Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

モダンC++(Modern C++):江添亮の詳説C++172018年08月15日 08時37分52秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 C++11以降のC++をModern C++とします。
 Modern C++の日本語の本、特にC++17までカバーした日本語の本は、なかなかないのですが(英語の本はたくさんあります)、
「江添亮の詳説C++17」
という本がありました。

 解説とコードは簡潔ながら、C++17の新機能をほぼ全て解説という大変な労作。C++14の新機能のおさらいもあります。
 C++11(やC++14)に、だいぶ馴染んで、書きなれてきた人が、C++17(とC++14)のリファレンス的解説として読むには、いいと思います。

 古いC++しか知らず、C++14, C++17どころか、C++11も知らない人は、本書のコード例をみると、一体、どこの国の言葉かと、あまりの違いにショックを受けるでしょう。特にテンプレート関連は、劇的に進化しましたから。
 たとえば、C++11で導入されたラムダ式やrvalue, rvalueリファレンスが何か知らない人は、それらを勉強するところからやらないと、理解が難しいでしょう。

 ちなみに、rvalueは、右辺値、rvalueリファレンスは、右辺値参照と訳されることが多いですが、Modern C++では、もはや右辺値という呼び方はよくないので、rvalueのままがいいという人たちがいます。江添さんも、そうなんでしょうね。

 紙書籍とKindle版は、アマゾンにありました。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048930605/showshotcorne-22/
江添亮の詳説C++17 単行本 2018/3/9
江添 亮 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07B8T1F4R/showshotcorne-22/
江添亮の詳説C++17 (アスキードワンゴ) Kindle版
江添 亮 (著)

 達人出版会には、EPUB版とPDF版がありました。
https://tatsu-zine.com/books/ezoe-cpp17
江添亮の詳説C++17
江添亮
アスキードワンゴ

 ウェブでも読めます。まずは、これを読んで、自分が理解できそうなレベルかどうか調べて、だめなら、Modern C++のもっと基礎的なところから勉強してください。
https://ezoeryou.github.io/cpp17book/
江添亮の詳説C++17

 読書メモを書いている人がいます。この内容が、何を言ってるのか、さっぱりわからない人には、本書は、難しいでしょう。
 Modern C++のもっと基本的な勉強が必要です。
https://nhiroki.jp/2018/05/10/book-cpp17
『江添亮の詳説 C++17』読了
May 10, 2018 | #book

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/08/14/8941408
C++の劇的な進化に圧倒されるModern C++
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/06/03/8584002
基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応、Optimized C++、C++ ポケットリファレンス、改訂新版 C++ポケットリファレンス
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/23/8572667
型推論。C++の型推論なら「Effective Modern C++ ―C++11/14プログラムを進化させる42項目」が必読。オライリー・ジャパンで買った、この本の電子書籍のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/25/7812131
マーティン・レディ著「C++のためのAPIデザイン」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/26/7443432
Effective Modern C++, C++11, C++14。C++ Multithreading Cookbook。ICT業界の技術者が、若いときにやっておくべきこと。

ぼくは恐竜探険家!、やりすぎ恐竜図鑑、フタバスズキリュウ もうひとつの物語、大人の恐竜図鑑、カラー図解 古生物たちのふしぎな世界、世界を変えた100の化石、海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲、ほぼ命がけサメ図鑑2018年08月15日 08時38分33秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/08/02/8930848
日経サイエンス2018年9月号の特集は恐竜大進化\(^O^)/ 別冊日経サイエンス「よみがえる恐竜 最新研究が明かす姿」、地球ドラマチック「徹底検証!ティラノサウルス~最強恐竜の真実~」
で紹介した、「日経サイエンス  2018年9月号」。
 むかわ竜の発掘をした北海道大学の小林快次准教授のインタビューがありました。
 その小林快次先生の本。「ぼくは恐竜探険家!」はわかるけど、「やりすぎ恐竜図鑑」というのはすごいタイトル。

http://www.nikkei-science.com/201809_034.html
日経サイエンス  2018年9月号
特集:恐竜大進化
ファルコンズ・アイ小林快次に聞く 恐竜の大進化
内村直之(科学ジャーナリスト) 協力:小林快次(北海道大学)

http://www.nikkei-science.com/201809_042.html
日経サイエンス  2018年9月号
特集:恐竜大進化
むかわ竜が明かす日本の恐竜最盛期
内村直之(科学ジャーナリスト)

■ぼくは恐竜探険家!
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065124255/showshotcorne-22/
ぼくは恐竜探険家! 単行本(ソフトカバー) – 2018/8/1
小林 快次 (著)

■やりすぎ恐竜図鑑 なんでここまで進化した!?
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/480028483X/showshotcorne-22/
やりすぎ恐竜図鑑 なんでここまで進化した!? 単行本 – 2018/7/12
小林 快次 (監修), 川崎 悟司 (イラスト)

 次は、えーーーーーーーっ、\(^O^)/
--- ここから ---
実は恐竜の全盛期でも一番強かったのはなんとワニでした。
そんな恐竜の常識を打ち壊す恐竜図鑑です。
--- ここまで ---

 関連書。

■フタバスズキリュウ もうひとつの物語
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893089064/showshotcorne-22/
フタバスズキリュウ もうひとつの物語 単行本(ソフトカバー) – 2018/8/3
佐藤 たまき (著), かわさき しゅんいち (イラスト)

 フタバスズキリュウは、ぼくが、まだ、小学生か中学生のころかな、そんな恐竜が日本にいたんだと驚いた。この本は、フタバスズキリュウを巡る研究の物語。
「発見50年記念出版! 有名竜の名づけ親になった、若き研究者の奮闘の記録」

■大人の恐竜図鑑 (ちくま新書)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480071210/showshotcorne-22/
大人の恐竜図鑑 (ちくま新書) 新書 – 2018/3/6
北村 雄一 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07BBM6WLM/showshotcorne-22/
大人の恐竜図鑑 (ちくま新書) Kindle版
北村雄一 (著)

■カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065020182/showshotcorne-22/
カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 (ブルーバックス) 新書 – 2017/6/14
土屋 健 (著), 田中 源吾 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B071XCGJFK/showshotcorne-22/
カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 (ブルーバックス) Kindle版
土屋健 (著), 田中源吾 (著)

■世界を変えた100の化石 (大英自然史博物館シリーズ 1)
 大英自然史博物館シリーズの第1巻というのことは、今後、何巻も出るんでしょうね。
 期待したい。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4767824974/showshotcorne-22/
世界を変えた100の化石 (大英自然史博物館シリーズ 1) 単行本(ソフトカバー) – 2018/7/5
ポール・D・テイラー (著), アーロン・オデア (著), 真鍋真 (監修), 的場知之 (翻訳)

■海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲
 これ、タイトルだけで、引き込まれるわ。サメ帝国の逆襲だもんね。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163908749/showshotcorne-22/
海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲 単行本(ソフトカバー) – 2018/7/20
土屋 健 (著), 田中 源吾 (監修), 冨田 武照 (監修), 小西 卓哉 (監修), 田中 嘉寛 (監修)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07FMJJCK8/showshotcorne-22/
海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲 (文春e-book) Kindle版
土屋 健 (著), 田中 源吾 (監修), 冨田 武照 (監修), 小西 卓哉 (監修), 田中 嘉寛 (監修)

■ほぼ命がけサメ図鑑
 これも、タイトルで、引き込まれる。「ほぼ命がけサメ図鑑」だもんね。
--- ここから ---
 巨大ザメも深海ザメも存在します。でも、人食いザメは、存在しません。世界でたったひとりの体験的シャークジャーナリストの本!
--- ここまで ---

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062205181/showshotcorne-22/
ほぼ命がけサメ図鑑 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/10
沼口 麻子 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07CJGDYV1/showshotcorne-22/
ほぼ命がけサメ図鑑 Kindle版
沼口麻子 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/08/02/8930848
日経サイエンス2018年9月号の特集は恐竜大進化\(^O^)/ 別冊日経サイエンス「よみがえる恐竜 最新研究が明かす姿」、地球ドラマチック「徹底検証!ティラノサウルス~最強恐竜の真実~」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/01/8637231
DVD付 恐竜 (学研の図鑑LIVE)、DVD付 新版 恐竜 (小学館の図鑑 NEO)、DVD付 鉄道 (学研の図鑑LIVE)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/03/8512866
日経サイエンス2017年6月号は、マンモス、うれP、インフレーション理論と恐竜だ。そして、日経サイエンスの情報省支配が明らかに。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/02/03/7210855
気分は考古学者! アマゾンに恐竜がいた\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/25/6424838
「これが見納め―― 絶滅危惧の生きものたち、最後の光景」「フューチャー・イズ・ワイルド」「へんないきもの」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/22/5234963
恐竜、古生物、変な生き物
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索