Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

筒井康隆「モナドの領域」:数学ミステリー白熱教室、モーガン・フリーマン“時間”は存在するのか?2016年01月02日 10時36分58秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 去年の忘れ物。
 2015年12月21日に、ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康方会議室)にコメントしたもの。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103145323/showshotcorne-22/
モナドの領域 単行本 2015/12/3
筒井 康隆 (著)
は、すぐ増刷になったそうで、ご同慶の至り。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006TTMXMO/showshotcorne-22/
新潮45 2016年 01 月号 [雑誌] 雑誌 – 2015/12/18
作成者 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B017A61ERY/showshotcorne-22/
週刊現代 2016年 1/9 号 [雑誌] 雑誌 – 2015/12/21
にも、筒井さんのインタビューがあります。
 新潮45の特集のタイトルが、筒井さんの「日本以外全部沈没」なのも、すごい。
 最近の中国人の爆買いやマナーの悪さが話題になるけど、昔は、日本人がそうだった。エコノミックアニマルと呼ばれたり、特にヨーロッパでブランド物を爆買いしたり。
 歴史は繰り返す。当時のヨーロッパの人たちが、日本人をどう見ていたか、いま、日本人が体験しているわけですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041305225/showshotcorne-22/
日本以外全部沈没―パニック短篇集 (角川文庫) 文庫 – 2006/6/24
筒井 康隆 (著), 山藤 章二 (イラスト)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00SAO2E7A/showshotcorne-22/
日本以外全部沈没 パニック短篇集 (角川文庫) [Kindle版]
筒井 康隆 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041305144/showshotcorne-22/
農協月へ行く (角川文庫 緑 305-14) 文庫 – 1979/5
筒井 康隆 (著)

 数学ミステリー教室で話題になったラングランズ・プログラムの「数学の大統一に挑む」は、これ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163902805/showshotcorne-22/
数学の大統一に挑む 単行本 2015/7/13
エドワード・フレンケル (著), 青木 薫 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0111OGVTM/showshotcorne-22/
数学の大統一に挑む (文春e-book) [Kindle版]
エドワード・フレンケル (著), 青木 薫・訳 (翻訳)

 以下、ASAHIネットのtti/salon(筒井康隆会議室)でのやり取り。

> 神の数式ですが、Eテレでラングランズプログラムの番組をちょうどやってた
>ところで、これも時代にシンクロしてましたね。

 数学ミステリー白熱教室ですね。ぼくも観ました。途中からだけど。

http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/math/
数学ミステリー白熱教室

 谷山豊先生の話は、何度聞いても読んでも、胸が詰まります。

> モーガン・フリーマンの番組を見てた時、どの回だったか、「時間」について
>の話で、「時間」の存在を疑ってる人が多いように言ったので、
>僕はびっくりしました。

 最近、NHK Eテレ(教育テレビ)で、たまーに放送しています。
 今度の日曜日の午前1時過ぎからは、「時間」です。
 たぶん、ご覧になったのは、これだったのでは?
 ぼくも、ケーブルテレビのディスカバリーチャンネルで以前観たはず。
 ディスカバリーチャンネルのモーガン・フリーマンは、いまシーズン4です
が、時間ネタは、何度かやってると思います。

http://www4.nhk.or.jp/P3452/x/2015-12-26/31/899/1647097/
12月27日日
NHKEテレ1午前1時15分~午前2時00分
モーガン・フリーマン 時空を超えて「“時間”は存在するのか?」

 原題の「Through The WormHole with Morgan Freeman」が、NHKでは、
「モーガン・フリーマン 時空を超えて」
ですが、ディスカバリーチャンネルは、
「モーガン・フリーマンが語る宇宙」
なんですよね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/01/7931455
数学ミステリー白熱教室、数学の大統一に挑む、ラングランズ・プログラム
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/21/7713170
全米ベストセラー、すごいタイトル「数学の大統一に挑む」、原書は「Love
and Math」、ヘルマン・ワイル賞、立川裕二さんが日本人初の受賞、リージの
E8群による万物の理論(Theory Of Everything)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/10/7943644
筒井康隆「モナドの領域」:多元宇宙、並行宇宙、マルチバース、未来が過去
を変えて現在を決める!?アハラノフ理論
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/10/06/7001431
ふじいあきらのスーパーカードマジック、Mr.マリックの超カードマジック、
「脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議」、モー
ガン・フリーマンが語る宇宙

「モナドの領域」関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/10/7943644
筒井康隆「モナドの領域」:多元宇宙、並行宇宙、マルチバース、未来が過去を変えて現在を決める!?アハラノフ理論
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/03/7933878
筒井康隆「モナドの領域」:無限とパラフィクション
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/11/23/7920145
筒井康隆「モナドの領域」: ポアンカレ予想、グリゴリー・ペレルマンは佯狂者だ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/11/05/7885522
筒井康隆「モナドの領域」:12月に単行本が出版決定。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/11/05/7885483
筒井康隆「モナドの領域」:登場する論理式、論理計算式、ブーロスの公理、
ブーロスの反復的集合観
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/26/7869290
筒井康隆「モナドの領域」: 自発的対称性の破れ、対称性の自発的破れ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/26/7869249
筒井康隆「モナドの領域」:GODの超常現象に遭遇。MINちゃんGODDESが大活躍か\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/20/7857851
筒井康隆「モナドの領域」:「大法廷」で大発見\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/20/7857849
MINちゃん、かるかん饅頭、ありがとうございました
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/19/7854904
筒井康隆「モナドの領域」:「大法廷」の章をやっと読了
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/30/7819016
筒井康隆「モナドの肖像」の「大法廷」の章。ちら見したんです。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/29/7818223
筒井康隆「モナドの領域」の「公園」の章をやっと読了
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/25/7812120
ASAHIネットが将棋のネット中継開始でわかる情報省支配。鍵は筒井康隆だった\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/24/7807582
筒井康隆「モナドの領域」の「ベーカリー」の章で大発見\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/18/7797776
筒井康隆「モナドの領域」の影響か。共立出版が「Category Theory」の日本語版「圏論」を出版! Haskell本、独習 Scalaz, 世界数学者事典のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/09/7784648
筒井康隆「モナドの領域」掲載の新潮、アマゾンで発売前から売り切れ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/07/7781633
筒井康隆:最高傑作にして、おそらく最後の長編「モナドの領域」が新潮ウェブで試し読み!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/02/7770497
筒井康隆:最高傑作にして、おそらく最後の長編「モナドの領域」が一挙に掲載される新潮 2015年10月号の表紙画像公開!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752113
筒井康隆:最高傑作にして、おそらく最後の長編「モナドの領域」が一挙に掲載される新潮 2015年10月号の予約
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/21/7713175
筒井康隆、わが最高傑作にして、おそらく最後の長編「モナドの領域」、「新潮」2015年10月号に一挙330枚掲載!!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/12/7731782
筒井康隆 特別寄稿「不良老人のすすめ」が週刊ポストに。自ら、「わが最高傑作にして、おそらく最後の長編」という「モナドの領域」のキーワードが
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/01/30/7559216
文學界、対談 筒井康隆×佐々木敦
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/17/7735827
ピース又吉へのインタビューでわかる、筒井康隆の「インタヴューアー十ヶ条」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック