Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

コズミックフロント、宇宙大図鑑など、NHK宇宙番組。ソ連の天才コロリョフ2011年08月03日 02時52分05秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/05/16/5866197
Re: テレビ東京の宇宙ニュース
で、穂高さんから、NHK BSプレミアムのコズミックフロントは、観ているかと
いわれて、「火星探査車7年の冒険 ~スピリットとオポチュニティー~」以
後は、全部、録画して観るようになった。

http://www.nhk.or.jp/space/
NHK宇宙チャンネル
http://www.nhk.or.jp/space/program/cosmic.html
コズミック フロント | NHK宇宙チャンネル

 夏休みは特別編成になるため、一挙放送。
--- ここから ---
これまでの放送全12回を一挙放送!!

コズミックフロントは、7月26日(火)から8月23日(火)は、夏休みの特別編
成のため、通常放送は休止となりますが、8月9日(火)から11日(木)にBS
プレミアムにて、これまでの放送12回全てを集中的に放送します。

8月9日(火)
午前0時~ 「ハッブル宇宙望遠鏡 銀河の泡の謎に挑む」
午前1時~ 「地球外生命を探せ ~ついに発見?! 生命の星~」
午前2時~ 「ダークマターの謎に挑む」
午前3時~ 「月への翼を手に入れろ!~史上最大のエンジンはこうして作ら
れた ~」

8月10日(水)
午前0時~ 「火星探査車7年の冒険 ~スピリットとオポチュニティー~」
午前1時~ 「ガリレオから始まる驚異の大宇宙」
午前2時~ 「迫りくる太陽の異変」
午前3時~ 「旧ソ連 幻の宇宙計画 ~天才科学者コロリョフの見た夢~」

8月11日(木)
午前0時~ 「爆発直前!? 赤い巨星・ベテルギウス」
午前1時~ 「太陽の民 マヤ ~いま明かされる驚異の暦~」
午前2時~ 「人類の夢を紡いだ宇宙船 ~スペースシャトル30年の軌跡~」
午前3時~ 「IMPACT(インパクト) 迫りくる天体衝突」

ぜひ、ご覧ください!!
--- ここまで ---

 スピリットとオポチュニティーの話は、「はやぶさ」くらい感動した。偉い
ねえ、この子たち。
 「ガリレオから始まる驚異の大宇宙」は、他のガリレオ番組と一緒に感想を
書いたよね。
 あ、スピリットとオポチュニティーもガリレオも一緒に書いている。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/05/23/5876426
TVシンポジウム「常識の壁を打ち破れ」、FIRSTサイエンスフォーラム

 「旧ソ連 幻の宇宙計画 ~天才科学者コロリョフの見た夢~」は、知らな
かったから面白かった。
 コロリョフは、スターリンによって、シベリアの強制収容所の送られたり、
壮絶、波乱の人生なのよ。
 ソ連は、コロリョフの存在を隠し続けたのね。だから、生きているときに、
公に賞賛されることはなかった。隠し続けたのは、アメリカに暗殺されないよ
うに。暗殺されるとソ連の宇宙開発が大打撃を受けるから。
 アメリカが月に人間を送ろうと必死になっているとき、コロリョフは、火星
に人間を送ることを考えていて、基本設計をやってたのね。スケッチやメモが
残っていて、軌道上から火星に向けてロケットを飛ばすみたいだったよ。
 ソ連が政治的になんだかんだあって、計画が実現されることはなかったけど。

 アメリカは、フォン・ブラウン、ソ連はコロリョフ。この二人の天才が米ソ
の宇宙開発を引っ張ったわけです。
 「はやぶさ」の広報マンとしてメディアに多く登場した、そして筒井康隆さ
んとも対談していた的川さんが、この二人を活写している。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015665/showshotcorne-22/
月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書) [新書]
的川 泰宣 (著)
 宇宙飛行士に焦点を当てたこんな本もある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789724522/showshotcorne-22/
アポロとソユーズ―米ソ宇宙飛行士が明かした開発レースの真実 [単行本]
デイヴィッド スコット (著), アレクセイ レオーノフ (著), David Scott
(原著), Alexei Leonov (原著), 鈴木 律子 (翻訳), 奥沢 駿 (翻訳)

 その他、関連リンク。
http://ja.wikipedia.org/wiki/セルゲイ・コロリョフ
http://spacesite.biz/ussrspace4.htm
メチータ・男の夢(上)
http://spacesite.biz/ussrspace5.htm
メチタ・男の夢(下)
 親リンクは、ロシア(ソ連)の宇宙開発史だ。
http://spacesite.biz/russia.story.top.htm
ロシア宇宙開発史
 このサイト、すごいね。
http://spacesite.biz/index.htm
スペースサイト!

 そういえば、的川さんは、NHKが実験的な番組を放送する枠で、円周率のこ
とをやったときに出ていて、円周率の精度が低いと「はやぶさ」は地球から何
万キロもずれと地点を通過してしまって、帰還できなかったと、ホワイトボー
ドで計算してみせていた。
 あった。番組たまごの「頭がしびれるテレビ 神はπに何を隠したのか」。
http://www.nhk.or.jp/tamago/program/20110504_doc.html
頭がしびれるテレビ 神はπに何を隠したのか
 ほー、こんな裏話がある。
http://www.sora-w.com/blog/2011/05/-nhk.html
円周率π(パイ)リング?! NHK『頭がしびれるテレビ』取材の裏側

 コズミックフロントに戻ると、
「迫りくる太陽の異変」は、どこかで触れた気がする。
「IMPACT(インパクト) 迫りくる天体衝突」は、この前の週末、録画をやっと
観た。
 もう地球終わったわ。\(^O^)/
 もうね、原発事故どころじゃないよ。スペースガードセンターが地球に衝突
しそうな小惑星の軌道を懸命に調べてるけど、小さすぎてまだ確認できてない
ものがやってきて、手遅れになるとまずいんだよね。
 岡山県の美星(美しい星というんだから、素晴らしい名前の土地だね)にある、
美星スペースガードセンターも出ていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/スペースガード
http://www.spaceguard.or.jp/BSGC/
美星スペースガードセンター

 アメリカが小惑星に物体を打ち込んだディープインパクト計画は、小惑星を
調べるミッションのほかに、危険な小惑星の軌道を変更する基本技術の確立も
ミッションだったのね。
 ディープインパクト計画が成功したとき、鳥越俊太郎が、ワイドショーで、
「壮大な税金の無駄」などと言っていたので、テレ朝に抗議(&講義)のメール
を送ったのを思い出した。これ、実話。ちょうど、堀江君のライブドアがニッ
ポン放送を買収するというので大騒ぎしたころ。なぜ、つながるかといえば、
鳥越俊太郎が、堀江君は高校(久留米大学附設高等学校)の後輩といってた記憶
があるから。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ライブドア事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/ニッポン放送の経営権問題
をみると、そんな感じね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ディープ・インパクト_(探査機)
http://www.astroarts.co.jp/special/2005deepimpact/index-j.shtml
2005年7月4日 ディープインパクト計画 ~探査機がテンペル彗星に衝突!~

 小惑星が地球に衝突危険性の話は、日経サイエンスにもあった。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/9605/comet.html
彗星や小惑星は地球に衝突する
は、日経サイエンス1996年5月号だから、これじゃないなあ。
 あ、この号、
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/9605/chorno.html
チェルノブイリ--その後の10年
なんてのがある。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0206/meteorite.html
C60が語る巨大隕石衝突と大量絶滅
は、2002年6月号だから、これでもなさそう。
 たぶん、これ。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1009/201009_050.html
科学大予測 世界が変わる12の出来事
SCIENTIFIC AMERICAN編集部
だね。
 この号、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003U7G8II/showshotcorne-22/
日経サイエンス 2010年 09月号 [雑誌] [雑誌]
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=56009
日経サイエンス 2010年9月号
は、川口さんが「はやぶさ」のことが書いていて、お得よ。
 次は、日経サイエンスのブログなのか。
http://www.nikkeiscience.com/2010/07/125-db94.html
2010年7月31日 (土)
12の出来事その5 小惑星衝突

 BSアーカイブスは、この前、宇宙大図鑑といって、1週間、宇宙モノだった。
http://www.nhk.or.jp/archives/bs-archives/past/201107-3.html
7月18日~7月22日 「宇宙大図鑑」
 リクエストが多かったものを集めただけあって、どれも面白かった。
「宇宙ロマン 星に秘められた46億年の物語」のときかな。「はやぶさ」も出
たけど、初回放送は2006年4月6日だから、番組の最後で、その後「はやぶさ」
が地球に戻ってきたときの映像も出していた。
 「宇宙大航海 太陽系の果てを目指せ」だったかな。惑星の定義が変わって、
冥王星が準惑星になった話も補足していた。

 松尾貴史がいいこと言ってたよ。大意はこんな感じ。
「宇宙人が乗ったUFOを信じないなんて、ロマンがないという人がいるが、宇
宙を科学的に調べていくことのほうが、はるかに壮大なロマンがある」 
 さすが、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/01/26/4838646
松尾貴史著、しりあがり寿(イラスト)「なぜ宇宙人は地球に来ない?」
で感想を書いた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569706452/showshotcorne-22/
なぜ宇宙人は地球に来ない? (PHP新書) (新書)
松尾 貴史 (著), しりあがり 寿 (イラスト)
を書いただけある。

 というわけで、上記に加え、囲碁・将棋チャンネルの銀河戦をはじめとした
将棋番組もあるし、ここんとこ、録画を消化するだけで疲弊。^^;
 今度は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/02/6005552
NHK BSプレミアム「空海 至宝と人生」、別冊太陽「空海」、「薔薇の名前」

で紹介した番組もあるしね。忙しくて、もう生きとる心地がせんわ。
 お前、実は死んどるんやないか。
 落語の「粗忽長屋(そこつながや)」か、おれは。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/03/6010190/tb

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年08月04日 05時41分09秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 スターウォーズのクローンウォーズのシーズン3が、一挙に放送さ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年05月01日 02時37分35秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 以前、NHKの「番組たまご」という、夜のお試し枠みたいなところで

_ ホットコーナー - 2016年11月15日 01時34分19秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 だいぶ前だけど、お買い上げありがとうございます。
 このレトロハッカーズシリーズは、Kindle Unlimitedでは、当然のように無料だが

_ ホットコーナー - 2018年01月18日 01時29分14秒

 的川泰宣さんの本が出ます。100年前に、いまの宇宙開発のことを考えていた、ロシアのコンスタンチン・ツィオルコフスキーに関する本です。
 ツィオルコフスキーは、子供のころ
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索