Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

海堂ラボ「最先端医療システム コンピューター画像診断支援」、計算解剖学2011年03月09日 10時12分10秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 朝日ニュースターで、
海堂ラボ「最先端医療システム コンピューター画像診断支援」
という番組が目についたので、録画しておいた。
http://asahi-newstar.com/web/44_kaidou/?cat=18
海堂ラボ
 これを録画したのは、実は、この前、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895923355/showshotcorne-22/
MRI「超」講義―Q&Aで学ぶ原理と臨床応用 [単行本]
アレン D. エルスター (著), ジョナサン H. バーデット (著),
Allen D. Elster (原著), Jonathan H. Burdette (原著), 荒木 力 (翻訳)
が売れていて、MRIやCT関係のリストを少し作って、気になっていたから。そ
れは最後に出す。

 海堂尊さんは、いわずと知れた「チームバチスタの栄光」「ジェネラル・ル
ージュの凱旋」などの超話題作、ヒット連発のベストセラー作家。医者でもあ
り、フィクションの作家のみならず、医療分野の問題を追及するジャーナリス
ト、ノンフィクション作家の顔をももつ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/海堂尊
関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/05/4100391
新!読書生活トークショー「エンターテイメント小説の水平線」

 今回の番組は、東京農工大学学長の小畑秀文さんがゲスト。
 CAD(シーエーディー)というコンピュータによる自動画像診断、画像診断支
援システムの紹介。
 普通、CADといえば、キャドであり、建築などの設計図をコンピュータで描
く世界を創造するが、今回の文脈でのCADは、人間をスキャンしてスライスし
たCT画像から、臓器部分を自動抽出。3次元モデルを作り、さらに病変と思わ
れる部分を色を変えて表示。これで、医者が見落とさないように注意を促す。
そういうシステムのこと。
 いまCTをかけると1分くらいで2000枚くらい画像が出てくる。それを人間が
全部目でチェックしていると見落としがある。そういう見落としがないように
支援するのが目的。
 多臓器・多疾病の診断支援システムであることがミソ。
 従来、特定臓器、たとえば胃なら胃、肺なら肺だけをCT画像から抽出して病
変を見つけるシステムはあったが、小畑先生たちがやっているのは、一気に複
数の臓器(多臓器)と複数の病気(多疾病)を見つけるシステム。

http://www.tuat.ac.jp/
東京農工大学
といえば、府中と小金井にキャンパスがある。
 ということは?
 ということは、情報省のスパイ養成機関ということよ。\(^O^)/
 小畑研究室を検索してもないね。学長だからか。
 あ、でも、最終講義のご案内があった。今月だ。
http://www.tuat.ac.jp/pickup/20110201190006/index.html
小畑学長 最終講義のご案内
■ 日 時:平成23年3月22日(火曜日)15:00~16:30
■ 場 所:東京農工大学小金井キャンパス 新1号館L0111教室
■ 演 題:人間的機械を目指した36年 ――鉄腕アトムに憧れて――(仮題)
だって。
 行ける人は、ぜひ。

 多くの研究成果の中から、番組ではほんの少しだけだがといっていくつか紹
介があった。
 まず、CT画像など、医療画像から臓器部分を自動抽出するのは、とても難し
いんだって。それでアルゴリズムのコンテストを開いて新アルゴリズムの開発
を奨励してきた歴史がある。
 たとえば、
http://www.jamit.jp/files/pdf/cadcon/CADcontest_2008.pdf
CADコンテスト(@第18回CADM大会)速報 清水昭伸
は、「3次元腹部CT像からのすい臓領域の抽出」。
http://www.jamit.jp/files/pdf/cadcon/CADcontest_2009.pdf
第1回 JAMIT CADコンテスト結果報告 北坂孝幸
は、「3次元腹部CT像からの転移性肝腫瘍の抽出」。
 その他は、
http://www.jamit.jp/node/117
日本医用画像工学会 CADコンテスト
をどうぞ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/21/5230303
医学や生命科学は、また桁違いの世界
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/29/4981455
NHK教育「サイエンスZERO」、複雑性悲嘆

 それでは、番組で紹介された研究。
 徳島大学の仁木登教授の研究。肺がん、肺気腫の画像診断で、世界トップク
ラス。
http://www.opt.tokushima-u.ac.jp/lab/b-2/index.html
徳島大学工学部光応用工学科
仁木 登

 名古屋大学の森健策教授の研究。ナビゲーションCADといって、CT画像から
自動生成した肺の中を自由自在に飛び回っていた。
 こりゃ、Google Earthならぬ、Google Bodyだね。これも世界トップクラス。
http://www.m.is.nagoya-u.ac.jp/index02_1.html
情報科学研究科 メディア科学専攻
仮想化人体と実人体を融合した新しい医用画像処理手法の探求
森健策●もりけんさく
http://www.suenaga.cse.nagoya-u.ac.jp/wiki/index.php?%BF%B9%B8%A6%B5%E6%BC%BC
森健策研究室
をみると、動画があるが、これ、番組でもやっていた。
 CT画像データから自動生成した大腸の3次元画像。大腸の中をバーチャルに
自由に見られる。しかも番組では、魚の3枚おろしじゃないけれど、筒状の大
腸をバーチャルに切り開いて広げて、それを見ることもやっていた。切って広
げるとポリープなど病変を見つけやすい。それを実際に患者の大腸を切り開く
ことなく、CT画像さえ撮ればできるという。

 番組の後半は、小畑先生が、信号処理の世界からどういう経緯で医療工学の
世界に入ってきたかといった話などがあった。
 乳がんの診断システムは、富士フイルムが製品化して、全国で実際に使われ
ているという紹介もあった。
 その後、番組で紹介した画像診断技術をさらに進化・発展させる新プロジェ
クトとしてスタートしている「計算解剖学」の話があった。
 計算解剖学。いいなあ、この響き。\(^O^)/
 杉田玄白もびっくりだろう。システムの名前は、ドクター玄白で決まりだな。\(^O^)/
 おお、ちゃんとサイトがある。
http://www.comp-anatomy.org/wiki/index.php?%BF%B7%B3%D8%BD%D1%CE%CE%B0%E8%A1%A1%B7%D7%BB%BB%B2%F2%CB%B6%B3%D8
新学術領域「計算解剖学」
 ちょうどこの週末に、名古屋大学で国際シンポジウムがあったのね。
http://www.comp-anatomy.org/wiki/index.php?%C2%E8%A3%B2%B2%F3%A1%D6%B7%D7%BB%BB%B2%F2%CB%B6%B3%D8%A1%D7%B9%F1%BA%DD%A5%B7%A5%F3%A5%DD%A5%B8%A5%A6%A5%E0
第2回「計算解剖学」国際シンポジウム
http://www.comp-anatomy.org/wiki/index.php?%B3%C6%B8%A6%B5%E6%B2%DD%C2%EA%BE%D2%B2%F0
総括班ならびに各研究課題の概要
をみると、壮観ですね。タイトルをみているだけでわくわくしてくる。
 CTのデータから完全な人体モデルを作って、好きなところをみて、好きに切
り刻んでやり放題。
 SF映画の不朽の名作「ミクロの決死圏」では、人間を小さくして患者の中に
入っていくが、その必要もないのよね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003ZX8G5A/showshotcorne-22/
 解剖の練習もコンピュータ上でできるようになるんだろうね。となると、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/25/5648697
アメリカ空軍のすべて、無人攻撃機プレデター、「貧者の兵器とロボット兵器」
で出てきた、無人機しか操縦したことがないパイロット、空を飛んだことがな
いパイロットみたいな解剖医が出てきたりしてね。
 軍のパイロットなのに、実際に空を飛んだらGに耐えられず吐きまくるパイ
ロット。実際に手術したら、血を見ただけで吐きまくる外科医。
 シュールで、ええのぉ。

 計算科学、計算力学、計算分子進化学、情報計算化学生物学(CBI)など、こ
れまで紹介してきたが、また新たな計算~が加わったね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/12/5493781
コンピュータによる流体力学、計算力学レクチャーシリーズほか流体力学関係
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/27/4780427
計算力学のハンドブック各種
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/30/5377471
三中信宏「生物系統学」、計算分子進化学、ゲノム進化学の本も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/01/5379307
藤博幸「はじめてのバイオインフォマティクス」「タンパク質機能解析のため
のバイオインフォマティクス」

 最後に小畑先生の願いのコーナーがあり、小畑先生の願いは、計算解剖学で
日本が世界一というのを定着させたいということ。
 脳の計算解剖学はアメリカが世界一だって。しかし、腹部、胸部は日本が世
界一。それを定着させたいと。そのためには、後継者を育てないといけないと。
若手が育ってこないと、世界一になってもすぐ追い抜かれてしまう。そういう
お話でした。

 海堂さんとのからみでいえば、計算解剖学をAiに使う話がある。
 Aiといっても、我々になじみの人工知能(Artificial Intelligence)じゃな
いよ。オートプシー・イメージング((Autopsy imaging)のこと。
 Aiは、東京農工大の清水昭伸先生が担当とのこと。肺がんで死亡した人の画
像解析や骨折部位の発見とかやってた。
http://www.tuat.ac.jp/~simizlab/index.php?ShimizuLaboratory
清水昭伸 研究室
http://www.tuat.ac.jp/~simizlab/index.php?%B8%A6%B5%E6%BE%D2%B2%F0
をみると、計算解剖学の概要がわかるね。
 オートプシー・イメージングについては、
http://ja.wikipedia.org/wiki/オートプシー・イメージング
http://plaza.umin.ac.jp/~ai-ai/
オートプシー・イメージング学会
http://www.autopsyimaging.com/
オートプシー・イメージング Ai 情報センター公式ホームページ
を参照。
 本もいくつかある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884122712/showshotcorne-22/
100万人のオートプシー・イメージング(Ai)入門 [単行本]
江沢 英史 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4830637366/showshotcorne-22/
オートプシー・イメージング読影ガイド [単行本]
大友 邦 (監修)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4830604603/showshotcorne-22/
オートプシー・イメージング―画像解剖 [単行本]
江沢 英史 (著), 塩谷 清司 (著)

 Aiがなぜ必要かといえば、いまの日本は死因不明社会になっているから。そ
のことを訴えたのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062575787/showshotcorne-22/
死因不明社会 (ブルーバックス) [新書]
海堂 尊 (著)

http://ja.wikipedia.org/wiki/海堂尊
にもあるが、Ai導入を主張する海堂さんは、東大の深山正久教授からAi関係で
民事訴訟を起こされて現在敗訴状態。そういうことも含めてあれこれ書いてあ
るのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062167859/showshotcorne-22/
ゴーゴーAi アカデミズム闘争4000日 [単行本(ソフトカバー)]
海堂 尊 (著)
で、この本の中に、小畑先生との出会いも出てくるそうだ。

 小畑先生の本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4339007021/showshotcorne-22/
Windows版CAIディジタル信号処理 [単行本]
小畑 秀文 (著), 幹 康 (著)
 コロナ社にある紹介。
http://www.coronasha.co.jp/np/isbn/9784339007022/
Windows版 CAIディジタル信号処理
 関連は、
http://www.cs.takushoku-u.ac.jp/~ymiki/
幹教授の部屋
http://www.cs.takushoku-u.ac.jp/~ymiki/errata.pdf
訂正 (2010.5.10)
CAIディジタル信号処理

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320017765/showshotcorne-22/
演習で身につくフーリエ解析 [単行本]
黒川 隆志 (著), 小畑 秀文 (著)
 共立出版にある紹介。
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/texthp/sugaku/01776-5.html
演習で身につく フーリエ解析

 海堂尊さんの出世作と関連書。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796661611/showshotcorne-22/
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) [文庫]
海堂 尊 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796661638/showshotcorne-22/
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) [文庫]
海堂 尊 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796663584/showshotcorne-22/
ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ) [文庫]
海堂 尊 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796663606/showshotcorne-22/
ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ) [文庫]
海堂 尊 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796677399/showshotcorne-22/
ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9) [文庫]
海堂 尊 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796667679/showshotcorne-22/
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫) [文庫]
海堂 尊 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796667695/showshotcorne-22/
ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫) [文庫]
海堂 尊 (著)

 画像診断の本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895923355/showshotcorne-22/
MRI「超」講義―Q&Aで学ぶ原理と臨床応用 [単行本]
アレン D. エルスター (著), ジョナサン H. バーデット (著),
Allen D. Elster (原著), Jonathan H. Burdette (原著), 荒木 力 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895925501/showshotcorne-22/
CT/MRI画像解剖ポケットアトラス 第3版 第1巻 頭部・頸部 [単行本(ソフトカバー)]
町田 徹 (著, 翻訳), 小久保 宇 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489592551X/showshotcorne-22/
CT/MRI画像解剖ポケットアトラス 第3版 弟2巻 胸部・心臓・腹部・骨盤 [単行本(ソフトカバー)]
町田徹 (著, 翻訳), 小林有香 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895925528/showshotcorne-22/
CT/MRI画像解剖ポケットアトラス 第3版 第3巻 脊椎・四肢・関節 [単行本(ソフトカバー)]
町田徹 (著, 翻訳), 小林有香 (翻訳)

 学研メディカル秀潤社という出版社があるのね。ここが、雑誌「画像診断」
を出している。
http://www.shujunsha.co.jp/journal/gazo/index.html
月刊「画像診断」
 「画像診断」別冊KEY-BOOKシリーズというのがある。各巻の詳しい内容は、
http://www.shujunsha.co.jp/book/ctg_gazo.html
を参照。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4780908167/showshotcorne-22/
肝胆膵の画像診断―CT・MRIを中心に (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
山下 康行 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4780908124/showshotcorne-22/
骨軟部疾患の画像診断 第2版 (画像診断別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
上谷 雅孝 (編さん)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879623741/showshotcorne-22/
知っておきたい泌尿器のCT・MRI (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
山下 康行 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487962280/showshotcorne-22/
新版 よくわかる脳MRI (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
青木 茂樹 (著), 井田 正博 (著), 大場 洋 (著), 相田 典子 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879622737/showshotcorne-22/
婦人科MRIアトラス (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
今岡 いずみ (著), 田中 優美子 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879622532/showshotcorne-22/
頭頚部の画像診断 (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
酒井 修 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879622508/showshotcorne-22/
すぐ身につく胸部CT (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
酒井 文和 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879622362/showshotcorne-22/
すぐわかる小児の画像診断 (KEY BOOKシリーズ) [単行本]
荒木 力 (著), 原 裕子 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879622214/showshotcorne-22/
はじめてのMRI (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
荒木 力 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879622192/showshotcorne-22/
はじめての腹部CT (画像診断別冊KEY BOOKシリーズ) [単行本]
大友 邦 (著)

 「新版 よくわかる脳MRI」の素人評に出てくる本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1931884722/showshotcorne-22/
Diagnostic Imaging: Brain [ハードカバー]
Anne G. Osborn (著), Karen L. Salzman (著), A. James Barkovich (著)
価格:¥ 29,287

 「正常画像と並べてわかる」シリーズ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4758106819/showshotcorne-22/
正常画像と並べてわかる頭部MRI 改訂版―ここが読影のポイント [文庫]
土屋 一洋 (編さん), 大久保 敏之 (編さん)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4758111723/showshotcorne-22/
正常画像と並べてわかる新編頭部CT―ここが読影のポイント [文庫]
百島 祐貴 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4897066840/showshotcorne-22/
正常画像と並べてわかる頭部CT (ここが読影のポイント) [文庫]
藤原 卓哉 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4758111693/showshotcorne-22/
正常画像と並べてわかる胸部CT・MRI―ここが読影のポイント [文庫]
櫛橋 民生 (編さん), 藤澤 英文 (編さん)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4897066964/showshotcorne-22/
正常画像と並べてわかる腹部・骨盤部CT (ここが読影のポイント) [文庫]
扇 和之, 山下 晶祥
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4758106193/showshotcorne-22/
正常画像と並べてわかる骨軟部CT・MRI―ここが読影のポイント [文庫]
福田 国彦 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4758106169/showshotcorne-22/
正常画像と並べてわかる救急画像―時間経過で理解する [単行本]
清田 和也 (著), 清水 敬樹 (著)

 脳MRIのシリーズ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879622907/showshotcorne-22/
脳MRI 1.正常解剖 [大型本]
高橋 昭喜 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879623776/showshotcorne-22/
脳MRI 2 [大型本]
高橋 昭喜 (編さん)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4780908175/showshotcorne-22/
脳MRI〈3〉血管障害・腫瘍・感染症・他 [大型本]
高橋 昭喜 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/15/5287830
ゲノム 第3版、ヒトの分子遺伝学 第3版、ミラー麻酔科学、ハリソン内科学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/19/5641539
今日の治療薬2011、治療薬ハンドブック2011、ハイリスク治療薬2011

 生物学関係、医学関係全4弾。
 第1弾。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/30/5377434
分子生物学関係、メディカルサイエンスシリーズ
 第2弾。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/30/5377459
生化学の本
 第3弾。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/30/5377471
三中信宏「生物系統学」、計算分子進化学、ゲノム進化学の本も
 第4弾。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/30/5377480
ワトソン「組換えDNAの分子生物学」「遺伝子の分子生物学」

コメント

_ Chiemi S. ― 2011年04月20日 18時19分44秒

"医療画像を調べていてたどりつきました。海堂さんが本物のお医者様だと忘れがちですが、実際最先端医療に携わっていらっしゃるのですね。最新といえばあのデルhttp://www1.jp.dell.com/content/topics/global.aspx/sitelets/solutions/industry_application/pub_solutions/dell_healthcare_medical_imaging?c=jp&l=ja&cs=jpgem1も参入するようです。動向が気になりますね。またブログ拝見します。
"

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年05月24日 04時18分44秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 早く書かないと終わっちゃうから、あわてて。
 といって、指、切

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年07月28日 08時19分23秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 おれが、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/27/5985402
マーチ 有機化学、March'

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年08月03日 02時50分18秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 池田信夫の「ずっこけスパコン論」は、どんどん書くのが面倒にな

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年09月29日 03時09分45秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 テレビ東京「ガイアの夜明け」で
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/28/5987649

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年11月12日 06時48分31秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ずいぶん前に、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320056620/showshotcorne-22/

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年04月08日 05時16分07秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 あれは、NHKだっけ?
 夜中にテレビで医療用先端技術を紹介してい

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年06月15日 09時32分24秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 あるところのセミナーで、
九州大学大学院 システム情報科学研究

_ ホットコーナー - 2018年05月01日 23時38分03秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 財務省の福田淳一事務次官のセクハラが問題になっているのに、
「そこの軟弱Python野郎に告ぐ。男は黙ってFORTRANだ」
などという、
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索