Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

大友克洋、再起動、大友克洋×井上雄彦、井上雄彦「空白」2012年05月15日 05時54分05秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/11/6442549
大友克洋原画展、GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURESほか
の関連。

 上記で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007IJPFOW/showshotcorne-22/
芸術新潮 2012年 04月号 [雑誌] [雑誌]
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007K9BCWO/showshotcorne-22/
BRUTUS (ブルータス) 2012年 4/15号 [雑誌] [雑誌]

 注文したら、もう来た。
 BRUTUS (ブルータス)の「大友克洋、再起動」をやっと読んだ。読み始めた
ら面白すぎて、ほとんど徹夜だった。
 大友さん、マイルス・デイビスが好きなのね。ウェザー・リポートも。
 そうそう。おれ、大友さんの絵。その正確なパースと細密描写、白っぽい画
面から、音楽としては、スティーブ・ガッドのドラムを想像するんだよね。
 二人をリアルタイムで体験したのが、同時期だからかな。なんか、シンクロ
している。このシンクロ、おれの個人的なものなのか、時代精神なのか。

 若い頃に、乱読してた小説やらの文庫の写真も興味深い。
 本文では、半村良、三島由紀夫、柳田國男、夢野久作、カート・ヴォネガッ
トJr、高木彬光、大江健三郎、横溝正史、安部公房、江戸川乱歩の10冊が挙げ
られているが、写真には、筒井康隆、スタインベックなどの名前もある。

 大友作品の鑑賞講座は、3つとも面白かった。勉強になるね。
第1講 都市と建築論 五十嵐太郎
第2講 マンガ的表現論 伊藤剛
第3講 美術と表現論 山下裕二
 画風に影響を与えた建築設計、映画、アメリカン・ニューシネマの話も面白
かった。
 視点の置き方や描線の話、その他もろもろ、なるほどと思う。

 腕にAKIRAの文字やキャラクターを刺青しまくってる、AKIRAの超コレクター
がいて、すごいわ、この人。アメリカ人のジョー・ピーコックさん。1万5000
点もあれこれAKIRA関連のものを集めている。AKIRAのセル画も集めまくり。
全米でのAKIRA普及に、大きく貢献したそうな。

 白眉は、井上雄彦×大友克洋の対談。初対面だって。
 「バガボンド」に観る、井上雄彦の最近の絵は、筆を使って、自由闊達で水
墨画のような世界。かたや、大友克洋は、かっちり細部まで、細い線で正確無
比に描き込んだ世界。対極にあるようでいて、通じてるね。
 あれこれ深い話をしてます。
 その1つは、絵は、若い頃に、反吐が出るほど描かないとうまくならないと
いう当たり前のことを、二人とも言ってるが、これが、なかなかできない。
 スポーツも楽器もプログラムも一緒。若いときに必死でやらないと、いろん
なことは、なかなか身に付かない。
 ソフトウェア開発やプログラミングでも、本を読んだだけで手を動かさず、
体を使わず、頭だけでソフトの設計やったり、プログラムを書けた気になって
も、そんなのは身に付いたことにならないし、実際、通用しない。
 しかし、現実には、そういうレベルのソフトウェア技術者、SEやプログラマ
と称するバカが掃いて捨てるほどいて、頭が痛いよ。
 料理でいえば、なんとか切りなどと材料の切り方の名前は知っているが、実
際は包丁一つ使えない。できるのは、電子レンジでチンするくらい。それで、
コックや調理人と称して金をもらっているようなもん。

 本書で知ったが、原画展は、AKIRAの全ページの原画が出てるのね。2300枚
くらいあるって。その他も合わせると3000枚くらいは出てるらしい。日時指定
の完全予約制にせざるを得なかった理由も、本書でわかった。

 あとね。福岡に、金田のバイクをそっくりに作っちゃった人たちがいる。
1000万円もかかったって。公道をちゃんと走れるし、大友さんの公認だって。
原画展に展示してあるそうです。
 福岡だからなあ。やっぱ、作らせたのは、情報省ですね。\(^O^)/

 大友さんは、少年サンデーで連載を始めるそうです。
 新作アニメもやっていて、画面がちょろっと出てる。大友作品といえば、正
確無比な遠近法を思うが、今回は、西洋的遠近法じゃないの。日本画の手法を
使っている。
 手法といえば、ネオ東京の爆発シーン。都心に真っ黒な球体が出るあのシー
ン。あの黒い球体は、「掛け網(カケアミ)」という手法で、徹夜で描き続けた
んだって。記号的な漫画は描かない執念。
 記号的に漫画を描くひとつの極致が、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/12/23/5601549
絵が描けなくてもマンガが描けるソフト「コミPo!」
で紹介した「コミPo!」。

 さて、こちらも長い沈黙が続き、バガボンドの連載が、モーニングでやっと
再開した井上雄彦。その沈黙の期間について述べた本が出ました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884183002/showshotcorne-22/
空白 (Switch library) [単行本]
井上雄彦 (著)
--- ここから ---
『バガボンド』休載中の500日のあいだに、全8回にわたって行われた未公開イ
ンタビューを完全収録

2010年12月から井上雄彦の体調不良により休載が続いていた『バガボンド』が、
2012年3月より連載を再開する。その約1年半のあいだ、iPadアプリで描かれ、
Twitterで公開された「Smile」シリーズ、3.11東日本大震災、京都・東本願寺
の依頼で制作された屏風「親鸞」公開など、さまざまな事柄が動いていく中で、
しかし『バガボンド』は長い沈黙を保ち続けた。

この間、井上雄彦は、何を考え、どう変化してきたのか。
そして、なぜいま、『バガボンド』を再開したのか。
そのすべてのプロセスを、井上自身がはじめて、そしてあらためて語り下ろし
た。
--- ここまで ---

 それから、アメリカのAmazonでAKIRA関係を検索していたら、こんなのがあ
った。
 マンガの神様。手塚治虫を紹介した本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0810982498/showshotcorne-22/
The Art of Osamu Tezuka: God of Manga [ハードカバー]
Katsuhiro Otomo (はしがき), Helen McCarthy (著), Osamu Tezuka (イラスト)

 アメリカだと、大友作品、やっぱ、高いね。
 日本人でよかった。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/27/6308388
pepita(ペピータ) (井上雄彦 meets ガウディ)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/09/5790159
井上雄彦オリジナルポストカード集、収益は東日本大震災の義援金
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/09/5790088
プロフェッショナル 仕事の流儀、井上雄彦、浦沢直樹、宮崎駿、鈴木敏夫
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/21/6209116
諸星大二郎 異界と俗世の狭間から
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/08/6325741
21世紀のための吾妻ひでお Azuma Hideo Best Selection

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック