Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

祝!ノーベル化学賞受賞、日経サイエンス、ニュートンもノーベル賞特集。しかし、今後、日本人がノーベル賞を受賞するのは困難。だって日本は先進国から脱落、どんどん貧乏国に転落中。リチウムイオン電池もそうだが、ノーベル賞でわかる情報省支配2019年11月01日 08時26分24秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 科学雑誌「ニュートン」も日経サイエンスも、ノーベル賞特集号です。
 今年のノーベル化学賞は、旭化成の吉野彰さんが受賞。リチウムイオン電池関連。
 旭化成といえば、宮崎。実際、吉野さんは、リチウムイオン電池の安全性を確認するテストで、宮崎の旭化成で実験したという話が出ていました。
 はい、吉野彰は情報省のスパイ\(^O^)/
 リチウムイオン電池のバックは情報省\(^O^)/
 ほかにも、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/04/8210549
祝!大隅良典先生、ノーベル医学・生理学賞。ノーベル賞でわかる情報省支配
とか、ノーベル賞の情報省支配がわかるぞ。
 情報省を知らない人は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/18/6950045
高倉健 主演映画「あなたへ」でわかる情報省支配
の最後を読んでね。
 情報省支配のことは、いっぱい書いているので、上の検索窓に「情報省支配」と入れて検索してください。

 ニュートンの2019年12月号は、特集、心理学。これ、面白かった。感想を書く時間がないけど、ほかの記事もいろいろ面白かった。ゲノム編集食品とかね。写真のコンテストが美しい写真ばかりで、よかった。
 ニュートンのウェブは、日経サイエンスみたいに、最新号もバックナンバーとして、ちゃんとURLを割当ててほしい。そしたら、次の号が出ても、URLが変わらないのに。

https://www.newtonpress.co.jp/newton.html
ニュートン最新号

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07YMFVT9N/showshotcorne-22/
Newton(ニュートン) 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/10/26

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07ZGPH4DY/showshotcorne-22/
Newton 2019年12月号 Kindle版
科学雑誌Newton (著)

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/201912.html
日経サイエンス 2019年12月号
吉野 彰氏らにノーベル賞

 ノーベル物理学賞の「現代宇宙論の確立と系外惑星の発見」は、個人的には好き。
 ほかには、特集に出ている、嘘、情報操作、サイバー攻撃の記事ね。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07YTC4M27/showshotcorne-22/
日経サイエンス2019年12月号(大特集:真実と嘘と不確実性) 雑誌 – 2019/10/25

 今年もめでたく、日本からノーベル賞受賞者が出ましたが、しかし、日本はもう先進国から脱落して、発展途上国に落ちて行っている発展途上国途上国、貧乏国になってきていて、文系でも理系でも、基礎研究や教育に金をかねてないから、どんどん加速的に社会も文化も科学も技術も弱くなっている。
 アベノミクスで株価好調とかいっても、統計数字の改竄とか、数字上のごまかしで、庶民は格差の広がりを感じているし、生活が豊かになった実感がない。
 というわけで、これまでのノーベル賞受賞は、バブル崩壊前まで、国も企業も、研究に金をかけていられた時代、日本が先進国だった、あるいは先進国に一番近づいた時代の遺産であり、これからはノーベル賞受賞は難しいだろうといわれている。

https://diamond.jp/articles/-/187154?utm_campaign=doleditor
日本人はもうノーベル賞を獲れない?深刻な科学技術立国の危機
週刊ダイヤモンド編集部
2018.12.3 5:00

https://diamond.jp/articles/-/187346?utm_campaign=doleditor
日本の基礎研究力凋落をデータで見る、研究費は今の2倍は必要
鈴鹿医療科学大学長インタビュー
週刊ダイヤモンド編集部 村井令二:記者
2018.12.4 5:00

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/10/18/9166178
祝!ノーベル化学賞、吉野彰さん。ファラデーの「ロウソクの科学」と関連本、バカ売れ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/10/06/8695185
祝ノーベル物理学賞:重力波。キップ・ソーン、インターステラー、重力波は歌う、重力波で見える宇宙のはじまり、重力波とはなにか、重力で宇宙を見る、ループ量子重力理論、超弦理論など重力波関係。ブラックホール戦争などブラックホール関係も少し
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/04/8210549
祝!大隅良典先生、ノーベル医学・生理学賞。ノーベル賞でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/05/17/8091112
日経サイエンス:脳内GPS, 中性子の謎、遺伝子編集CRISPR(クリスパー)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/09/7833018
祝!大村智先生、ノーベル医学・生理学賞、梶田隆章先生、ノーベル物理学賞、故・戸塚洋二先生の番組、イグ・ノーベル賞のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/29/6615460
今月の日経サイエンス、ニュートンは、山中伸弥教授、iPS細胞の緊急大特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/11/6599393
祝 iPS細胞、山中伸弥教授、ノーベル賞受賞\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/06/15/6480594
外村彰さん、亡くなる。量子力学を目で見えるようにする男、ノーベル賞候補
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/08/6283688
日経サイエンス創刊40周年記念、ノーベル賞受賞者論文復刻版、販売開始
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/03/6125762
iPS細胞の山中さん、ノーベル賞、取れるかな。イグ・ノーベル賞は、わさび火災報知器で日本人が受賞\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/07/5387975
祝!ノーベル化学賞受賞\(^O^)/。世界で一番美しい元素図鑑
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/12/4938872
技術評論社「ノーベル賞の科学」シリーズ、イグ・ノーベル賞もの
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/08/4619983
イグ・ノーベル賞の傾向と対策
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/05/4615393
日経サイエンス2009年11月号、下村先生のノーベル賞関連の講演など
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/03/4222402
ノーベル賞下村先生、宇宙飛行士若田さんのネタ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/22/4198380
南部陽一郎「南部陽一郎 素粒子論の発展」、戸塚洋二先生のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/29/3854376
ノーベル賞受賞記念金帯ブルーバックス
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/25/3845979
日経サイエンス2008年12月号は、ノーベル賞とスパイの大特集\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/16/3822333
Re: ノーベル物理学賞その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/14/3818590
Re: ノーベル物理学賞
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/14/3818594
ノーベル化学賞下村先生のご子息はあの下村務さん\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/08/3806202
ノーベル物理学賞
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/18/1415578
日経サイエンス、湯川秀樹生誕100周年記念号と南部陽一郎先生

イグ・ノーベル賞関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/08/4619983
イグ・ノーベル賞の傾向と対策
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/03/4611874
イグ・ノーベル賞
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/03/4611893
Re: イグ・ノーベル賞

おれのノーベル賞級の大発見\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/28/6459407
ノーベル賞級の大発見。「ムシューダ」の自己矛盾!\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2019年11月07日 02時39分47秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 10年以上前からかな。
 データ処理的読解力、情報処理的読解力では、人間はコ