Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

ラグビー:祝、サントリー・サンゴリアス、トップリーグと日本選手権2連覇\(^O^)/ 東芝ブレイブルーパス、最終戦完敗(泣)2018年01月17日 23時54分14秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 もう1週間ほど経つが、書けなくてすみません。

 サントリー・サンゴリアスが、パナソンック・ワイルドナイツを破って、トップリーグと日本選手権2連覇を達成しました。\(^O^)/
 12-8という、ロー・スコアのしびれるゲーム。前半は、12対5で、サントリーがリードして終えたけど、後半は、パナソニックが底力を出して、サントリーは防戦一方。無得点だもんね。サントリー、よく、しのいだね。
 12-8になって、ラストワンプレーだったけど、パナソニックは、トライの5点を取れば、12-13で逆転勝利。
 そんな状況で、サントリーが反則して、パナソニックはタッチキックで陣地を進めて、ラインアウトを取って、そこでまたサントリーが反則して、パナソニックは、タッチキックで、サントリーのゴールライン5メートルくらいまで迫って、ラインアウト。
 これ、サントリー、負けたと思いました。サントリーは、トライ後のゴールキック2点とペナルティキック(PG)3点をはずしているのが、響いたなあと思いました。
 パナソニックの力からすれば、ラインアウトからドライビングモールでも、バックスへ展開でも、どちらでもトライが取れそう。

 ラインアウトをパナソニックがクリーンキャッチ。しかし、勝負事は終わるまでわかりません。モールを組もうとしたときに、なぜか、ボールがぽろりとサントリーのほうにこぼれ出てきて、それをサントリーの選手が、タッチに蹴りだして試合終了。
 あまりにあっけない終わり方で、両チームとも、バックスの選手はもちろん、モールに殺到していたフォワードの選手も何が起こったかわからず、茫然としていた。
 キャッチして着地して、モールを組んでボールを渡そうとしたとき、リレーでバトンを落としたみたいに、ボールを渡し損ねたんだね。
 あのパナソニックでも、基本中の基本プレーのミスが、こんな大事な決勝の、逆転勝利濃厚のラストワンプレーで出てしまう。
 プレッシャーがかかる中で、基本ができるかどうか。やっぱり、基本は、本当に大事だあと痛感した。
 パナソニックは、試合早々、大黒柱の司令塔、ベリック・バーンズ選手をケガで欠いたのが不運だったのか。デービッド・ポーコック選手も後半すぐ、ケガかな、交代したし。まあ、サントリー的には、運も実力もうちだもんね。

 勝利監督インタビューでは、沢木監督は、去年、優勝したときのインタビューみたいに、
「いま、選手にどんな声をかけたいですか?」
「明日から練習です」
という、ジョークは言わなかったけど、勝つには勝ったが、最後は相手のミスに助けられたみたいなものなので、まだまだ上を目指さないとだめだなと思ったでしょうね。そんな顔つきのインタビューの受け答えでした。
 まあ、とにかく、サントリーサンゴリアスの選手、関係者の皆様、V2達成、おめでとうございます。\(^O^)/
http://www.top-league.jp/schedule/detail/16033/
総合順位決定トーナメント 第2節
2018/01/13(土)秩父宮14:15
サントリー パナソニック

 ひょんなことから、ぼく、日曜日にあった、東芝ブレイブルーパスの最終戦を観戦することになり、秩父宮に行きました。
 子供たちが、声をからして応援していたし、ぼくも応援したけど、17-41で、神戸製鋼コベルコスティーラーズに完敗。
 神戸は、シーズン最終戦ということもあるんでしょう。最後は、東芝に花を持たせる感じで、東芝に意地のトライをさせてくれたけど、ゲーム内容は完敗です。前半は、東芝 0で、神戸は 22点だもの。
http://www.top-league.jp/schedule/detail/15092/
総合順位決定トーナメント 第2節
2018/01/14(日)秩父宮14:00
東芝 神戸製鋼

 さっき、基本プレーのことを書いたけど、素人が上から目線で言うが、東芝は、基本がなってない。ハイプレッシャーの中で、いかに速く正確な基本プレーができるか。それができてない。
 神戸のディフェンスのプレッシャーがすごかったから、パスの精度が低かった。高かったり、低かったり、後ろだったり、サインミスなのか、誰もいないところにパスしたり。だから、攻撃にテンポとスピードがなく、インターセプトもされた。ブレークダウンへのフォワードの集まりも遅いから、何度もジャッカルされた。
 その場のひらめきというか、臨機応変さも足りない。
 カフィ選手が、タックルされながらオフロードパスしようとしてインターセプトされたのが典型。あれは、外に開かずに、相手ディフェンスの間に入って、カフィからもらおうと動かないとだめでしょう。サインプレーで外に開くことになっていたのかもしれないけど、とっさの判断でやらないとだめだと思う。
 全体的に、コンマ何秒かだけど、ちょっとずつ、タイミングがずれるのね。だから、パスが上に行ったり下に行ったり後ろに行ったり、フォワードもコンマ何秒か早くラックに殺到していれば。ジャッカルされないのに。
 そのちょっとの差が、勝敗を分けるだから、トップの試合は怖いね。

 最初に4連敗して、以後はよく立て直して連勝してきたが、やはり、ハイプレッシャーの中での、基本プレーの精度があれじゃ、トップリーグ優勝や日本選手権で日本一は、おこがましい。サントリーやパナソニックとの差は大きいと思った。

 でもでも、試合開始前に流れた、東芝ブレイブルーパスのプロモーションビデオは、すごくかっこよかったよ。

 基本プレーのことで思い出すのは、ジーコが、鹿島アントラーズの前身、住友金属のサッカー部に来た時。
 世界のジーコが、日本のチーム。しかも、社会人の2部のチームに来るなんて、びっくり。
 日本サッカーがプロ化してJリーグになる前。住友金属は、なんとかJリーグに入りたいと思って、ジーコを呼んだ。
 ジーコは、基本中の基本プレー、パスとトラップを徹底的にやらせた。選手たちは、いまさら、こんな基本をやらされるのかと思ったというが、ジーコにすれば、日本の選手のパスとトラップのレベルは、とてもじゃないがプロとしてやっていけるレベルではないという判断で、やり直しをさせたという。
 ほんと、基本は大事。
 スポーツでも芸術でも、トップの人は、基本のレベルが非常に高い。
 楽器でも、たとえば、音階を弾いても、すごい人は、非常に速く正確に粒のそろった音を出せる。そういう基本技術の高いレベルがあって初めて、創造性をその上に積んでいけるんだなと、自分でピアノを弾いたりすると、ほんとよくわかる。

 来年は、ラグビーワールドカップが日本であります。
 ラグビーの街、ラグビータウン府中を、ラグビーで盛り上げていきたいと思います。
 トップリーグや日本選手権の決勝で、サントリーと東芝が対決するの夢見ているし、サントリーや東芝の選手が一人でも多くワールドカップで活躍してほしいと思っています。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/29/8757721
ラグビー:サントリーサンゴリアス対東芝ブレイブルーパスの府中ダービーは、サントリーが制勝。東芝、日本選手権を兼ねたトーナメント進出ならず。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/23/8753577
ラグビー:明日12/24日のクリスマスイブは、味スタで、サントリーサンゴリアス対東芝ブレイブルーパスの府中ダービー。東芝にとっては運命の大決戦。\(^O^)/

宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー: 人類が宇宙へ行くまで。アポロのフォン・ブラウンとスプートニクのコロリョフの物語も2018年01月17日 23時56分22秒

 的川泰宣さんの本が出ます。100年前に、いまの宇宙開発のことを考えていた、ロシアのコンスタンチン・ツィオルコフスキーに関する本です。
 ツィオルコフスキーは、子供のころの病気のせいで、耳がほとんど聞こえなくなり、それで大学にも行けなかったが、独学で「宇宙飛行の父」と呼ばれるほどになった人。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4585221964/showshotcorne-22/
宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー: 人類が宇宙へ行くまで 単行本 – 2017/11/30
的川 泰宣 (著)

 新宿の紀伊国屋書店で、出版記念イベントがあります。
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20171222100021.html
『宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー』刊行記念
的川泰宣さんトークショー

 ツィオルコフスキーのことは、以前、NHK BSプレミアムの「コズミック フロント☆NEXT」でやっていました。
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20160511-10-33002
コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」
--- ここから ---
チャンネル [BSプレミアム]
2016年5月12日(木) 午前0:00~午前1:00 [水曜深夜](60分)
ジャンル ドキュメンタリー/教養 > 宇宙・科学・医学
情報/ワイドショー > その他
趣味/教育 > 生涯教育・資格
番組内容宇宙ロケットなど、現在の宇宙開発の多くを100年も前に考えていたロシアの科学者コンスタンチン・ツィオルコフスキー。宇宙にどんな夢を描いていたのか?その謎に迫る。
出演者ほか【語り】萩原聖人,守本奈実,【声】植竹香菜,玄田哲章,千田光男,宗矢樹頼,幸田夏穂,園部啓一,樫井笙人
詳細現在の宇宙開発の多くを100年前に構想していたのがロシアの科学者でありSF作家のコンスタンチン・ツィオルコフスキー。彼は1903年に精密な宇宙ロケットの設計図を作成していた。さらに自ら監修した映画などの物語に、地球を出る必要性をメッセージとして残していた。そして人類が宇宙に移住し、そこで独自の進化を遂げることも考えていた。ツィオルコフスキーは宇宙に対してどんな壮大な夢を描いていたのか?その謎に迫る
--- ここまで ---

 PDFがあった。
http://www4.nhk.or.jp/program/cosmic/archives/150514.pdf
100年前の大予言 ロケットから宇宙移住まで考えた超人

http://www4.nhk.or.jp/cosmic/
コズミック フロント☆NEXT
のウェブは、過去1ヵ月の分しか、紹介がない。
 番組の詳細な紹介を書いてくれている人がいる。ありがたや。
http://jafpro88.seesaa.net/article/419123671.html
NHK コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」 前編
2015年05月18日
http://jafpro88.seesaa.net/article/419160958.html
NHK コズミック フロント☆NEXT「100年前の大予言」後編
2015年05月19日

https://jp.rbth.com/science/2013/09/20/5_45209
ツィオルコフスキーの5つのアイデア
科学・技術 9月 20, 2013 エカテリーナ・トゥルィシェワ

 的川さんの本では、アメリカのアポロのフォン・ブラウンと、ソ連のスプートニクのコロリョフの物語もいいです。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015665/showshotcorne-22/
月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書) 新書 – 2000/12/1
的川 泰宣 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GBWEW78/showshotcorne-22/
月をめざした二人の科学者 アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書) Kindle版
的川泰宣 (著)

 そういえば、ソ連(ロシア)の宇宙服は、一体型で後ろから入るタイプで、アメリカの宇宙服が着るのに何時間もかかるらしいけど、ソ連(ロシア)の宇宙服は、数分で着られるという話があったのは、コズミックフロントで、コロリョフをやったとき?
 最初のアイデアは、もっとすごくて、割烹着を着るみたいに、服に手足を通したら、背中で服を縛るようなものだった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙服
に、
ロシア製(宇宙服製造でもっとも歴史の長いズヴェズダ社製)の宇宙服。一体型。背中側を開けてそこから入りこむ方式になっており、ひとりで着ることができ、しかも数分で着ることができる。ただしサイズは基本的にはひとつ(調整は可能)。
と説明がある写真があるね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/11/15/8248296
灯台を宇宙に打ちあげた男たち: GPSが誕生するまで。人類を宇宙に送りだした男: コロリョフとスプートニクなど、レトロハッカーズシリーズは、100円
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/03/6010190
コズミックフロント、宇宙大図鑑など、NHK宇宙番組。ソ連の天才コロリョフ
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索