Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

九州大学、メガストーム情報データベース、台風情報データベース、爆弾低気圧情報データベース。図解・台風の科学(ブルーバックス)、図解・気象学入門(ブルーバックス)、台風についてわかっていることいないこと2018年08月28日 08時03分25秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 九大(九州大学)に、こんなすごいデータベースがある!

http://fujin.geo.kyushu-u.ac.jp
九州大学、メガストーム情報データベース、台風情報データベース、爆弾低気圧情報データベース

 これ、ほんと、すごいのぉ。
 これだけのデータベースを作るのは、いまの地球人の科学では無理だろう。
 おとめ座銀河団の超科学が入っているね。\(^O^)/
 はい、バックは情報省\(^O^)/

 冗談は、よし子さん。
 はい、お客さん、ここ、笑うところですよ。先代の林三平師匠か。\(^O^)/
 いや、ほんとに冗談抜きで、このデータベースはすごいね。
 最大風速トップ10とか、ランキングとかもあって、面白いね。

 今年の台風12号のデータはまだみたいね。
 あの台風は、普通と逆、左に曲がったもんね。
 和歌山に東から上陸して、関西方面から瀬戸内海を九州に向かって驀進。福岡の豊前に上陸とか、あり得ないわ。
 あんなルートで九州に上陸したのは、初めてだから、情報省も大慌て。

https://twitter.com/shownakamura/status/1023499972455481345
--- ここから ---
台風12号、福岡県豊前市に上陸? 関西方面から瀬戸内を通って上陸する奴、初めて。歩の裏から香車みたいもんで、迎撃困難\(^o^)/
18:26 - 2018年7月29日
--- ここまで ---

 その後、九州を左に移動したと思ったら、まっすぐ下に降りて、鹿児島の左側で止まったもんね。
https://twitter.com/shownakamura/status/1023506568942256129
--- ここから ---
しかも九州の西の海上でホバリングだって。台風12号、情報省を狙った気象兵器か。\(^o^)/
18:52 - 2018年7月29日
--- ここまで ---

 最終的には、それから、中国の上海方面?に向かったんだっけ?
 普通、台風は、偏西風に乗って、地図の左から右に移動するのに、台風12号、常識外れだったね。

 ここに詳しい解説があった。
https://weathernews.jp/s/topics/201808/010115/
異例の進路を辿った台風12号 詳しいコースと要因を解説
2018/08/01 15:16 ウェザーニュース

 といってるうちに、気候変動が毎年どんどん激しくなって、常識外れの台風がどんどん出てきて、メガストームは当たり前、風速80メートルも当たり前、予測不能の変なルートで暴れまくる台風も出てくるでしょうね。

 そういえば、NHKの「メガ・クライシス」で、加速する異常気象やスーパー台風をやってましたね。

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160904
シリーズ
MEGA CRISIS 巨大危機
~脅威と闘う者たち~
第1集 加速する異常気象との闘い

初回放送
2016年9月4日(日)
午後9時00分~9時49分

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170909
シリーズ
MEGA CRISIS 巨大危機Ⅱ
~脅威と闘う者たち~
第2集 異常気象・スーパー台風
予測不能の恐怖

初回放送
2017年9月9日(土)
午後9時00分~9時49分

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406257778X/showshotcorne-22/
図解・台風の科学 (ブルーバックス) 新書 – 2012/7/20
上野 充 (著), 山口 宗彦 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JA05J6Q/showshotcorne-22/
図解 台風の科学 発生・発達のしくみから地球温暖化の影響まで (ブルーバックス) Kindle版
上野充 (著), 山口宗彦 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062577216/showshotcorne-22/
図解・気象学入門―原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図 (ブルーバックス) 新書 – 2011/3/23
古川 武彦 (著), 大木 勇人 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GHHYQNM/showshotcorne-22/
図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図 (ブルーバックス) Kindle版
古川武彦 (著), 大木勇人 (著)

 次は、出たばかりだ。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860645553/showshotcorne-22/
台風についてわかっていることいないこと 単行本 – 2018/8/13
筆保 弘徳 (著), 山田 広幸 (著), 宮本 佳明 (著), 伊藤 耕介 (著), 山口 宗彦 (著), 金田 幸恵 (著)

福田直子「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」、伊与原新「コンタミ 科学汚染」、下條信輔「サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代」、高木徹「ドキュメント 戦争広告代理店」 、ザック・リンチ「ニューロ・ウォーズ―脳が操作される世界」、ジョナサン・D・モレノ「マインド・ウォーズ 操作される脳」2018年08月28日 08時03分55秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 こんな本が出ています。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087210340/showshotcorne-22/
デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義 (集英社新書) 新書 – 2018/5/17
福田 直子 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07DK2PRC4/showshotcorne-22/
デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義 (集英社新書) Kindle版
福田直子 (著)

https://allreviews.jp/review/2392
『デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義』(集英社)
書き手:養老 孟司
2018/06/25

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062209640/showshotcorne-22/
コンタミ 科学汚染 単行本(ソフトカバー) – 2018/3/21
伊与原 新 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07B7JT62P/showshotcorne-22/
コンタミ 科学汚染 Kindle版
伊与原新 (著)

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57203
子どもたちの教育に「ニセ科学」が忍び込んでいる事実をご存知か
ラボ・フェイク 第8回
伊与原 新作
2018.08.26

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55140
「コラーゲンが肌に良い」はニセ科学か、それとも…ひとつの答え
なぜ人は「ニセ科学」に心惹かれるのか
伊与原 新
2018.04.08

 そうそう、「インターステラー」、面白かったね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B078HGXBFB/showshotcorne-22/
インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
マシュー・マコノヒー (出演), アン・ハサウェイ (出演), クリストファー・ノーラン (監督) 形式: DVD

 さて、本題。
 あなたね。自分が自由意志をもって生きているなんて思っちゃだめよ。
 現代の情報社会では、テレビや雑誌などのマスコミ、広告やSNSを使った、あなたの知識を歪ませる情報操作、あなたの感情を揺さぶる情動操作によって、あなたは、自在に操られている。マジックでいうところのフォースされている状態。
 はい、バックは情報省\(^O^)/

 自分で考えることがほとんどなく、すぐ流される。論理的思考ができない。感情に流されて冷静に考えられない。義務教育で科学教育を受けているはずなのに、理解できてない。
 こういう人は、操りやすい。科学的データによる論証より物語が好き。中でも、神話が大好き。超常現象、心霊現象も大好き。
 世の中の大半は、そんなだから、印象操作、イメージ操作、情動操作をやるほうが効率がいい。それがうまいのは、詐欺同然の広告で商品を買わせたり、企業の印象をよくしたりしている広告屋、広告代理店。だったら連中に頼めばいいじゃん。
 世の中、そういうことなんです。あなたの行動なんて、操作されまくり、フォースされまくり。\(^O^)/

 操られやすい人は詐欺師、宗教団体、カルトなども大喜び。政治利用や世論操作にも使いやすいしね。
 最近、国家レベルでやったといわれるのが、トランプ大統領の大統領選挙、ロシアゲート疑惑。
 ロシアが、TwitterやFacebookを使い、情動を刺激することでアメリカの分断を進め、親ロシアのトランプを大統領にする力になったといわれる。もう1つ、トランプ大統領誕生に貢献したといわれるのが、Facebook由来の個人情報を使ったケンブリッジ・アナリティカによる世論操作。
 どちらも、さすがプロの仕事。だって、トランプ大統領が誕生したんだから。
 自民党総裁選、その先の憲法改正。安倍ちゃんはどうするかな。
 ネトウヨなんて、操りやすい典型だもんね。
 マスコミ、ネトウヨを使って世論操作、情報操作、情動操作、都合が悪いときには情報爆発攻撃、情報洪水攻撃、きっと情報省を頼ります。\(^O^)/

 広告代理店が戦争に介入するのは、ずっと前から、当たり前のこと。
 湾岸戦争のとき、イラク憎しの国際世論を作った油まみれの水鳥の映像や、クウェートの少女の証言も、情報操作や捏造だった。
https://blog.goo.ne.jp/leonlobo/e/5df2cfc0e64a3a1fd0d471216fff85e3
メディアのウソを見抜け(1)
2004年12月27日 17時26分07秒 | ■メディア・リテラシー
《湾岸戦争・イラク戦争編》
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q145380409
湾岸戦争での油まみれの水鳥って、メディアで作られたものって本当ですか?

 ボスニア紛争のときもそう。
 戦争広告代理店、戦争広告屋が一般にも有名になったのは、
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062750961/showshotcorne-22/
ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫) 文庫 – 2005/6/15
高木 徹 (著)
からだろう。
 こんな対談もあった。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/39345
特別対談 加藤陽子(東京大学教授)×高木徹(NHKディレクター)---「国際メディアと日本人」
加藤陽子, 高木徹
2014.05.25

 ちなみに、著者の高木徹は、NHK福岡放送局にいたことがあるから、情報省のスパイ。\(^O^)/

 さっきのアメリカ大統領選挙もそうだし、日本の選挙でも、電通など広告代理店は大活躍。
 印象操作、イメージ操作、情動操作に大衆は弱い。理屈で説得して納得してもらうなんてことは無理。
 繰り返す。
 自分で考えることがほとんどなく、すぐ流される。論理的思考ができない。感情に流されて冷静に考えられない。義務教育で科学教育を受けているはずなのに、理解できてない。
 こういう人は、操りやすい。科学的データによる論証より物語が好き。中でも、神話が大好き。超常現象、心霊現象も大好き。
 世の中の大半は、そんなだから、印象操作、イメージ操作、情動操作をやるほうが効率がいい。それがうまいのは、詐欺同然の広告で商品を買わせたり、企業の印象をよくしたりしている広告屋、広告代理店。だったら連中に頼めばいいじゃん。
 世の中、そういうことなんです。あなたの行動なんて、操作されまくり、フォースされまくり。\(^O^)/
 投票行動なんて、操作されまくるし、都合が悪くなったら、情報省が、票の集計そのものを操作しますけど。\(^O^)/

 「サブリミナル・インパクト」を紹介したのは、もう、10年も前なんだね。びっくり。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480064605/showshotcorne-22/
サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書) 新書 – 2008/12/1
下條 信輔 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781604129/showshotcorne-22/
ニューロ・ウォーズ―脳が操作される世界 単行本 – 2010/6/1
ザック リンチ (著), 石浦 章一 (監修), Zack Lynch (原著), 杉本 詠美 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048673629/showshotcorne-22/
マインド・ウォーズ 操作される脳 単行本 – 2008/9/25
ジョナサン・D・モレノ (著), 久保田 競 監訳 (翻訳), 西尾 香苗 訳 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/09/06/6089923
リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/12/5214842
ニューロ・ウォーズ 脳が操作される世界
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/09/4164002
下條信輔著「サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)」

http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/23/1674160
読売新聞大阪本社社会部、黒田清関係
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/17/1659877
選挙前に読みたい「政党が操る選挙報道」「官僚とメディア」「戦争広告代理店」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/04/63375
反小泉ブログいろいろありますね
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索