Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

週刊東洋経済:特別対談 新井紀子×佐藤優ほか、「AI万能論のわなにはまらない」。「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」。シンギュラリティは来ない。シンギュラリティの賞味期限はあと2年など。2018年08月25日 23時41分18秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 シンギュラリティ仮説については別に書きたいが、ぼくは、来る来ないの問題でもなく、技術的には必ず起きることだから、いつ起こすかの問題という人もいるがそうでもないと思っている。
 権力の側、体制の側からすれば、シンギュラリティが起きても起きてないと言い張り、起きてなくても起きていると言い、どっちに転んでも大衆支配の道具に使えるもの。
 要するに、神話、ご神託、占いと同じ。もっといえば、阿弥陀如来がいる極楽浄土に行けるという浄土信仰と同じ。
 来る来ないや、いつ起こすかといった観点から考えてもつまらないと思っている。
 それはそれとして、今回は、新井紀子×佐藤優対談。

 ぼくは、佐藤優を対談の名手だと思っている。
 タイプは、昔のプロレスでいえば、アントニオ猪木のストロングスタイル。
 最初は相手に自由に技を出させてアピールさせて、だんだん、自分の世界に引き込んでいくのが得意とみえる。
 次の新井紀子との対談は、二人ともキリスト教徒ということで、初めて会ったときから打ち解けていたそうです。
 新井紀子は、AIが東大に合格するのを目標にしたプロジェクト「東ロボ」を率いたり、基本的な読解力がない人、子供が増えているというのでベストセラーになった「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」の著者。

https://premium.toyokeizai.net/articles/-/17671
特別対談
新井紀子×佐藤 優 AI万能論のわなにはまらない(1)
知の技法 出世の作法

https://premium.toyokeizai.net/articles/-/17732
AI万能論のわなにはまらない(2)
宗教の形を取らない宗教を信じる日本人
佐藤 優:作家・元外務省主任分析官

https://premium.toyokeizai.net/articles/-/17766
AI万能論のわなにはまらない(3)
シンギュラリティの賞味期限はあと2年
佐藤 優:作家・元外務省主任分析官

https://premium.toyokeizai.net/articles/-/17817
AI万能論のわなにはまらない(4)
人間の思考をAIに還元することは不可能
佐藤 優:作家・元外務省主任分析官

 上記は会員でないと続きが読めないが、雑誌なら読める。全部はリストしないが、特別対談が載っている号は、次。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B079N1QS5P/showshotcorne-22/
週刊東洋経済 2018年3月17日号 [雑誌](荒波相場に負けない 先読み投資術) 雑誌 – 2018/3/12

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B079NJFFYY/showshotcorne-22/
週刊東洋経済 2018年3/17号 [雑誌] Kindle版
週刊東洋経済編集部 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492762396/showshotcorne-22/
AI vs. 教科書が読めない子どもたち 単行本 – 2018/2/2
新井 紀子 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0791XCYQG/showshotcorne-22/
AI vs. 教科書が読めない子どもたち Kindle版
新井 紀子 (著)

https://resemom.jp/article/2017/06/02/38461.html
【NEE2017】シンギュラリティは来ない…東ロボくんの母・NIIセンター長 新井紀子教授
 AIが人間の知能を凌駕する日も近いとされる昨今、AIと共存する時代に求められている力とは一体どのようなものか。NIIセンター長の新井紀子教授は「シンギュラリティは来ない」と断言する。東ロボの研究から通して見えた読解力について語る。

https://toyokeizai.net/articles/-/185506
コンピュータがこの10年で迎える限界の正体
AIは賢いが任せすぎると大事故も起こりうる
杉本 りうこ : 東洋経済 記者
著者フォロー
2017/08/23 6:00

https://premium.toyokeizai.net/articles/-/16303
知らないと乗り遅れる!5つのテクノロジー 1
AI|人間に代われる「汎用型」はまだ先
緒方 欽一:東洋経済 記者

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/08/21/8947267
「作って動かすALife ―実装を通した人工生命モデル理論入門」、ドミニク・チェン、オートポイエーシス、ネオサイバネティクス、西垣通「AI原論」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/17/8852867
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」、週刊東洋経済 AI時代に勝つ子・負ける子、週刊ダイヤモンド AI時代を生き抜く プログラミング&リベラルアーツ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/05/8844368
週刊東洋経済「ビジネスのための使えるAI」「ビジネスに効く! 教養としてのテクノロジー」などが99円。週刊ダイヤモンド「企業も個人も生死を分ける AI格差」、AI化する銀行、FinTechの法律改訂版、AI(人工知能)まるわかり (日経文庫)などビジネスパーソン向けAI本。野口悠紀雄たちにカモにされないで
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/31/8060818
Lispハッカー和田英一先生の至言、金言。はしれ!コード学園,新キャラ投票1位はLisp\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/22/7997853
東芝が独自のニューラルネット。Google発の深層学習フレームワーク「TensorFlow」。現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティのことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/22/7957248
進化計算と深層学習 -創発する知能、現代思想 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/06/17/7670672
AERA(アエラ)で、人工知能(AI)特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/04/02/7602461
TED, アンドリュー・マカフィー。ロボット、AI(人工知能)が仕事を奪う?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/06/17/7346467
週刊ダイヤモンド「ロボット・AI(人工知能)革命」特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/22/7136906
NIIの人工頭脳(AI)、東大模試に挑戦。おれより頭ええわ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/22/6786543
機械との競争、AI搭載ロボットが東大入試を突破するプロジェクト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/20/6783650
NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/11/5676579
コンピュータが仕事を奪う、Wordのイライラ根こそぎ解消術

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2018年09月28日 22時34分46秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 新井紀子先生、佐藤優との対談やら、最近、対談島倉千代子だが、なんと、長尾真先生との対談があった。長尾真先生が対談なんて、
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索