Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「筒井康隆自作を語る#4」、読者を大切にする筒井さんの真髄、原点をみた思いがした「パプリカ」のころ2017年12月30日 19時41分09秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康隆会議室)から。
---
 「筒井康隆自作を語る#4」が、2017/11/16でしたから、もう1ヶ月半も経ってますが、なかなか書けなくてすみません。

 「自分には代表作がない」には、聴衆みんな、「ちょっと待て!」と、心の中で突っ込んだと思います。聞き手の日下さんも、「ちょっとちょっと、いやいや、それは」と苦笑していましたね。
 筒井さんは、多様なジャンルの傑作を書いているので、代表作にしたいものがありすぎるんですよね。
「このままでは、代表作が「時をかける少女」になってしまう。まあ、それでもいいですけど」
には、会場、大爆笑。
 「モナドの領域」は、「最後の小説」だという触れこみだったが、以前も「最後の小説」というキャッチコピーを使っていたと、インタビュー記事を証拠として画面に出された時の、筒井さんの切り返しが素晴らしかった。
「そうか。あと、2,3回は使えるな」
 会場、大爆笑。

 個人的には、「歌と饒舌の戦記」や「パプリカ」で微力ながらお手伝いできたころを思い出しました。
 特に「パプリカ」のとき、連載雑誌「マリ・クレール」が、どどーんと送られてきたときはびっくりしました。手に取ったことのない、フルカラーのハイソな雑誌で、きれいなお姉さんがいっぱい。\(^O^)/
 女性誌に連載するから、「パプリカ」は、ヒロインなのだろうと思いました。
 コンピュータ関係でおかしなところはなかったけれど、それが何かは思い出せませんが、このままでは、話の辻褄が合わなくなるのではないかと思ったことがあって、筒井さんにお伝えしたら、丁寧なお礼のお手紙が送られてきました。
 天下の文豪、世界の大作家、筒井康隆が、一介の私に、丁寧なお礼。
 さすがは筒井さん。この姿勢が、筒井康隆の面目が躍如して、ニクコケをポケなさいだ。
 内容は正確には覚えてないけれど、
「自分は、いい読者をもって幸せ。自分ほど、いい読者に恵まれた作家は、いない」
などということが、書かれていた記憶があります。

 もう、さっそく、筒井さんの許可も得ず、筒井康隆、曰く、ということにして、
「自分は、いい読者をもって幸せです。自分ほど、いい読者に恵まれた作家はいません。Copyright (c) 筒井康隆」\(^O^)/
というのを、ブログで使ってしまいました。すみません。

 「朝のガスパール」のときに、このASAHIネットの会議室に集まった、そしていまでも交流が続いている、いい読者たちのことをおっしゃっているんだろうと思いました。
 読者を大切にする筒井さんの真髄、原点をみた思いがした「パプリカ」のころでした。

 「筒井康隆自作を語る#4」の終了後、
「いままで、飲みに行っていないから、今日は行こう! おれのおごりだ。レッツゴー!」
で、楽屋に集まった面々を飲みに連れて行ってくださって、本当にありがとうございます。
 ああ、やっぱり、昔から変わらず、読者を大切にする筒井さんだと思いました。
 久々に飲み会に参加でき、みなさんとも、筒井さんとも、交流を深めることができて、大変、うれしく、また、楽しかった。
 トークライブのとき、私の横に座っていた女性二人が、何かヒソヒソ話をしたり、メモを取っていたりして、熱心な女性読者なんだなあと思っていましたが、来年の世田谷文学館での筒井康隆展のために来られていた、世田谷文学館のキュレーターの方々だったんですね。
 飲み会の最後に名刺を頂戴して、初めて知りました。
 来年、楽しみだなあ。

■関連書など
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101171408/showshotcorne-22/
パプリカ (新潮文庫) 文庫 – 2002/10/30
筒井 康隆 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0099FKZ3Y/showshotcorne-22/
パプリカ (新潮文庫) Kindle版
筒井 康隆 (著)

 「パプリカ」は、筒井さんの原作小説も面白いけれど、亡くなられた今敏監督によるアニメ映画も素晴らしいです。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000O58V8Y/showshotcorne-22/
パプリカ [Blu-ray]
林原めぐみ (出演),‎ 古谷徹 (出演),‎ 今敏 (監督) 形式: Blu-ray

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000O58V8O/showshotcorne-22/
パプリカ [DVD]
古谷徹 (出演),‎ 林原めぐみ (出演),‎ 今敏 (監督) 形式: DVD

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/12/8746864
カズレーザーに感謝。筒井康隆「虚人たち」「残像に口紅を」、眉村卓「妻に捧げた1778話」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/07/13/8619527
筒井康隆コレクションVI美藝公。個人的には「歌と饒舌の戦記」が大感激した作品\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/30/8758271/tb

_ ホットコーナー - 2018年01月11日 11時22分57秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康隆会議室)から。
---
 地下鉄都営新宿線の車内広告に、筒井康隆「残像に口紅を」「虚人たち」がありました。
 もうちょっと、真っ正面

_ ホットコーナー - 2018年01月27日 00時01分08秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康隆会議室)から。
---
 去年、書いていたのに、出し忘れです。すみません。

「筒井康隆自作を語る#4」の終了後、飲み会のとき、畏れ多
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索