Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

大沢在昌「鮫島の貌 新宿鮫短編集」2013年03月29日 09時59分20秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/28/6760327
お気楽クラウドPogoplug(ポゴプラグ), ソフトイーサのVPNソフト「SoftEther VPN」ほか。
で、村中豊こと、中村満さんの小説
紅蓮 (単行本)
村中 豊 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022506830/showshotcorne-22/
新宿夜想曲 [単行本]
村中 豊 (著)
の名前を久しぶり出して、思い出したのが、
大沢在昌「鮫島の貌 新宿鮫短編集」
だった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334927998/showshotcorne-22/
鮫島の貌 新宿鮫短編集 [単行本]
大沢在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009KZ4EFI/showshotcorne-22/
鮫島の貌(かお) 新宿鮫短編集 [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

 新宿鮫シリーズは、長編最新刊の「絆回廊 新宿鮫X」で、桃井と晶とが、
ああなってしまって、長くこのシリーズと付き合って来た身だから、いろいろ
感じたわ。
 作者の苦悩も推測できたし、それ以上に、鮫島の一番の理解者であった、桃
井と晶がああなったことの意味も、またいろいろ感じることがあった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334927580/showshotcorne-22/
絆回廊 新宿鮫X [単行本]
大沢在昌 (著)
の素人評には、否定的な評もあるが、彼らは、人生のつらい別れや人生の岐路
を経験してないんじゃないか。
 おれも54歳になり、年を取って、こういう話はしみじみわかるよ。
 ノースリバーやkujinoinの評など、彼らに行間を読む力がない、文学的読解
力がないことを如実に示している。筒井康隆のいう快楽乞食乞食だ。あるいは、
大沢在昌の芸の広さ、確かさを味わえない文学的味覚障害。
 ひなた屋店主やタンカレー・ジンの評が、この作品に込められた思いを、読
み取っている。

 そういうことがあって、あるとき本屋で、「鮫島の貌 新宿鮫短編集」を見
かけて、買ったわけ。
 そりゃ、そうだね。長編のあの続きはすぐには書けないよね。短編ならとい
うことかと思って、読み始めたら、最初の「区立花園公園」で泣いた。
 鮫島が、新宿署に来たばかりのころのことを書いてあるが、桃井が、やはり、
すごい人だね。鮫島の活躍には、桃井が欠かせなかったことが、この短編から
もわかる。
 そして、何より、驚いたのは、舞台が新宿の「花園公園」であること。
 あのね。東日本大震災があるまでは、ぼくは、「花園公園」のすぐそばにい
たんだ。最寄り駅は、新宿御苑。
 花園公園は、新宿区立花園小学校と隣接していて、幼稚園もありで、朝は、
子供たちの元気でにぎやか声に励まされて、仕事に行っていた。
 花園公園では、暮れに餅つき大会もやっていて、ぼくもご相伴にあずかった
ことがある。
 あー、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/11/17/957975
大沢在昌著「狼花 新宿鮫IX」
を読むと、おれ、東京に来てから、ずっと、鮫島のダンナに監視・追跡されて
るじゃん。\(^O^)/
 うひー、7年前にそんなこと書いているのに、すっかり忘れとったわ。
 そうかあ。それで、情報省が大沢在昌に霊界通信を送って、区立花園公園を
書かせたんだ。お前への監視・追跡はまだ続いているぞと。そして、それは、
新宿鮫の初期からだぞと。
 ああ、すべて納得した。\(^O^)/
 するんか、お前。

 本書には、面白いコラボ的作品があって、それが、「似た者どうし」と「幼
な馴染み」。
 「似た者どうし」は、北条司「シティハンター」「エンジェル・ハート」の
冴羽が登場する。初出は、「エンジェルハート 公式ガイドブック」。
 「幼な馴染み」は、「こち亀」こと、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の
両津が出てくる。鮫島の理解者の一人、鑑識の藪と、両さんは、そういう関係
だったのかと、初めて知った。\(^O^)/
 初出は、「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」。

 当たり前だが、大沢在昌は、こういうコミカルなものを書かせても、うまい
ね。ちょっとほろ苦く、甘酸っぱい。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4107713989/showshotcorne-22/
エンジェル・ハート公式ガイドブック (Bunch comics) [コミック]
北条 司 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087466892/showshotcorne-22/
こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説 (集英社文庫) [文庫]
今野 敏 (著), 柴田 よしき (著), 逢坂 剛 (著), 東野 圭吾 (著),
石田 衣良 (著), 大沢 在昌 (著), 京極 夏彦 (著),
日本推理作家協会 (監修), 秋本 治 (原著)

 「雷鳴」は、文体も視点も変えてあって、しかし、緊迫してて面白かった。
 「水仙」は、どれかの作品の後日談っぽく思ったけど、違うのかな。
 「霊園の男」は、第9作「狼花」の後日談。「狼花」から、後日談として、
こういう作品が書けるんだ。やっぱ、プロの作家、一流プロは怖いね。
 ほかの作品も、バラエティに富んでいて、テーマ、文体、視点、会話、スト
ーリーのひねりなど、いろんな味付けをして、大沢在昌の芸の広さ、確かさを
見せつけている。
 プロの作家、一流プロは怖いわと思った。いや、ほんと。

 これで思い出した。
 この前、J:COMの囲碁・将棋チャンネルの「将棋連盟が選ぶ注目の一局」が
すごかった。
 杉本昌隆七段と久保利明九段の将棋。二人とも、振り飛車党だから、普段、
居飛車の将棋は指さないのに、なぜか、相居飛車の横歩取りという戦型になっ
た。しかも、まったくの専門外であるにもかかわらず、横歩取りの最新形での
戦い。
 怖いわ。トッププロの研究の深さ、懐の深さを思い知らされた。
 裏芸でも、こんなにすごい。普段は、クラシックしか演奏しないのに、ジャ
ズをやってもすごかったみたいなもん。
 そういう懐の深さを、この短編集にも感じた。

 ぼくは、ノベルスとハードカバーでもっているけど、いま、光文社文庫で再
発売されてますね。そして、ちょっとびっくりしたのが、Kindle版もあること。
 リスト。

■1
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334724434/showshotcorne-22/
新宿鮫 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009S3HWT2/showshotcorne-22/
新宿鮫 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■2
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334726569/showshotcorne-22/
毒猿―新宿鮫〈2〉 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009SZ1W5K/showshotcorne-22/
毒猿 新宿鮫II: 2 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■3
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433472857X/showshotcorne-22/
屍蘭―新宿鮫〈3〉 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009S3HWTW/showshotcorne-22/
屍蘭 新宿鮫III: 3 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■4
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334729983/showshotcorne-22/
無間人形―新宿鮫〈4〉 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009SZ1W5U/showshotcorne-22/
無間人形 新宿鮫IV: 4 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■5
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334731597/showshotcorne-22/
炎蛹―新宿鮫〈5〉 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009SZ1W6E/showshotcorne-22/
炎蛹 新宿鮫V: 5 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■6
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334733255/showshotcorne-22/
氷舞―新宿鮫〈6〉 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009S3HWTM/showshotcorne-22/
氷舞 新宿鮫VI: 6 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■7
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334736912/showshotcorne-22/
灰夜 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009SZ1W7I/showshotcorne-22/
灰夜 新宿鮫VII: 7 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■8
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334740286/showshotcorne-22/
風化水脈 新宿鮫VIII (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009SZ1W8C/showshotcorne-22/
風化水脈 新宿鮫VIII: 8 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■9
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334747086/showshotcorne-22/
狼花―新宿鮫〈9〉 (光文社文庫) [文庫]
大沢 在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009SZ1W8M/showshotcorne-22/
狼花 新宿鮫IX: 9 (光文社文庫) [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

■10
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334927580/showshotcorne-22/
絆回廊 新宿鮫X [単行本]
大沢在昌 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009KZ4ERQ/showshotcorne-22/
絆回廊 新宿鮫X: 10 [Kindle版]
大沢 在昌 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/11/17/957975
大沢在昌著「狼花 新宿鮫IX」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/11/26/970674
ヤクザに学ぶ組織論
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/06/19/5919004
大沢在昌、夢枕獏、川上弘美の個人的注目3冊
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/13/5635394
日本地下水学会, 井田徹治「見えない巨大水脈 地下水の科学 (ブルーバックス)」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年03月31日 21時10分31秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今日のTBS「がっちりマンデー!!」は、ALSOKだった。
 場所は教えら

_ ホットコーナー - 2016年10月12日 03時21分38秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 こんなシリーズがあるんだ。
 ドラエモンが、子供向けの、いろいろなお勉強の本になってい