Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「Nate the Great」シリーズ、大人買い。英語でしゃべらナイト2011年05月17日 05時45分04秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 先月は、洋書のすごい大人買いがあった。
 お買い上げありがとうございます。
 初めて聞く、Nate(ネイト)という主人公が活躍するシリーズ。
 英語の勉強にちょうどいいということで、お買い上げなんでしょうね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/044046126X/showshotcorne-22/
Nate the Great [ペーパーバック]
Marjorie Weinman Sharmat (著), Marc Simont (イラスト)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0440463025/showshotcorne-22/
Nate the Great Goes Undercover [ペーパーバック]
Marjorie Weinman Sharmat (著), Marc Simont (イラスト)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/044046191X/showshotcorne-22/
Nate the Great and the Missing Key [ペーパーバック]
Marjorie Weinman Sharmat (著), Marc Simont (イラスト)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0440463009/showshotcorne-22/
Nate the Great and the Phony Clue [ペーパーバック]
Marjorie Weinman Sharmat (著), Marc Simont (イラスト)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0440462762/showshotcorne-22/
Nate the Great and the Snowy Trail [ペーパーバック]
Marjorie Weinman Sharmat (著), Marc Simont (イラスト)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0440462894/showshotcorne-22/
Nate the Great and the Sticky Case [ペーパーバック]
Marjorie Weinman Sharmat (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/142630630X/showshotcorne-22/
National Geographic Kids Almanac 2011 [ペーパーバック]
National Geographic (著)

 そういえば、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072675202/showshotcorne-22/
NHK英語でしゃべらナイトCD付き 1日5分!英語力超アップのシャドーイングドリル
(主婦の友生活シリーズ NHK英語でしゃべらナイト) [ムック]
デイビッド・A・セイン (著)
も売れていました。同じ人かな。

 以前、ちょっとリストしたが、もっとちゃんとリスト。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072662127/showshotcorne-22/
CD付き 1日5分!絶対英語力が身につく音読ドリル
(主婦の友生活シリーズ NHK英語でしゃべらナイト) [ムック]
デイビッド・セイン (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072765937/showshotcorne-22/
NHK英語でしゃべらナイト CD付き 中学英語で話せる! 書ける!
―2週間らくらくプログラム (主婦の友生活シリーズ) [ムック]
山田 暢彦 (監修)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072728624/showshotcorne-22/
NHK英語でしゃべらナイト CD付き 1日5分! シャドーイングドリル入門
―スピーキング&リスニング力がぐーんとアップ! (主婦の友生活シリーズ)
[ムック]
主婦の友社 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072651419/showshotcorne-22/
CD付き 1日5分!英語力アップ多読・多聴ドリル
(主婦の友生活シリーズ NHK英語でしゃべらナイト) [ムック]
廣渡 太郎 (監修)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072764698/showshotcorne-22/
NHK英語でしゃべらナイト CD付き シャドーイング入門 4週間プログラムドリル
(主婦の友生活シリーズ) [ムック]
主婦の友社 (編集)

 番組が、4月から復活してテキストも出ているのね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004URR80Y/showshotcorne-22/
テレビ ビジネスパーソンのための実践 !英語でしゃべらナイト 2011年 05月号[雑誌]

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/24/5702881
多聴多読マガジン、多聴多読本。英語でしゃべらナイト復活\(^O^)/

カズオ・イシグロ、ジョイス、フィネガンズ・ウェイク、ユリシーズ2011年05月17日 05時45分48秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ときどき、原書で海外の作家の小説やなんか難しそうな本が売れているんで
す。
 でも、おれ、教養がないので、知らない作家ばかり。^^;
 久々に、名前だけは知っている作家の本が売れていました。
 お買い上げありがとうございます。
 それは、「Kazuo Ishiguro」。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/057122413X/showshotcorne-22/
Never Let Me Go [ペーパーバック]
Kazuo Ishiguro (著)

 翻訳は、これ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152087196/showshotcorne-22/
わたしを離さないで [単行本]
カズオ イシグロ (著)
 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200517/showshotcorne-22/
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) [文庫]
カズオ・イシグロ (著), 土屋政雄 (翻訳)

 ほかにもいくつか。この3つは、昔、読みたいと思ったことがある。あるだ
けで、買いもしなかった。^^;
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200037/showshotcorne-22/
日の名残り (ハヤカワepi文庫) [文庫]
カズオ イシグロ (著), Kazuo Ishiguro (原著), 土屋 政雄 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200347/showshotcorne-22/
わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫) [文庫]
カズオ イシグロ (著), Kazuo Ishiguro (原著), 入江 真佐子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200630/showshotcorne-22/
夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫) [文庫]
カズオ イシグロ (著), Kazuo Ishiguro (著), 土屋 政雄 (翻訳)

 あと、海外の有名作家の作品でいえば、先月は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087733130/showshotcorne-22/
ダブリンの市民 [単行本]
ジェイムズ・ジョイス (著), 高松 雄一 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4124035047/showshotcorne-22/
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー) [ペーパーバック]
スコット フィッツジェラルド (著), Francis Scott Fitzgerald (原著, 翻訳),
村上 春樹 (翻訳), 村上春樹 (著)
も売れていた。
 「グレート・ギャツビー」をお買い上げの人は、村上春樹ファンの人かな。
ジョイスをお買い上げの人は、どういう人なんだろうな。

 ジョイスといえば、「フィネガンズ・ウェイク」と条件反射するが、あ、文
庫になってますね。
 あ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/04/10/3045726
数学者の密室
で、ちょろっと名前を出している。もう忘れている。ちゃんとリストしよう。
 単行本は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309201695/showshotcorne-22/
フィネガンズ・ウェイク〈1・2〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309202284/showshotcorne-22/
フィネガンズ・ウェイク〈3・4〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), James Joyce (原著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309462340/showshotcorne-22/
フィネガンズ・ウェイク 1 (河出文庫) [文庫]
ジェイムズ・ジョイス (著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309462359/showshotcorne-22/
フィネガンズ・ウェイク 2 (河出文庫) [文庫]
ジェイムズ・ジョイス (著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309462367/showshotcorne-22/
フィネガンズ・ウェイク 3・4 (河出文庫) [文庫]
ジェイムズ・ジョイス (著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)

 ユリシーズもリストしておこう。
 丸谷才一さんたちの訳のほう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087739015/showshotcorne-22/
ユリシーズ 全3巻セット [単行本]
ジョイズ ジェイムズ (著), 丸谷 才一 (翻訳), 永川 玲二 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳)
 これ、すごい値段だね。
中古品1点¥ 22,678より コレクター商品1点¥ 22,419より
 やっぱ、ユリシーズのセットだと、コレクター狙いでこうなるのか。

 バラ売りの単行本も高い。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/408773224X/showshotcorne-22/
ユリシーズ〈1〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), 丸谷 才一 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳), 永川 玲二 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087732258/showshotcorne-22/
ユリシーズ〈2〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), 丸谷 才一 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳), 永川 玲二 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087732266/showshotcorne-22/
ユリシーズ〈3〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), 丸谷 才一 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳), 永川 玲二 (翻訳)

 文庫は買いやすい。でも、ユリシーズは読みやすくはないよ。おれ、びびっ
て、手を出さないもの。^^;
 ジョイスは、読者が読みやすいように作家があれこれお膳立てしてくれる世
界とは違うから。その代わり、哲学的な部分(というより頭の芯というほうが
感覚的に実感しやすいかな)や言語感覚は鍛えられると思う。
 ジョイスに限らず、いい文学は、そういうものでしょう。

 文庫のアマゾンのデータ。1つだけ、丸谷さんが最後になってる。面白いね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087610047/showshotcorne-22/
ユリシーズ 1 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) [文庫]
ジェイムズ・ジョイス (著), 丸谷 才一 (翻訳), 永川 玲二 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087610055/showshotcorne-22/
ユリシーズ 2 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) [文庫]
ジェイムズ・ジョイス (著), 丸谷 才一 (翻訳), 永川 玲二 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087610063/showshotcorne-22/
ユリシーズ 3 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) [文庫]
ジェイムズ・ジョイス (著), 永川 玲二 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳), 丸谷 才一 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087610071/showshotcorne-22/
ユリシーズ 4 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) [文庫]
ジェイムズ・ジョイス (著), 丸谷 才一 (翻訳), 永川 玲二 (翻訳), 高松 雄一 (翻訳)

 柳瀬尚紀さんの訳のほう。この3巻のみみたい。1から6まで訳して、途中
飛ばして最後は12を訳したということでしょうか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309202829/showshotcorne-22/
ユリシーズ〈1~3〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), James Joyce (原著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309202888/showshotcorne-22/
ユリシーズ〈4~6〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), James Joyce (原著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309202632/showshotcorne-22/
ユリシーズ〈12〉 [単行本]
ジェイムズ ジョイス (著), James Joyce (原著), 柳瀬 尚紀 (翻訳)

 あ、ユリシーズの解説本がある。\(^O^)/
 原文で読むためのガイドのようです。原書のリストは勘弁。と思ったら、2
種類しかない。しかもそれぞれ、800ページくらいで1冊もの。日本語訳は、
何冊もの分冊になるのに。そういうものなのですか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1840226358/showshotcorne-22/
Ulysses (Wordsworth Classics) [ペーパーバック]
James Joyce (著), Cedric Watts (序論)
ペーパーバック: 736ページ
出版社: Wordsworth Classics (2010/01)
は、いま、たったの255円。あまりに日本語訳と違うね。
 736ページ。これで、ユリシーズの全文なの? よーわからん。
 これもすでにユリシーズの謎なのか。\(^O^)/

 もっとすごい謎が、これ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0451526740/showshotcorne-22/
Ulysses [ペーパーバック]
James Joyce (著)
ペーパーバック: 880ページ
出版社: Signet Classics; Reprint版 (2025/12/31)
 これも、たった、809円。値段も日本語訳に比べれば安いとはいえ、もっと
驚くべきは、「ただいま予約受付中です」となっていて、おいおいおいおいお
い。いくらなんでも、ひどすぎるだろう、これ。
 出版予定が、なんとなんとなんと、2025年12月31日。2025年の大晦日。つま
り、2026年と同じ。すなわち、いまから、15年先の予約。\(^O^)/
 ここに、ユリシーズ、最大の謎が誕生。\(^O^)/
 「出たあ。欧米の出版社の、できてもないのに予約取りまくり商法」などと、
何度も話題にした予約商売の中でも、これ、だんとつだね。
 おっとろしい商売するのぉ。
 15年先の予約か。おれ、生きてないかも。^^;
 ま、アマゾンお得意のデータ入力ミスだとは思うが。

 ということで、洋書があまりに衝撃的だったが、まずは、原書で読むための
解説本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4327421332/showshotcorne-22/
読解「ユリシーズ」 [単行本]
小田 基 (編集), 米本 義孝

 これの続きが、次でいいのかな。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4327421642/showshotcorne-22/
読解「ユリシーズ」〈下〉 [単行本]
米本 義孝 (編集)

 米本さんには、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4523292787/showshotcorne-22/
言葉の芸術家ジェイムズ・ジョイス―『ダブリンの人びと』研究 [単行本]
米本 義孝 (著)

 「謎を歩く」というのもある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/408774387X/showshotcorne-22/
『ユリシーズ』の謎を歩く [単行本]
結城 英雄 (著)

 結城さんは、新書も出している。まずは、これでジョイス入門がいいのかも。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087202437/showshotcorne-22/
ジョイスを読む ―二十世紀最大の言葉の魔術師 (集英社新書) [新書]
結城 英雄 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/14/1260227
円周率音楽、ゲーデル、エッシャー、バッハ、モーツァルト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/11/5797636
小説 TRIPPER (トリッパー) 2011春季号 大江健三郎×筒井康隆×丸谷才一
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索