Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

スティーブ・ジョブズのイノベーションの嘘。クーリエ・ジャポン更新せず。2011年10月01日 11時45分45秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 相変わらず、もはや読むところがなくなってきたクーリエ・ジャポンだが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005M36EVO/showshotcorne-22/
クーリエ・ジャポン2011年11月号
に、
M.グラッドウェルが迫る「ジョブズ伝説」の真実
イノベーションという"神話"
というのがあって、Apple(アップル)スティーブ・ジョブズのイノベーション
伝説の嘘が出ている。
 この業界に30年いて、昔のジョブズを知っている人ほど、彼にイノベーショ
ンの力があるという話は信じない。メディアが作り上げた伝説であることを知
っている。
 MS(マイクロソフト)でいえば、日本法人の元社長だった成毛が、Windowsを
作って、イノベーションの天才といわれているくらい不自然さがある。まあ、
成毛よりはずっとマシだが。
 昔から公言しているとおり、おれはジョブズは嫌いなタイプ。実際、昔から
よく聞いた話は、ジョブズは人格破綻者というか、とても人間としては付き合
っていけないタイプ、人を平気で裏切ったり、陥れたり。
 ウォズ(ウォズニアック)は、よくこんなのと付き合ったと思う。そこが、
Appleの奇蹟。
 ほんとの魔法使いは、ウォズニアックであり、アンディ・ハーツフェルドで
あり、ビル・アトキンソンであり、諸々の技術者。
 ジョブズはセールスマン、営業の天才。もっといえば詐欺的に人を騙してで
も、買わせる天才。そこは、ほんとにすごい。

 いま、日経BPが、ジョブズの本を一生懸命に売っていて、実際、カモリーマ
ンに売れているようだが、なぜ、プレゼンの本が最初に出て、1年後にイノベ
ーションの本を出たのか。プレゼン本が売れなかったら、イノベーション本は
出なかった。
 これが、ジョブズがどういう人間かを物語っている。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482224816X/showshotcorne-22/
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
[単行本(ソフトカバー)]
カーマイン・ガロ (著), 外村仁 解説 (その他), 井口耕二 (翻訳)
発売日: 2010/7/15

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822248569/showshotcorne-22/
スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション
―人生・仕事・世界を変える7つの法則
[単行本]
カーマイン・ガロ (著), 外村 仁 解説 (その他), 井口 耕二 (翻訳)
発売日: 2011/6/30

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/09/5006068
MS(Microsoft, マイクロソフト)がダメになった理由
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/25/4026151
アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/27/4141049
アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/28/4144547
Re: アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/02/4989585
iPadとウォズのインタビュー
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/25/6069713
島田紳助の引退、スティーブ・ジョブズのCEO辞任

 さて、クーリエ・ジャポン。年間定期購読の更新要請が来たが、しないこと
にした。
 編集長が創刊からの古賀義章から、2代目の冨倉由樹央に代わったせいもあ
るのか、いや、古賀義章の最後のころには、個人的にはもう飽きたというか、
このレベルのものを読み続けてもだめだと思っていただろう。
 全般的に、カモリーマン向けになってきて、ライトなもの、消化のいいもの
だけになっている。
 とにかく特集がつまらない。特にIT関連になると、それはおれが書き手の世
界だから、なおのこと、つまらなさが際立つ。ところが、ターゲットにしてい
る読者層が好むからなのか、IT関連が多い。
 真ん中付近の黄色いページ部分の「クーリエ・ビズ」。ほとんどカモリーマ
ン向け。つまらない。IT関連が多いし。それと、真ん中付近の細切れ記事のコ
ーナーは、リクルートが首都圏で無料で配りまくってる「R25」みたいなもん
で、これなら、タダにしろとも思う。
 そうそう。先月号は、Google(グーグル)が、金を出して作らせたGoogle万歳
の特別ページが最後に何ページもどどーんとあった。
 Googleとしては、本誌のターゲットがカモリーマンだろうから、提灯記事の
PRページをどどーんと出すと、広告効果が高いと思ったのかな。

 いま、目を通すのは、ほぼ、連載コラムのみ。だが、「もっとヤバい経済学」
の連載もイマイチだったし、もう終わる。やはり、彼らは本がいい。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/03/5660284
相撲の八百長なら「ヤバい経済学」が必読!「超ヤバい経済学」の感想も

 クルーグマンの連載もなあ。月に1回だし、1ページだし。これが週刊だっ
たら、1ページでもいいんだろうが。
 ちなみに私、本屋で実物を見て買うかどうか決めるといってた次の2冊。コ
レクター趣味が出ちゃって、見ずに買いました。臨時収入があると、すぐ、教
科書を買っちゃうんだよね。もちろん、読まないし、勉強しない。コレクター
趣味だから。\(^O^)/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492313974/showshotcorne-22/
クルーグマンマクロ経済学 (単行本)
ポール・クルーグマン (著), 大山 道広 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492313834/showshotcorne-22/
クルーグマン ミクロ経済学 (単行本)
ポール クルーグマン (著), ロビン ウェルス (著), Paul Krugman (原著),
Robin Wells (原著), 大山 道広 (翻訳), 石橋 孝次 (翻訳),
塩澤 修平 (翻訳), 白井 義昌 (翻訳), 大東 一郎 (翻訳)

 あ、今度、臨時収入があれば、次の2冊を買うか。原書でもPDFか電子書籍
があれば、それでもいいんだけど。分厚い大型本だと、置き場がなくて困って
きてるから。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864010064/showshotcorne-22/
クルーグマンの国際経済学 上 貿易編 [単行本]
ポール クルーグマン (著), モーリス オブズフェルド (著),
Paul R. Krugman (著), Maurice Obstfeld (著), 山本 章子 (翻訳)
¥ 3,360

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864010072/showshotcorne-22/
クルーグマンの国際経済学 下 金融編 [単行本]
ポール クルーグマン (著), モーリス オブズフェルド (著),
Paul R. Krugman (著), Maurice Obstfeld (著), 山本 章子 (翻訳)
¥ 4,830

 原書はこれですか。出たばかりで、すでに、第9版。こっちがいいか。値段
的には、翻訳の上下2冊と同じくらいだが。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0273754203/showshotcorne-22/
International Economics: Theory & Policy [ペーパーバック]
Paul R. Krugman (著)
¥ 8,659
出版社: Prentice Hall; 9版 (2011/8/19)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/05/14/4302847
クーリエ・ジャポン2009年6月号、その他の記事
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/08/22/4530773
やはり、反構造改革、反グローバリズム本が売れてますね
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/14/3818598
クルーグマン教授がアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞\(^O^)/

 いま一番面白いのは、町山智浩さんの「USニュースの番犬」。大統領選に向
けて、アメリカの極右的勢力、ティーパーティの連中が面白い。よくこんなデ
タラメがまかり通るなと思うが、それもまたアメリカ。進化論を教えたら逮捕
される州まであるわけだし。
 あとは、富坂聰さんの中国ネタ。日本じゃ、報道されない話が多くて好き。
中島岳志のインドのネタは、中国ネタほど驚く話がないので、いまいちか。
 中国の高速鉄道やら、最近、大事故、連発の中国だが、それは氷山の一角。
ほかにもあるが報道されないと。どれも同じ構図。お偉いさんが私腹を肥やす
ためにワイロが横行。ワイロの金を捻出するために、材料の質を落としたり、
手抜き工事が横行。人口が多いし、人命、安全より、ノルマ達成。この3つだ
と。
 で、同じ事を原発建設、原発運用でもやっていると。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/30/6079940
NHKスペシャル シリーズ日本新生 第1回「どう選ぶ?わたしたちのエネルギー」
で書いた話が、実現しそうだね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/28/5452888
民主党の弱腰外交批判は、日本だけ? アメリカや中国では評判がいい?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/04/5773237
池上彰の世界を見に行く! 宗教と銃のアメリカ、格差とワイロの中国、暗殺
のロシア

 山形浩生さんのコーナーは分量が2ページから1ページへと半分になっちゃ
った。心なしか、元気がないようにも思える。
 最相葉月さんのコーナーは、もっと書けると思うんだけど、エンジンがかか
ってない感じ。1ページだと少ないのか。
 森巣博「越境者的ニッポン」は好きだが、最近の原発ネタは、あれじゃ、弱
い。
 なお、「越境者的ニッポン」は本になってる。「越境者的ニッポン」は第2
弾が10月に出る予定ですが、アマゾンにはまだないね。あるのは第1弾のみ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062879875/showshotcorne-22/
越境者的ニッポン (講談社現代新書) [新書]
森巣 博 (著)
 Kanaという人物の素人評「チンピラがわめいているような文章」は、文学的
読解力がないね。表面的な文体に引っかかってる。たびたび書くが、「チンポ、
マンコ、ケツの穴」連発の「チーム★アメリカ ワールドポリス」に試されて
いるのと同じなのに。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/30/6079934
マチェーテ、ミミズバーガー、蜘蛛男の恐怖などB級映画、カルトムービー
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/24/496985
朝日のWeb 2.0記事と西垣通の著作

 佐藤優「国際ニュース解説室」は、安定してるし、しっかりしているけど、
雑誌としては、もうちょっと外連味(けれんみ)がほしい気はする。

 お、クーリエ・ジャポン、初代編集長の古賀義章は、佐賀県出身だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/古賀義章
 ここにも情報省の魔の手が。\(^O^)/
 それで、最初は面白かったんだ。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/19/5749034
マイクロソフト元社長の成毛が相変わらず軽いので、ツイッターで話題になっ
ていました。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/18/5961964
ハイパーインフレの悪夢、使い物にならない藤巻健史、成毛眞
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/12/02/979484
元マイクロソフト社長、成毛の話がなぜここに?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/21/4767830
成毛が本を出してるんだ。やっぱり日本は世も末だ。\(^O^)/

コメント

_ イートレード ― 2011年10月02日 23時09分13秒

任天堂にしても、大番頭の存在が大きかったですし、どんな会社も顔役と黒子役がいて、黒子役の存在なしに大成功は無かったと言ってよいでしょう。

ジョブズが人格破綻者だからこそ、近寄りがたいカリスマが生まれたのかもしれません。いい人では成功者になれないような気もします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年10月07日 08時14分05秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 Apple(アップル)のスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)が亡くなりましたね

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年10月07日 09時25分25秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/07/6136772
さよなら&ありがとう、スティーブ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年11月11日 06時40分12秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1111/10/news073.html
ジョブズの勝利──Adobe

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年05月09日 04時18分11秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年09月03日 10時19分44秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年10月14日 12時22分01秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/03/6591288
週刊ダイヤモンド、日本を呑み込む

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年12月16日 13時13分32秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 前首相の菅直人が、府中で、選挙運動中、交通事故に遭い、頭を12針

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2014年11月05日 10時13分43秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 この前、NHKのTED、スーパープレゼンテーションでやっていた。
http:/

_ ホットコーナー - 2017年01月21日 09時42分56秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 「ヤバい統計学」のカイザー・ファングの新刊が一昨年出ていたんですね。
http://www.amazon.co.jp/