Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

プログラミング言語AWK 3度目の復刊!2010年01月10日 22時40分17秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 往年の名著、「プログラミング言語AWK」が3度目の復刊です。詳しくは、
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=49091
をどうぞ。
 USP出版は、ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所の出版部で、こ
の会社、なかなかユニークです。
 Unixのシェルだけで勝負するというね。
http://www.usp-lab.com/
ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所

 その模様は、LL(Lightweight Language)で発表したのがあります。
http://www.atmarkit.co.jp/news/200909/07/lltv03.html
【LLTVレポート】劇的ビフォーアフター、匠の技(後編)
システム統合にSOA? RDBMS? bashで十分!

 でも、USPの人、ごめんね。おれが、このレポートで面白かったのは、実は、
中編。
http://www.atmarkit.co.jp/news/200909/07/lltv02.html
【LLTVレポート】劇的ビフォーアフター、匠の技(中編)
“本物のマクロ”でCのコード行数を半分に!

 Shiroさんが、Lisperらしい技をみせてくれてますね。
 そして、何よりうれしいのは、「Programming Clojure」をShiroさんが翻訳
中だということ。
 おい、ブログ、検索したら、お前、そのこと、もう書いてるぞ。
 えっ。
 ほら、大晦日に。
 ああ、年が明けたら記憶リセットされとったわ。\(^O^)/

http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/31/4786766
Clojure本の翻訳をShiroさんがやってるんだって

 本書に戻ると、おれは最初の翻訳が出たときに、これを絶賛した。もう20年
くらい前になるの?
 訳者の足立高徳(ほんとは難しい字らしいけど、文字化けするので)さんは、
当時、パソコン通信の日経MIXでtakunだったかな。あれ? ちょっと違う? 
まあ、いいや、takunで行く。^^;
 とにかく、takunが、one linerを一行野郎と訳したことを絶賛した。
 「1行のプログラムでやろう」とかけてあるのよね。語呂もいいし。言語感
覚が鋭い。「1行野郎」は、おれの中では、永遠に残すべき素晴らしい訳語。
文化遺産です。
 おい、同じ話、もう書いてるぞ。
 えっ、ブログがないころ?
 いや、2007年のこれ↓
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/05/1838490
Re: Excel 2007にバグ、誤った計算結果を表示
 ほんとだ。takunで正解だし、15年くらい前なのか。
 老人は、繰り言が多いよね。新しいことが覚えられないから、昔、覚えたこ
とばかり。
 ばかー。大事なことは、繰り返して言わないと。\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年03月08日 10時13分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 忙しくて油断していたら、オーム社め、こんなものを出してきた。

_ ホットコーナー - 2017年02月09日 10時54分05秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 翔泳社から、新刊案内が来た。
 いまどき、AWKの本。しかし、タイトルで、紹介する気になった。

 「シェル芸」って、何、この