Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

インターネットでPDFをワードやエクセル文書に変換! 「瞬簡PDF for Cloud」

武田邦彦著「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」2007年08月20日 09時00分19秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 飛行機の中で軽く読めるものをと思って、20万部を超えて売れているという
ので、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862481221/showshotcorne-22/
武田邦彦著「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」
を飛行機の中で読んだけど、これ、すごい話だね。
 なぜ、いま、紹介するかというと、今日、書店や駅の売店に並ぶはずの週刊
ダイヤモンド2007年8月25日号の特集が、「ゴミ争奪 リサイクルの罠」で、
その中に、本書が第1章で採り上げているペットボトルリサイクルの話がある
から。

 ペットボトルのリサイクルって、そんなデタラメなの?
 やっぱ、焼却するしかないね。
 本書だけでなく週刊ダイヤモンドも、「ペットボトルは分別する」「ゴミは
分けてリサイクル」という行動は、地球環境を守るという本来の目的からかけ
離れているという結論です。
 本書の結論、特に第1章の話を勝手にまとめると、
「リサイクルのサイクルは回ってないが、リサイクル利権のサイクルはぶんぶ
ん回っている」
ということね。
 役所は業者がリサイクルするといってるから、信じて特定業者に渡している
だけ。でもそれは単なる責任転嫁。業者は業者で、ペットボトルはリサイクル
できないから、結局焼却して辻褄を合わせている。
 こうするといろいろお金が回ってくるようになってるし、役所はリサイクル
率の数字を上げられるし、責任転嫁できるし、業者は儲かる。
 ペットボトルは実際には焼却しても統計上はリサイクルされていることにな
っているから、リサイクル率が上がってご褒美のお金がますますもらえる。
 消費者は無知状態に置かれていて無邪気にせっせと分別しているけど、その
タダの労力が搾取されているだけでなく、かえって環境負荷と税金の無駄を増
やしている。
 こういう構図ですね。

 おれは、ヤクザは社会の歪みを金にする天才で、最強最凶の裁定取引者とい
ってるが、役人もそうだね。役人がヤクザよりすごいのは、政治家を使って法
律や制度を作り出して、自ら社会に歪みを作ってそれを利権にするところです
ね。
 環境はいまや誰も逆らえない錦の御旗だから、環境という言葉を出せばこれ
にからめた利権がどんどん作れる。で、天下り先を作って楽勝と。頭、いいね
え。それを知らずに、せっせとゴミを分別してる国民ってバカだってことです
ね。
 そうなる原因は、新聞やテレビといったマスコミがバカだから。
 なにしろ、北極の氷が溶けると海水面が上昇するなんて、中学校理科のアル
キメデスの原理すら知らないバカが番組や記事を作り、真実を全然報道しない
からという主張なんですね。要は、マスコミも共犯者ということです。

 ダイオキシンって、そんな毒性がないものなの?
 おれも史上最悪の猛毒と騒ぎまくったマスコミ報道ですっかり洗脳されてい
ますね。
 さすがに、テレ朝久米宏ニュースステーションがやった所沢のダイオキシン
騒動、あれはバカだと思ったけど、裁判で負けてもマスコミは反省はなしで、
相変わらずですね。

 ダイオキシンといえば、わが府中市はゴミを減らすために、庭持ちの家で、
家庭に焼却炉を置けるところは家庭で焼却できるように補助金出して、焼却炉
の設置を進めていたことがあった。そしたら、しばらくしてダイオキシン騒動
になって、焼却するとダイオキンを近所にばら撒くことになるという話になっ
ちゃったから、やめちゃったんだよね。
 あの騒動以来、焚き火すらダイオキシンが危ないという話になったでしょう?
 焚き火していると、ダイオキシンをばら撒くなという電話がかかってくるな
ど抗議されるという話もありましたよね。
 そういうの、みんな、科学知識がない無知がやってるバカな行動ということ
なんでしょうね。

 本書の著者、武田邦彦氏ほど過激な主張ではない安井至氏も週刊ダイヤモン
ドの特集に登場しますが、ペットボトル以外のプラスチックのリサイクルは全
量焼却でもいいと述べてますね。
 なお、安井氏は、
http://www.yasuienv.net/
市民のための環境学ガイド
をやっていて、ここは以前
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/24/86501
悪用される科学とあるある大辞典などの嘘
で紹介しています。
 もう2年前だね。「あるある」の捏造が発覚するはるか前から、でたらめを
指摘しているとこなんざ、さすが情報省だね。\(^O^)/
 単に、受け売りだろ。
 はい。\(^O^)/

 京都議定書の水準じゃ、温暖化は防げないし、アメリカ、中国がやらない中、
日本が一所懸命やっても焼け石に水なのは、すでに周知の事実だと思うんだけ
ど、そうじゃない人も多いみたいね。
 この猛暑の中、エコのため、冷房を使いませんなんていって、熱中症になっ
たら、それはそれでおかしいし、かえって環境負荷を増すことになりそうだし
ね。
 日本はCO2の6%削減目標ですら守れそうにないからなのか。この前、小倉
のリバーウォークのそば、紫側沿いのところでお祭りの店がいろいろ出ている
中、JTのテントでは、チーム6%といったかな、6%削減目標を達成するため
にがんばりましょうなんていうキャンペーンをやってました。
 でもさ、はっきりいって、いまの状況でいまのやり方で京都議定書を守ると
か6%削減とかいっても、くだらない精神論、意味のない念仏でしょう。
 1年以上前に
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/05/07/356600
脳年齢、はやぶさ、海洋酸性化、プリオン説?
で、日経サイエンス2006年6月号
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0606/ocean.html
S. C. ドニー「海洋酸性化の脅威」
紹介しているし、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/01/1360323
地球温暖化。不都合な真実、バイオ燃料、海洋酸性化、植物からメタン ―
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/04/1368391
Re: 地球温暖化。不都合な真実、バイオ燃料、海洋酸性化、植物からメタン
でもあれこれ書いたけど、「海洋酸性化の脅威」がほんとなら、海洋酸性化を
考えると、京都議定書の20倍も厳しい基準でいまやらないとアウトらしいんで
すよ。
 20倍の基準なんていったら、マイカー禁止、テレビなんてくだらない番組ば
かり垂れ流しているから朝昼晩に1時間ずつのみ放送(おれが子供のころ、い
まみたいに四六時中放送なんかしてなかったし)、電気も計画停電だし、工場
も操業停止で、全産業縮小、生活レベル大低下、こういう世界でしょうかね。\(^O^)/
 人類の危機という意味では、実態はもはやそういうレベルかもしれないわけ
ですよ。
 でも、みんなノーテンキにゴミを分別したり、エコバッグを使ったり、冷房
の温度を少し上げたらなんとかなると思ってて、免罪符もらってるような気分
でしょ。大丈夫かなと思いますけどね。
 昨日やってた、日テレの24時間テレビの偽善性と同じようなもんか。\(^O^)/

 本書を読んでいて、飛行機の中で、げらげら大声を出して笑いそうになった
のは、125ページから126ページかけての、環境省が出した環境白書(IPCCの報
告書の和訳)の件。
 IPCCは、気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on
Climate Change)のこと。環境問題はここの報告書を参照することが多い。
 その報告書の原文では、北極と南極の氷は海水面上昇にほとんど影響してな
いと書いてあるのに、それを訳した環境白書では、温暖化で極地の氷が溶けて
海水面が上昇するという正反対のことが書いてある。これに憤慨した武田研究
室の学生が環境省に電話して問い質したら、返ってきた役人の答がすごい。

    「IPCCの報告書が長かったので、それを短い文章にしたらこうなった」

 わはははははははははははははははははははははははははははははははは。
 「長いから、省略したらこうなった」
 この回答は、ほんとに素晴らしい!
 やっぱ、役人は無敵だね。\(^O^)/

 この環境省の役人の回答をみて、おれ、清水義範の傑作パスティーシュ小説、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061847740/showshotcorne-22/
清水義範著「国語入試問題必勝法 (講談社文庫)」
の結末を思い出した。\(^O^)/
 清水義範は、文庫が出る前かな、何十年か前の、当時、売り出し中のときに
ばりばり読んだから、もう忘れているから違っていたらごめんなさいだし、ネ
タバレになるから結末は書けないんだけど。
 清水義範は、ほかに
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406184542X/showshotcorne-22/
清水義範著「蕎麦ときしめん (講談社文庫)」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061849840/showshotcorne-22/
清水義範著「永遠のジャック&ベティ (講談社文庫)」
が出色。
 この3冊は無条件でお勧め。

コメント

_ 通りすがりのデジドカ ― 2007年08月20日 11時16分17秒

ウソをウソだと知っていてもどうにも出来ない現状が何とも。

どうにかするために必要なのはカネとヒマと情熱。

_ ― 2007年08月20日 11時54分40秒

ここのところ、突っ込みたくなる話題満載です。

> 武田邦彦著「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」

ブログ等でトンデモ扱いにしている評価が目立ちますね。私は読んでいないので、コメントは避けます。


でも、ダイオキシンについて。

> ダイオキシンって、そんな毒性がないものなの?

急性毒性については、意図的に大量摂取しない限り強い毒性はないようです。慢性毒性についてはまだそれほど分かっていませんが、体内で蓄積しやすく、健康被害に影響があり、発がん性はないものの、促進作用があるとされています。

もっとも、大量のダイオキシンが流出していたのは、1970年をピークとした農薬が原因と認識されています。URLで示したグラフを見る限り、一般ごみ焼却は微々たるものです。

(実はこの農薬起源説について、件の中西さんが当時の国や農薬業者とやりあってます)

しかし、徐々にこの数値が上昇していることもあり、慢性毒性について研究が進み、非常に危険なこと証明される前に、今の段階で抑制する政策を行うことは、それほど悪いことではないと思っています。

_ うちだ ― 2007年08月20日 14時30分30秒

いつも興味深く読ませていただいています。
武田教授ですが、ネットTVのミランカに再登場しています。

ミランカ 「博士も知らないニッポンのウラ」
http://miranca.com/

トンデモ本だとする、と学会の山本氏を、
論理的に論破していく様はなかなか面白かったです。

_ kankyoNGO ― 2007年08月20日 17時54分03秒

武田教授の本はかなり話題になっており、あなたのようにいろいろな人のブログ等でもとりあげられています。ただ、あまり踊らされないほうがよいかと思います。この本の中にはもちろん正しいことも書いてありますが、それはちょっと環境の勉強をしたことがある人なら誰でも知っていることです。一例をあげれば、環境活動をしている人はリサイクルが一番だなんで誰も思っていないのです。ごみになるものを出さない作らないことが一番先でリサイクルは最終手段なのです。しかもリサイクルしないほうがよいものがあるのも事実です。問題は、武田教授が環境活動全てが意味のないかのような誤解を招く誇張表現をたくさん使っていることです。
言っては悪いですが、武田教授を認めているのは、環境問題をつぶしたい一部財界の利権がらみの人々だけで専門家には全く評価されていないのが事実です。
ちなみにこの本の出版社は宝島の子会社です。娯楽本としては面白い本をたくさん出しているかもしれませんが、普通まともな学者はこんなところから本は出さないでしょう。
もちろん言論は自由ですが、できればこういうところに書く前に少しでもご自分で事実を調べご自分で判断されることを望みます。

_ anonymous ― 2007年08月21日 18時22分14秒

同じ「極論ヤクザ物書き」で小金を稼いでいる中村氏に、
「できればこういうところに書く前に少しでもご自分で事実を調べ」
なんて言っても、無駄だと思いますがw

極論が言いたい人は「言うこと」自体が目的なんだからw

_ 税金はダメよ ― 2007年08月23日 20時42分28秒

専門家というのは、武田さんのように専門家と素人の間を橋渡しするもののことを馬鹿にする傾向があるので、素人としては武田氏の立場を尊重するべき。
阪神大震災のときに地震の専門化が大阪に集めって会議を開いていたが、
自治体や民衆に対しての有効な働きかけは一切無かったと存ずる。

氷の部分についてのネット議論をまとめると、
北極の氷は「水」なので海氷が解けると塩の重さの分、海水面が上昇する。
南極の氷が解けると、
短期的には、「不都合な真実」でやっていた通り棚氷に接続する大陸氷河の崩壊が海水面を上昇させる。
中長期的には、武田氏の言うフリーザーの霜効果で氷河形成が早くなる。
でも、こんなことは氏の言いたいことではなかろう。
官製「空気」の恐ろしさを述べておられるのである。

_ 中村(show) ― 2007年08月24日 01時49分25秒

anonymousよ。ソッコー削除してもいい、匿名でしか書けないお前みたいな人間未満の書き込みをなぜ、わざわざ表に出しているか、考えたことある?

_ 中村(show) ― 2007年08月24日 02時07分11秒

kankyoNGOさん。その事実ってのが問題なんです。
環境問題は、双方、自分に都合のいい事実と称するものを並べたてるのが常だなというのが、ぼくの実感。
たとえば、利権がらみで環境問題をつぶしたい連中もいれば、利権がらみで環境問題を利用している連中がいる、これが事実でしょ。
環境問題みたいに不透明な世界では、環境保護派でも反対派でも、片一方だけに都合がいい事実というのは、むしろ、信用できないと思うのがバランス感覚じゃないですか。
その意味で、踊らされないほうがいいというのはその通りだと思います。そして、メディア・リテラシー、読解力がある人間は、「誤解を招く誇張表現」には、引っかからないものです。
版元の洋泉社を色眼鏡でみていますが、武田教授も自分の専門分野の学術書はここからは出さないでしょうけど、うちださんが書いている「と学会の本」だって、ここから出ていて、こういう猥雑さは、業やエネルギーの噴出現象として面白いんです。こういうのがない社会は死んだ社会ですから。

_ 中村友一 ― 2007年08月25日 15時38分54秒

武田先生に対する反論、それに対する反論など、リンク先に軽くまとめています。ご覧下さい。

_ 匿名希望 ― 2008年01月14日 00時36分00秒

あなたは、出典の数字を「きちんと」確認しましたか?
武田教授の著書は、悪意を感じるほどに、数字が捏造されています。
すくなくとも、公式の発表文書を参照しても。
また、論理の飛躍も非常に無理が目立ちます。
きちんと確認もせずに、このようなブログでしたり顔で紹介するのも
いかがなものかと思います。
ご自身できちんと情報を確認の上、猛省を求めます。

_ 中村(show) ― 2008年01月14日 08時00分42秒

匿名希望さん。
この程度のことで実名を名乗れないのに何を偉そうにいってるんですか。人にあれこれいう資格はないよ。
自分のブログでももってそこで反論するならそのURLでも教えてくれればリンクするよ。
以前のコメントにあるanonymousと一緒。その程度のガス抜きしかできなくて、環境問題なんて解決できないよ。
ここのコメントはぼくのチェック後公開になってるけど、公開せずに捨てることも可能。なぜ、捨てずに公開したか考えないとね。
それと
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/12/27/2531911
山本弘著「“環境問題のウソ”のウソ」
は、未読だけど紹介はしてるの。きっと山本さんのことだから、しつこく数字の根拠を追ったんじゃないかと期待して。でも、廉宿さんから、ミイラ取りがミイラになってる印象だというコメントがついてますけどね。

_ ところで小倉駅のガミガミばばあは死んだのか? ― 2008年01月27日 10時28分06秒

おーい中村君、ちょと待ちたまえ!
ペットボトル、ダイオキシンの話だけで社会に与えた影響は大きいと思う。
他の話は根拠がダブルスタンダードだったり、根本が間違っているような印象を受ける。

お前は馬鹿なんだから、もう少し考えてものを言え。
kankyoNGOは普通に低脳なだけで創価学会の会員みたいなもんだ。
と学会の馬鹿さ加減はミクシィに入ってリアルタイムで会話をしてみろ。
あまりの電波っぷりに唖然とする。

>匿名希望 ― 2008年01月14日 00時36分00秒
おまえが猛省しろ、ハゲ

山本弘著「“環境問題のウソ”のウソ」は読む価値無し。
時間の無駄だった。
ネットで拾った根拠で語ってるから薄っぺらで話になってない。
山本がドンデモ人間じゃねーかと思った。

そんなことより、揚子江の豚まんが美味しい季節だぞ、おい

_ ワイワイ ― 2008年05月25日 23時09分12秒

環境白書には、Polar Regionsの訳として「極地」という単語を用いており、「北極と南極」とは書いていません。また、「北極」には、グリーンランドの大半や大陸の北部も含まれ、北極海だけを指すのではありません。
127ページは「出所:環境省、環境白書」と書いてありますが、正確には、「出所:環境省、環境白書より、著者が勝手に解釈して意地悪くグラフ化しました」と書くべきでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/20/1738477/tb

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2007年08月30日 08時29分59秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 武田邦彦というと、武邦彦(調教師)と間違えて反応してしまふ。

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2007年12月27日 07時55分00秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/20/1738477
武田邦彦著「環境問題はなぜウ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2008年03月15日 05時32分29秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 杉並区が、レジ袋を有料化する条例を可決だそうだが、これ、

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年06月08日 08時19分36秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ミランカという動画配信サイトが今月一杯で終了とのこと。有

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年06月10日 03時27分06秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 蜂が消えたことが、最近、新聞でも話題になってましたが、日

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年09月18日 02時35分15秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 やっぱ、ちくま学芸文庫はやってくれますね。
 今日の通信

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年10月02日 05時57分44秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/30/4606957
Re: ブラック・スワンのせいか

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年08月18日 07時14分18秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100815/bks1008150932003-n1.htm
【書評】『現代語

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年09月26日 07時39分32秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 これ、堀江君への差し入れ代わりに買おう。
 リンクのみで失礼。

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年09月21日 13時59分15秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/14/6573388
宇宙ニュース、火星移住者を募集、