Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

奈良興福寺、国宝阿修羅像でわかる情報省支配と2016年の奈良(と京都)2017年04月02日 19時17分14秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 奈良興福寺にある国宝阿修羅像。
 その悲しげな表情にも見える少年のような顔で、女性にも大人気。いま、一番人気がある仏像でしょう。
 その阿修羅像を、最新科学で調査・分析したら、クリビツテンギョウの新事実が出てきて、その謎に迫るという番組。
 X線CTスキャンで、すごく細かくスキャンして、3Dモデルを作ってるのね。そしたら、最終的に作られる前の顔がわかったというわけ。その顔は、いまの阿修羅像とは似ても似つかぬ、本来の戦いの神にふさわしい怒った怖い顔。
 それが、なぜ、いまのような顔になったのか。
 なんと、それを分析したのは、太宰府にある九州国立博物館。
 なぜ、興福寺がある奈良国立博物館ではなく、九州国立博物館なのか。
 おかしいやろ、これ。どう考えても、バックは情報省。\(^O^)/

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92362/2362080/
--- ここから ---
阿修羅 1300年の新事実
2017年3月23日(木) 午後10時00分(75分)

世界遺産奈良興福寺で1300年守られてきた国宝阿修羅像。この春、他の国宝仏と共に初めて天平時代の並びが再現。また九州国立博物館が8年かけて解析してきた阿修羅のCTスキャン画像が合掌ポーズと美少年のような顔についての驚きの新事実を導く。仏教に詳しい古舘伊知郎。美を愛する井浦新。奈良生まれの松下奈緒。3人がアジア、ヨーロッパ、エジプトにもつながる日本一とも言われる美仏の謎に挑む壮大な古代ミステリー。
--- ここまで ---

 再放送は、2017年4月2日日曜 NHK総合1 午前0時05分~ 午前1時20分
 おれは、これを観た。

 なお、ナレーションの伊東敏恵アナウンサーは、この番組にも出ている井浦新と「日曜美術館」でコンビを組んでいますが、山口県周南市出身。
 当然、情報省のスパイです。\(^O^)/

 去年(2016年)、奈良に行ったんだけど、何しに行ったか記憶がない。
 いま、ビデオで確認した。奈良国立博物館で正倉院展があったんだ。それで、京都に墓参りに行って、奈良まで足を伸ばしたんだ。
 興福寺にもちょっと寄ったが、阿修羅は観てないね。
 阿修羅は、東京の国立博物館でも観ていたし、時間もなかったから、北円堂特別開扉(特別公開)で、運慶の作といわれる、国宝の弥勒如来像などの仏様を観ただけかな。
 興福寺もそうだが、日本各地の神社・仏閣は、どこも修理・修復工事中が多い。修理・修復費を集めるのも大変だし、その間は、展示ができないから観光客を呼べないし、資金繰りは大変と思うよ。

 興福寺の後は、10年ぶりくらいで、豆腐や湯葉を食べさせてくれる店に行った。前回と同じく、道に迷った迷った。
 今回は、結局、夕方の散歩をしていらした初老のご夫婦に道を訊ねて、教えてもらった。あそこら辺は、路地で入り組んでいてわかりにくいんですよ。ほんとに助かった。
 ビデオの中で、おれが、
「いやあ、グーグルマップより正確でわかりやすくて、ほんとに助かりました」
などと、ご夫婦に感謝の言葉を述べていて、面白い。
 10年前は、春の寒い時期だったかな。冷たい雨の中、重たい荷物を抱えて法隆寺に行って、腰が悪くなったよ。偶然、夢殿のご本尊、聖徳太子の姿という救世観音の特別開扉8特別公開)をやっているというので、そこまで行ったりしてね。

 最後に、再び、なぜ、九州の太宰府に国立博物館ができたのかという疑問。
 東京、京都、奈良にあるのは、首都だし、歴史ある神社・仏閣がたくさんあるし、わかるよ。しかし、なぜ、4つ目が九州なのか。おかしいやろ、これ。
 論理的、合理的な答は、ただ一つ。
 バックは情報省。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/01/01/8300326
クローズアップ現代、国谷裕子が圧力を語る。そして、「クローズアップ現代+」(新クローズアップ現代)の女子アナたちでわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/06/05/7336099
趣味Do楽「籔内佐斗司流 ほとけの履歴書~仏像のなぞを解きほぐす~」、面白かったわあ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/13/7309372
オライリー・ジャパンの矢野さんから、すごい情報が。神様、仏様、矢野様。\(^O^)/ 籔内佐斗司の童々広場ほか、府中市のパブリックアート
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/07/7304458
趣味Do楽「籔内佐斗司流 ほとけの履歴書~仏像のなぞを解きほぐす~」、篠原ともえ、みうらじゅん、いとうせいこう、見仏記、仏頭大使
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/22/6786560
仏像の魂に挑む ~東京藝術大学 若者たちの一年~
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/10/6742516
別冊太陽、仏像: 日本仏像史講義、日本の秘仏を旅する、みうらじゅん・いとうせいこうの見仏記
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/29/6079311
仏像フィギュア「もえぶつ」、不動明美
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/06/03/5895130
小野洋一郎「ブッシメン」、仏像フィギュア「もえぶつ」、魅力菩薩、涙如来

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/04/02/8440618/tb