Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

川越敏司「はじめてのゲーム理論 (ブルーバックス)」2013年03月06日 06時33分15秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/26/6701751
量子ゲーム理論。実験経済学
で名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062577828/showshotcorne-22/
はじめてのゲーム理論 (ブルーバックス) [新書]
川越 敏司 (著)
が売れていた。お買い上げありがとうございます。
 簡単に感想を書いておこう。

 ゲーム理論の一般向け入門書は数あれど、これはぼくにはとても斬新だった。
 ナッシュ均衡、パレート効率は、冒頭のプロローグからざっくり出てきて、
ミニマックス、ナッシュ均衡、パレート効率は、本書の前半で解説が進む。
 解説も基本事項を丁寧にやってあり、簡単な練習問題と解答もあり、理解を
深められるようになっている。
 で、本書の白眉は、著者、川越さんの専門であるメカニズム・デザイン論。
 メカニズム・デザインは、どうすれば、いい社会制度になるか、紛争を解決
できるかといったことをゲーム理論を使って最良の解を見つける研究分野。
 選挙制度の話など、非常に面白い。
 日本でも国会議員の定数是正問題が話題になっているが、
「バリンスキー=ヤングの不可能性定理を知らん奴は、議論する資格なし!」
「ギバード=サタースウェイトの不可能性定理を知らん奴は、議論する資格なし!」
などと、すぐ、吠えたくなる。
 アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞(日本では、ノーベル
経済学賞と呼ばれる)を受賞したケネス・アローの不可能性定理も、もちろん
出てくる。
 アローの不可能性定理は、アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン
銀行賞の威光もあって、一般人でも名前は聞いたことがあるだろうが、
バリンスキー=ヤングの不可能性定理やギバード=サタースウェイトの不可能性
定理は、知らない人が多いだろうから、ハッタリをかますには、こっちを使って
脅したほうがいい。\(^O^)/
 不可能性定理の章では、これまた、アルフレッド・ノーベル記念経済学スウ
ェーデン銀行賞を受賞したアマルティア・センのリベラル・パラドックスも解
説してある。

 そして、ぼくが一番読みたかった量子ゲーム理論の章。これは、量子ゲーム
理論の存在を知った日経サイエンスの記事より具体的でわかりやすかった。
というのは、スピンの状態が量子操作を使う量子戦略によってどうなるか、
アダマール行列を使って、具体的に示してあったから。
 付録には、もっと詳しい量子戦略の計算があって、ケット・ベクトル、
テンソル積、パウリのスピン行列など、物理学が好きな人が喜ぶ計算式が出てくる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AZ0A9X8/showshotcorne-22/
日経 サイエンス 2013年 03月号
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/201303.html
日経サイエンス 2013年3月号
特集:量子ゲーム理論

 ほかに本書の特長としては、川越さんは、映画や小説が好きなんだね。あち
こちにいろいろな映画や小説のエピソードが出てきて、本書を堅苦しくないも
のにしている。

 本書の最後には、各章ごとの参考文献も載っているが、それとは別に、もっ
とゲーム理論を知るための読書案内がある。寸評付きで、これがなかなかよい。
よって、リスト。

■ゲーム理論入門
 次のデービス本は、ぼくが中学生のときかな。ある意味、遊びのゲームの本
だと勘違いして読んだ本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061178172/showshotcorne-22/
ゲームの理論入門―チェスから核戦略まで (ブルーバックス) [新書]
モートン.D・デービス (著), 桐谷 維 (翻訳), 森 克美 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121016580/showshotcorne-22/
戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書) [新書]
梶井 厚志 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448491123X/showshotcorne-22/
戦略的思考とは何か―エール大学式「ゲーム理論」の発想法 [単行本]
アビナッシュ ディキシット (著), バリー ネイルバフ (著),
菅野 隆 (翻訳), 嶋津 祐一 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480688382/showshotcorne-22/
高校生からのゲーム理論 (ちくまプリマー新書) [新書]
松井 彰彦 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000269038/showshotcorne-22/
ゲーム理論 (〈1冊でわかる〉シリーズ) [単行本(ソフトカバー)]
ケン・ビンモア (著), 金澤 悠介 (翻訳), 海野 道郎 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492313680/showshotcorne-22/
旧約聖書のゲーム理論―ゲーム・プレーヤーとしての神 [単行本]
スティーブン・J. ブラムス (著), Steven J. Brams (原著), 川越 敏司 (翻
訳)

■ゲーム理論の教科書
 ここは、少し数式が出ても大丈夫な人向け。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532108292/showshotcorne-22/
ゲーム理論入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ) [新書]
武藤 滋夫 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532133467/showshotcorne-22/
ゼミナール ゲーム理論入門 [ハードカバー]
渡辺 隆裕 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/442385080X/showshotcorne-22/
経済学のためのゲーム理論入門 [単行本]
ロバート ギボンズ (著), Robert Gibbons (原著),
福岡 正夫 (翻訳), 須田 伸一 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641163820/showshotcorne-22/
ゲーム理論 新版 [単行本(ソフトカバー)]
岡田 章 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/486285107X/showshotcorne-22/
非協力ゲーム理論 (数理経済学叢書) [単行本]
グレーヴァ 香子 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757122403/showshotcorne-22/
ゲーム理論による社会科学の統合 (叢書 制度を考える) [単行本]
ハーバート・ギンタス (著), 小川 一仁 (翻訳), 川越 敏司 (翻訳),
佐々木 俊一郎 (翻訳), 成田 悠輔 (翻訳)

■ゲーム理論の応用
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484003082/showshotcorne-22/
公平分割の法則―誰もが満足する究極の交渉法 [単行本]
スティーブン・J. ブラムス (著), アラン・D. テイラー (著),
宍戸 栄徳 (監修), Steven J. Brams (原著), Alan D. Taylor (原著),
宍戸 律子 (翻訳)

 鈴木先生の本は、ずっと昔に紹介したことがある。興味があれば、上の検索
窓で検索してみてください。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326500824/showshotcorne-22/
新ゲーム理論 [単行本]
鈴木 光男 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326503696/showshotcorne-22/
協力ゲームの基礎と応用 [単行本]
中山 幹夫 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791764153/showshotcorne-22/
選挙のパラドクス―なぜあの人が選ばれるのか? [単行本]
ウィリアム パウンドストーン (著), 篠儀直子 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791765893/showshotcorne-22/
数と正義のパラドクス 頭の痛い数学ミステリー [単行本]
ジョージ・G・スピロ (著), 寺嶋英志 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4916092902/showshotcorne-22/
厚生経済学と社会選択論 [単行本]
アラン・M. フェルドマン (著), ロベルト セラーノ (著),
Allan M. Feldman (原著), Roberto Serrano (原著),
飯島 大邦 (翻訳), 川島 康男 (翻訳), 福住 多一 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326502665/showshotcorne-22/
社会的選択理論―集団の意思決定と個人の判断の分析枠組み [単行本]
ジョン クラーヴェン (著), John Craven (原著),
富山 慶典 (翻訳), 金井 雅之 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130430173/showshotcorne-22/
「きめ方」の論理 ―社会的決定理論への招待― [単行本]
佐伯 胖 (著)

 次は、アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞(日本では、
ノーベル経済学賞と呼ばれる)のアマルティア・センの本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326501863/showshotcorne-22/
集合的選択と社会的厚生 [単行本]
アマルティア セン (著), Amartya K. Sen (原著), 志田 基与師 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623052346/showshotcorne-22/
メカニズムデザイン―資源配分制度の設計とインセンティブ [単行本]
坂井 豊貴 (著), 藤中 裕二 (著), 若山 琢磨 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623059111/showshotcorne-22/
マーケットデザイン入門―オークションとマッチングの経済学 [単行本]
坂井 豊貴 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757122594/showshotcorne-22/
学校選択制のデザイン―ゲーム理論アプローチ (叢書 制度を考える) [単行本]
安田 洋祐 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822246639/showshotcorne-22/
オークションの人間行動学
最新理論からネットオークション必勝法まで [単行本]
ケン・スティグリッツ (著), 川越 敏司 (翻訳), 佐々木 俊一郎 (翻訳),
小川 一仁 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492313850/showshotcorne-22/
オークション 理論とデザイン [単行本]
ポール ミルグロム (著), Paul Milgrom (原著), 川又 邦雄 (翻訳),
奥野 正寛 (翻訳), 計盛 英一郎 (翻訳), 馬場 弓子 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782815018/showshotcorne-22/
進化とゲーム理論―闘争の論理 [単行本]
J.メイナード‐スミス (著), 寺本 英 (翻訳), 梯 正之 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320056655/showshotcorne-22/
進化のダイナミクス 生命の謎を解き明かす方程式 [単行本]
Martin A. Nowak (著), 中岡 慎治 (翻訳), 巌佐 庸 (翻訳),
竹内 康博 (翻訳), 佐藤 一憲 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492312714/showshotcorne-22/
ゲーム理論と経済学 [単行本]
デビッド・M. クレプス (著), David M. Kreps (原著),
高森 寛 (翻訳), 長橋 透 (翻訳), 大住 栄治 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4811550617/showshotcorne-22/
ゲーム理論―批判的入門 [単行本]
ショーン・P.ハーグリーブズ ヒープ (著), ヤニス ファロファキス (著),
Shaun P.Hargreaves Heap (原著), Yanis Varoufakis (原著),
荻沼 隆 (翻訳)

 本書の著者でもある、川越敏司さんの2冊。以前紹介したことがある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/413040234X/showshotcorne-22/
実験経済学 [単行本]
川越 敏司 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757122586/showshotcorne-22/
行動ゲーム理論入門 [単行本(ソフトカバー)]
川越 敏司 (著)

■古典・伝記
 フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンによる、ゲーム理論の歴史的記念碑
的著作。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480092110/showshotcorne-22/
ゲームの理論と経済行動〈1〉 (ちくま学芸文庫) [文庫]
J.フォン ノイマン (著), O. モルゲンシュテルン (著),
John Von Neumann (原著), Oskar Morgenstern (原著),
銀林 浩 (翻訳), 橋本 和美 (翻訳), 宮本 敏雄 (翻訳), 阿部 修一 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480092129/showshotcorne-22/
ゲームの理論と経済行動〈2〉 (ちくま学芸文庫) [文庫]
J.フォン ノイマン (著), O. モルゲンシュテルン (著),
John von Neumann (原著), Oskar Morgenstern (原著),
銀林 浩 (翻訳), 橋本 和美 (翻訳), 宮本 敏雄 (翻訳), 下島 英忠 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480092137/showshotcorne-22/
ゲームの理論と経済行動〈3〉 (ちくま学芸文庫) [文庫]
J.フォン ノイマン (著), O. モルゲンシュテルン (著),
John von Neumann (原著), Oskar Morgenstern (原著),
銀林 浩 (翻訳), 橋本 和美 (翻訳), 宮本 敏雄 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791753607/showshotcorne-22/
囚人のジレンマ―フォン・ノイマンとゲームの理論 [単行本]
ウィリアム パウンドストーン (著), William Poundstone (原著),
松浦 俊輔 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022597100/showshotcorne-22/
フォン・ノイマンの生涯 (朝日選書) [単行本]
ノーマン マクレイ (著), Norman Macrae (原著),
渡辺 正 (翻訳), 芦田 みどり (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4621063251/showshotcorne-22/
ナッシュは何を見たか [単行本]
H.W.クーン (編さん), 落合 卓四郎 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105415018/showshotcorne-22/
ビューティフル・マインド 天才数学者の絶望と奇跡 [単行本]
シルヴィア ナサー (著), 塩川 優 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326301619/showshotcorne-22/
紛争の戦略―ゲーム理論のエッセンス
(ポリティカル・サイエンス・クラシックス 4) [単行本]
トーマス・シェリング (著), 河野 勝 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/26/6701751
量子ゲーム理論。実験経済学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/24/4966890
行動ゲーム理論入門、数学が経済を動かす(ドイツ企業篇)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/31/4985409
Re: 行動ゲーム理論入門、数学が経済を動かす(ドイツ企業篇)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/30/6461833
進化ゲーム理論入門、行動ゲーム理論入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/06/16/5165608
高校生からのゲーム理論。行動経済学、これからの「正義」の話も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/06/18/4371311
経済学のロボカップ、U-Mart、人工市場、人工社会、数理社会学、アイオワ電子市場
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/08/13/4507954
フォン・ノイマン、モルゲンシュテルン「ゲームの理論と経済行動」

驚愕スクープ! なぜオスプレイの訓練空域が九州から変更になったのか2013年03月06日 06時37分27秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今朝のニュースで、オスプレイの訓練空域が九州から変更になったことが報
じられていたが、サラリーマン根性に毒され、ジャーナリズムを失った日本の
マスコミは、真相を報じてない。
 そこで、マスコミ大衆の期待に応える捏造メディア「珍相報道茶番記者」が、
命を省みない強行取材を敢行するしたぞ。

 茶番記者が、取材を進めていると、またしても、情報省の名が。
 そこで、情報省に命がけで取材に行ってきました。
「なぜ、在日米軍のオスプレイの訓練空域が九州から変更になったのでしょう
か」
「あぬなー。怪獣自衛隊も訓練せんといけんのよ」
「えっ?」
「あほんだら。北朝鮮が停戦協定を破棄したんじゃ。ぼーっとしとったら、き
さーん、しゃーきあぐっど」
「いやいや、すみませんすみません。さっぱり、お話がわからんとですよ」
「だーかーらー。北朝鮮の問題、中国の問題などなど、戦争の緊迫感が高まっ
とるやろうが。そやけ、怪獣自衛隊のギャオスやラドンも、訓練せんといけん
のよ」
「あ、なるほど。ギャオスやラドンの訓練空域が九州上空だから、米軍は、ど
っかほかに行けと」
「当たり前や。ギャオスやラドンにかかったら、オスプレイやF35も瞬殺や。
間違ってそうならんように逃げとけよと」
「なるほど。そう、米軍に通達したんですね。それで訓練空域変更になったと」
「お前、ギャオスやラドンに乗って、九州上空を飛び回ってみるか」
「え、いいんですか?」
「飛び回ったあとは、餌になってもらうけどな。あは。嘘嘘」

 ということで、命がけの取材を敢行じゃなくて、のんびり上空から九州観光
してしまいました。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004EEPPNU/showshotcorne-22/
空から日本を見てみよう16
北九州工業地帯 関門海峡 筑豊/長崎市 長崎空港 軍艦島 [DVD]
伊武雅刀(声の出演) (出演), 柳原可奈子(声の出演) (出演) | 形式: DVD

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0049SP91E/showshotcorne-22/
空から日本を見てみよう14 沖縄本島を一周 [DVD]
バラエティ (出演) | 形式: DVD

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009L08A84/showshotcorne-22/
空から日本を見てみよう (26)
全国秘境&絶景ローカル線 鶴見線・指宿枕崎線・磐越西線 [DVD]
くもじい (出演), くもみ (出演) | 形式: DVD

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/12/07/6653831
日本正ちゃん党、公約追加\(^O^)/ 驚愕スクープ! 封印された原発政策

安倍ちゃん(安倍晋三)、憲法改正にはGitHubを使え!2013年03月06日 06時37分58秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 NHK教育テレビでやってて、毎週、録画して観ているTEDのスーパープレゼンテーション。
 これまで何度も紹介したいものがあったが、忙しくてスルー。
 しかし、今回のは、非常に面白かったので紹介。
 それは、オープンソースのツールや手法を使って、政治を変えていこうという話。
 たとえば、法律を改正するとき、GitHubを使って、プログラマが自由に
ソースコードを書き換えて自分のアイデアを提案するように、国民が自由に草案を
書き換えてよりよい法律にしていこうという話。
 一般人のみなさん、こんなに分散的、民主的、低コストな議論と改良の方法
があるのに、プログラマだけに独占させるのは、もったいないだろうと。

 すでに、GitHubを社会や政治に応用する試みもやっていた。
 アメリカの国務省の公電を解析したり、ニューヨーク州議会は、オープン立法
ということをやっているそうです。
 ほかには、リーマンショックの金融危機で国家破綻の危機に遭ったアイスランド
では、憲法を改正しようとしていて、クラウドソーシングによって、広く国民から
自由に憲法草案を提案できるようにするムーブメントが起きているそうです。

 ちゅうことで、安倍ちゃん(安倍晋三)、憲法を改正したいなら、GitHubを使え!
 安倍ちゃんの支持者である右翼、極右、ネトウヨの連中は、GitHubを使うどころ
か、名前も知らん?
 そんな連中は、これからは役に立たん。とっとと捨てなさい。\(^O^)/

 そうそう。Rubyのコミュニティのことも、話題になっていた。

http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/130304.html
スーパープレゼンテーション
Clay Shirky
クレイ・シャーキー
How the Internet will (one day) transform government
「インターネットが(いつの日か)政治を変える その方法とは」

丸源の川本社長が逮捕されたね2013年03月06日 06時38分22秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 丸源ビルといえば、なんといっても北九州市の小倉。
 のちに、福岡市の中洲。それから、東京の銀座。
 この流れからして、丸源は、情報省のフロント企業、資金源と噂されていた。
 ばかー。社長が逮捕されても、情報省にとっては、そんなのトカゲのシッポ
じゃ。\(^O^)/

http://ja.wikipedia.org/wiki/川本源司郎
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索