Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

小林三郎「ホンダ イノベーションの神髄」、ホンダの「負けるもんか」の広告2014年11月06日 09時35分21秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822231437/showshotcorne-22/
ホンダ イノベーションの神髄 単行本
小林 三郎(元・ホンダ経営企画部長) (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00INUXYHK/showshotcorne-22/
ホンダ イノベーションの神髄 [Kindle版]
小林 三郎 (著)
紙の本の価格:¥ 1,944
Kindle 価格:¥ 1,800
OFF:¥ 144 (7%)

 検索したら、小林三郎さんの「ホンダ イノベーション魂」の連載がありま
すね。
 「哲学なき技術は凶器なのだ」なんて、いいフレーズだ。
http://www.nikkei.com/tech/trend/index/?uah=DF100520127537
ホンダ イノベーション魂 一覧

 こっちにもある。でも、各記事のタイトルが違う。内容も違うのだろうか。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20111115/201614/
ホンダ イノベーション魂!
小林三郎=中央大学 客員教授(元・ホンダ経営企画部長)

 「ホンダ イノベーション魂!2」もある。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20130621/289372/
ホンダ イノベーション魂!2

 わかったかも。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20111115/201614/
ホンダ イノベーション魂!
小林三郎=中央大学 客員教授(元・ホンダ経営企画部長)
が、「ホンダ イノベーション魂!」シリーズ、全部を揃えようとしているみた
い。
 そして、その中に、Part 4として、「ホンダ イノベーション魂!2」もあ
るみたい。ただし、現在のところ、「イノベーション魂!2」の第4回と第5回
は、リストされてない。
 それから、
http://www.nikkei.com/tech/trend/index/?uah=DF100520127537
ホンダ イノベーション魂 一覧
には、セミナーでの講演も含まれている。たとえば、これ。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO46968130W2A001C1000000/
「イノベーション欠乏症が日本を滅ぼす」
小林三郎・元ホンダ経営企画部長が講演
(1/7ページ)2012/10/11 7:00

 おお、ホンダの公式サイトに、「小説 本田技研」が出ている。
http://www.honda.co.jp/novel-honda/index.html
小説 本田技研

 本田宗一郎さんの「私の履歴書」。日本経済新聞最終面の人気連載
「私の履歴書」に載ったものをまとめた本みたいに思える。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453219069X/showshotcorne-22/
本田宗一郎 夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 文庫
本田 宗一郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822276155/showshotcorne-22/
ホンダ イノベーション魂! (日経ものづくりDVD BOOK) 単行本
小林三郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822277879/showshotcorne-22/
人材を育てるホンダ 競わせるサムスン 単行本
佐藤 登 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00N2NROWO/showshotcorne-22/
人材を育てるホンダ 競わせるサムスン [Kindle版]
佐藤 登 (著)

 さて、ホンダといえば、思い出すのが、「負けるもんか」という広告。
 JR四ッ谷駅のホームから見えるところに、でかでかと出ていて、読んで感動
した。
 以下に示す広告コピーだった。看板では、文字数を調整して、きっちり四角形
に収めてあった。プロの仕事だと思った。
 中ほどの「それがどうした?」がいいよね。そして、最後に「負けるもんか。
」が来て、「よっしゃ! おれもがんばるぞ!」と思うもん。

--- ここから ---
がんばっていれば、いつか報われる。持ち続ければ、夢はかなう。そんなのは
幻想だ。たいてい、努力は報われない。たいてい、正義は勝てやしない。たい
てい、夢はかなわない。そんなこと、現実の世界ではよくあることだ。けれど、
それがどうした?スタートはそこからだ。技術開発は失敗が99%。新しいこ
とをやれば、必ずしくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を惜しん
で、何度でもやる。さあ、きのうまでの自分を超えろ。きのうまでのHondaを
超えろ。
負けるもんか。
--- ここまで ---

 研究、開発、イノベーションが、いかに大変か。
 でも、みんな、「寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる」と、夢中
になってやっている情熱と根性が伝わってくる。
 研究、開発、イノベーションなんて関係ないと思っている人へ。
 月並みな人生を送れればいいやと思っていても、ぼーっとしていたら、月並
みな人生すら送れないのよ。世の中、そんなに甘くないから。世の中、変化が
激しく大きいから、泳いでないと、すぐ、おぼれてしまう。
 特に若いときは、基礎を固めるために、「寝る時間、食う時間を惜しんで、
何度でもやる」時期がないと、将来がおぼつかなくなっちゃう。
 何度も書くけど、特にこれからは、コンピュータ、AI(人工知能)、ロボット
と競争して勝てないと、仕事がなくなっていくだろうから、人間の強み、自分
の強みがどこにあるか、どうしたいかを考えて、若いうちに基礎固めしてない
とね。

 「負けるもんか」は、グランプリを獲っているのね。たしかにいいい広告だ
ったもん。
http://matome.naver.jp/odai/2133688384360785801
思わずシェアをした、Facebookで話題の【ホンダ】の【負けるもんか】の看板画像。

http://www.youtube.com/watch?v=4aKe-OSZ-Cw
60s ホンダ CM HONDA 企業広告 「負けるもんか」 ※グランプリ受賞作品

http://www.advertimes.com/20121211/article96508/
60回目のADC授賞式、記念すべきグランプリはホンダ企業広告「負けるもんか」
2012年12月11日 掲載
ブレーン 編集部

 電通の事例紹介にあるね。
http://www.dentsu.co.jp/recruit/2015/works/work10.html
事例紹介

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/06/7484312/tb