Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

チック・コリア、リターン・トゥ・フォーエヴァー、再結成ライブCDとDVD2008年12月29日 11時30分28秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 リターン・トゥ・フォーエヴァー(RTF)といえば、若きチック・コリアの名
前を世界に轟かせたスーパーバンド。
 第1期は、フローラ・プリムの透き通った歌声と、パーカッショニストのア
イアート・モレイラの軽やかなドラムで、全体に南国、ラテン調の世界。ラ・
フィエスタ、スペインなどの名曲を残しました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008KJUA/showshotcorne-22/
リターン・トゥ・フォーエヴァー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FDF1KQ/showshotcorne-22/
ライト・アズ・ア・フェザー [Limited Edition]
 あ、「ライト・アズ・ア・フェザー」は紙ジャケもある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000GALEP4/showshotcorne-22/
ライト・アズ・ア・フェザー(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

 この2枚のレコードは、ほんとに擦り切れるまで聴きました。
 ぼくは、CDで買い直したとき、高いけど、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FKEH/showshotcorne-22/
ライト・アズ・ア・フェザー (完全盤)
を買いました。2枚組で1枚目が従来の内容。2枚目に別テイクが入っていま
す。ぼくは、スペインの別テイクが聴きたかった。
 ご存じのように、スペインのチックのソロは、非常にイマジネーションに富
んでいて奔放でありながら、緻密に計算された構成をもっています。
 まだジャズやフュージョン(当時は、クロスオーバーとも言ってたと思う)を
聴き始めたばかりの高校時代に聴いたときは、このソロのかっこよさに衝撃を
受けました。エレピ(エレクトリック・ピアノ)っていいなあと思いました。

 そして、アル・ディ・メオラが入った第2期(実際は第2期の2枚目から)は、
ハードロックジャズというか、ソリッドなエレクトリックフュージョンがメイ
ン。レニー・ホワイトのドラムとスタンリー・クラークのベースというリズム
隊も強烈でした。なお、スタンリー・クラークは第1期はウッドベースオンリ
ーです。

 第2期第1作
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AU1M98/showshotcorne-22/
第7銀河の讃歌
のギターは、ビル・コナーズ。フツーに考えれば悪くはないどころかいいギタ
ーだと思うんだけど、アル・ディ・メオラがすごすぎて、比較されるとかわい
そうな気すらしますね。
 これには、名曲「キャプテン・セニョール・マウス」が入っていますが、後
には、キャプテンが取れちゃって、「セニョール・マウス」になりますね。な
ぜなんだろう。
 この曲は、ゲイリー・バートンとのデュオでの素晴らしい演奏によって、名
曲として磨き上げられたと思います。ゲイリー・バートンとのデュオは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/05/22/375801
4本マレット奏法のゲイリー・バートン
を参照。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AU1M9I/showshotcorne-22/
銀河の輝映
から、ギターはアル・ディ・メオラで、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000562P1/showshotcorne-22/
ノー・ミステリー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000056WGO/showshotcorne-22/
浪漫の騎士
まで、第2期RTFは、やりましたね。
 ぼくは第2期のLPは、たしか買ったのは「ノー・ミステリー」だけ。「第7
銀河の讃歌」「浪漫の騎士」は、ジャズ喫茶で聴いたりした。
 「ノー・ミステリー」はタイトルチューンですが、コリアとディ・メオラの
デュオ(2008/12/29訂正。これ、大嘘。ディ・メオラのアコースティックギター
の印象が強すぎて、記憶ではデュオだったけど、確認したら4人でやってます。
それに、曲中、ベースのスタンリー・クラークのソロもある)。
 第2期RTFはエレクトリックギンギンなのに、この曲では二人ともアコースティ
ック。コリアもアコースティックピアノで、ディ・メオラもアコースティック
ギターです(もちろん、スタンリー・クラークもアコースティックベース)。
 これが静謐でピンと張りつめた緊張感のある演奏で非常によいです。
 そうか、「第7銀河の讃歌」「浪漫の騎士」は、CDで買い直すかな。

 それから、「夜の精(Night Sprite, ナイトスプライト)」が入った
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007OE2PI/showshotcorne-22/
妖精
や、ぼくはチックのベストアルバムの1つだと思っている
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007OE2Q2/showshotcorne-22/
マッド・ハッター
 後にゲイリー・バートンとのデュオで素晴らしいパフォーマンスを演じる
「Love Castle, ラヴ・キャッスル」の入ったスパニッシュの
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007OE2Q2/showshotcorne-22/
マイ・スパニッシュ・ハート
でソロ活動をやって、第3期RTFへ。
 「夜の精(Night Sprite, ナイトスプライト)」「マッド・ハッター」「ラブ・
キャッスル」のことは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/05/3992359
BSフジにスティーブ・ガッドが出演
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/05/22/375801
4本マレット奏法のゲイリー・バートン
を参照。

 第3期RTFは、チックの奥さんになったゲイル・モランが入ったり、ブラス
セクションが入ったり、ビッグバンド的構成。
 このRTFの来日公演を福岡で聴いています。
 LPだと、サックスは、いつものジョー・ファレルだったと思うが、公演では
デイブ・リーブマン。覚えてないけど、ドラムはスティーブ・ガッドだったよ
うな気がする。
 とにかく、コンサートの1発目に、「夜の精(Night Sprite, ナイトスプラ
イト)」をやったんです。
 めっちゃくちゃ、すごかった。特に、デイブ・リーブマンのソプラノサック
スのソロは鬼気迫るもので、圧巻ど迫力。デイブ・リーブマンは、その夜、初
めて名前を聞いて演奏も初めて聴いた人。
 1曲目から度肝を抜かれて、こっちは、あとはもう、どうにでも好きにして
頂戴状態でした。

 さて、ここからやっと本題。
 情報省め。おれが、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/09/3999842
パコ・デ・ルシア、アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン、タル・ファ
ーロウ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/10/4001261
ラリー・コリエル、ラリー・カールトン、パット・メセニー、リー・リトナー
を書いたのを監視していて、即、チック・コリアやアル・ディ・メオラに連絡
し、時空を操作して、第2期RTFの再結成させてツアーを行ない、レコード会
社にも手を回して、CDを2枚組で出すことにして、アマゾンのデータベースを
操作して、RTF再結成ライブ盤が出るから、予約しろとメールを送ってきやが
った。\(^O^)/
 それが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001HPGRSQ/showshotcorne-22/
リターンズ リユニオン・ライヴ
チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー
です。
 物欲刺激されまくって、抵抗できませんでした~~~^^;

 Return to Foreverのサイトがあるのね。return2forever.comだって。
 そこをみてたら、
http://www.return2forever.com/index.cfm/pk/view/cd/NAA/cdid/420196/pid/407462
にあるように、来年、モントルー・ジャズ・フェスティバルで再結成したRTF
がやったライブのDVDまで出るのね。情報省め、手際がいいわ。
 アマゾンにはまだ出てないね。と書いたのは、実は5日ほど前。数日後、メ
モの確認をしてこれの最終版を書くために検索したら、はうあ!! 出てる!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001NJNM1Q/showshotcorne-22/
レコーデッド・ライヴ・アット・モントルー [DVD]
チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー
 情報省め。おれが「リターンズ リユニオン・ライヴ」を予約したのを監視
していて、ソッコーで、商品に追加したな。
 情報省の作業の裂け目を見つけたと思ったのに、またたくまに修復しますね。
全面監視されているネット上で、情報省を出し抜くのは至難であることを痛感
しました。\(^O^)/

http://www.return2forever.com/index.cfm/pk/content/pid/400296
を読むと、ディ・メオラが参加したときは19歳なのね。
 それと、最初のドラムの候補は、ステーブ・ガッドだったけど、ガッドはツ
アーを望んでなかったので、レニー・ホワイトになったんですね。初めて知っ
たわ。長生きはするもんだ。

 ばかー。そのエピソードも、情報省が捏造したものかもしれんぞ。お前にだ
け、return2forever.comのページの記述がそうなっおる。他の者が、読みに行
っても違う記述かもしれんぞ。そうすると、お前一人が、嘘ばかり書いたこと
になって、お前は信用をなくす。
 それでね、おれ、疑問があるんですけど、ほんとに情報省にそんな力がある
んですか?
 ばかー。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/11/29/3981696
映画「イーグルアイ」
で書いたように、日本にはイーグルアイより何桁もすごいシステムがあるんだ
よ。
 あー、そうだった、そうだった。年末のドタバタで、すっかり忘れてた。\(^O^)/

コメント

_ kamo ― 2008年12月29日 13時24分40秒

渡辺真知子と江副浩正の「かもめが飛んだ日」はこのジャケットから生まれたと言う噂を聞いたことがあるけど本当でしょうか?
情報省さんのたくらみだったのだろうか。
どっちにしろ当時のジャズ聞きにとってこのレコードの登場ははショッキングでした。わたしも擦り切れるまで聞いたものです。
でも「擦り切れるまで聞く」という表現はいまや死語ですね。

_ (未記入) ― 2008年12月29日 22時02分45秒

 その噂は本当です。と思う。^^;
 少なくとも、そういう噂を流したのが情報省だったことだけは、
たしかです。:-)

>でも「擦り切れるまで聞く」という表現はいまや死語ですね。

 そうか。「チャンネルを回す」と一緒かあ。

_ 公園橋 ― 2008年12月29日 22時24分33秒

>LPだと、サックスは、いつものジョー・ファレルだったと思うが、公演では
>デイブ・リーブマン。覚えてないけど、ドラムはスティーブ・ガッドだったよ
>うな気がする。

お初です。m(_ _)m
あの時のバンドの公演は、私も渋谷公会堂で聴きました。
ドラムはジェリー・ブラウンだったと記憶しています。
ちなみにベースはリック・レアード(元マハビシュヌOrc.)だったように思います。

_ 中村(show) ― 2008年12月30日 07時26分38秒

公園橋さん、ありがとうございます。
なるほど、そうですか。
とにかく、デイブ・リーブマンしか印象に残ってないです。^^;

_ 公園橋 ― 2008年12月30日 14時32分21秒

中村さん、レスありがとうございます。

デイブ・リーブマンがマイルス・バンド出身なのはご存じだと思いますが、
この公演時は、時期的にリッチー・バイラーク(p)と一緒に活動している頃
だったと思います。
余談ですが、デイブとリッチーは共に1987年のライブ アンダー ザ スカイ
でコルトレーン・トリビュートのステージでも演奏しています。
この時はデイブとウェイン・ショーターの2管がフロントでした。
デイブはコルトレーン・イデオムを基本としてその上に彼らしい個性を
展開する奏者ですね。鬼気迫る、とは正にその通りで、アドリブに賭ける
スピリットが素晴らしい演奏者の一人です。

で、上記のチック・コリアの大編成バンドですが、ホーン・セクション+
ストリングス・セクションの入ったリッチなサウンドのバンドでしたね。
先ほど、久しぶりにRTF渋谷公会堂公演(1978年)のテープをちょっと
引っぱり出して聴いてみましたが、やはり勢いがあって良かったです。
改めて堪能しました。

太鼓のジェリー・ブラウンは正に黒人ならではのグルーブ感を持つ奏者で、
フュージョン全盛期の頃、日野さんのバンドで日本に来た事もあります。
空中に上げた手の中でスティックをくるくる廻しながらフレーズの
タイミングをとるパフォーマンスが印象的でした。

_ 公園橋 ― 2008年12月30日 22時56分34秒

中村さん、こんばんは。
度々で恐縮ですが、データの訂正をさせて下さい。
1978年の大編成RTF日本公演のドラムは、確認したところ、
トム・ブルックラインでした。
ジェリー・ブラウンではなかったです。
大変失礼しました。

改めてあの時のツアーメンバーを記しておきます。
CHICK COREA (kbd)
GALE MORAN (Vo,kbd)
DAVE LIEBMAN (Sax)
RICK LAIRD (B)
TOM BROOKLINE (Ds)
Trumpet × 2
Trombone × 2
Strings × 4

以上です。
どうもすみませんでした。

では失礼します。

_ 中村(show) ― 2008年12月31日 16時58分47秒

公園橋さん、すごい!
トム・ブルックライン! ああ、その名前、思い出しました。
公園橋さん。メンバーの記録やら渋谷公会堂のテープやら、きちんとデータを収集・整理してらっしゃるんですか。素晴らしい!
こりゃ、どうしてもジャズ・フュージョン方面の情報省のスパイになってもらわないといけません。
よろしくお願いします。m(_ _)m
なお、上の12/29の未記入は、おれです。すみません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2008年12月29日 23時24分46秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/29/4031599
チック・コリア、リターン・ト

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年05月28日 06時29分50秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/29/4031599
チック・コリア、リターン・ト

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年10月25日 23時20分18秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/22/4647728
KORGのパーカッションシンセ「W

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年02月12日 09時01分24秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 情報省が秘密裏に運用しているスーパー量子コンピュータ「イ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年06月26日 07時01分58秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 2010/06/21(月)に、杉並公会堂であった小曽根真&ゲイリー・バートン

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年02月15日 09時28分59秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のkick/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今年のグラミー賞受賞。一挙に4人も日本人が受賞ですね。
 松本孝

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2014年02月24日 10時52分36秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 この前、 ギタリスト、アル・ディ・メオラの大人買いがあった。
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索