Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

言語と計算[全5巻]2009年04月05日 22時13分10秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/03/4222406
Satnam Alag著、堀内孝彦ほか訳「集合知イン・アクション」
を読んで、自然言語処理のことをもっと理論的なものも含めて知りたいと思っ
たなら、AI方面もいいんだけど、もっとテーマを絞った
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320120361/showshotcorne-22/
情報検索アルゴリズム (単行本)
北 研二 (著), 津田 和彦 (著), 獅々堀 正幹 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130654055/showshotcorne-22/
情報検索と言語処理 (言語と計算) (単行本)
徳永 健伸 (著), 辻井 潤一 (編集)
あたりもいいのではないかと思う。どっちかか、両方かな。昔、府中の図書館
から借りて読んだと思う。概観するには、よくまとまっていていいと思いまし
た。
 これは、東大出版会から出ている「言語と計算」という全5巻のシリーズの
中のもの。「言語と計算」シリーズについては、
http://www.utp.or.jp/series/gengo.html
言語と計算[全5巻]
をどうぞ。
 最初のが1999年出版だって。もう10年経ってるのに、シリーズ完結してない
ね。こりゃ、完結しないね。^^;
 辻井先生は忙しすぎて書いてられないでしょ、きっと。

 あと、さっき探していて、これはよさげな気がすると思ったのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4627828519/showshotcorne-22/
自然言語処理ことはじめ―言葉を覚え会話のできるコンピュータ (単行本)
荒木 健治 (著)
 目次などは、
http://www.morikita.co.jp/mkj/82851.html
「自然言語処理ことはじめ」
まえがきと詳細目次
をどうぞ。
 未読ですが、値段的にも内容的にも、まず、こちらで前提知識を仕入れてか
ら「言語と計算」に挑戦した方がいいかもね。

 これまでも何度も言及したと思うので、上の検索窓で「自然言語処理」とや
れば、ほかにもヒントになるような書き込みが出てくるかもしれない。

神保彰「Jimbomba」(ジンボンバ)2009年04月05日 22時14分37秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ここでも何度も話題にしているスーパードラマー神保彰の新作が出てたのね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001OAMVLQ/showshotcorne-22/
Jimbomba
神保彰 (アーティスト, 演奏)

 これ、買ってくださった人がいて気づいて、アマゾンで1曲目のイントロを
視聴した瞬間、即、注文決定!
 昨夜届いていて、たった今、聴きながら書いているけど、ああ、買ってよか
った、聴いてよかった。これはいい。
 おれが好きなフュージョンど真ん中、ウルトラストライク!
 1曲目、アルバムタイトルの「ジンボンバ(Jimbomba)」と「エメラルド・コ
ースト(Emerald Coast)」は、カシオペア的キャッチーなメロディ&ハーモニ
ーと松岡直也的ラテンフュージョンのリズムが融合したサウンド。ラテンタッ
チのカシオペア! 聴きたかったよ、こういうの。
 かと思えば、3曲目「スネイクド(Snaked)」は、第1期RTF(リターンフォー
エバー)的ハードなフュージョンなど、これだけで、もう、フュージョン好き
にはたまらんわ、これ。
 コンポーザー神保彰の面目が躍如してニクコケをポケなさい。マケなさい。
 もちろん、神保はドラマーとしても大活躍。相棒のベースは、エブラマム・
ラボリエル! これだけでもう完璧なのに、キーボードのオトマロ・ルイーズ
のプレイもツボを外さないし、ギターのマイケル・ランドウもいいねえ。

 ライナーノーツは近藤正義氏が書いているが、おっとろしかこつばい鮎原さ
んなことが書いてある。
 本作はエレクリック・バードからのソロアルバム第3作だが、全2作はリハ
ーサルなしの2日間でのレコーディング! そして、本作もリハなしでレコー
ディング!
 どの部分にどれくらいの時間がかかったかなど詳しい話は、ライナーノーツ
を読んでほしいが、とにかくすごいね。そんな超スピードでレコーディングで
きちゃうもんなんだ。リハなしで、ほぼ全曲1発録りのペースでしょう、これ。
 超一流のプロの世界はすごいね。

 さて、半年ほど前から、スティーブ・ガッドの作り方というのを書こうと思
っているのだが(どうせ大したことは書けない)、神保彰の作り方は、ご当人が
もうやっちゃってるのね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000M05V70/showshotcorne-22/
ソロ・ドラム・パフォーマンス4 神保彰の作り方 [DVD]
出演: 神保彰
 このソロ・ドラム・パフォーマンスのシリーズは、最初のものを
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/10/06/549997
神保彰とSynchronized DNA、ちょこっと松岡直也
で紹介してますね。
 もう2年半も前のことなのか。早いなあ。
 このシリーズは、すでに第6弾まで出ているのね。則竹裕之との
Synchronized DNAのダブル・ドラム・パフォーマンスと合わせて、もう一度並
べておきます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001D0NLM/showshotcorne-22/
ソロ・ドラム・パフォーマンス ワンマンオーケストラ [DVD]
出演: 神保彰
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006GV8RM/showshotcorne-22/
ソロ・ドラム・パフォーマンス2 ワンマン・オーケストラ [DVD]
出演: 神保彰
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000CNEEF2/showshotcorne-22/
ソロ・ドラム・パフォーマンス3 ワンマン・オーケストラ [DVD]
出演: 神保彰
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000M05V70/showshotcorne-22/
ソロ・ドラム・パフォーマンス4 神保彰の作り方 [DVD]
出演: 神保彰
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00110CZR4/showshotcorne-22/
ソロ・ドラム・パフォーマンス5 サーキット・エクササイズ [DVD]
出演: 神保彰
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001QVGI7Q/showshotcorne-22/
ソロ・ドラム・パフォーマンス6 オフセット・エクササイズ [DVD]
出演: 神保彰
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0008JH89E/showshotcorne-22/
Synchronized DNA ダブル・ドラム・パフォーマンス
出演: 神保彰, 則竹裕之

 あ、ダブル・ドラム・パフォーマンスは2が出てるじゃん。まずいなあ。金
ないのに。定額給付金に期待か。^^;

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FNNQ8A/showshotcorne-22/
Synchronized DNA 神保彰&則竹裕之 ダブル・ドラム・パフォーマンス2 [DVD]
出演: Synchronized DNA

 その他、神保のことは、上の検索窓で「神保彰」で検索してください。
 あ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/01/26/4081003
Re: テレビ東京「みゅーじん」に神保彰が出るよ!\(^O^)/
を読んで自分で思い出した。
 これから風呂に入って、それから、基幹物理学をやります。

ジョージ・デューク「ブラジリアン・ラブ・アフェア」2009年04月05日 23時00分01秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/05/4228530
神保彰「Jimbomba」(ジンボンバ)
にコメント。
 1曲目の「ジンボンバ(Jimbomba)」は、松岡直也的というより、ジョージ・
デュークの「ブラジリアン・ラブ・アフェア」的ですね。2曲目の「エメラル
ド・コースト(Emerald Coast)」が松岡直也的。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00009KMCC/showshotcorne-22/
ブラジリアン・ラヴ・アフェア
ジョージ・デューク (アーティスト, 演奏)

 ジョージ・デュークの「ブラジリアン・ラブ・アフェア」はいいよー。アル
バムタイトルでもあるこの曲もいいし、アルバム全体もいい。
 それまでのファンク路線とは違って、ラテンフィーリング。超スピードレコ
ーディングの「Jimboba」じゃなけれど、これもかなり短い時間で作っちゃっ
たアルバムだったと思う。やはり、集中して作るといいということなんでしょ
うか。
 大御所ミルトン・ナシメントのボーカルもいいよ。あの声は宝物ですよね。
ほかにも、ブラスがばりばりの「シュガー・ローフ・マウンテン」なんて大好
き。

 おれ、だいぶ前、腰を痛めたときに整骨院に行って、マッサージを受けてた
ら、曲としての「ブラジリアン・ラブ・アフェア」がBGMでかかったの。院長
がお40代で、フュージョン好きらしいのね。
 でも、そのとき、誰の曲かアルバムか思い出せなくてね。ジョージ・デュー
クの名前が出てこない。周辺のことばかり思い出す。
 たとえば、ソニー・ロリンズが演奏したスティーヴィー・ワンダーの「イズ
ント・シー・ラブリー(可愛いアイシャ))」で、かっこいいピアノのイントロ
を弾いた人とか、ほらほら、ノリノリのファンクでウケまくった人とか、パワ
フルでファンキーなキーボードでとか、そういうのばっかり。

 おお、ちゃんとジョージ・デュークのリストを作ってくれている人がいます
ね。素晴らしい!
http://mars65.hp.infoseek.co.jp/g-duke.html
ジョージ・デューク
 この中にある
Sonny Rollins/easy living (1977)の「isn't she lovely」
が、ジョージ・デュークのかっこいいピアノのイントロが聴けるものですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0012PYFXU/showshotcorne-22/
イージー・リヴィング
ソニー・ロリンズ (アーティスト, 演奏), ジョージ・デューク (演奏), チャ
ールス・イカルス・ジョンソン (演奏), バイロン・ミラー (演奏), ポール・
ジャクソン (演奏)他

 ついでだ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/30/4032899
Blu-spec CD, ハービー・ハンコック「FLOOD/洪水」
の最後、
--- ここから ---
EW&Fは、よく聴いてました。なにしろ、ぼくは、シカゴ、BS&T(ブラッド・ ス
ウェット&ティアーズ)、チェイスといったブラスが入ったバンドが好きで、
当然、EW&Fも聴くようになりました。
--- ここまで ---
に追加。
 タワー・オブ・パワーも聴いていましたよ。熱心なファンではないけれどね。

図解雑学シリーズ2009年04月07日 07時25分36秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/01/4218771
Re: ウェークアップ!ぷらす、中谷巌の転向、ユダヤ人差別、小出シンバル
で書いたから思い出した。

 おれ、図解雑学シリーズは、けっこう気に入っていて、最初は、宇宙論、相
対性理論、量子力学、時間論など自然科学系をほとんど買い漁ったのね。その
うち、人文科学系でもいっぱい出ているのを知って、少し買ったりしてます。
 これまでも何冊か紹介しているので、上の検索窓で「図解雑学」とやってく
ださい。
 このシリーズ、宗教から、イヌやネコの心理やら霊能力者が書いた本までな
んでもあるのよ。理系、自然科学系以外のラインナップは、おれの感覚だと、
かつての光文社のカッパブックスの図解版の感じ。
 カッパブックスといえば、「頭の体操」シリーズは、大好きだったし、塩月
弥栄子「冠婚葬祭入門」が大大大ベストセラーになって、うちも母がほしがっ
て買ってた。あのころ、母はもう目がみえなくなってきていて、おれ、読んで
聴かせた記憶がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/光文社
をみると、塩月弥栄子「冠婚葬祭入門」は1971年だね。小6か中1の時だ。た
しかに母が目が見えなくなってきた時期と符合する。

 図解雑学に戻ると、これまで直接書名を出してないもので、自然科学系は全
部名前を出すのは大変なので、非自然科学系から、いまでも印象に残っている
いくつか名前を出しておく。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816337466/showshotcorne-22/
科学捜査 (図解雑学シリーズ) (単行本)
長谷川 聖治 (著), 日本法科学鑑定センター
 なにしろ、スパイである以上、警察がどういう捜査をするのか知っておかな
いとね。\(^O^)/
 あ、北芝健さんも書いているのね。知らなかった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816342257/showshotcorne-22/
警察のしくみ (図解雑学)
北芝 健 (著, 監修)
 昨日は、千葉県柏市柏の葉にある科学警察研究所の前を通って、スパイして
きたぞ(爆)。
 あ、科学警察研究所と科学捜査研究所は全然違うんだ。知らなかった。恥か
くところだった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/科学警察研究所
http://ja.wikipedia.org/wiki/科学捜査研究所

 コンピュータ系もいろいろあって面白いんだけど、特筆しておきたいのは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816334653/showshotcorne-22/
暗号理論
 これは、入門書としてはとてもいい。
 これより詳しく知りたいなら、暗号の一般向け読み物の決定版である
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410215972X/showshotcorne-22/
サイモン・シン著, 青木薫訳「暗号解読 上巻 (新潮文庫 シ 37-2)」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102159738/showshotcorne-22/
サイモン・シン著, 青木薫訳「暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)」
や、量子暗号の入門書として、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822282759/showshotcorne-22/
石井茂著「量子暗号 絶対に盗聴されない暗号をつくる」
をどうぞ。
 これら、文字の多い本が苦手な人は、図解雑学をまず手に取ってみることを
お薦めする。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/481633243X/showshotcorne-22/
図解雑学 文字コード (図解雑学シリーズ) (単行本)
加藤 弘一 (著)
は、かつてやり取りを紹介した、ほら貝の加藤弘一さん。これは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416660094X/showshotcorne-22/
電脳社会の日本語 (文春新書) (新書)
加藤 弘一 (著)
の進化形の図解版。

http://www.horagai.com/
ほら貝

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416660094X/showshotcorne-22/
電脳社会の日本語 (文春新書) (新書)
加藤 弘一 (著)
は、
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo33.html
の乳の詫び状(2000/06/17)「標題: 九大講義」や乳の詫び状(2000/06/20)「標
題: 電脳社会の日本語」などで紹介している。
 加藤さんの
http://www.horagai.com/www/salon/works/denno.htm
『電脳社会の日本語』 紹介
http://www.horagai.com/www/moji/nihon/nihon000.htm
文春新書刊『電脳社会の日本語』 サポートページ
http://www.horagai.com/www/salon/works/zukai.htm
『図解雑学 文字コード』 紹介
http://www.horagai.com/www/moji/zukai/zukai000.htm
ナツメ社刊『図解雑学 文字コード』 サポートページ
もどうぞ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816340882/showshotcorne-22/
複雑系 (図解雑学) (単行本)
今野 紀雄 (著)
は、名前だけは出している。読んだとき、Mathematicaのスティーブン・ウル
フラムは、そういうことやってたんだ、やっぱ頭のいい人は違うなと思った。

 ところで、図解雑学の全貌を手軽に知るには、出版社のナツメ社よりはるか
にいいサイトがある。
http://www.susume-project.com/susume-zukai/
図解雑学のススメ
をどうぞ。
 一覧を全件表示させると、今日の時点で、ここには393冊載ってますね。

 ナツメ社のページは、
http://www.natsume.co.jp/book/index.php?action=category&id=1
をどうぞ。
 ね、上記サイトに比べて、一覧しにくいでしょ。図解雑学の中でジャンル分
けもされてないし。
 あれ? ナツメ社だと、238件だな。どうして393冊と違うの? だれか、両
方を照合してくれ。^^;
 ほぉ、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816340882/showshotcorne-22/
生物・化学兵器 (図解雑学)
井上 尚英 (著)
があるな。スパイとしては、あるいはゴルゴ13になるためには、読まないとだ
めでしょうか。

 あれ? いま、
http://www.natsume.co.jp/book/index.php?action=category&id=249
スーパー図解雑学
というのがあるのか。

ほんと、みんなだまされやすいのね2009年04月07日 07時26分43秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 リンクだけ示しておきますが、健康食品やらいろんな商品やらなんでもかん
でも、手を変え、品を変え、いろいろだましのテクニックが通用していますね。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081001/158966/
インチキ枕と横長画面
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081204/162401/
天然疑惑
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090212/165571/
スチュワーデスが見える席
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090115/164093/
本当のことを言う

 自分に基本的な科学知識も乏しいこと、マスコミが嘘をばらまくし、まとも
な情報がなかなか入らない世界に生きていることを自覚してないと、あっとい
う間にひっかかりますね。
 おれもよく引っかかってるけど。^^;
 たとえば、タレント田中義剛の花畑牧場の生キャラメルブーム。うちも買い
ました。前述の「天然疑惑」にあるけど、いわれてみると、生キャラメルの
「生」っておかしいよね。
 やっと気づいた。\(^O^)/
 この前、新宿の小田急で花畑牧場の生キャラメルを売るというので、整理券
を配ってたんだって。そしたら人がいっぱい来て、あっという間になくなって、
間に合わなかったおばさんたちが係の人に食ってかかってたんだって。このお
ばさんたちに、まともな知識があるなら、食ってかかる相手は、花畑牧場であ
るべきなんだろうね。
 花畑牧場は、年商50億円とかいわれていたけど、このブームだと今期は100
億円は軽く超えているのかもね。
 田中義剛については、週刊新潮だったかな。よからぬ話がいろいろ書いてあ
ったね。
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG5/20090129/7/
をみると、週刊新潮 [ 2009年02月05日号]ですね。
--- ここから ---
「生キャラメル」の大ヒットで一躍その経営手腕が注目された花畑牧場社長の
田中義剛氏。しかし、よい話があれば悪い話があるのも世の常。地元住民や農
業関係者、そしてかつての協力者までもがその経営姿勢を徹底批判。単なるや
っかみか、それとも・・・真相やいかに!?
--- ここまで ---
 あ、まとめている人がいますね。
http://ommo.blog.ocn.ne.jp/1970blog/2009/01/post_4727.html
2009/01/29 今週の週刊新潮がおもしろい
をどうぞ。

 前記、「本当のことを言う」にこんな一節がある。
--- ここから ---
 バラエティー仕掛けの報道番組ではないけれど、読者が読みたい「売れる商
品」としての情報とは、メディアに長く身を置くものの経験からいえば、多く
の場合「本当のこと」ではない、との指摘であろう。「売れる商品」とは読者
が求めるもので、さらに言えばマスコミと呼ばれる営利組織が求めるものでも
ある。
--- ここまで ---
 前記、「天然疑惑」にこんな一節がある。
--- ここから ---
 それでも多くの記事では、成功の理由がもっともらしく戦略や方法論に落と
し込んで説明されている。第三者がそのように分析することもあるけれど、か
なりのケースで、成功者がそのように自己分析してみせているのである。それ
が実に盲点をついたことがらで、巧緻なものながらも意外に模倣可能にみえた
りすると、ジャーナリストは大喜びであろう。「もらった」ということで、胸
を張ってそれを読者に披露することになる。この秘訣さえつかめば、他の人も
同じく成功者になれますよ、と。
 しかし、世の中にそんなうまい話はない。いやあるのかもしれないけれど、
決して多くはないだろう。そのことを、私たちメディアに身を置く人たちは、
実体験を通じてイヤと言うほど知らされているはずなのだ。
--- ここまで ---
 成功ビジネスの世界、勝間和代、神田昌典、中谷彰宏などの、マーケティン
グテクニックを駆使して売りまくる、中身がない安直ビジネス本の世界もまさ
にこれ。
 ほんとどうしてこんな簡単な仕組みでだまされていることに気づかないのか
と思うけれど、手品のトリックに気づかないと同じだから、気づくのは、難し
いんだろうね。
 それにだまされる人は、たとえば、上記の記事やおれがここで書いているよ
うなことを読まないしね。

 「本当のことを言う」にある、業界誌は、業界を盛り上げないといけない。
要は提灯記事を書けという話は、おれの電脳曼荼羅事件のときに、元マイクロ
ソフト社長の成毛眞が言ったことと同じね。成毛の頭の中はあの程度。
 そんなのが、勝間と同じくビジネス誌に登場したり本を出したりするんだか
ら、ほんとビジネス誌の知的水準の低さといったらないね。
 あれを読んでいるビジネスパーソンは、自分がいかにバカにされているか怒
らないのかな。
 いやいや、ビジネス誌がターゲットを絞っているカモ(別の言葉でいえばバ
カ)にぴったり当てはまるから、怒るどころか金を払って感心して読んでくれ
ているということよ。
 それじゃ、いつまで経ってもあの連中の餌として食われるだけなのに。

 電脳曼陀羅事件について、詳しくは、
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/msisdirty.html#mandala
電脳曼陀羅事件
をどうぞ。

 最後に。
 独立行政法人 国立健康・栄養研究所の
http://hfnet.nih.go.jp/
「健康食品」の安全性・有効性情報
は、すばらしいね、ここ。
 まあ、世間で売られている健康食品の大半は、ヒトに効くという信頼できる
データなしになるんだろうけど。
 あれ、でも、国立健康・栄養研究所のことは書いた記憶があるなあと思って
検索したら、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/10/479110
国立健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報
で書いていました。\(^O^)/
 偉いじゃん、おれ!
 でも、忘れてるところが、バカ!

萌え絵で読む虚航船団2009年04月10日 06時33分27秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 松岡さんから。
--- ここから ---
件名:虚航船団がマンガになってます

お久し振りです。
mixiの知り合いが以下の存在を教えてくれました。

萌え絵で読む虚航船団
http://www.geocities.jp/kasuga399/oebi_kyokousendan1.html

虚航船団は中村さんにとっても色々縁のある作品でしょうから
御知らせします。

松岡秀達
--- ここまで ---

 松岡さんは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/02/16/2631977
コンボリューション、畳み込み、ホプキンス
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/11/2725375
物理数学入門本、大人買い\(^O^)/
でお名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872944496/showshotcorne-22/
安倍晴明「占事略决」詳解 CD-ROM付 (単行本)
松岡 秀達 (著)
の著者である松岡さんです。
 松岡さん、貴重な情報、ありがとうございます。
 さっそく、tti/salon(筒井康隆情報室)でも知らせます。

 「萌え絵で読む虚航船団」はすごいね。よくこんなのを描こうと思いました
よね。文房具をデフォルメするんじゃなくて、もう、元の文房具とは関係なく、
萌え美少女にしちゃうところが、いまの時代の精神なんでしょうね。変に文学
を引きずっていない吹っ切れた表現ですよね。全部、女にしちゃってるし。
 文房具に感情移入できない人でも、こういう美少女なら、感情移入できる人、
多いでしょうね。
 面白いな。何がって、虚航船団が発表されたころは、純文学といいながら、
コンパスやら三角定規やらがしゃべって、イタチが文明を作ってるような話は、
ふざけんなみたいな批評があったわけです。それに対して筒井さんは、感情移
入しろという反論をしたりしたんですが、この「萌え絵で読む虚航船団」を観
ると、そういう論争自体が無力化されますね。そこが面白いなと。
 つまり、表現を大幅に変えることで、論争の土俵自体を消滅させてしまった
ところが楽しいなと。「萌え絵で読む虚航船団」の作者カスガさんが、そうい
う論争があったことを知っているかどうかは知らないけれど、そんな論争を勝
手に自然に超越しちゃってるところが、おれには楽しい。これも時代の力なん
でしょうね。

 とにかく、おれ、これ読んじゃうと、文房具、触れないね。セクハラで訴え
られるか、痴漢で警察に突き出されそうで。\(^O^)/

 ここを読む人で、虚航船団の名前すら知らない人はいないとは思うけれど念
のため。虚航船団は、筒井康隆の純文学書下ろし特別作品として発表された挑
戦小説です。もとい、長編小説です。あ、でも、挑戦小説のほうがぴったりか
も。
 お、Wikipediaにもちゃんと項目がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/虚航船団
をどうぞ。

 平石さん(平石滋氏)の筒井康隆大辞典の
http://www.jali.or.jp/tti/data/jiten/jiten-data/1984.htm
によると、出版は1984年なんですね。25年も前だ。昨日のような気がする。時
の流れはあっという間ですね。
 単行本は、函入りでパラフィン紙で包んである立派な単行本でした。
 アマゾンだと、たぶん、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106006391/showshotcorne-22/
虚航船団
筒井 康隆 (著)
ですね。違っていたら、すみません。
 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101171270/showshotcorne-22/
虚航船団 (新潮文庫) (文庫)
筒井 康隆 (著)

 「虚航船団の逆襲」というエッセイ集もあります。前記、論争のことなど出
てきます。
 単行本は、これ↓でしょうね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4120013502/showshotcorne-22/
虚航船団の逆襲
筒井 康隆 (著)
 おお、いま、3500円の値が付いているコレクター商品は、署名落款と書いて
ありますね。おれが買ったりして。^^;
 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122014972/showshotcorne-22/
虚航船団の逆襲 (中公文庫) (文庫)
筒井 康隆 (著)
です。

若田光一さんの九大ロゴ入りポロシャツレプリカの販売について2009年04月10日 06時34分35秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/03/4222402
ノーベル賞下村先生、宇宙飛行士若田さんのネタ
で話題にした、九大ロゴ入りポロシャツ。レプリカを販売してくれと有川先生
にメールしたけど、返事がないと書きましたが、九州大学秘書室の大坪さんか
ら丁寧な返事が来ました。

--- ここから ---
中村正三郎 様
(cc:荒木先生)

いつも大変お世話になっております。九州大学秘書室の大坪と申します。
宇宙飛行士若田光一さんがISSにて着用されていました九州大学ロゴマーク入
りのポロシャツについて、有川総長にご連絡いただいておりました件について
メールを差し上げます。

今回九州大学のロゴ入りポロシャツを若田さんがISSにて着用された件は、若
田さんご本人から「九州大学のポロシャツを宇宙へ持って行きたい」との希望
により実現したもので、本学としても大変嬉しく栄誉なことだと思っておりま
す。

しかし、今回ポロシャツを若田さん(JAXA)へ提供させていただくにあたり、
JAXA、NASA側との幾つかの取り決めがございまして、「原則、レプリカ等の販
売については禁じられている」状況です。
九州大学としてはこれを遵守した上で何らかの広報活動ができないかと検討を
進めているところです。
なお、この度、中村様からいただきましたご意見は、貴重なご意見として学内
での検討の場においても紹介させていただきたく思っております。

以上簡単ではございますが、取り急ぎ現状を報告する形を持って回答とさせて
頂きます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
--- ここまで ---

 うーん、残念。
 高値で売れるとわかれば、歌舞伎町やアキバで、ヤクザが作らせた偽物レプ
リカが出回ったりしてね。^^;

人でなしの経済理論-トレードオフの経済学2009年04月10日 06時35分26秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 新刊の案内で、おれのツボに、はまってそうな本があった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862381324/showshotcorne-22/
人でなしの経済理論-トレードオフの経済学 (単行本)
ハロルド・ウィンター (著), 山形浩生 (翻訳)

 出版社は、バジリコ。長廻(ながさこ)さんのとこね。訳者は、山形さんだし、
これは、買うでしょうね。

 まあ、経済学者は、というか、フツー、おれらソフト屋もそうだし、数学者
も物理学者も工学者も、大体、モデルを作るときのは、人間性を捨象して、こ
ういう血も涙もないことをやりますよね。思考実験、シミュレーションなんだ
から。
 しかし、これを口にすると、柳澤大臣(柳沢大臣)の「女性は産む機械」発言
みたいに非難囂々になっちゃうんだよね。でも、世間の神経を逆撫でしてでも、
常識に凝り固まっている人たちの脳みそを痛撃して覚醒させる必要があること
も世の中には多々あるわけで、きっとそれを本書「人でなしの経済理論」は、
やってるんでしょうね。
 これ、何度も言及した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492313788/showshotcorne-22/
ヤバい経済学 [増補改訂版] (単行本)
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー (著), 望月衛 (翻
訳)
の路線に思えますね。
 おれ、柳澤大臣の発言にからめて、ヤバい経済学のこと、書いてますね。
たとえば、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/02/16/1188058
図工とゆとり教育と社会の残酷さの話

 その他は、柳澤大臣は、柳沢とも表記しているので、上部の検索窓で「産む
機械」で検索してみてください。

桜酔い2009年04月10日 06時36分09秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 一昨日、昨日と墓参りで京都に行ってきた。
 もう桜はとっくに散っていると思って行ったら、なんと満開。
 この時期の京都は、すごいね。桜が満開で、人出も全開。観光客がいっぱい
こっぱい。外人さんもいっぱいこっぱい。
 なお、「いっぱいこっぱい」は、小学校のころ、よく使っていた「いっぱい」
の強調表現。この言葉、どの辺の範囲で使われているんでしょうか。少なくと
も、おれが小学生の40年くらい前は、北九州市門司区大里では使われていまし
た。

 円山公園も「哲学の道」も、桜がすごかった。
 「哲学の道」、あんなに桜がすごいのね。しかも、あの道、けっこう長いのね。
おれ、今回、初めて全体を歩いた。これまでは歩いても銀閣寺のそばだけだも
ん。南禅寺からずっと歩いたから、疲れた。

 「哲学の道」の小川に、鴨の親子連れがいて、全部で8羽小鴨がいたんだけ
ど、一羽だけ、流れに流されてお母さんたちについていけないの。そしたら、
お母さんは、小鴨たちをコントロールしながら、遅れている小鴨に近づいて行
って、面倒をちゃんとみてた。やっぱ、お母さんは、偉いな。
 で、ふと思ったんだけど、鴨って、数を数えられるの?
 だって、自分の子供が8羽いると知ってないと、一羽いないのに気づかない
気がするのね。それとも、数は数えられないけど、小鴨が遅れているのを目で
確認して助けに行ったの?
 ということは、自分が産んだ子供じゃなくても、小鴨を離して置いておくと、
助けに行くのかな。
 それとも、なんか、フェロモンみたいな視覚以外の情報で、自分の子供かど
うかを判別して助けに行く行かないを決めているの?
 よーわからん。誰か、教えてください。

 清水寺がライトアップしていて夜桜がきれいだと聞いて、夜も桜を観に行っ
た。実際、とてもきれいだった。
 清水寺は、中学生のときの修学旅行以来。
 あ、思い出した。清水の舞台を通り過ぎて、降りてきたところに、あの湧き
水を飲むところがあるでしょ。3ヵ所、水が落ちてくるのね。当時のガイドさ
んの説明だと、どれがどれかは忘れたけど、学業がうまくいく、恋愛がうまく
いく、長寿にきくの3つなんだそうです。それで、おれ、がっついて、3つと
も飲んだのよ。そしたら、ガイドさんが、3つ飲むと御利益はありませんとい
って、おれ、恥かきました。\(^O^)/
 あ、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210964007
をみると、3つとも同じと書いてあるね。

 龍安寺の石庭にも行った。ここ、初めて来た気もするし、中学生のときに来
た気もするし、もう、記憶がでたらめ。龍安寺の石庭は、あまりに何度も写真
や映像で観ているので、もう実際に行ったかどうか、おれの中ではわからない
状態になってたのね。もう、危ないわ、これ。

 「桜酔い」という言葉があるかどうか知らない。
 もし、ないなら、おれが今日、ここで発明した。\(^O^)/
 いや、ほんと桜酔いといっていいほど、桜を堪能しました。天気も初夏の陽
気で、ばっちり日焼けしました。^^;

おっぱいバレー\(^O^)/2009年04月12日 01時22分13秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 すごいタイトルの映画の宣伝が始まってます。
 その名も「おっぱいバレー」\(^O^)/
 公式サイトは、
http://wwws.warnerbros.co.jp/opv/

 やっぱり、おぬし、反応しおったか。
 おれはおっぱいに反応したんじゃないぞ。この映画、北九州が舞台で、実話
がベースというのがすごいと思ったんだよ。
 えっ、実話かよ。「先生のおっぱいが観たい」という虚仮の一念で、バレー
ボール部ががんばったという感動ストーリーらしいが。
 ま、おれが、北九州出身で、中学時代バレーボール部であることを知った情
報省が、歴史を遡って実話を捏造したと考えるのが最も合理的な解釈だがな。
 いやいや、バレーボール関係ない。お前がおっぱい好きであることが最大の
ポイント。\(^O^)/
 であるならば、おれもその志に応えねばなるまい。
 何をやるんだ。
 「おっぱいバレー」と同時上映してほしいコンパニオン映画を制作する。
 どんな映画なんだ。
 その名も、「チンチン出したまま」\(^O^)/
 なるほど。それはぴったりだ。これで今年こそ「チンチン出したまま」が流
行語大賞だな。\(^O^)/