Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Scalaスケーラブルプログラミング第3版2016年10月01日 23時46分43秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/05/25/8095668
関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装、Scalaのバイブル、Programming in Scala 3rd Edition, Guide to Play2 Scala
で、原書を紹介したScalaのバイブルの3rd Edition(第3版)、日本語版が出ていますね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844381490/showshotcorne-22/
Scalaスケーラブルプログラミング第3版 単行本(ソフトカバー) 2016/9/20
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著), 羽生田 栄一 (監修), 水島 宏太 (監修), 長尾 高弘 (翻訳)
単行本(ソフトカバー)
¥ 4,968
¥ 4,100 より 4 中古品の出品
¥ 4,968 より 2 新品

 インプレスにある紹介。Kindle以外の各社の電子書籍があるが、前述のように、紙が無難。

http://book.impress.co.jp/books/1116101021
Scalaスケーラブルプログラミング第3版

 Kindle版は、まだないのが、幸い。
 電子書籍に、まともな索引がつくようにならないと、怖くて買えないので、紙が無難。

 何度も書くが、インプレスの電子書籍は、索引が削除されていた。しかも、理由がひどかった。おれが人柱になった。\(^O^)/
 東洋経済の電子書籍も、紙には気合いが入った索引があるのに、電子書籍では削除されていた。おれが人柱になった。\(^O^)/

 英語の電子書籍は、PDFはもちろん、EPUBのリフローでも、Kindleでも、ちゃんと索引を付けている。特に技術書はそう。日本の電子書籍は、そこを手抜いている。やる気と技術とシステムがないから。

 日本は、なんで、こんな出来の悪い奴らが電子書籍を作っているのか。これじゃ、日本には、本といえば、紙よりひどい電子書籍しか、残らなくなってしまうぞ。
 いまは少し離れたが、ぼくも作っていたアンテナハウスの電子書籍製作システムCAS-UBは、PDFはもちろん、当然、リフロー型でも索引を作れる。ワンソース(原稿は1つだけ)で、PDFもEPUBもKindleも作れる。これ、海外の出版社がやっていることと同じ。

http://www.antenna.co.jp/epub/
アンテナハウス 電子出版サービス

http://www.cas-ub.com/index.php
書籍編集・制作Webサービス CAS-UB

 今度、CAS-UBの5周年記念セミナーがあるので、興味がある方はぜひ。
http://www.cas-ub.com/user/seminar.html
ワンソースでマルチな成果物を簡単に制作できるCAS-UB
サービス開始五周年記念セミナー 参加者募集中

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/05/25/8095668
関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装、Scalaのバイブル、Programming in Scala 3rd Edition, Guide to Play2 Scala
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/22/7713822
「Scala関数型デザイン&プログラミング」のKindle版が出ていますね。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/05/14/7633622
Scala関数型デザイン&プログラミング、Scalaファンクショナルデザイン、その数式、プログラムできますか?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/03/29/7600131
Scala関数型デザイン&プログラミング、Effective Perl 第2版
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/13/6945232
関数型+オブジェクト指向言語Scalaのクックブックが出ているよ。Guide to ScalaーScalaプログラミング入門も

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2016年12月15日 10時55分17秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 Appleのプログラミング言語 Swift 3の解説書ですね。

http://amzn.to/2gCvpVw
詳解Swift 第3版 単行本 –

_ ホットコーナー - 2017年12月17日 21時55分42秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
■Akka実践バイブル
 Scalaをやってる人には、おなじみのAkkaの本が出ている。
 ManningのAkka in Actionの翻訳ですね。
https://www.amazon.co.jp/ex

_ ホットコーナー - 2018年01月31日 10時48分49秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
■Scala for the Impatient (2nd Edition)
 お買い上げありがとうございます。お買い上げは、紙書籍。
 Scala for the Impatientは、「せっかちな人の
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索