Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装、Scalaのバイブル、Programming in Scala 3rd Edition, Guide to Play2 Scala2016年05月25日 08時15分45秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/02/15/8018864
「Scalaパズル 36の罠から学ぶベストプラクティス」、「関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装」
で、名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864874336/showshotcorne-22/
関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装 単行本(ソフトカバー) – 2015/11/2
深井 裕二 (著)
を、あれから買って読んでみた。
 AIの技術、技法と呼ばれるものを理論的な解説、数学的な解説は抜き。それは、ほかにいい本があるので、そっちで勉強してくれ、本書は、プログラマ向けに、Scalaのコードで示して解説するぞ!という割り切りが素晴らしい。
 うまくあれこれ例題を考えて、こんなにコンパクトによくまとめたなと感心した。
 Scalaの技術力が高いとはいえ、エッセンスだけ切り出してきて、こんなに簡潔なコードで示したのは、立派な芸でしょう。
 付録にScalaの簡単な文法解説もあるので、プログラミング経験があれば、関数型を知らなくても、なんとか理解できるでしょう。
 アンテナハウスの電子書籍制作システムのCAS-UBのフロントエンドを、5年くらい前に真面目にScalaで書いてから、真剣に書いてないから、本書のコードをみていて、えっ、そんな書き方できたっけ?などと勉強になることがあった。

http://www.cas-ub.com/index.php
アンテナハウス:書籍編集・制作Webサービス CAS-UB
 フロントエンドとDB周りをScalaで書いたのは、こっち。
 あ、フロントエンドといっても、一般的にウェブアプリでいう、ブラウザ上でHTML, CSS, JavaScriptで動くという意味のフロントエンドではなくて、サーバ側はいろんなシステムが動いていて、そのうちの、一番、クライアント側に近い部分という意味のフロントエンドです。
https://a.cas-ub.com
CAS-UB制作サイト

 Scalaは、洋書は続々新刊が出ていて、紹介しきれないけど、股の機械に。
 といいつつ、これだけは。
 Scala言語の生みの親、Martin Odersky先生による、いわゆるバイブル本の第3版。Scala 2.12対応となっています。
 まだ、日本語版はありませんが、そのうち、きっと出るでしょう。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0981531687/showshotcorne-22/
Programming in Scala: Updated for Scala 2.12 (英語) ペーパーバック – 2016/5/10
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01EX49FOU/showshotcorne-22/
Programming in Scala: A Comprehensive Step-by-Step Guide, Third Edition (English Edition) Kindle版
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著)

 日本語版は、第2版の翻訳があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844330845/showshotcorne-22/
Scalaスケーラブルプログラミング第2版 単行本(ソフトカバー) – 2011/9/27
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著), 羽生田 栄一 (監修), 水島 宏太 (その他), 長尾 高弘 (翻訳)

 100円だから、これでScala入門するのもいいんじゃないかと
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/13/6945232
関数型+オブジェクト指向言語Scalaのクックブックが出ているよ。Guide to ScalaーScalaプログラミング入門も
で書いた、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00BOBYZTQ/showshotcorne-22/
Guide to ScalaーScalaプログラミング入門 [Kindle版]
中村修太 (著)
Kindle 価格: ¥ 100
 中村修太という名前からして、どう考えても情報省のスパイ。\(^O^)/
 いま、調べたら、Scala本の第2弾を出していたのね。300円だ。
 はい、いま、ご祝儀で買いました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00L6TIW1S/showshotcorne-22/
Guide to Play2 Scala Kindle版
中村修太 (著)
Kindle版 ¥ 300

Scala関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/22/7713822
「Scala関数型デザイン&プログラミング」のKindle版が出ていますね。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/05/14/7633622
Scala関数型デザイン&プログラミング、Scalaファンクショナルデザイン、その数式、プログラムできますか?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/03/29/7600131
Scala関数型デザイン&プログラミング、Effective Perl 第2版
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/13/6945232
関数型+オブジェクト指向言語Scalaのクックブックが出ているよ。Guide to ScalaーScalaプログラミング入門も

AI, 機械学習関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/04/8038226
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI、ITエンジニアのための機械学習理論入門、初めてのディープラーニング、イラストで学ぶ ディープラーニング
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/29/8004524
GoogleのTensorFlowより高性能!? MicrosoftのCNTK。コンピュータ囲碁、深層学習(ディープラーニング)で、プロ棋士を撃破島倉千代子。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/22/7997853
東芝が独自のニューラルネット。Google発の深層学習フレームワーク「TensorFlow」。現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティのことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/19/7995816
KS情報科学専門書シリーズの新刊、イラストで学ぶディープラーニング。PacktはMachine Learning Week 2016なう
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/22/7957248
進化計算と深層学習 -創発する知能、現代思想 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/15/7949555
人工知能ビジネス、機械学習、深層学習、Deep Learning、ITエンジニアのための機械学習理論入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/02/7822147
岩波からデータサイエンスシリーズが全6巻で刊行開始。データサイエンティスト養成読本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/26/7750507
機械学習プロフェッショナルシリーズ第2期、異常検知と変化検知、サポートベクトルマシン、統計的学習理論、確率的最適化
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/10/7704579
クラウドではじめる機械学習、体験する機械学習、「人工知能 人類最悪にして最後の発明」、「イラストで学ぶ 人工知能概論」の感想なども
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/06/15/7669313
ディープラーニング、深層学習、人工知能(AI)、機械学習プロフェッショナルシリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/06/7484259
オライリー・ジャパンは、データサイエンス、機械学習、統計の新刊続々だった。関連書も

 機械学習、深層学習(ディープラーニング)関連の話題は、たくさん書いているので、上の検索窓に、それらのキーワードを入れて検索してください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2016年07月15日 10時07分56秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 Pythonで機械学習のプログラミング解説をする本が出ましたね。
 原書は、人気がある本で、その翻訳がインプレスから出たんですね

_ ホットコーナー - 2016年10月01日 23時47分11秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/05/25/8095668
関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装、Scalaのバイブル、P

_ ホットコーナー - 2016年10月04日 10時35分24秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 機械学習、深層学習(ディープラーニング)関係の本が出版ラッシュ。
 いくつかお買い上げがあったので、ありがとうございます。

_ ホットコーナー - 2016年12月15日 10時55分17秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 Appleのプログラミング言語 Swift 3の解説書ですね。

http://amzn.to/2gCvpVw
詳解Swift 第3版 単行本 –

_ ホットコーナー - 2016年12月30日 10時54分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 JavaScriptで関数型プログラミングをやる本が出ていた。しかも洋書の翻訳ではなく、日本で書いたもの。
 目次と索引をみたら、非常

_ ホットコーナー - 2017年12月17日 21時55分42秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
■Akka実践バイブル
 Scalaをやってる人には、おなじみのAkkaの本が出ている。
 ManningのAkka in Actionの翻訳ですね。
https://www.amazon.co.jp/ex

_ ホットコーナー - 2018年01月31日 10時48分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
■Scala for the Impatient (2nd Edition)
 お買い上げありがとうございます。お買い上げは、紙書籍。
 Scala for the Impatientは、「せっかちな人の
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索