいまの時代のやり方で、きらきらした眼で
精進している人たちがいる。もっと人が増えるといいとは思うが、いつの時代
もLisperは少数精鋭だったので、その点は、おれは、あまり心配していない。
おれは彼らを信頼している。

 新宿ジュンク堂では、本書と一緒に
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798119415/showshotcorne-22/
初めての人のためのLISP[増補改訂版] (単行本)
竹内 郁雄 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798118907/showshotcorne-22/
実用 Common Lisp (大型本)
ピーター・ノーヴィグ (著), 杉本 宣男 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798025623/showshotcorne-22/
ガベージコレクションのアルゴリズムと実装 (単行本)
中村 成洋 (著), 相川 光 (著), 竹内 郁雄 (監修)
が置いてあった。
 いずれも、LispやCommon Lispのことを勉強するには、いい本。
 「初めての人のためのLISP[増補改訂版]」は、入門。それも爆笑入門。
 「実用 Common Lisp」は、AI(人工知能)研究で培われたものも含めて、実践
的な技法解説。
 「ガベージコレクションのアルゴリズムと実装」は、50年も前からLispが当
たり前にやっているガベージコレクションにのみ焦点を当てた世にも希少かつ
貴重な本。
 これらに加えるなら、入門では、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894714337/showshotcorne-22/
ポール・グレアム著, 久野雅樹, 須賀哲夫訳「ANSI Common Lisp」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400007685X/showshotcorne-22/
湯浅太一, 萩谷昌己著「Common Lisp 入門」
 入門書で、基本的なことはわかったが、実際に使えるプログラムはどう書く
んだという実践的な話なら、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274067211/showshotcorne-22/
実践Common Lisp (単行本(ソフトカバー))
Peter Seibel (著), 佐野匡俊 (翻訳), 水丸淳 (翻訳), 園城雅之 (翻訳), 金子祐介 (翻訳)
 Common Lispの神髄であるマクロについては、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274066371/showshotcorne-22/
Paul Graham著、野田開訳「On Lisp」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434133632/showshotcorne-22/
LET OVER LAMBDA Edition 1.0 (単行本)
ダグ ホイト (著), Doug Hoyte (原著), タイムインターメディアHOPプロジェクト (翻訳)
が参考になるだろう。
 本に手を出す前に、Common LispやCLOSがどういうものか、ざっくり知りた
いなら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/Common_Lisp
http://ja.wikipedia.org/wiki/Common_Lisp_Object_System

 ついでにいうと、Common Lispの標準は、現在はANSI Common Lispだが、そ
の前は、
http://www.cs.cmu.edu/Groups/AI/html/cltl/cltl2.html
Common Lisp the Language, 2nd Edition
 1994年にANSI Common Lispになったが、仕様を知りたいとき、プログラムを
書くときに便利なのが、LispWorks社が提供してくれている
http://www.lispworks.com/documentation/common-lisp.html
The Common Lisp HyperSpec
 そうそう、ここで紹介している本の中には、ANSI Common Lisp以前のCommon
Lispをベースにしたものがあるが、(特に初心者が)そう気にするほどの違い
はない。おれも知らんし。\(^O^)/
 他の言語、特にC/C++, JavaやPerlなどの手続き型言語、命令型言語のプロ
グラマは、細かな違いより、Lisp的な発想やイディオムを身に付けるほうが重
要。

 CLOSのことでもう少し。
 Lispのすごいところ、Lisperの発想のすごいところは、CLOSという標準はあ
っても、気に入らなければ、さらに手を加えられるようになっていること。そ
のための仕組みがMetaobject Protocol。その解説が、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262610744/showshotcorne-22/
Gregor Kiczales, Jim Des Rivieres, Daniel G. Bobrow「The Art of the
Metaobject Protocol」
 この本、おれは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/11/24/3972714
洋書の値段って不思議
で書いたときは、本家amazonにはあっても日本のアマゾンにはなかった。いま
は、ありますね。円高の今、チャンスだろう。

 そもそも、CLOSに手が加えられるようになっているというのは、Lispにとっ
ては、当たり前といえば当たり前。そうなってないなら暴動が起きる。\(^O^)/
 何度もしつこく繰り返して耳タコだろうが、Lispは、通常のプログラミング
言語でいえば、コンパイラが構文解析した結果を自由にプログラマが操作でき
る。というか、LispのプログラムはS式で書くが、S式を構文解析した結果の構
文木だと思えば、プログラマが最初から構文木を書いているという反則技を使
っている。\(^O^)/
 そして、S式=構文木をあれこれ操作するのに便利なのがLispのマクロ。
 Lispのマクロは、C/C++のプリプロセッサのような字句レベルの置き換えで
はない。S式=構文木をあれこれいじり回すことができる。そこが偉いところ。
 そんなわけで、DSL(Domain Specific Language, 特定問題領域専用言語)を
作りやすい。CLOSは、オブジェクト指向という問題領域のために作られたDSL
とみなすこともできる。
 各人が自分なりのオブジェクト指向プログラミング用のDSLを書いてもいい
が、オブジェクト指向の分野は影響も大きいので、標準化したほうがよい。と
いうことで、標準化されてCLOSになっている。
 しかし、CLOSもCommon Lisp上に関数やマクロを定義したものなので、あれ
これ変更可能。さらにしかし(ここがいかにもLisp屋のやり方)、変更のやり方
も標準化できれば、言語そのものを改造していくメタプログラミングもやりや
すいよね。というのが、Metaobject Protocol。公的な標準にはなっていない
が、「The Art of the Metaobject Protocol」(略称AMOP)に書いてあることが、
実質的な標準になっている。

 ところで、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/11/1501516
本の品切れ。Lispの古本はバブル? 入門書紹介も兼ねたつもり。
で言及した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262161362/showshotcorne-22/
Andreas Paepcke編「Object-Oriented Programming: The Clos Perspective」

 あれを書いた2007年5月では、「13000円以上する。どういうこっちゃ、こ
りゃ」と書いたが、いま、みたら、中古品3点31,226円よりだって。セドリ業
者とはいえ、ふざけすぎだろう、これ。
 あ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/11/24/3972714
洋書の値段って不思議
をみると、2008年11月には、43,307円と43,898円だったのね。もっとふざけた
奴らがいたんだ。^^;
 筋金入りのコレクターなら別だから、フツー、3万円や4万円も出して買う
ものじゃありません。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/09/4621325
竹内郁雄『初めての人のためのLISP 増補改訂版』
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/14/4631684
がびーん、竹内郁雄『初めての人のためのLISP 増補改訂版』、予約終了(泣)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/19/4890951
Lispの神様 竹内郁雄教授の最終講義。「初めての人のためのLISP 増補改訂版」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/19/4890951
Lispの神様 竹内郁雄教授の最終講義。「初めての人のためのLISP 増補改訂版」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/01/4913323
初めての人のためのLISP[増補改訂版] 、売れまくり\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/03/4917592
続:初めての人のためのLISP[増補改訂版] 、売れまくり\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/02/4989509
bit誌の連載「マルチパラダイム言語 TAO」が公開されている\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/28/5047508
緊急特報!Peter NorvigのPAIPの翻訳「実用 Common Lisp」が出る\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/05/06/5065468
洋書のAI(人工知能)本。「実用Common Lisp」のことも少し。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/18/4954353
ガベージコレクションのアルゴリズムと実装。洋書ガベコレ本の話題も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/11/1501516
本の品切れ。Lispの古本はバブル? 入門書紹介も兼ねたつもり。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/16/76723
Peter Seibel著「Practical Common Lisp」(Apress)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/07/18/3633573
Peter Seibel著「実践Common Lisp」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/08/19/3699006
Common Lisp本「Let Over Lambda」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/02/4555619
The Art of Multiprocessor Programming 並行プログラミングの原理から実践まで
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/14/1111083
AMOPはThe Art of the Metaobject Protocolのこと

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年10月29日 09時49分44秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 もうすぐ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/22/5430789
Lispチュートリアル &

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年02月18日 06時52分38秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 インターネットの初期、Lispでオンラインショップのサイトを、すこ
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索