Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Wmの憂鬱、ヒト型研究ロボットの導入で頭脳労働と肉体労働の分離は進むか2012年05月22日 04時59分41秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 これは面白いね。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120514/161028/
Wmの憂鬱、ヒト型研究ロボットの導入で頭脳労働と肉体労働の分離は進むか
【日経バイオテクONLINE Vol.1732】
2012年5月14日 19:00
--- ここから ---
 しかし、先週の火曜日に、九州大学 生体防御医学研究所分子医科学分野中
山敬一教授の研究室を訪れて、眼から鱗が落ちました。中山教授の研究室では、
既にヒト型ロボットが歯切れ良い機械音を響かせながら、さっさと実験を進め
ていたのです。ここでは細胞培養を行い、細胞から全蛋白質を抽出操作をロボ
ットに任せるべく、開発が進んでいました。わが国で初めて産業用ロボットを
実用化した安川電機が中山教授と共同研究を進めています。同じ九州にあると
いう地縁が共同研究のきっかけとなりました。

 何故、腕が二本あるヒト化か? 実は通常の産業用ロボットの様に非ヒト型
であると、冷蔵庫や培養装置、遠心機など実験に必要な機器もそれに対応した
特殊な機械を開発する必要があるためです。ヒト型ロボットなら人間が使う機
械や機器をそのまま流用できます。ロボットがインキュベーターの扉を開けて
器用に培養皿を取り出すのを、呆けたように眺めておりました。現在のところ、
ロボット自体が画像を処理、独自に判断して作業を進めることができないので、
厳密な作業プロトコールと、操作する機器の座標を定めなくてはなりませんが、
培養細胞をかきとり、全蛋白質を抽出・精製する作業は可能となっています。
--- ここまで ---

 こっちにも出てる。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120515/161054/
Wmの憂鬱、ヒトプロテオーム研究もとうとう最終段階
【Proteomicsメール Vol.88】
2012年5月15日 19:00

 もちろん、九大(九州大学)と安川電機である以上、裏で糸を引いているのは、
情報省ですね。\(^O^)/
 ヒト型ロボットでやるというのは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/31/5766353
ロボット科学者
で紹介したアプローチとは、対照的ですね。

http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/23/5699879
安川電機の「やすかわくん」、ソフトクリーム、うまうま。\(^O^)/
で紹介した「やすかわくん」。元気なのかな。
 上記のロボットが「やすかわくん」だったら、なごむよね~~~。
 研究に疲れた人間をみかけたら、気を利かせてソフトクリームもってきてく
れたりしてね。
 「まあ、これでも食えや」って。
 ほのぼのして、いいわぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年11月12日 04時47分20秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 この前の、テレビ東京「未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学」、
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索