Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

映画「スタア」&トークライブ報告2007年11月18日 23時32分28秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のtti/salon(筒井康隆会議室)からホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
===
標題: 映画「スタア」&トークライブ報告
---
 2007/11/17土曜日。上野の国立博物館の横に作られている一角座という小劇
場で、筒井康隆原作、内藤誠監督、山下洋輔音楽の映画「スタア」の上映と筒
井さん、内藤監督のトークライブというイベントがあったので行ってきました。
 それにしても、上野はいますごいですね。大ロボット博はあるわ、シャガー
ル展はあるわ、ムンク展はあるわ、大徳川展はあるわ。ほかを回る時間がなか
ったのが残念。
 さて、「スタア」は、1986年の映画ですから、若き筒井さん、洋輔さんなど
ご出演です。
配役は
http://www.jmdb.ne.jp/1986/dj000630.htm
をどうぞ。
 会場にも来てらっしゃって、平石さんとお話されてましたが、筒井ワールド
で「陰悩録」の一人芝居を演じられた上山克彦さんも、「スタア」にご出演な
んですね。今回、初めて気づきました。この頃からつながりがあったのか。ほ
かに、いまは、ドラマや映画の「踊る大捜査線」の署長役で人気の北村総一朗
さんもご出演。すごいスリム。\(^O^)/

 山下洋輔、中村誠一、坂田明、タモリなど、ズージャドンバ軍団ご出演で熱
演です。中でも、坂田明のヤクザはハマリ役。\(^O^)/
 犬神博士役の筒井さんが、時給のねじれ、もとい、時空のねじれなど講釈を
ひとしきりぶったとき、洋輔さんがドアップで、「いやな奴だねえ」などとい
ってます。\(^O^)/
 もちろん、洋輔さんはピアノを弾いて、みんなで主題歌「銀色の真昼」を歌
うというシーンもありました。
 筒井康隆大一座の舞台「スタア」を観てないので、この映画、個人的には観
られてよかった。
 筒井さんと内藤さんのトークのとき、筒井さんが、この撮影は、大一座の舞
台公演直後に行なわれたので、まだ、みんな、舞台演出の影響が残っていて、
映画としてちょっと大げさな演技になっているところがあるなどというお話も
ありました。
 タモリがなぜにあの人にならずあの人になったかなどの裏話も。来年の「ダ
ンシング・ヴァニティ」出版。ライトノベル「ビアンカ・オーバースタディ」。
下北沢ライブなどの話も。
 その他、報告は、☆Lunaさんの通り。

 半分だけ読んだ段階で、「ダンシング・ヴァニティ」のこと、ちょろっと書
きましたが、その後残り半分読んで、またちょろっと書きます。
 これ、筒井時間論の極だと思いました。読むと、自分の人生を必ず振り返る、
そういう強い喚起力があります。
 思えば、筒井文学の柱の1つは、デビュー作「お助け」から時間論ですもん。
時間論は、物理学からはエントロピー増大の法則(熱力学第2法則)などいろい
ろあるけど、結局、個人にとっては記憶の反芻のみが時間ということ。
 ちなみに、今年読んだ時間論では、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/11/1389249
橋元淳一郎著「時間はどこで生まれるのか」
で書いた、ハードSF作家でもある橋元淳一郎さんの
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087203735/showshotcorne-22/
橋元淳一郎著「時間はどこで生まれるのか」
が面白かった。
 昔、ここで話題になった映画「禁断の惑星」の話もありました。あのとき、
おれは、地下の謎の巨大施設が発生するエネルギー量を示すメータがいっぱい
あって、普段はその一番下の桁のメーターが少ししか動いてないのに、自我
(イド)の怪物が出るときは、全メーターが振り切れるシーンに感動したと書い
たら、笑犬楼様から、主演女優のあの色気がわからんのかという話がありまし
た。だって、テレビで観たの小学生2年生くらいだもん。\(^O^)/
 白いフクロウは何のメタファーなんだろう。なんにせよ、おれ、フクロウ好
きで、フクロウの置物とか少し集めてるから、最後にまた出てきてくれてうれ
しかった。
 ほかに印象に残ったシーンは、前も書いた息子がマンションから飛び降りて
無限に落ちていくシーン、涙が宝石となって夜の廊下に落ちているシーン。短
い文章なのに、すごいイメージ喚起力。マジックリアリズムですね。

 ところで、ひょっとして、「ビアンカ・オーバースタディ」って、ウィリア
ム・ギブスンの「モナリザ・オーバードライブ」を踏まえているのか。サイバ
ーパンクは全然読んでないし、おれの妄想だからどうでもいいけど。\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年04月10日 23時31分55秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/15/4580202
PHPサイエンス・ワールド新書

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年08月28日 23時37分49秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 日経サイエンス別冊の時間モノが出てます。
http://www.amazon.co.jp/dp/453

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年03月21日 10時42分11秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/18/6749500
筒井康隆、大人買いと電子書籍。山
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索