Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

小説 TRIPPER (トリッパー) 2011春季号 大江健三郎×筒井康隆×丸谷才一2011年04月11日 00時33分55秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康隆会議室)からホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 朝日新聞に載った「大江健三郎×筒井康隆×丸谷才一」鼎談。
 その拡大版が載った小説 TRIPPER (トリッパー) 2011春季号 2011年 3/20号
を、やっと買ってきて読みました。
 本物の読書家、読書人、批評の世界、文学の世界がどういうものかを、久々
に感じる読み物でした。
 なにしろ、普段は、ブログにあふれる書評、レビューといいつつ、第1次近
似感想文レベルの駄文を目にすることが多く、書評、レビューという言葉も、
ずいぶんと安っぽくなったと思うことが多いからです。
 ぼく自身もウェブやブログにそういう駄文しか書いていません。
 そういう駄文でも、お世辞で、立派な書評ありがとうございますなどと、お
だてられることがあり、いや、そんな代物じゃないのだがと、内心、忸怩たる
ものがあります。

 この鼎談を読んで改めて思ったのは、大江健三郎、丸谷才一の両氏は、筒井
康隆の大ファンだということ。一緒に話ができるのが、楽しくて仕方がない様
子が伝わってきました。
 とりわけ大江さんは、有頂天といっていいくらい、うれしくて仕方がないの
が伝わってきました。
 そういえば、成城学園での朗読会。
 世界のノーベル文学賞作家なのに、あのときの大江さんは、まるで宝塚のス
ターを観にやってきた女子高生のような目の輝きでした。
 「笑犬楼大通り 偽文士日碌」の2011/01/20には、大江さんが落語までやっ
たとあったので、朝日新聞には載らなくても、拡大版のこちらは載っているの
ではないかと期待しましたが、載っていませんでした。残念。

 この鼎談。新刊「漂流 本から本へ」の出版記念で行なわれたとのことで、
ちょっと「漂流 本から本へ」のことも。
 「漂流 本から本へ」で紹介されている本は、筒井さんのこれまでのエッセ
イで登場した本も多かったのですが、筒井康隆の人生の流れに沿って紹介され
ると、また、味わいが違います。
 それにしても、子供のころに読んだ本を書いた部分では、後にまさかこの本
のあの人とああしたこうしたになるとは、このときはまだ夢にも思っていなか
ったというのが多いですね。
 筒井康隆は、本をユニークな解釈で読み、しかも血肉化して、独創的な表現
で作品に結実させていることを、大江さん、丸谷さんが感心もし、あきれても
いますが、作品になるだけではなく、江戸川乱歩をはじめ、名作の作者と、実
際の人生で深く関わるようになっていったところも、すごい人生だなと。

 筒井康隆が書くと、無性にその本が読みたくなるという話が出ていましたが、
思えば、筒井さんのエッセイがなければ、ぼくなんかが、マルケス、ボルヘス、
リョサといったラテンアメリカ文学なんか読む事なんてあり得なかった。
 国書刊行会って、何?いう人間なんですから。
 人生の幸運。ありがたや、ありがたやと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004PZSAXK/showshotcorne-22/
小説 TRIPPER (トリッパー) 2011春季号 2011年 3/20号 [雑誌] [雑誌]

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022508337/showshotcorne-22/
漂流 本から本へ [単行本]
筒井 康隆 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/20/4892913
筒井康隆朗読会初日
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/20/4893123
Re: 筒井康隆朗読会初日
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/22/4898150
筒井康隆朗読会最終日
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/19/5749034
マイクロソフト元社長の成毛が相変わらず軽いので、ツイッターで話題になっ
ていました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/11/5797636/tb

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年05月17日 05時46分24秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ときどき、原書で海外の作家の小説やなんか難しそうな本が売れて

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年07月31日 08時32分29秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 池澤夏樹=個人編集の世界文学全集。読んでない作品が多く(おれだ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年08月20日 18時29分05秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 2011/08/20の夕方、NHKでやってた、「仁淀川 知られざる青の世界」。

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年06月04日 06時43分06秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 もう先週号になるけど、モーニング2012年6月14日号。
 なんと、「

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年10月02日 07時31分46秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 だいぶ前、たぶん、半年以上前?に、メモを作り始めたが、ほった

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年02月03日 02時06分43秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 朝日新聞連載中、筒井康隆「聖痕」。無事、200回を突破。\(^O^)/

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年07月02日 04時14分14秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 これ、「ジョジョの奇妙な冒険」、連載開始25周年記念画集。
 

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2014年11月21日 09時10分48秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 池澤夏樹さんの責任編集で、日本文学全集が出ます。
 しかも、古

_ ホットコーナー - 2017年08月08日 10時29分34秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 筒井さんのブログやASAHIネットの筒井康隆会議室で、筒井さんの新作が出るというし、あちこちからいろいろと本が出るというのを知

_ ホットコーナー - 2017年08月09日 10時37分08秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/08/8642430
世の中、突如、筒井康隆祭りだ。2年ぶりの新作、文學界2017年9月号、筒井康隆「漸然山脈」、群像201