Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Actors in Scala、算法表現論、モデルと表現2012年03月30日 07時56分38秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 私がけっこう使っているScalaですが、多くの優れた機能の内、並行・並列
機能のActorにだけ焦点を当てた本が出ていました。

 アクターモデルを知ったのは、もう30年くらい前かな。
 最近では、Erlangに採用されていて、マルチコア、分散環境でのErlangの人
気上昇、最近の関数型言語の人気上昇とともに、アクターモデルも認知度が上
がっていって、おお、すごい、若い人たちがアクターモデルを再発見している
と思ったよ。
 アクターモデルについては、もう20年くらい前に、「電脳騒乱節」で書いた
記憶がある。Smalltalkなどのオブジェクト指向の継承機能は、Actorの非常に
限定された形とみなすことができる。おれ的には大発見。そんな話を書いた記
憶がある。
 アクターモデル自体は、並列・並行で非同期、かつ、一度にたくさんの受け
手(レシーバー)にメッセージを渡せるけど、オブジェクト指向の単一継承は、
受け手のActorは1つだけ、しかも同期した呼び出しなので、メッセージを渡
し、制御が戻ってくるのを待っているものとみなせるでしょ。
 アクターモデルを考えたMITのヒューイット、偉い! さすがは、おれの弟
子と思ったもん。
 お前、また、宇宙人にさらわれて。偽の記憶を植え付けられたんやないか。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0981531652/showshotcorne-22/
Actors in Scala [ペーパーバック]
Philipp Haller (著), Frank Sommers (著)

http://www.artima.com/shop/actors_in_scala
Actors in Scala
Concurrent programming for the multi-core era
by Philipp Haller and Frank Sommers

 この「artima developer」というサイトは、興味深い記事がいろいろあるね。
http://www.artima.com/index.jsp
artima developer

参考:
http://ja.wikipedia.org/wiki/アクターモデル

 アクターモデルのことは、米澤先生の本を読んで知った気がする。それとも、
論文だったか。
 おれが読んだとしたら、本なら、次の2つしかないと思う。どっちにも、ア
クターモデルが載ってなかったら、すみません。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000J7P0KY/showshotcorne-22/
岩波講座 情報科学〈12〉算法表現論 (1982年) [古書] [単行本]
木村 泉 (著), 米澤 明憲 (著)
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/5/0101620.html
岩波講座 情報科学 12 算法表現論
木村 泉,米澤 明憲

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000103571/showshotcorne-22/
岩波講座 ソフトウェア科学〈〔展望〕17〉モデルと表現 [単行本]
米沢 明憲 (著), 柴山 悦哉 (著)
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/1/0103570.html
岩波講座 ソフトウェア科学〔展望〕17 モデルと表現
米澤 明憲,柴山 悦哉

 お、次のところに、上記2冊の話が出ているね。おれが受けた印象と同じ感
想だ。「算法表現論」にアクターモデルの話があったのね。「モデルと表現」
は、もっとパワーアップしているのね。
http://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/OoBook/Beginner/B2.html
[オブジェクト指向を学ぶための入門書ガイド]

 「算法表現論」は、おれは、ワインバーグと木村泉先生の大ファンだったか
ら、木村先生目当てで買って、米澤先生の部分も面白かった記憶がある。
 そうか、ワインバーグの本のこと、書くの忘れているね。若い世代の人から、
再発見されているんだよね。もう数年前だけど、ワインバークさんの本を知っ
て、びっくりしている人がいるのを知って、おれはびっくりした。
 おれにとって、ソフトウェアを職業にしていて、ワインバーグを知らないな
んて、物理学者でアインシュタインを知らないに等しいからね。
 そのうち書かないとね。股の機械に。
 こればっかりで、書てないのばっかりだけど。^^;

 Scala入門は、日本語の本なら、いまは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844330845/showshotcorne-22/
Scalaスケーラブルプログラミング第2版 [単行本(ソフトカバー)]
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著),
羽生田 栄一 (監修), 水島 宏太 (その他), 長尾 高弘 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774144363/showshotcorne-22/
オブジェクト指向プログラマが次に読む本 -Scalaで学ぶ関数脳入門
[単行本 ソフトカバー)]
株式会社テクノロジックアート (著), 長瀬 嘉秀 (監修), 町田 修一 (監修)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479802998X/showshotcorne-22/
Scala実践プログラミング―オープンソース徹底活用 [単行本]
小笠原 啓 (著), 尾崎 智仁 (著), 関 隆 (著), 水島 宏太 (著),
今井 敬吾 (著)
が、お薦め。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/19/6058325
Functional Programming for Java Developers, Akka, Multiverse, Apache Camel
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/12/08/6236693
Scala, Liftネタ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/11/6195987
Scalaスケーラブルプログラミング第2版
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/20/6162794
JavaユーザーのためのScala早わかり
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/25/5704786
いまイチオシのScala本、「オブジェクト指向プログラマが次に読む本-Scala
で学ぶ関数脳入門」

参考にならないかもしれない文献(笑):
 調べたら、Actorのことが載っているのは、VOL.3ですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874084419/showshotcorne-22/
電脳騒乱節〈VOL.1 書き殴り西麻布日記編〉
(リターンブックス) [単行本]
中村 正三郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874084427/showshotcorne-22/
電脳騒乱節〈VOL.2 電脳バトルロイヤル宣戦布告編〉
(リターンブックス) [単行本]
中村 正三郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874084567/showshotcorne-22/
電脳騒乱節〈VOL.3〉スペース空海即身成仏編
(リターンブックス) [単行本]
中村 正三郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874085423/showshotcorne-22/
電脳騒乱節〈オブジェクト指向臨死体験編〉 [単行本]
中村 正三郎 (著)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年10月23日 05時23分07秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/14/6602140
IT断食、アップルとの正しい付き合

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年01月15日 05時45分34秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 これ、なかなかよいです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798125415/sh

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年08月04日 09時23分37秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。といっても、0円。つまり、タ

_ ホットコーナー - 2017年12月17日 21時55分40秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
■Akka実践バイブル
 Scalaをやってる人には、おなじみのAkkaの本が出ている。
 ManningのAkka in Actionの翻訳ですね。
https://www.amazon.co.jp/ex
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索