Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

超大規模スーパーコンピュータ向け通信性能シミュレータ「OpenNSIM」2010年11月19日 07時06分01秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 九州先端科学技術研究所ISITがこんなことを始めてます。
--- ここから ---
平成22年11月17日(水)より 「超大規模スーパーコンピュータ向け通
信性能シミュレータOpenNSIM」の実行サービスをウェブサイト上で一般公開し
ます。 詳細は 「OpenNSIMポータルサイト」をご覧ください。プレスリリース
資料(H22.11.17)
--- ここまで ---
 プレスリリース資料(H22.11.17)は、これ。
http://www.isit.or.jp/eventinf/PressRelease-OpenNSIM-20101117.pdf

--- ここから ---
財団法人九州先端科学技術研究所
富士通株式会社
超大規模スーパーコンピュータ向け通信性能シミュレータ「OpenNSIM」を公開
~HPC コミュニティにおける研究開発活動の進展に貢献~

本シミュレータにより、数千から数万の計算ノードを持つ超大規模スーパーコ
ンピュータの通信性能の評価が可能となり、スーパーコンピュータの大規模化
がアプリケーションソフトに与える影響を仮想的に確かめることができます。
また、本シミュレータではさまざまな構成のインターコネクトをシミュレーシ
ョンできるため、一般に公開することによって、将来のスーパーコンピュータ
開発のツールとして、研究者の方々に広く利用していただくことが可能となり
ます。

本シミュレータは、九州先端科学技術研究所、富士通、福岡県産業・科学技術
振興財団、九州大学による、文部科学省科学技術振興費次世代IT 基盤構築の
ための研究開発(研究開発領域:将来のスーパーコンピューティングのための
要素技術の研究開発、研究課題:ペタスケール・システムインターコネクト技
術の開発、期間:平成17~19 年度)、ならびに、九州先端科学技術研究所と
富士通によるプロジェクト(期間:平成20~22年度)で開発されたものです。
--- ここまで ---

 サイトは、ここ。
https://ngarch.isit.or.jp/taas/opennsim/
OpenNSIMポータルサイト

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索