Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

伸びない典型2006年11月07日 08時18分25秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://www.asablo.jp/app?cmd=preview&target_fqdn=iiyu.asablo.jp&target_path=/blog/2006/09/26/538276%23c539428
をみると、まだなんか文句いってるね。
--- ここから --
>少しは経済学や政治を勉強したほうがいいでしょうね。
という挑発的なコメントを「親切なアドバイス」と受け取る人はまずいないで
しょう
---- ここまで ---

 元々の
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/09/26/538276
を読むとわかるが、
--- ここから ---
それじゃ、まったく理解できないでしょうね。
少しは経済学や政治を勉強したほうがいいでしょうね。
--- ここまで ---
のどこが、挑発的なコメントなの? 「お前、無知もはなはだしいから帰れ」
と書いたならまだしも、単純にアドバイスでしょ。これを挑発だと思う意識の
低さは、一般社会では、甘え、思い上がりだとみなされますよ。
 これ、伸びない人の典型なのね。素直に、なるほどと受け取る人が一番伸び
る。次は、この野郎と思ってがんばる。これも伸びる。でも、この人、冷たく
されたからと思い込んで、すねてるだけ。前向きなアクションはなにひとつ起
こしてない。それじゃ、だめだと思うよ。
 そもそも紹介した文献やらを読みましたか?
 アマゾンのレポートを見たら、あそこで紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872902343/showshotcorne-22/ref=nosim
ゲーリーE.クレイトン著, 大和総研教育事業部監修, 大和証券商品企画部訳
「アメリカの高校生が学ぶ経済学」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106101505/showshotcorne-22/ref=nosim
池田信夫著「電波利権」
を買ってくれている人は何人もいるよ。「親切なアドバイス」と受け取る人は
何人もいるわけ。
 驚いたのは、「アメリカの高校生が学ぶ経済学」を10冊以上まとめ買いし
ている人がいたこと。これ、勉強会を開いたり、ゼミで使うつもりなんでしょ
うかね。

 ついでだから、書いちゃうけど、この本、いろいろ発見があった。
 日経CNBCで「市場は来週のFOMCをにらんで様子見気分」などと出てくるFOMC
やFRBって、そういう成り立ちでそういう構造でそういう機能なんだと初めて
知った。もう忘れたけど。\(^O^)/ Federalがつく連邦制ってなるほどねと
思ったのは、覚えている。
 連邦制のほかにアメリカだなあと思ったのが、人口調査も日本は年齢別や男
女別しかないと思うが(間違っていたら指摘してください)、アメリカは人種、
民族別の人口調査や予測もやってるのね。2050年には白人はぎりぎり過半数と
いう予測なのね。
 電波利権を握って大儲けしているテレビ局の話は、第6章「競争、市場構造、
政府の役割」あたりが関係しますね。
 この本で、おれが特徴的だと思ったのは、図のキャプション。最後に赤字で
ちょっとした質問が書いてあるんだけど、これが、短くても鋭い。たとえば、
「GDPがサンプリング技術を用いることでどんな問題が起こっているか」。こ
ういうキャプションの使い方は初めてみた。教科書書くときの参考になる。\(^O^)/
 経済学で使う統計の数字については、常に疑いをもって吟味することを教え
ているのにも感心する。いま、挙げたGDPもそうだが、たとえば失業率には何
がカウントされ、何がカウントされていないかを解説してあり、演習問題のク
リティカル・シンキングでは、「雇用統計はなぜミスリーディングなのか」と
いう設問がある。
 投資の話もあって、リスクとリターンの関係の説明や先物やオプションの説
明もあり、でも「複雑な投資は避ける」「理解できるものにだけ投資せよ」と
いう説明もちゃんとある。
 債券って何でもボンド(bond)かと思ったら、償還期間の長短によってノート
(note)やビル(bill)もあるのね。何がどうだったか。もう忘れたけど。\(^O^)/
 ともかく、内容的には、日本だと大学の経済学部の学部レベルでしょ。ほん
とにアメリカの高校生が、これをちゃんと理解できているなら、経済学をアメ
リカがリードし、金融やらで日本が外資に食い散らかされるのも当然だと思い
ましたね。\(^O^)/

 話を戻すと、あ、これ、いいなと思ったら、もう行動している人が少なから
ずいるということ。
 あれを書いたのは、2006/09/26だから、もう1ヵ月以上経っている。行動し
た人は、もう読み終わってるだろうし、次の段階に行っていることだろう。ち
ょっとした意識の持ち方の差、日々の積み重ねの差が、どんどん差を広げてい
くわけ。
 昔なら差がわかるまで、5年10年かかったかもしれないが、いま、情報流
通のスピードが格段に上がって、やる気のある奴はどんどん吸収していける世
の中になってきたから、案外1年で、追いつけない大差になるかもね。

--- ここから ---
あなたの自由で私に関するコメントを書くのに、40分かかろうが
何時間かかろうが、私が責任を感じるいわれはないでしょう。
--- ここまで ---

 これもまた読解力がない。表面的にしか読んでないから、自分の意見や思考
がひどく浅いということは自覚したほうがいい。きっと、純文学を読み解くと
いった経験がないんでしょう。
 「読む」という行為は、字面を追うだけではないし、かなり真面目な話、実
用文の意味をとるだけなら、人間の特権じゃなくなってきている。
 本屋に行ったら、たまたま
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569654304/showshotcorne-22/ref=nosim
平野啓一郎著「本の読み方 スロー・リーディングの実践」
が目に留まった。
 ひとつの読み方の例だが、参考にはなると思うがどうか。

 おれの場合、最初に「読む」とは何かを思い知らされたのは、高校か大学に
入ったころに読んだ、山下洋輔さんが書いた筒井康隆作品の解説。アフリカ人
の歩くリズムがどうのこうのという、あれ。森羅万象をジャズとして読んでし
まう洋輔さんの世界に初めて触れてのけぞった。えっ、そういう読み筋があっ
たのかと、脳みそ、バーン\(^O^)/
 トドメを刺されたのが、平岡正明さんの「筒井康隆はこう読め」のシリーズ。
平岡さんの読み筋は、ぶっ飛びまくり。
 「この作品はね、この辺から穴を掘ると面白いんだよね」といわれてついて
いったら、出たところが地球の裏側ブラジルだったみたいな、面白さ。
 それまで、いっぱしの筒井読みのつもりだったが、いかに思い上がっていた
か、井の中の蛙だったか、このお二人には、こてんぱんにやられましたね。あ
のとき、初めて「読む」ことの面白さ、怖さを実感しましたね。

 アマゾンでちょっと調べたら、洋輔さんの解説は、「幻想の未来」にあるみ
たいですね。これがあの洋輔さんの解説なのかどうか、はっきりしませんが。
なんとなく「アフリカの爆弾」の解説だったと思っていたが、その解説は、平
岡正明さんですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041305012/showshotcorne-22/ref=nosim
筒井康隆著「幻想の未来」(角川文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041305020/showshotcorne-22/ref=nosim
筒井康隆著「アフリカの爆弾」(角川文庫)

 平岡さんの「筒井康隆はこう読め」シリーズは、絶版状態になっていたのを、
ビレッジセンターが合本にして出したものがあります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894360101/showshotcorne-22/ref=nosim
平岡正明「筒井康隆はこう読め(改訂新版)」
ですね。
 ただ、これ、合本なので、分厚くて通勤途中で読むには不向きではあります。
それがいやなら、バラでしょうけれど、アマゾンで探すと、「筒井康隆はこう
読め」「筒井康隆はこう読めの逆襲」はあるけど、「筒井康隆はこう読めの報
復」はないみたい。となると、やっぱ、合本かな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2008年03月07日 09時33分46秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/01/2677368
多世界解釈、量子コンピュータ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2008年03月17日 00時24分49秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のtti/salon(筒井康隆会議室)からホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/07/2706855
Re: 多世界解釈

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年03月27日 05時55分33秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 すぐ書こうと思っていながら書き忘れていたが、先週土曜日の

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年07月10日 05時01分22秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
昨夜(2009/07/09)に書いたもの

===
標題: 平岡正明さん、亡くなる
-

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年02月24日 06時48分34秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/11/07/690490
伸びない典型
で、

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年09月23日 09時33分32秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 マンガがいかに情報省に支配され、マンガを使って国民、いや、世

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2015年01月03日 11時34分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 去年の1月、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/01/21/7199675
TBS「がっちりマン

_ ホットコーナー - 2019年02月04日 00時51分21秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 この前、日テレ、世界一受けたい授業で、フェイクニュースをやっていた。
 それで思い出したのを、リスト。

 まず、日経サイ