Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

将棋:王座戦、豊島七段、残念。竜王戦、糸谷七段、2連勝2014年11月06日 09時33分10秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 豊島将之七段が、羽生善治王座に挑戦した第62期王座戦五番勝負は、羽生王
座が勝って、3勝2敗で防衛。やはり、羽生さん、しぶとい。
 豊島七段、またもタイトル奪取ならず。

http://live.shogi.or.jp/ouza/
王座戦 中継サイト

 一方、糸谷哲郎七段が森内俊之竜王に挑戦している第27期竜王戦七番勝負は、
糸谷七段が2連勝。
 今回の竜王戦、
第1局は、ハワイの「HALEKULANI(ハレクラニ)」
第2局は、「帝国ホテル 大阪」
第3局は、「帝国ホテル 東京」
と、出だしは、帝国ホテルシリーズですね。
 中継ブログを読むとわかりますが、帝国ホテル側も趣向をこらして、将棋を
テーマにしたケーキやテリーヌを用意してくれてますね。ありがたいことです。
 おれも、食べたーい。\(^O^)/

 もし、糸谷七段が今回、竜王になれたら、帝国ホテルに足を向けて寝られま
せんね。
 そういう場合は、どうしたらいいんですか?
 バカー。昔、おれが教えただろう。天井からコウモリのように逆さにぶら下
がって、寝ればよろしい!\(^O^)/

http://live.shogi.or.jp/ryuou/
竜王戦 中継サイト

 NHKのBSプレミアムでは、竜王戦を中継します。
https://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/titlematch/
をみてください。
 あと、
 大盤解説会などイベントもあります。
http://www.shogi.or.jp/topics/event/2014/09/27_7.html
第27期竜王戦イベント情報

 久々に、大盤解説会に行きたいけど、時間がなあ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/10/21/7466572
将棋: 竜王戦、糸谷七段が森内竜王に先勝。王座戦:豊島七段が角番から羽生王座に逆襲してタイ。豊川七段のNHK将棋講座

オライリー・ジャパンは、データサイエンス、機械学習、統計の新刊続々だった。関連書も2014年11月06日 09時33分47秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 しばらく、ぼーっとしてて、気づかなかったが、オライリー・ジャパンは、
最近、データサイエンス、機械学習、統計の新刊続々だったのね。

■データサイエンス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873117011/showshotcorne-22/
データサイエンス講義 単行本(ソフトカバー)
Rachel Schutt (著), Cathy O'Neil (著),
瀬戸山 雅人 (翻訳), 石井 弓美子 (翻訳), 河内 崇 (翻訳), & 6 その他

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873117010/
データサイエンス講義

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116856/showshotcorne-22/
戦略的データサイエンス入門 ―ビジネスに活かすコンセプトとテクニック
単行本(ソフトカバー)
Foster Provost (著), Tom Fawcett (著), 竹田 正和(監訳) (翻訳),
古畠 敦 (翻訳), & 8 その他

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116853/
戦略的データサイエンス入門 ―ビジネスに活かすコンセプトとテクニック

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116716/showshotcorne-22/
アジャイルデータサイエンス ―
スケーラブルに構築するビッグデータアプリケーション
単行本(ソフトカバー)
Russell Jurney (著), Sky株式会社 玉川 竜司 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116716/
アジャイルデータサイエンス
――スケーラブルに構築するビッグデータアプリケーション

 次は、オライリー・ジャパンじゃないけど、関連書。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797376333/showshotcorne-22/
ビジネス活用事例で学ぶ データサイエンス入門 単行本
酒巻 隆治 (著), 里 洋平 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00M939YWQ/showshotcorne-22/
ビジネス活用事例で学ぶ データサイエンス入門 [Kindle版]
酒巻 隆治、里 洋平 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/10/21/7466543
時系列解析、Rによるハイパフォーマンスコンピューティング、ビッグデータ、データマイニング、データサイエンス、データサイエンティスト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/06/6972813
Rによるデータサイエンス、データサイエンティスト養成読本、データサイエンティスト完全ガイド
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/02/6968767
データサイエンス・スターターキット
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/22/4963308
「Rで学ぶデータサイエンス」シリーズ。経営工学、マーケティングその他Rの本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/07/12/6899323
ビッグデータ、統計学ブーム、データサイエンティスト、クローズアップ現代
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/07/04/6500149
「計算統計学の方法」ほか「予測と発見の科学」シリーズ、Data Analysis with Open Source Tools

■機械学習
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116988/showshotcorne-22/
実践 機械学習システム 大型本
Willi Richert (著), Luis Pedro Coelho (著), 斎藤 康毅 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116983/
実践 機械学習システム

 以前、出ていた機械学習の入門。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873115949/showshotcorne-22/
入門 機械学習 大型本
Drew Conway (著), John Myles White (著), 萩原 正人 (翻訳),
奥野 陽 (翻訳), & 2 その他

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115948/
入門 機械学習

 オライリー・ジャパンじゃないけど、面白そうな関連書。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061538217/showshotcorne-22/
イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に
(KS情報科学専門書) 単行本(ソフトカバー)
杉山 将 (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LUMVZWE/showshotcorne-22/
イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に
(KS情報科学専門書) [Kindle版]
杉山将 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061538233/showshotcorne-22/
イラストで学ぶ 人工知能概論 (KS情報科学専門書) 単行本(ソフトカバー)
谷口 忠大 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/07/30/6928393
Jubatus(ユバタス) : オンライン機械学習向け分散処理フレームワーク
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/27/7157537
PRMLガール―文芸部のマネージャーが「パターン認識と機械学習」を読んだら
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/16/6983499
「パターン認識と機械学習の学習」は、表紙が全然違う
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/07/30/6928415
「パターン認識と機械学習の学習―ベイズ理論に挫折しないための数学」が、また入荷して売れていた
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/02/20/6725743
PRML, パターン認識と機械学習の学習―ベイズ理論に挫折しないための数学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/07/04/6500136
機械学習:Machine Learning for Hackers, Machine Learning in Action
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/09/6685519
入門 機械学習、インテリジェントウェブアルゴリズム
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/11/28/6645200
Mahoutイン・アクション、オープンソースで学ぶ社会ネットワーク分析、集合知プログラミング、集合知イン・アクション、インテリジェントウェブアルゴリズム、Machine Learning: An Algorithmic Perspective、はじめての機械学習、言語処理のための機械学習入門、PRMLことパターン認識と機械学習(ベイズ理論による統計的予測)下巻は、交換中
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/22/5524966
PRMLこと「パターン認識と機械学習」の上巻第5刷、交換中
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/19/4956129
パターン認識、機械学習、データマイニング「朱鷺の杜Wiki」

■自然言語処理
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873114705/showshotcorne-22/
入門 自然言語処理 大型本
Steven Bird (著), Ewan Klein (著), Edward Loper (著), 萩原 正人 (翻訳),
中山 敬広 (翻訳), & 1 その他

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873114705/
入門 自然言語処理

 非常に限定された分野の自然言語処理として、こんな本がある。
 目次をみて、ほほぉと思った。
 特許関係というと、鈴木さんの分野だ。
 名前、出すなってば。
 はーい。\(^O^)/
 名前、消さないの?
 はーい。\(^O^)/
 お前、バカやろ。
 はーい。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4339027553/showshotcorne-22/
特許情報処理:言語処理的アプローチ (自然言語処理シリーズ) 単行本
奥村 学 (監修)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/04/6679743
自然言語処理の基礎、知識システムの実装基礎
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/06/5625827
テキストマイニング、オライリー・ジャパンの入門自然言語処理
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/20/5642438
言語処理学事典、デジタル言語処理学事典ほか、自然言語処理
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/12/10/5569399
テキストマイニングで広がる看護の世界、赤ちゃんの生後1年間の驚くべき能力
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/03/5620942
テキストマイニングで広がる看護の世界に、著者の服部兼敏さんからコメントが
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/28/5311309
言語処理のための機械学習入門、コロナ社の自然言語処理シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/10/5009637
Javaによる知能プログラミング入門、自然言語処理ことはじめ、知能化から生命化へ、知能の原理、ニューロダイナミクスなど AI(人工知能)とロボット関係
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/13/6980175
人工知能システムの構成、言語処理のための機械学習入門、インテリジェントウェブアルゴリズム、Mahoutイン・アクション
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/05/4228524
言語と計算[全5巻]
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/09/02/3735329
グーグルの大規模コーパス

■統計関係
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116945/showshotcorne-22/
Think Bayes ―プログラマのためのベイズ統計入門 単行本(ソフトカバー)
Allen B. Downey (著), 黒川 利明 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116945/
Think Bayes ―プログラマのためのベイズ統計入門

 Think Bayesの姉妹書。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873115728/showshotcorne-22/
Think Stats ―プログラマのための統計入門 単行本(ソフトカバー)
Allen B. Downey (著), 黒川 洋 (翻訳), 黒川 利明 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115726/
Think Stats――プログラマのための統計入門

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/10/11/7005625
ベイズ統計モデリング、ベイジアン計量経済学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/06/12/6859924
ベイズ統計: Bayesian Statistics, Bayesian Methods for Data Analysis
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/24/6167413
ランカスター ベイジアン計量経済学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/05/21/6817039
萩原淳一郎 訳「Rによるベイジアン動的線型モデル」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/21/6452016
データ解析のための統計モデリング入門、一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC、岩波「確率と情報の科学」シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/04/6564405
史上最強図解 これならわかる!ベイズ統計学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/26/6457386
史上最強図解これならわかる!ベイズ統計学、多変量データ解析法―心理・教育・社会系のための入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/02/20/6725743
PRML, パターン認識と機械学習の学習―ベイズ理論に挫折しないための数学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/05/16/4307521
ベイズな予測、パターン認識と機械学習、ベイズ理論による統計的予測

■ソーシャルデータ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116791/showshotcorne-22/
入門 ソーシャルデータ 第2版 ―ソーシャルウェブのデータマイニング 大型本
Matthew A. Russell (著), 佐藤 敏紀(監訳) (翻訳),
瀬戸口 光宏(監訳) (翻訳), & 2 その他

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116792/
入門 ソーシャルデータ 第2版――ソーシャルウェブのデータマイニング

 次は、オライリー・ジャパンで売っている電子書籍のみ。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115504/
オープンソースで学ぶ社会ネットワーク分析
――ソーシャルWebの「つながり」を見つけ出す

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/04/6679751
ソーシャルメディアの経済物理学 ウェブから読み解く人間行動

■Python, R, Rubyによるデータ分析、データ解析
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116554/showshotcorne-22/
Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理 大型本
Wes McKinney (著), 小林 儀匡 (翻訳), 鈴木 宏尚 (翻訳),
瀬戸山 雅人 (翻訳), 滝口 開資 (翻訳), & 1 その他

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116556/
Pythonによるデータ分析入門――NumPy、pandasを使ったデータ処理

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116155/showshotcorne-22/
RとRubyによるデータ解析入門 大型本
Sau Sheong Chang (著), 瀬戸山 雅人 (翻訳), 河内 崇 (翻訳),
高野 雅典 (翻訳), 橋本 吉治 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116150/
RとRubyによるデータ解析入門

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/04/6970699
RとRubyによるデータ解析入門

■R
 データサイエンス、統計、機械学習でよく使われるR。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873115337/showshotcorne-22/
Rクックブック 大型本
Paul Teetor (著), 大橋 真也 (監訳), 木下 哲也 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115337/
Rクックブック

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873115795/showshotcorne-22/
アート・オブ・Rプログラミング 大型本
Norman Matloff (著), 大橋 真也 (監訳), 木下 哲也 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115795/
アート・オブ・Rプログラミング

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/10/21/7466543
時系列解析、Rによるハイパフォーマンスコンピューティング、ビッグデータ、データマイニング、データサイエンス、データサイエンティスト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/06/6972813
Rによるデータサイエンス、データサイエンティスト養成読本、データサイエンティスト完全ガイド
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/18/6694170
Parallel R, Rクックブック, アート・オブ・Rプログラミングほか、R本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/02/19/6725024
「R言語」でビッグデータを解析
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/16/6377243
R言語逆引きハンドブック、「Rで学ぶデータサイエンス」で新刊が出ていた
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/22/4963308
「Rで学ぶデータサイエンス」シリーズ。経営工学、マーケティングその他Rの本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/09/5339108
Rによる統計解析

■Python
 いま、機械学習、データサイエンス関係では、Rに迫る勢いなのが、Python
なので、新刊を。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116880/showshotcorne-22/
Python文法詳解 大型本
石本 敦夫 (著)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116884/
Python文法詳解

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/01/09/7181156
データ・サイエンスのプログラミング言語はRからPythonに置き換わる
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/23/7142881
ビッグデータ時代のPython祭り\(^O^)/ SciPy, NumPy, iPython, SymPy, pandas

■その他
 その他、雑多な関連。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/11/26/970676
データや統計の罠と監視社会
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/13/6980182
新世代Lisp, Clojureでデータ解析、Clojure Data Analysis Cookbook、Haskell、Haskellで並列・並行プログラミング
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/26/4972557
朝倉書店「統計科学のプラクティス」シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/07/04/6500149
「計算統計学の方法」ほか「予測と発見の科学」シリーズ、Data Analysis with Open Source Tools
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/17/6338286
第1回クラウド勉強会、クラウドコンピューティングの未来形、サーバレス・プログラミング、EXAGEN, Dripcast, Hadoop, Spark, Bagel, Lisp, Prolog, Java, Scala, AS/400, SLS(単一レベル記憶)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/07/6739869
NHKスペシャル「震災ビッグデータ」、個人情報悪用暗躍組織「匿名化委員会」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/09/21/6108837
ビッグデータを征すクラウドの技術、Hadoop 第2版、Hadoop MapReduceデザインパターン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/16/6337419
全文検索エンジンSolr。Lucene, Hadoopネタも。ビッグデータの時代
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/12/19/2520496
統計科学のフロンティア
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/12/23/2525261
Re: 統計科学のフロンティア

日本経済新聞の人口密度と出生率のトンデモないグラフが話題になっていた2014年11月06日 09時34分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ちょっと前だが、日本経済新聞の人口密度と出生率のトンデモないグラフが
話題になっていた。

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDF17H0P_T21C14A0EA1000/
(真相深層)少子化対策より交付金?
地方創生「東京集中是正論」の裏側 都市の若者支援急務
2014/10/29付日本経済新聞 朝刊

 発端のツイート。
https://twitter.com/kotosaka/status/527331140810469376
--- ここから ---
悪いことは言わない。この分析をした人、私が良い事(分析の基本)を教えて
あげるので、大人しく出て来て下さい。いや、ほんとお願いです(哀)
→ 出典 2014年10月29日日経新聞朝刊総合1「地方創生「東京集中是正論」の裏側
--- ここまで ---

http://htn.to/ET3MV3Y
“勢いと雰囲気で押し切るトンデモグラフを朝刊紙面に堂々と掲載してきた
日本経済新聞 : 市況かぶ全力2階建”

http://matome.naver.jp/odai/2141467575952251401
段々とトンデモ新聞になってきた日本経済新聞
こんなデタラメ新聞でしたっけ? 更新日: 2014年10月30日

 以下は、ぼくのツイート。
https://twitter.com/shownakamura/status/527511271457816576
--- ここから ---
これは、すごいね。高校や大学で統計のだめな事例に使えるね。
RT @tkusano: “勢いと雰囲気で押し切るトンデモグラフを朝刊紙面に堂々と
掲載してきた日本経済新聞 : 市況かぶ全力2階建”
http://htn.to/ET3MV3Y
--- ここまで ---

 次のは、いろいろと大ウケしたらしい。\(^O^)/
https://twitter.com/shownakamura/status/527513343817297920
--- ここから ---
この直線の傾きが、勃起角度だとすると、少子化もやむえない。という解説が
ついてればよかったのに。RT @tkusano: “勢いと雰囲気で押し切るトンデモ
グラフを朝刊紙面に堂々と掲載してきた日本経済新聞 : 市況かぶ全力2階建”
http://htn.to/ET3MV3Y
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/528921947581595650
--- ここから ---
例の日経のグラフのことだ。相関係数の大小は相関の有無とは全く関係ない件
について。 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/739464
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/528922249080750080
--- ここから ---
ほぉ。例の日経のグラフ。奥村先生も参戦してたのか。
人口密度と出生率
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/stat/141029a.html
--- ここまで ---

小林三郎「ホンダ イノベーションの神髄」、ホンダの「負けるもんか」の広告2014年11月06日 09時35分21秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822231437/showshotcorne-22/
ホンダ イノベーションの神髄 単行本
小林 三郎(元・ホンダ経営企画部長) (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00INUXYHK/showshotcorne-22/
ホンダ イノベーションの神髄 [Kindle版]
小林 三郎 (著)
紙の本の価格:¥ 1,944
Kindle 価格:¥ 1,800
OFF:¥ 144 (7%)

 検索したら、小林三郎さんの「ホンダ イノベーション魂」の連載がありま
すね。
 「哲学なき技術は凶器なのだ」なんて、いいフレーズだ。
http://www.nikkei.com/tech/trend/index/?uah=DF100520127537
ホンダ イノベーション魂 一覧

 こっちにもある。でも、各記事のタイトルが違う。内容も違うのだろうか。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20111115/201614/
ホンダ イノベーション魂!
小林三郎=中央大学 客員教授(元・ホンダ経営企画部長)

 「ホンダ イノベーション魂!2」もある。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20130621/289372/
ホンダ イノベーション魂!2

 わかったかも。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20111115/201614/
ホンダ イノベーション魂!
小林三郎=中央大学 客員教授(元・ホンダ経営企画部長)
が、「ホンダ イノベーション魂!」シリーズ、全部を揃えようとしているみた
い。
 そして、その中に、Part 4として、「ホンダ イノベーション魂!2」もあ
るみたい。ただし、現在のところ、「イノベーション魂!2」の第4回と第5回
は、リストされてない。
 それから、
http://www.nikkei.com/tech/trend/index/?uah=DF100520127537
ホンダ イノベーション魂 一覧
には、セミナーでの講演も含まれている。たとえば、これ。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO46968130W2A001C1000000/
「イノベーション欠乏症が日本を滅ぼす」
小林三郎・元ホンダ経営企画部長が講演
(1/7ページ)2012/10/11 7:00

 おお、ホンダの公式サイトに、「小説 本田技研」が出ている。
http://www.honda.co.jp/novel-honda/index.html
小説 本田技研

 本田宗一郎さんの「私の履歴書」。日本経済新聞最終面の人気連載
「私の履歴書」に載ったものをまとめた本みたいに思える。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453219069X/showshotcorne-22/
本田宗一郎 夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 文庫
本田 宗一郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822276155/showshotcorne-22/
ホンダ イノベーション魂! (日経ものづくりDVD BOOK) 単行本
小林三郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822277879/showshotcorne-22/
人材を育てるホンダ 競わせるサムスン 単行本
佐藤 登 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00N2NROWO/showshotcorne-22/
人材を育てるホンダ 競わせるサムスン [Kindle版]
佐藤 登 (著)

 さて、ホンダといえば、思い出すのが、「負けるもんか」という広告。
 JR四ッ谷駅のホームから見えるところに、でかでかと出ていて、読んで感動
した。
 以下に示す広告コピーだった。看板では、文字数を調整して、きっちり四角形
に収めてあった。プロの仕事だと思った。
 中ほどの「それがどうした?」がいいよね。そして、最後に「負けるもんか。
」が来て、「よっしゃ! おれもがんばるぞ!」と思うもん。

--- ここから ---
がんばっていれば、いつか報われる。持ち続ければ、夢はかなう。そんなのは
幻想だ。たいてい、努力は報われない。たいてい、正義は勝てやしない。たい
てい、夢はかなわない。そんなこと、現実の世界ではよくあることだ。けれど、
それがどうした?スタートはそこからだ。技術開発は失敗が99%。新しいこ
とをやれば、必ずしくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を惜しん
で、何度でもやる。さあ、きのうまでの自分を超えろ。きのうまでのHondaを
超えろ。
負けるもんか。
--- ここまで ---

 研究、開発、イノベーションが、いかに大変か。
 でも、みんな、「寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる」と、夢中
になってやっている情熱と根性が伝わってくる。
 研究、開発、イノベーションなんて関係ないと思っている人へ。
 月並みな人生を送れればいいやと思っていても、ぼーっとしていたら、月並
みな人生すら送れないのよ。世の中、そんなに甘くないから。世の中、変化が
激しく大きいから、泳いでないと、すぐ、おぼれてしまう。
 特に若いときは、基礎を固めるために、「寝る時間、食う時間を惜しんで、
何度でもやる」時期がないと、将来がおぼつかなくなっちゃう。
 何度も書くけど、特にこれからは、コンピュータ、AI(人工知能)、ロボット
と競争して勝てないと、仕事がなくなっていくだろうから、人間の強み、自分
の強みがどこにあるか、どうしたいかを考えて、若いうちに基礎固めしてない
とね。

 「負けるもんか」は、グランプリを獲っているのね。たしかにいいい広告だ
ったもん。
http://matome.naver.jp/odai/2133688384360785801
思わずシェアをした、Facebookで話題の【ホンダ】の【負けるもんか】の看板画像。

http://www.youtube.com/watch?v=4aKe-OSZ-Cw
60s ホンダ CM HONDA 企業広告 「負けるもんか」 ※グランプリ受賞作品

http://www.advertimes.com/20121211/article96508/
60回目のADC授賞式、記念すべきグランプリはホンダ企業広告「負けるもんか」
2012年12月11日 掲載
ブレーン 編集部

 電通の事例紹介にあるね。
http://www.dentsu.co.jp/recruit/2015/works/work10.html
事例紹介

駐車場で、「車が出庫します」というアナウンスが、2014年11月06日 09時35分40秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---



  「車が、しっこします」と聞こえて、思わずよけた。



#ippatu
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索