Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

灯台を宇宙に打ちあげた男たち: GPSが誕生するまで。人類を宇宙に送りだした男: コロリョフとスプートニクなど、レトロハッカーズシリーズは、100円2016年11月15日 01時24分52秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 だいぶ前だけど、お買い上げありがとうございます。
 このレトロハッカーズシリーズは、Kindle Unlimitedでは、当然のように無料だが、有料でもいま、100円。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VYBLI6Y/showshotcorne-22/
灯台を宇宙に打ちあげた男たち: GPSが誕生するまで レトロハッカーズ Kindle版
牧野武文 (著)
Kindle版
¥ 0 Kindle Unlimitedのロゴ
¥ 100 Kindle 価格

 このシリーズで、いくつか、気になるのをピックアップ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00L3IX99C/showshotcorne-22/
人類を宇宙に送りだした男: コロリョフとスプートニク レトロハッカーズ Kindle版
牧野武文 (著)

 コロリョフに関する手頃な本は、ぼくが知っているのは、次。
 スプートニクのコロリョフとアポロ計画フォン・ブラウンの物語。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015665/showshotcorne-22/
月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書) 新書 – 2000/12
的川 泰宣 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GBWEW78/showshotcorne-22/
月をめざした二人の科学者 アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書) Kindle版
的川泰宣 (著)

https://www.nhk.or.jp/cosmic/program/cosmic_110621.html
2011年6月21日の放送
「旧ソ連 幻の宇宙計画 ~天才科学者コロリョフの見た夢~」

 そして、コロリョフに影響を与えたツィオルコフスキー。
https://www.nhk.or.jp/cosmic/broadcast/160505.html
5月5日の放送
100年前の大予言  ロケットから宇宙移住まで考えた超人(再放送)
コンスタンチン・ツィオルコフスキー(1857-1935)
--- ここから ---
コロリョフがツィオルコフスキーから受けた影響とは?
旧ソビエトで宇宙開発のリーダーをつとめたセルゲイ・コロリョフの家には、ツィオルコフスキーの著書が多数あり、ビッシリと書き込みがされています。コロリョフがツィオルコフスキーに強い影響を受け、宇宙開発の参考にしていたことがわかります。
1957年、コロリョフは世界初の人工衛星「スプートニク」を飛ばしますが、それもツィオルコフスキーの生誕から100年にこだわったためでした。
コロリョフが実際にツィオルコフスキーに会ったかどうかは正確にはわかりませんが、ロシアの専門家によると「おそらく会ったことはなかっただろう」といいます。
--- ここまで ---

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00MBB187K/showshotcorne-22/
デジタルを創始した男: アラン・チューリングと彼のマシンズ レトロハッカーズ Kindle版
牧野武文 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00XI89ONA/showshotcorne-22/
Macにいたるまでの長い道のり: メメックス、アルトからマックへ レトロハッカーズ Kindle版
牧野武文 (著)

 ひとつ、苦言をいうなら、
ビジョナリストとして超一流だったジョブズ
は、嘘。
 これは、漫画雑誌ビッグコミックスペリオールに連載中の
漫画/うめ(小沢高広 妹尾朝子) 原作/松永肇一「スティーブズ」
でも、そうだったが、ジョブズを持ち上げすぎ。
 というか、ジョブズの情報操作に簡単にやられすぎ。池上彰も大学の講義で大嘘解説していたし、困ったもんです。
 いつか書くつもりだが、いつになるなら。

 そして、日本の宇宙開発の父、糸川英夫先生。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00I45HNGW/showshotcorne-22/
ペンシルで宇宙の扉を開いた男: 日本ロケットの父・糸川英夫 レトロハッカーズ Kindle版
牧野武文 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/03/6010190
コズミックフロント、宇宙大図鑑など、NHK宇宙番組。ソ連の天才コロリョフ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/19/1123371
吉田武著「はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語」その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/12/22/1042009
吉田武「はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/11/25/155290
はやぶさ、がんばれー!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/15/6411745
マーカス・チャウンの太陽系図鑑その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/30/6394252
マーカス・チャウンの太陽系図鑑

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/11/15/8248296/tb

_ ホットコーナー - 2018年01月18日 01時29分13秒

 的川泰宣さんの本が出ます。100年前に、いまの宇宙開発のことを考えていた、ロシアのコンスタンチン・ツィオルコフスキーに関する本です。
 ツィオルコフスキーは、子供のころ