Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

心理テストはウソでした、精神科医は腹の底で何を考えているか、脳科学関連2011年07月19日 10時08分27秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/18/5961959
オルガスムスのウソ、オルガスム、ヴァギナ、ペニス、アヌス、体位の文化史、精子戦争
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167651300/showshotcorne-22/
フロイト先生のウソ (文春文庫) [文庫]
ロルフ デーゲン (著), Rolf Degen (原著), 赤根 洋子 (翻訳)
の名前を出した影響でしょうか。
 以下のお買い上げありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062812231/showshotcorne-22/
心理テストはウソでした (講談社プラスアルファ文庫) [文庫]
村上 宣寛 (著)
--- ここから ---
血液型と性格はまったく関係ありません! 適性検査などで使用される心理(性
格)テストは、ほとんど使い物にならない。「血液型人間学」から、「ロール
シャッハ・テスト」等々。何とみんな事実無根です。
--- ここまで ---

 使い物にならないものは、藤巻健史、成毛眞以外にもいっぱい流通している
ということね。^^;

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/18/5961964
ハイパーインフレの悪夢、使い物にならない藤巻健史、成毛眞

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344981065/showshotcorne-22/
精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書) [新書]
春日 武彦 (著)
--- ここから ---
エクソシスト医師、無責任医師、赤ひげ医師、新興宗教の教祖的医師、タレン
ト医師、世間知らず医師などなど累計100名
--- ここまで ---

 「心理テストはウソでした」の“脳と生命の科学を経営に活かす”さんの素
人評は、ちゃんとしてるね。経済学が抱える問題もそこなんですよね。
 逆にいうと、何をいってもOK。だから、経済学者やエコノミストによる競馬
の予想屋レベルの言説が、テレビ、新聞、雑誌でまき散らされる。
 これも、藤巻健史、成毛眞は当然として、野口悠紀雄、池田信夫あたりでも、
そうなんだよね。
 日本再生、構造改革、イノベーションを語るなら、こいつらが巣くう経済論壇
やビジネス書やビジネス雑誌、カモリーマン本の世界からして変えないとね。
 自分が変われない癖に他人に意見するなと思うよ。

 “脳と生命の科学を経営に活かす”さんが紹介している本も、いずれも評価
の高いもの。
 以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/12/15/5582995
タンパク質の立体構造入門――基礎から構造バイオインフォマティクスへ
で、名前を出したことがあるラマチャンドランの「脳の中の幽霊」「脳の中の
幽霊ふたたび」は、いまや文庫になって買いやすくなってますね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042982115/showshotcorne-22/
脳のなかの幽霊 (角川文庫) [文庫]
V・S・ラマチャンドラン (著), サンドラ・ブレイクスリー (著),
山下 篤子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042982166/showshotcorne-22/
脳のなかの幽霊、ふたたび (角川文庫) [文庫]
V・S・ラマチャンドラン (著), 山下 篤子 (翻訳)

 その他、素人評に出ているものも含めて関連書リスト。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406210041X/showshotcorne-22/
生存する脳―心と脳と身体の神秘 [単行本]
アントニオ・R. ダマシオ (著), Antonio R. Damasio (原著),
田中 三彦 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062118785/showshotcorne-22/
無意識の脳 自己意識の脳 [単行本]
アントニオ・R・ダマシオ (著), 田中 三彦 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478860513/showshotcorne-22/
感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ [単行本]
アントニオ・R・ダマシオ (著), 田中 三彦 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130633198/showshotcorne-22/
エモーショナル・ブレイン―情動の脳科学 [単行本]
ジョセフ ルドゥー (著), Joseph LeDoux (原著), 松本 元 (翻訳),
小幡 邦彦 (翻訳), 湯浅 茂樹 (翻訳), 川村 光毅 (翻訳), 石塚 典生 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/462207110X/showshotcorne-22/
シナプスが人格をつくる 脳細胞から自己の総体へ [単行本]
ジョセフ・ルドゥー (著), 谷垣 暁美 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314005564/showshotcorne-22/
利己的な遺伝子 (科学選書) [単行本]
リチャード・ドーキンス (著), 日高 敏隆 (翻訳), 岸 由二 (翻訳),
羽田 節子 (翻訳), 垂水 雄二 (翻訳)
は、増補新装版が出ている。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314010037/showshotcorne-22/
利己的な遺伝子 <増補新装版> [単行本]
リチャード・ドーキンス (著), 日高 敏隆 (翻訳), 岸 由二 (翻訳),
羽田 節子 (翻訳), 垂水 雄二 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/26/1871639
カンブリア大爆発、進化論、神は妄想である、インターネット自然史博物館

 「人間の本性を考える」は、3部作。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140910100/showshotcorne-22/
人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (上) (NHKブックス) [単行本]
スティーブン・ピンカー (著), 山下 篤子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140910119/showshotcorne-22/
人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (中) (NHKブックス) [単行本]
スティーブン・ピンカー (著), 山下 篤子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140910127/showshotcorne-22/
人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (下) (NHKブックス) [単行本]
スティーブン・ピンカー (著), 山下 篤子 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314009616/showshotcorne-22/
やわらかな遺伝子 [単行本]
マット・リドレー (著), 中村 桂子 (著), 斉藤 隆央 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314008822/showshotcorne-22/
ゲノムが語る23の物語 [単行本]
マット リドレー (著), Matt Ridley (原著), 中村 桂子 (翻訳),
斉藤 隆央 (翻訳)
 マット・リドレーは、次が去年ベストセラーだった。新宿ジュンク堂の理系
のコーナーでも平積みどどーんで、売ってた記憶がある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152091649/showshotcorne-22/
繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(上) [単行本]
マット・リドレー (著), Matt Ridley (原著), 柴田 裕之 (翻訳),
大田 直子 (翻訳), 鍛原 多惠子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152091657/showshotcorne-22/
繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(下) [単行本]
マット・リドレー (著), Matt Ridley (原著), 柴田 裕之 (翻訳),
大田 直子 (翻訳), 鍛原 多惠子 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788507595/showshotcorne-22/
病気はなぜ、あるのか―進化医学による新しい理解 [単行本]
ランドルフ・M. ネシー (著), ジョージ・C. ウィリアムズ (著),
長谷川 真理子 (翻訳), 青木 千里 (翻訳), 長谷川 寿一 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140812567/showshotcorne-22/
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか [単行本]
シャロン モアレム (著), ジョナサン プリンス (著), Sharon Moalem (原著),
Jonathan Prince (原著), 矢野 真千子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433403358X/showshotcorne-22/
人体 失敗の進化史 (光文社新書) [新書]
遠藤 秀紀 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576260/showshotcorne-22/
進化から見た病気 (ブルーバックス) [新書]
栃内 新 (著)

 「迷惑な進化」「人体 失敗の進化史」「進化から見た病気」は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/15/4180754
日経サイエンス2009年4月号進化論大特集、病気の起源、驚異の昆虫
で、名前を出している。

 日経サイエンスといえば、関連した日経サイエンス別冊として、
ラマチャンドランの「知覚は幻」と「こころと脳のサイエンス」シリーズ
がある。おれ、買ってるけど、積ん読のまま。^^;

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511747/showshotcorne-22/
知覚は幻 ラマチャンドランが語る錯覚の脳科学 (別冊日経サイエンス 174)
[大型本]
V・S・ラマチャンドラン (著), D・ロジャース=ラマチャンドラン (著),
北岡 明佳 (監修), 日経サイエンス編集部 (翻訳)
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51174
別冊174
知覚は幻 ラマチャンドランが語る錯覚の脳科学
 錯視の本もあれこれ動きがあるけど、紹介は股の機械に。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/03/1480603
錯視、ぐるぐる蛇\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/28/5253592
北岡明佳「錯視入門」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/24/1340919
エッシャーの数理、不可能図形、不可能立体、錯視

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511704/showshotcorne-22/
こころと脳のサイエンス01(別冊日経サイエンス170) (別冊日経サイエンス 170)[大型本]
日経サイエンス編集部 (編さん)
 ぎえええ、いま、中古品1点¥ 4,998より。倍以上になってる。
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51170
別冊170
こころと脳のサイエンス 01
をみても、品切れだ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511739/showshotcorne-22/
こころと脳のサイエンス02 (別冊日経サイエンス 173) [大型本]
日経サイエンス編集部 (編さん)
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51173
別冊173
こころと脳のサイエンス 02
特集 男と女

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453251178X/showshotcorne-22/
こころと脳のサイエンス 03 (別冊日経サイエンス 178) [大型本]
日経サイエンス編集部 (編さん)
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51178
別冊178
こころと脳のサイエンス 03
特集 災害時の行動と心理/つながる記憶,癒やす記憶

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/25/5307064
日経サイエンス 数学は楽しい Part2、こころと脳のサイエンス

 あと、ニュートンの別冊もいいですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315518905/showshotcorne-22/
脳と心―「心」はどこにあるのか 脳の最新科学、そして心との関係
(ニュートンムック Newton別冊) [大型本]

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/29/5763508
脳の本 紹介・書評サイト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/04/5662045
ソフトバンク「光の道」の陰謀を暴く!\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年11月27日 05時11分05秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 なんとなく関連しているから
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索