Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

祝!ノーベル化学賞、吉野彰さん。ファラデーの「ロウソクの科学」と関連本、バカ売れ\(^O^)/2019年10月18日 09時10分01秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 今年のノーベル化学賞の吉野彰さんが、小学生のとき、ファラデーの「ロウソクの科学」を読んで科学に興味を持ったというので、いま、ロウソクの科学関係、バカ売れ。
 おれも便乗。\(^O^)/、

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012121461000.html
「ロウソクの科学」増刷へ ノーベル化学賞の吉野さんが紹介
2019年10月10日 17時07分

 ぼくが岩波の「ロウソクの科学」を読んだのは、18歳、九大(九州大学)入学直後。教養部の時、科学史の石蔵先生が、推薦してくださって、読んでみようと思って読んだ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/07/09/3617104
ちくま学芸文庫 Math & Scienceやら物理学の名著が続々復刊

 「ロウソクの科学」は、元ネタがあって、それは、ファラデーが1860年に英国王立研究所クリスマス講義としてやったもの。
 もう1つ、金曜の夜に行う講義があって、「金曜講話」「金曜講演」と呼ばれている。
 以後、これが脈々と開催されて、世界中の科学者にとって、ここで講義をするのは、ノーベル賞に匹敵するくらい名誉なことになっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/クリスマス・レクチャー

https://ja.wikipedia.org/wiki/マイケル・ファラデー

 ずっとノーベル賞候補の日立の外村彰さん、NECの飯島澄男さんも、金曜講話をやった人。
 外村さんは、残念ながらお亡くなりになって、ノーベル賞はだめだった。
 ノーベル賞を取るには、何より長生きじゃないとだめよ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/飯島澄男

https://ja.wikipedia.org/wiki/外村彰

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejjournal1994/115/1/115_1_54/_pdf
ファラデーの気概伝わる金曜講話に身をひたして 外村彰
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejjournal1994/114/12/114_12_831/_pdf
人の心を科学の世界に誘うクリスマスレクチャー -日本での5回目は早大で

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/24/6167402
外村彰、目で見る美しい量子力学、量子力学を見る、ゲージ場を見る

 ファラデーについては、いろいろ書きたいことがあるけど、今日は、ここまで。
 といいつつ、関連は、みてください。
関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/25/8235655
ブルーバックス:ひとりで学べる電磁気学、光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと。高校数学でわかるマクスウェル方程式高校数学でわかる光とレンズほか、「高校数学でわかる」シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/29/8862163
筒井康隆「誰にもわかるハイデガー」、買わねばの娘なのに、まだ行けない。なぜか、「光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと」も

 「ロウソクの科学」と関連本は、ベストセラー1位が多いね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003390911/showshotcorne-22/
ロウソクの科学 (岩波文庫) 文庫 – 2010/9/17
ファラデー (著), 竹内 敬人 (翻訳)
ベストセラー1位- カテゴリ 岩波文庫

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00RF1QFJW/showshotcorne-22/
ロウソクの科学 (岩波文庫) Kindle版
ファラデー (著), 竹内 敬人 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041002842/showshotcorne-22/
ロウソクの科学 (角川文庫) 文庫 – 2012/5/27
ファラデー (著), 三石 巌 (翻訳)
ベストセラー1位- カテゴリ 科学読み物

 お、山形さんが翻訳した、ロウソクの科学がある。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07Z3NHNFD/showshotcorne-22/
新訳・ロウソクの科学(図版付) Kindle版
ファラデー (著), 愛知敬一 (著), 石原純 (著), 科学名著出版委員会 (編集), 山形浩生 (翻訳)

 次は、よさげだね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797397489/showshotcorne-22/
「ロウソクの科学」が教えてくれること 炎の輝きから科学の真髄に迫る、名講演と実験を図説で (サイエンス・アイ新書) 新書 – 2018/12/15
マイケル・ファラデー (著), 白川 英樹 (監修), 尾嶋 好美 (翻訳)
ベストセラー1位- カテゴリ 無機化学

 次は、子供にも大人にもよさげだね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046317078/showshotcorne-22/
ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科 (角川つばさ文庫) 新書 – 2017/5/15
ファラデー (原著), 平野累次/冒険企画局 (著), 上地 優歩 (イラスト)
ベストセラー1位- カテゴリ 絵本・児童書の理科

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B071HD39WT/showshotcorne-22/
ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫) Kindle版
上地 優歩 (著), ファラデー (その他), 平野累次/冒険企画局 (その他)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/25/8235655
ブルーバックス:ひとりで学べる電磁気学、光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと。高校数学でわかるマクスウェル方程式高校数学でわかる光とレンズほか、「高校数学でわかる」シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/29/8862163
筒井康隆「誰にもわかるハイデガー」、買わねばの娘なのに、まだ行けない。なぜか、「光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと」も

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2019年11月01日 10時27分18秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 科学雑誌「ニュートン」も日経サイエンスも、ノーベル賞特集号です。
 今年の