Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Lispの車窓から見た人工知能、はじめてのLisp関数型プログラミング、初めての人のためのLISP[増補改訂版]、On Lisp、実践Common Lisp、Land of Lisp、素数夜曲―女王陛下のLISP。2018年の締めは、やっぱりLisp\(^O^)/2018年12月31日 23時07分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 そうか、Lispが人工知能言語などといわれていたことを知らない若いエンジニア、機械学習エンジニアがいる時代なんだなあと。
 Lispファンとしては、ありがたい記事です。
 もちろん、この場合のLispには、Common Lisp, Scheme, Clojure, Emacs Lispも含む。

https://tech.dely.jp/entry/2018/12/22/104442
Lispの車窓から見た人工知能
2018-12-22
--- ここから ---
ではなぜそんなLisp本職でないぼくが、Lispの歴史から人工知能の風景を眺めるかといいますと、実はLispと人工知能とはとても縁の深い関係にあるからなんです。昨今では、機械学習といえばPythonやC++を用いるのが主流となっていますが、黎明期には実はLispがその役割を担っていました(Lisp専用のハードウェアがふつうに販売されていたほどです)。その辺りの流れや様子などの風景を、象徴的な書籍などを少しずつかいつまみながら気楽にご紹介していけたらなぁと思っています。
--- ここまで ---

 関連に出した
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/23/8055737
はじめてのLisp関数型プログラミング――ラムダ計算からリファクタリングまで一気にわかる
では、名前を出しただけだったので、
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774180351/showshotcorne-22/
はじめてのLisp関数型プログラミング――ラムダ計算からリファクタリングまで一気にわかる (Software Design plus) 大型本 – 2016/3/18
五味 弘 (著), 272 (その他)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01DERDPFM/showshotcorne-22/
はじめてのLisp関数型プログラミング――ラムダ計算からリファクタリングまで一気にわかる Kindle版
五味弘 (著)
について、もう少し詳しく。あれ、紙版の、272って著者は何? よーわからん。
 本書は、けっこう効率、実行スピードのことを気にした記述があるんです。
 そしたら、著者の五味弘さんは、沖電気で、タキオンLispを開発した人なんですね。
 タキオン(tachyon)は、光速を超える粒子というもので、タキオンLispはそれくらい速いという意味を込めたネーミングなんです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/タキオン

 技術評論社(技評)にある紹介。目次やサポートページもあります。
https://gihyo.jp/book/2016/978-4-7741-8035-9
Software Design plusシリーズ
はじめてのLisp関数型プログラミング
――ラムダ計算からリファクタリングまで一気にわかる

 上記が難しい人は、
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798119415/showshotcorne-22/
初めての人のためのLISP[増補改訂版] 単行本 – 2010/3/10
竹内 郁雄 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UIWBCWU/showshotcorne-22/
初めての人のためのLISP[増補改訂版] Kindle版
竹内郁雄 (著)

 Lisp上級者はマクロを使いこなす。
 Lispのマクロは、Cとかのマクロとは全然違う、言語の中枢をいじるメタプログラミングが簡単にできるマクロ。C++もC++11以降、どんどんメタプログラミングがやりやすくなってきたけど、Lispに比べると、わかりにくいし、書きにくい。
 Lispのマクロについては、これが定番。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274066371/showshotcorne-22/
On Lisp 単行本 – 2007/3/1
ポール グレアム (著), 野田 開 (著, 翻訳), Paul Graham (原著, 翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B079YZ541G/showshotcorne-22/
On Lisp [プリント・レプリカ] Kindle版
PaulGraham (著), 野田開 (翻訳)

http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/23/1337051
うぉぉ、「On Lisp」日本語版が来たぁぁ\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/
を見ると、「On Lisp」のことを書き始めたのは、ブログを始める前、2004年だから、もう15年も前。時の流れの速さ、怖いのぉ。
 当時、学生の野田開さん、お元気かなあ。野田さんが自主的に翻訳してなかったら、本書の日本語版は出なかったと思う。日本のLispにとって、非常に大きな功績です。
 改めて、野田さん、ありがとうございます。

 Lispで実用的なものが書けるの?と思っている人には、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/07/18/3633573
Peter Seibel著「実践Common Lisp」
で、紹介した、これ。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274067211/showshotcorne-22/
実践Common Lisp 単行本(ソフトカバー) – 2008/7/26
Peter Seibel (著), 佐野匡俊 (翻訳), 水丸淳 (翻訳), 園城雅之 (翻訳), 金子祐介 (翻訳)

 訳のわからん宇宙人、怪物?のイラストなど、しゃれっ気たっぷりのLisp入門というか、中級レベルまではカバーしている痛快本。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873115876/showshotcorne-22/
Land of Lisp 大型本 – 2013/2/23
M.D. ConradBarski (著), Conrad Barski (原著), 川合 史朗 (翻訳)

 数学の女王、整数論をSchemeでやる次は、読み応えがあって、面白いです。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4486019245/showshotcorne-22/
素数夜曲―女王陛下のLISP 単行本 – 2012/6/1
吉田 武 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/31/8060832
Lispも関数型もPrologも数学も算数もできんけ(北九州弁。「できないから」の意)、計算がわからんわ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/23/8055737
はじめてのLisp関数型プログラミング――ラムダ計算からリファクタリングまで一気にわかる
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/16/8050693
ガベージコレクション本が来た。GC知らないプログラマ、死ね。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/02/04/8008379
やさしいLispの作り方: C言語で作るミニミニLisp処理系、竹内郁雄さんのこと、GC(ガベージコレクション、ゴミ集め)本で新刊が出る!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/06/18/7347210
洋書ガベージコレクション本(ガベコレ本)、改訂版が出ていた。和書ガベコレ本「ガベージコレクションのアルゴリズムと実装」のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/02/28/6733217
数学の女王 ―歴史から見た数論入門―
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/06/21/6487216
Re: 吉田武「素数夜曲: 女王陛下のLISP」は、整数論とScheme入門として最高\(^O^)/ 「虚数の情緒」の感想も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/06/20/6486231
吉田武「素数夜曲: 女王陛下のLISP」は、整数論とScheme入門として最高\(^O^)/ 「虚数の情緒」の感想も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/01/4913323
初めての人のためのLISP[増補改訂版] 、売れまくり\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/19/4890951
Lispの神様 竹内郁雄教授の最終講義。「初めての人のためのLISP 増補改訂版」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/07/18/3633573
Peter Seibel著「実践Common Lisp」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/23/1337051
うぉぉ、「On Lisp」日本語版が来たぁぁ\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/16/76723
Peter Seibel著「Practical Common Lisp」(Apress)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2019年02月13日 22時07分04秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774180351/showshotcorne-22/
はじめてのLisp関数型プログラミング――

_ ホットコーナー - 2019年10月22日 10時13分17秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
Paul Grahamが、また新しいLisp系言語Belのアイデアを発表してますね。
 詳しくは、
h