Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

春画は、チンポ、まんこ、おめこ出したまま!\(^O^)/2011年09月03日 06時26分45秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/27/5985378
ニッポン春画百科
の関連。
 そこで名前を出した別冊太陽の春画。いくつか観ました観ました。
 無修正で性器丸出しの春画は、生まれて初めて観た。それまで観たことがあ
った、雑誌などに載っている春画は、修正済みだったもん。
 すごいわ。チンチン出したまま!\(^O^)/
 去年は、「チンチン出したまま!\(^O^)/」を流行語大賞にしようとして、
ここで連発したが、だめだったね。
 当たり前だろ。

 写楽の役者絵は、デカ顔にデフォルメしてあるから、大首絵というでしょ。
 それにならうなら、春画は、大チンポ絵、大まんこ絵(東日本向け)、大おめ
こ絵(西日本向け)だ。
 あれ観たヨーロッパ人は、そりゃ、たまがるわ。
 ウタマローっていうて、パツキンのネエちゃんが、おれに群がるはずや。
 ないない。
 春画の前の日本のイメージは、マルコ・ポーロのジパング、黄金の国でしょ。
 次にもたらされた日本のイメージは、巨大チンポ、巨大まんこ(東日本向け)、
巨大おめこ(西日本向け)の黄色い人間が住む国。
 そりゃ、たまがるわ。
 ヨーロッパ人の金銭欲と性欲を刺激しまくりのニッポン。\(^O^)/

 エロ絵といっても、描いているのは、当時、最高の絵師たちだもんね。
 映画でいえば、黒澤明や小津安二郎が撮ったハードコアポルノですよね。
 江戸庶民にとっては、夫婦生活のためのエロ絵だっただろうが、それが、ま
さか、芸術品として収集され、高値で取引されるようになるとはね。
 江戸庶民も絵師たちも想像しなかっただろうね。
 春画は、たしかにどこか品があるし、ユーモラスなんですよね。思わず、く
すりと笑いたくなるのもある。
 どの本だったか忘れたが、旗本と腰元とか、女房と按摩とか、セックスのシ
チュエーションをいろいろ考えているのがあった。
 江戸の庶民のセックスライフを想像させるものとして、長屋でのセックスが
あったよ。子供がいたり、舅・姑と同居している狭い長屋で、どうやって夫婦
がセックスしていたかを描いたものみたい。
 ああいうのが、美術品としてのみならず、生活史、文化史の資料としての春
画の価値なんでしょうね。

 この前、名前を出してなかった関連書。
 田中優子さんは江戸文化の研究者だから、ご専門という感じですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480425896/showshotcorne-22/
春画のからくり (ちくま文庫) [文庫]
田中 優子 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4915450988/showshotcorne-22/
歴史雑学BOOK 図解 花のお江戸の色模様 (ローレンスムック 歴史雑学BOOK)
[大型本]
小菅 宏 (著)

 この前、名前を出した別冊太陽のリスト。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582662137/showshotcorne-22/
ニッポン春画百科 上巻 [単行本]
オフェル・シャガン (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582662145/showshotcorne-22/
ニッポン春画百科 下巻 [単行本]
オフェル・シャガン (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582945236/showshotcorne-22/
肉筆春画 (別冊太陽) [ムック]
白倉 敬彦 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582945023/showshotcorne-22/
春画 江戸の絵師四十八人 (別冊太陽) [ペーパーバック]
白倉 敬彦 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582945155/showshotcorne-22/
続 春画 色模様百態 (別冊太陽) [大型本]
白倉敬彦 (編集)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/06/5945114
実は、写楽展を超光速スパイしてました。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/05/14/5861693
東洲斎写楽の正体判明
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/05/16/5866205
Re: 東洲斎写楽の正体判明

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年09月04日 10時56分47秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 おれは1回も観たことがないがとても話題なのは、Ringのメンバーの話

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年11月16日 09時31分39秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 世の中、すごい辞典・事典が

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年01月17日 05時48分41秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 江戸時代といまを重ね合わせ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年02月07日 10時31分59秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 やっと書く。
http://kuniyoshi.exhn.jp/
没後150年 歌川国芳展

 ベさん

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年05月24日 04時27分28秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 大阪市職員、自衛隊員も、「チンチン出したまま!」をやってくれ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年10月04日 09時55分15秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 北斎漫画。表紙見ただけで、

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年10月06日 09時08分33秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/10/04/6999921
北斎漫画。歌川国芳、奇想の江戸挿

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年11月06日 10時15分54秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
https://twitter.com/shownakamura/status/397836581488177152
--- ここから ---
コピー複

_ ホットコーナー - 2017年09月29日 23時57分23秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 日経サイエンス2017年10月号は、おれ好みの記事が最低3つもあって、書く時間がなかったけど、もう次の号が来たから、あわてて書く