Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

数学的帰納法がわかる「金魚がね」は、白石先生だった。\(^O^)/2013年06月02日 09時32分32秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/05/31/6829638
「量子力学ってどうも騙されているようで納得できない」人のための量子力学入門連ツイ
で書いた、「金魚がね」で始まる数学的帰納法の授業のこと。
 あの先生の名前が出てこないと書いたら、福岡県立門司高校の同級生、かつ、
作家から絶大な信頼を寄せられている優秀な編集者でもある、小森君から、メ
ールが来た。
--- ここから ---
お久しぶりです。
31日付数学的帰納法は詐欺だの件。
数学の先生の名は白石先生です。通称しらじい。
金魚の話のオチは、
散歩に連れていけるようになった金魚が、
川に落ちたら、今度は、おぼれちゃったりしてね。
というものでした。
確認してませんが、もとネタはマルクス兄弟ではないかと思います。
--- ここまで ---

 そうそう、しらじい。白石先生だ。\(^O^)/
 小森君、ありがとう。こういう的確な指摘、素早い反応は、さすが、
敏腕編集者だなあと思う。
 そういうオチまであったのか。それは記憶がないなあ。だめやなあ、おれ。
 もとネタが、マルクス兄弟。ああ、なるほど、そういう気もする。
 となると、しらじいは、喜劇が好きだったのかな。
 しらじいは、おじいさん先生で、かつ、話し方が、淡々としていて、でも、
爆笑なんですよね。
 飄々とした噺家(落語家)のような感じ。あれも、いい話芸だったなあ。

関連書:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4939138089/showshotcorne-22/
小森収「はじめて話すけど… 小森収インタビュー集」(フリースタイル)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4939138119/showshotcorne-22/
終の棲家は海に臨んで [単行本]
小森 収 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410603672X/showshotcorne-22/
深読みシェイクスピア (新潮選書) [単行本]
松岡 和子 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/05/5722521
小森君、ありがとう。松岡和子「深読みシェイクスピア」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/05/3801045
筒井康隆「文学外への飛翔」、小森収「はじめて話すけど…」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/05/15/5344
田中角栄の悪行、新聞記者は知らなかった?

 マルクス兄弟と筒井康隆つながりで思い出した。
 亡くなった評論家の平岡正明さんは、筒井康隆を評して、革命的マルクス主
義者などといっていた。
 マルクスはマルクスでも、共産主義のカール・マルクスではない。
 ハーポ・マルクス、グルーチョ・マルクスなどのマルクス兄弟。

http://ja.wikipedia.org/wiki/マルクス兄弟

関連書:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894360101/showshotcorne-22/
筒井康隆はこう読め (単行本)
平岡 正明 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/10/4424320
平岡正明さん、亡くなる
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/17/2761890
平岡正明「ジャズと落語についての10のエッセイ」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/06/04/3562367
「アリエス」編集人の横山建城と申します

 マルクス兄弟の作品「マルクス一番星」は、アルプス一万尺のパロディ、
もじりなのかな。
 原題の「A Day at the Races」を、こう訳すんだもんね。うまいなあ。
 池袋だったか、新宿歌舞伎町だったか、風俗店の名前で、飯島直子のもじり
で、人妻性感帯「新妻直子」があったが、あの作り方。もっと無理矢理感があ
ってレベルが低いのは、宇宙戦艦ヤマトをもじった「夢中性感ヤマト」。
 ああ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/16/5508750
もしドラ、宇宙戦艦ヤマトのパロディ
をみると、「新妻直子」は池袋、「夢中性感ヤマト」は歌舞伎町だね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年06月02日 09時40分23秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/05/29/6827540
日経サイエンス、うまいこと言うわ