Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Re: NHK Eテレ「100分 de 名著」、2019年9月は、大江健三郎「燃えあがる緑の木」\(^O^)/2019年11月27日 23時39分22秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/08/31/9147909
NHK Eテレ「100分 de 名著」、2019年9月は、大江健三郎「燃えあがる緑の木」\(^O^)/
を書いてから、とっくに終わったけど、面白かったね。
 ゲスト講師の芥川賞作家、小野正嗣(おの・まさつぐ)さんは、大分県出身で、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/11/22/9001814
NHK 2018年春の番組改編でわかる情報省支配。特に女子アナ。
でも指摘したように、情報省のスパイ。\(^O^)/
 小野さんは、NHK Eテレの日曜美術館の司会もやっている。NHKの情報省支配が進んでいる一例。

 「100分 de 名著」の大江健三郎「燃えあがる緑の木」シリーズで、爆笑だったのが、第2回と第4回かな。
 司会の伊集院光さんが、自分の読み筋を披露すると、小野さんが、
「いまの、ぼくが言ったことにしてくれませんか」
と言って爆笑を誘ったり、伊集院さんが、読み筋を語って、
「そう考えると、この作品は、非常に繊細な作りになってますね」
と言うと、小野さんが、
「ああ、そうか。そうですね。そうだよ。ああ、おれは、だめだ。何にも読めてないなあ」
と、慨嘆して、爆笑を誘っていました。
 これ、おれの大分県人に持っているイメージそのもの。
 物静かで控えめなんだけど、時に意図せず?爆笑を誘ったり、素直に反省する。
 人間が素直でねじ曲がってないのよね。人間のとてもいいところ、善性がすくすく育って、大人になった感じがある。

 文学作品を読み解く、文学的読解力があると、いい作品は、いくらでも深読みできるし、逆にいろんな深読みができるしっかりした作りになっているから、いい文学作品だと言える。
 いまは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/11/07/9173799
現代日本人の読解力は、文学的読解力以前のひどい状態。新井紀子「AIに負けない子どもを育てる」「【2019年ビジネス書大賞 大賞】AI vs. 教科書が読めない子どもたち」、その他
で書いたように、文学的読解力以前の状態の子供や大人も多いらしいから、なおのこと、小野正嗣と伊集院光の読み合いが面白かった。
 将棋では、「果たして、これはどっちが読み勝っているのでしょうか」と解説がある局面がよく出てくるが、小野さんが、
「ああ、おれは何にも読めてない」
と言ったのは、投了したみたいなもんです。
 とはいえ、伊集院さんは、小野さんの読み、解説をベースに、自分が感じたことを述べたので、全体としては、小野さんのほうが読み勝っているんだけど、将棋のプロが、アマとの指導対局、局後の感想戦で、
「この手は、いい手でしたね。鋭い踏み込み。これで、こっちは参りましたよ」
と言って、アマをほめたようなもんだと思いました。
 いやあ、面白かった。

■大江健三郎 『燃えあがる緑の木』 2019年9月 (NHK100分de名著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4142231030/showshotcorne-22/
大江健三郎 『燃えあがる緑の木』 2019年9月 (NHK100分de名著) ムック – 2019/8/24
小野 正嗣 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07WRX2DZV/showshotcorne-22/
NHK 100分 de 名著 大江健三郎 『燃えあがる緑の木』 2019年 9月 [雑誌] (NHKテキスト) Kindle版
NHK出版 日本放送協会 (編集)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/08/31/9147909
NHK Eテレ「100分 de 名著」、2019年9月は、大江健三郎「燃えあがる緑の木」\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/06/30/9109758
NHK Eテレ「100分 de 名著」、2019年7月は小松左京スペシャル\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/21/7498768
「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」刊行開始記念、大江健三郎×池澤夏樹対談
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/20/6060226
NHK高知放送局「仁淀川~人と川の原風景~」。大江健三郎「同時代ゲーム」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/31/5997733
池澤夏樹=個人編集 世界文学全集【全30巻】完結記念リスト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/11/5797636
小説 TRIPPER (トリッパー) 2011春季号 大江健三郎×筒井康隆×丸谷才一
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/20/4892913
筒井康隆朗読会初日

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2019年11月28日 01時59分35秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 法華経の第4回は、ほほぉと思ったことがあった。
 宮沢賢治と法華経の関係や

_ ホットコーナー - 2019年11月28日 02時08分44秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 2019年11月の「法華経」、面白かったと思ったら、12月は、ドストエフスキー「カラ