Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

新世紀エヴァンゲリオンのコミック全巻大人買い2016年01月28日 08時47分30秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 去年のことだけど、新世紀エヴァンゲリオンのコミック全巻大人買いがああったことが判明。お買い上げは、Kindle版です。
 個別のリンクは面倒なので、まとめ買い、セットへのリンクにしました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00QETJS4U/showshotcorne-22/
新世紀エヴァンゲリオン コミック 全14巻完結セット (カドカワコミックス・エース) コミック – 2014/11/26
貞本 義行 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UGJULP4/showshotcorne-22/
[まとめ買い] 新世紀エヴァンゲリオン Kindle版
著者: 貞本 義行

 素人評を読むと、エヴァンゲリオンのコミックは、アニメとは、またテイストが違うんですね。
 ぼくは、アニメしか観たことがない。それも、ケーブルテレビJ:COMのアニメ関係のチャンネルで、全20回分か25回分か忘れたし、1日か2日か3日か忘れたけど、集中一気放映があったときに、一気に観ただけ。
 そのときは、以前も書いたと思うが、最終回やその前の回もかな。なかったら、大傑作だと思った。
 最終回やその前の回が、説明的になって、謎解きになっていて、それがなければ、芸術的傑作だったのにと。
 エンターテインメントだから、仕方がないだろうし、スポンサーの意向、文学的読解力の低い多くのアニメファンの意向を無視できずに、最後に付け加えた感があった。
 謎を提示して解決せずに終わって、読者や観客をほったらかしにするのは、文学でも絵画でも芝居でも、芸術ではよくあること。
 鑑賞者は、自分であれこれ調べたり、考えたりして、芸術を読み解こうとすることで、芸術的読解力、文学的読解力が育ち、心が豊かになり、人間的にも成長していけるのに、わかりやすい説明を求める人たちは、手っ取り早く知識だけほしくて、自分で苦労して考えないタイプだから、伸びないんだよね。
 あの頃、流行った勝間和代的な世界は、使い物にならない。コンピュータ、AI(人工知能)に駆逐されるという話を何度もした。
 その辺の話は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/07/6403288
村上春樹「1Q84」文庫。筒井康隆「ヤマザキ」、「壊れかた指南」文庫。
で書いている。
 ほかに、上の検索窓に「勝間和代」と入れて、検索してみてください。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/03/04/7584008
エヴァンゲリオンか
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/03/6591291
東京都現代美術館、館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/07/6403288
村上春樹「1Q84」文庫。筒井康隆「ヤマザキ」、「壊れかた指南」文庫。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/01/27/7555624
週刊ダイヤモンド「「統計学」が会社を救う!」、大人気の日本酒「獺祭」、ヱヴァンゲリヲンでわかる情報省支配。統計といえば、Python使いになった、すがやみつるさんからツイートが
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/10/4424320
平岡正明さん、亡くなる

http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/03/6591291
東京都現代美術館、館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
は、詳しい感想を後日書くといいつつ、書いていないね。
 詳しい感想はもう書かないが、CGじゃない特撮が懐かしかったし、素晴らしかった。
 ハリウッドでも、CGじゃない特撮技術の継承が行われているんですよね。
 日本も、技術継承のためにも、年に1本は、CGじゃない特撮を使った映画を作るようにしないといけないかもね。

http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/10/4424320
平岡正明さん、亡くなる
 平岡正明さんは、読むという行為が何かを、ぼくに教えてくれた人生の恩人です。

「活力ある都市ランキング」でわかる情報省支配。外交官、徳永太郎、徳永下枝(とくながしづえ)夫妻のこと2016年01月28日 08時47分55秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 連日、情報省支配を思わせる話が飛び込んできて追いつかないが、それをまとめるのは、けっこう時間がかかりそうなので、少し軽めのものから。
 こんな記事があった。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/012000004/012100001/?n_cid=nbpnbo_mlp
開業率1位、福岡市が起業しやすいワケ
「活力ある都市ランキング」公開
徳永 太郎
2016年1月25日(月)

 2位に大野城市、5位に福岡市、6位に府中市、27位に春日市、鳥栖市、38位に北九州市。
 特筆すべきは、5位に福岡市、6位に府中市という、情報省の本拠地と噂される都市が、2つもベストテンに入っていること。27位の春日市は、九大(九州大学)があるわ。鳥栖は、おれの父が働いていた商社があって、赤紙(召集令状)を受け取った場所。北九州市は、おれが育った門司があり、関門海峡の地下には、情報省の秘密基地、ブラックホールやワームホールの設備がある場所。
 絶対おかしいやろ、このランキング。\(^O^)/

 しかも、5位の福岡市に開業率という尺度でスポットライトを当てて、福岡市が開業のしやすさ1位などと、強引な記事作りをやっている。
 しかもしかも、追撃するように、
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/012000004/012200002/
「ヒト」も誘致する福岡市
東京でイベントを開催し、移住を促す
徳永 太郎
2016年1月26日(火)
という記事まである。

 これを書いた徳永太郎という人物は、情報省のスパイやないか?
 情報省のトップ、超A級スパイとしてのおれの野獣の勘がそう告げた。
 検索島倉千代子したら、同姓同名の別人にヒットしたが、この徳永太郎氏は、外交官だった。しかも、福岡県出身。こっちは、絶対、情報省のスパイだ。\(^O^)/

 次のウェブを読むと、第2次世界大戦戦時下の外交官の世界は、やはり、すごいのぉ。
 敵国の外交官としてアメリカやヨーロッパにいるから、激動の人生ですね。
 徳永太郎氏は、立派ね。そして、妻の徳永下枝(とくながしづえ)さんも立派ね。

http://www.saturn.dti.ne.jp/~ohori/sub18.htm
徳永太郎.下枝-若い外交官とその妻は、いかに欧州戦争を体験したか?(第一部)
--- ここから ---
<序>
ドイツのベルリン北方七十キロに、ボイツェンブルクという寒村がある。観光地ではない。深い森に囲まれた、何もない地である。そんな村だが、日本人とはある繋がりを持っている。

(中略)

一九九四年の晩秋、鎌倉の自宅を訪問した。一九十二年生まれの下枝は、病気がちで入退院を繰り返すというが、元外交官夫人らしくある種の気品を保ち、記憶は鮮明であった。

その話に引き込まれた筆者は、裏付けを取るべく、早速六本木の外交史料館に出向きかび臭い書類の中から、徳永夫妻に関するものを捜した。さらにはスイスの公文書館まで足をのばした。見つけた史料を持込む度に、下枝も新たに思い出す話をしたり、書き送ってくれた。それらをまとめることで「日本人女性の欧州戦争体験」は比較的容易に出来あがった。

他方、当時無名な外交官であった夫徳永太郎についての調査は難航した。氏について書かれた書物はない。また戦時中の一時史料は、戦災、焼却といった理由から、皆無といっていいほど、日本には残っていない。幸いなことには欧米にある史料が、空白の部分を補ってくれる事がわかった。この史料については後ほど説明する。

それらの外交史料に残る、太郎の本省に宛てた電報目を通していくと、言論の自由のない時代でありながらも、自由主義的思想を持つ中堅外交官として、時代の趨勢である全体主義に距離を置き、精一杯の発言を東京に対してしていた事がわかる。それはまさに「ある日本人外交官の戦い」として、記録にとどめておく価値のあるものである。

本編はこうした徳永夫妻の二つの側面からの体験を中心に、戦時下のスイス邦人社会に焦点を当て、戦争、全体主義に直面したかれらの生き方を、検証するものである。

(中略)

<アメリカへ 一>

一九四一年の春、欧州ではヒトラーの仕掛けた戦争が始まってから、丸二年が経とうとしていた。一方その裏側の太平洋では、こじれた状況に陥った日本とアメリカが、和平に向けて最後の努力を続けている。
徳永下枝の夫である太郎は家に帰るなり突然
「今度ヨーロッパに行くことになったよ」と告げた。二十九歳の下枝は「はい」とだけ答えた。

その言葉を聞いた時の心境について聞くと、下枝はまだ若く、子供もいない。
「夫について行くという以外の選択は、頭の中になかったのでございます」と語る。
夫太郎は旧制福岡高等学校から東京帝国大学法学部を卒業後、一九三一年に外務省入省、キャリア組の外交官である。その太郎にスイス日本公使館、三等書記官勤務を命ずる辞令が出たのだった。

二人はすぐさま渡航旅券の申請をする。この時の書類は、東京飯倉の外務省外交史料館に残っている。申請日は同年六月二日である。

氏名 徳永太郎(欧州二課)
出生地及生年月日 福岡県 明治四十一年二月二十二日
赴任地 在瑞西(在スイスの当て字ー筆者) 日本公使館
経由地 大連、満州里、シベリア、モスコー、伯林(ベルリンー筆者)
出発日取 七月八日
住所 東京市瀧野川区田端町四五

(以下、略)
--- ここまで ---

 冗談半分で、検索をしてみて、こういう記録にぶち当たって、ラッキーでした。

 情報支配の恐ろしい現実を知りたい人は、上の検索窓に「情報省支配」や「情報省のスパイ」などと入れて検索してください。
 情報省が何か知らない人は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/18/6950045
高倉健 主演映画「あなたへ」でわかる情報省支配
の最後を読んでください。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/27/8001575
お笑い芸人ロバートの秋山、馬場は門司の田野浦小学校出身。高畑淳子の娘が大分移住。今年のミス日本は、情報省のスパイ。でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/18/6950045
高倉健 主演映画「あなたへ」でわかる情報省支配

門司のゆるキャラじーも君たち、ゆるキャラががんばる門司港名物トロッコ競争のプロモーションビデオ2016年01月28日 08時48分37秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
https://twitter.com/shownakamura/status/692374234736164864
--- ここから ---
じーも君たち、ちょーかわいい。がんばれー
0:50 - 2016年1月28日
--- ここまで ---

https://twitter.com/mojikotk/status/692201739383115778?refsrc=email&s=11
--- ここから ---
門司港名物トロッコ競争オフィシャル
‏@Mojikotk
W→FORCEさんの「Summer Express」にのせて私達のイベントのプロモーションビデオが完成いたしました。

門司港名物トロッコ競争ってこんな感じなのかと思っていただけたら幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=n1b_Fu1d6MI
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/640121205069086720
--- ここから ---
門司港、ゆるキャラ対トロッコ列車のじーも君。かわいい。みんなに人気だね。
https://www.facebook.com/torokko.vs.yurukyara/photos/pcb.874812732610174/874812175943563/?type=1&theater
20:16 - 2015年9月5日
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/647488877570060288
--- ここから ---
門司港の、ゆるキャラとトロッコ列車の競走。じーも君、出てる。
https://www.facebook.com/torokko.vs.yurukyara/posts/908741389217308
4:12 - 2015年9月26日
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/647489536839151616
--- ここから ---
じーも君も出ているゆるキャラとトロッコ列車の競走。Twitterに公式アカウントができてる。門司港名物トロッコ競争オフィシャル
https://twitter.com/mojikout_race
4:15 - 2015年9月26日
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/647490084644610049
--- ここから ---
やっぱり、じーも君、子供に人気あるね。ゆるキャラ競争(トロッコ列車vsチャレンジャー)
https://www.facebook.com/torokko.vs.yurukyara/posts/874812732610174
4:17 - 2015年9月26日
--- ここまで ---

 じーも君のことは、いっぱい書いているので、上の検索窓に「じーも」と入れて検索してください。
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索