Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

完全図解周期表―ありとあらゆる「物質」の基礎がわかる(ニュートンムック)、2019年は周期律発見150周年で、国際周期表年2019\(^O^)/ すごい周期表サイト。9年前に出た「世界で一番美しい元素図鑑」は、今でもアマゾンの無機化学でベストセラー1位2019年03月28日 07時54分29秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/431551876X/showshotcorne-22/
完全図解周期表―ありとあらゆる「物質」の基礎がわかる (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ) ムック – 2010/3
玉尾皓平 (著), 桜井弘 (著)

 新装版がありますね。新元素もあるので、新装版のほうがいいかも。普段は、あんまり関係ない元素だけど。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315521329/showshotcorne-22/
Newton別冊『完全図解 元素と周期表 新装版』 (ニュートン別冊) ムック – 2018/11/19
--- ここから ---
2015年末,周期表に大きな変化がありました。新たな元素が四つ加わり,元素の数が118個にふえたのです。新たに加わった元素の一つである113番元素は,日本の理化学研究所がはじめて合成した元素であり,「ニホニウム」と命名されました。
--- ここまで ---

 商品説明で出てくる「ニホニウム」のネタは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/07/10/8128831
「安倍ちゃん(安倍晋三首相)、参院選勝利、悲願の憲法改正達成のために情報省がやった情報操作のまとめ」でわかる情報省支配
で書いている。
 ニホニウムのバックは情報省\(^O^)/

 さて、知っている人はみんな知っているが、今年2019年は、メンデレーエフが、周期律を発見してから150周年で、国際周期表年2019です。\(^O^)/

http://www.iypt2019.jp
国際周期表年2019

https://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/20181227iypt2019.html
2019年は国際周期表年!
2018年12月27日 梶井宏樹

 周期表で検索島倉千代子したら、ここを見つけた。
https://www.ptable.com/?lang=ja
周期表
 ここ、すごいね。
 最初は、「ウィキペディア」タブで、元素をクリックするとウィキペディアの情報が出てくるし、「属性」タブ、「原子軌道」タブ、「同位体」タブで切り替えられる。
 「属性」タブで元素をクリックすると、いろんな属性がリストされる。発見日もある。
 「原子軌道」タブで元素をクリックすると、電子の軌道、電子雲が図解される。
 あった、あった、s軌道、p軌道、d軌道、f軌道。放送大学の量子化学でちょろっと勉強したよ。
 「同位体」タブで元素をクリックすると、ビョビョビョーンって、同位体が出てくる。
 「Compounds」タブで元素をクリックすると、死ぬほどたくさん化合物が出てくる。
 すごいのぉ。
 勉強島倉千代子できるわ。

 元素といえば、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/07/5387975
祝!ノーベル化学賞受賞\(^O^)/。世界で一番美しい元素図鑑
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/24/5531779
「世界で一番美しい元素図鑑」は、品切れ店続出の大好評だって
で紹介した「世界で一番美しい元素図鑑」。
 もう9年前なのに、驚くべし。ベストセラー1位- カテゴリ 無機化学だって。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4422420046/showshotcorne-22/
世界で一番美しい元素図鑑 単行本 – 2010/10/22
セオドア・グレイ (著), 若林文高 (監修), ニック・マン (写真), 武井摩利 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07H9WC7XF/showshotcorne-22/
世界で一番美しい元素図鑑 Kindle版
セオドア・グレイ (著), ニック・マン (写真), 武井 摩利 (翻訳), 若林 文高 (監修)

 著者のセオドア・グレイは、知っている人は知ってるが、数式処理システム「Mathmatica」を作った天才スティーブン・ウルフラムのウルフラム・リサーチの共同創立者。
 上記の商品説明から。
--- ここから ----
元素コレクター。本業は、数式処理システム「Mathematica 」や質問応答システム「Wolfram AlphaTM」の開発で世界的に知られるコンピュータ・ソフトウェア会社ウルフラム・リサーチの共同創立者
-- ここまで ---

 ああ、テオ・グレイのほうが通称で通りがいいのか。
https://www.chem-station.com/chemist-db/archives/2010/10/-theodoregray.php
テオ・グレイ Theodore Gray
--- ここから ---
周期表をかたどって中にそれぞれの元素を収めた木製の机、「Periodic Table Table」を制作。このクオリティが評価され、2002年のイグノーベル化学賞を受賞している。

彼は元素コレクションを写真・動画形式に収め、周期表をテーマとした美麗なウェブサイト Periodictable.comを制作。これを元にiPadアプリに仕上げた「The Elements」は公開初日から爆発的な売れ行きを見せた。書籍版「The Elements」も9万部以上を売り上げるベストセラーとなる。
--- ここまで ---

http://periodictable.com
周期表をテーマとした美麗なウェブサイト Periodictable.com

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/24/5531779
「世界で一番美しい元素図鑑」は、品切れ店続出の大好評だって
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/15/5414077
数研出版のフォトサイエンス化学図録、生物図録、物理図録は素晴らしい!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/10/5394647
世界で一番美しい元素図鑑の原書、「The Elements」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/07/5387975
祝!ノーベル化学賞受賞\(^O^)/。世界で一番美しい元素図鑑
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/22/5360823
世界一美しい周期表と、ゲノムマップ、周期表など一家に1枚シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/24/5363717
数研出版の化学図録、生物図録、物理図録はコストパフォーマンス最高!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/03/28/9052470/tb

_ ホットコーナー - 2019年05月05日 11時23分09秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
https://twitter.com/shownakamura/status/1124162768989384704
--- ここから ---
これこれ、先日久々にRingの連中と飲んだ時、最初に話題になった。革命的
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索